人気ブログランキング |
<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 30日
From Krabi Town To Aonang
059.gif旅行期間:2011.9.28~2011.10.2

●2011.9.29(其の壱)

いやはや・・・2日目のこの日はタウンからアオナン・・・つ~か
ノッパラットタラにある四星ホテルへ移動でござる。
う~~ん、緊張するなぁ。
最後に泊まった高めのホテルって・・・いつ、どこだ??
4年くらい前に泊まったペナンのローンパインホテル以来か?

ホテルのチェックアウト時間は11時。
どうせ次のホテルのチェックイン時間も13時とかだろうし・・・11時まで粘ろうではないか。
まずは腹ごしらえだな。

適当に市場の方に歩いて行くと何件かの食堂があった。
その中の1件でカオマンガイを購入。
店で食べてもよかったのだが何となく準備中??な感じがしたのでテイクアウト。
ぶらさがってる鶏肉を指差して「わん、わん」と言ってみた。
犬ではない。
「いっこ頂戴」の意。

更にアオナン行きのソンテウ乗場の前の屋台で茹でトウモロコシ購入。
大体、茹で落花生と一緒に茹でトウモロコシが売ってる。
そして多分、茹でジャガイモも売ってる。小さい小ぶりのジャガイモ。
ジャガイモ好きの私だがそれ食べると他に食べられなくなりそうで未だに買った事がない。
今度トライしてみるとしよう。

a0121014_23234175.jpg
ホテルのお部屋で食べました。
カオマンガイ40B(≒¥100)
茹でトウモロコシ20B(≒¥50)
贅沢な朝飯だなぁ~

11時にチェックアウト。
タウン1泊は短いなーと思ったがナイトマーケットが無くなってたので1泊で十分だったかもしれん。
ソンテウに乗る前に市場に立ち寄った。
そこでリュウガンとゆ~フルーツ購入。
わたくし、このリュウガンが大好き。
ライチに似た感じの味で美味しい。
適当な一房を掴んで購入。50B(≒¥125)
同じ屋台で売ってた茹で落花生も2カップ購入。20B(≒¥50)
ちなみに、アオナン行きのソンテウ乗場の前にも茹で落花生が売ってるのだが
市場の方がお得。
値段は同じくコップ1杯で10Bなのだがコップに盛られる量が違う。
あと、オマケでサクッと一掴み入れてくれる量ががぜん違う。
そ~ゆ~の、ちゃんとチェックしております。

片手にカバン、片手にリュウガンのビニール袋を持ってソンテウ乗場へ。
今回は日本でホテルを事前予約してたのでバウチャーなんて物を持ってた。
それに地図が出てたので運ちゃんに見せて「ノッパラットタラ」を連呼してみた。
うんうんと頷く運ちゃん。

ソンテウに乗り込むとすぐに出発した。
途中でローカルを何人か拾いつつアオナンへ向かう。
実は4月にタウンからアオナンに向かうソンテウから見た景色が良かった。
クラビの特徴とも言える岩山が見えて。
しかしデジカメで撮影しようにもソンテウは凄い勢いで動いてるし揺れてるし。
まともに写真が撮れそうもないな・・・と思ってた。
そこで今回はムービーに納める事にした。



ベスト景色を逃さない様に少し早めにムービーをスタート。
2分くらいからいい感じの景色が見れるっす。
つか、最初に私の手が映ってしまってるのだが必死なのがお分かり頂けただろうか。
ソンテウ、ほんと早いのだ。超ーブッ飛ばしてる。
基本しっかりそこら辺に掴まってるのだがムービー撮ろうと手を離した途端に吹っ飛んで行きそうになった。
危ねぇ危ねぇ。

タウンを出発してから30分ばかし。
海沿いの道に出た。
見覚えあるぞ。これはノッパラットタラ~アオナンに続くビーチロードではないか。
そろそろ着くな・・・と思われた時、何もない所でソンテウが止まった。
運ちゃんが降りてきて私に「ここだ」と。
・・・ここかぁー?どう見ても何もないぞ。
しかし、とっとと降りやがれと言わんばかりだったのでソンテウを降りてみた。
右は海。左は良く言えば大草原、悪く言えば野ざらしの空き地。
風がぴゅ~ぴゅ~吹いてる。誰も居ない。ぽつん。
とりあえずソンテウが去った方向に向かって歩き出す。
すぐに小さな売店発見。
雨季で閑古鳥が鳴きまくってる小さな個人商店だ。
ここ、どこだ?と聞こうと近づいた途端に突風が吹いて店先の浮き輪が吹っ飛びそうになった。
慌てて浮き輪を片付ける店主。
私に構ってる暇なんぞ無さそうだ。
そうこうしてるうちに小雨まで降ってきやがった。
そのまま店先で雨宿りしてると「で、何か用か?」と言われたのでホテルのバウチャーを見せた。
すると、ずっとずっと真っ直ぐ行け・・・と言われた。
やっぱりホテルとは程遠い所で降ろされたみたいだ。くっそー
15分くらい歩くと少し旅行代理店っぽいものやインフォメーション的なものが出てきた。
その中の1件に入って又もバウチャーを見せる。
するとホテルを知らなかったのか?ネットで調べてくれて電話までしてくれた。
それで場所が分かったらしく地図を見せて丁寧に教えてくれた。
親切な子だったな~ありがと。
更に10分くらい歩いた。
色々とホテルが登場しだした。そろそろか?
さっきのインフォメーションの子に目印になるホテル名を聞いたのだが
似た様な名前のホテルがあり分からんくなってしまった。
今度は土産物屋に入って店員にバウチャーを見せた。
するともう少し先の角を曲がったところだと教えてくれた。
何やかんやでソンテウ降りてからホテル到着まで30分くらい掛かってしまった。

by panda_traveler | 2011-11-30 10:07 | 2011.9.28~クラビ、プーケット
2011年 11月 29日
楽しみにしてたナイトマーケットが・・・
059.gif旅行期間:2011.9.28~2011.10.2

●2011.9.28(其の弐)

羽田を出発してから16時間・・・やっとクラビに到着いたしましたー!

イミグレ通過し、出口手前にタウンやビーチ行きのバスチケットカウンターがある。
とりあえず1泊目はタウン。
a0121014_12215484.jpg
タウンまで90B(≒¥225)
a0121014_12242978.jpg
ちなみにアオナンビーチまでは150B(≒¥375)
タウンからアオナンまでソンテウで50B・・・
セコい話をすれば、タウンまで行ってタウンからソンテウでアオナンに行けば10B得だ。
この作戦は次回に生かそう。
ACバスとか言ってるが実際のバスは・・・
a0121014_12272734.jpg
こんな古めかしいバスだったりする。
でも一応ベンツマーク入ってるね(笑)
ま、バリのPeramaのシャトルに少し毛が生えた感じのバスですな。

バスに乗る前に一服。
バスの係員に「ゆっくり吸ってい~よ~」と言われた。
そこそこ人数が揃わなきゃ出発しないらしい。
お急ぎの方はタクるのをオススメする。

20分くらいっすかね~待たされたのは。
いよいよバス出発。
テスコだかロータスだかの大型スーパーの前を通過。
少しすると見覚えのある大きな道に出た。
これは・・・もしや前回の滞在時に私がひどくテンションUPしたナイトマーケットの通りでは!?
間違いなかった。その通りだった。
しかし前回と大きく違う点があった。
出店がない・・・
あれ?あれ?あれーーーーっ!!!っすよ。
確かに盛り上がるのは夜で道も歩行者天国になるのだが
昼間でもたくさん店があったのに。
それが一件も無い。

そうこうするうちにバスはタウンに到着。
バスが着くのはタウン外れのチャオファ通り。
しかし私は前回同様「GRAND TOWER HOTEL」に泊まるつもりだったので逆に幸いした。
(このホテルはチャオファ通りにある)
バスを降りると「お前どこ行くんじゃ?」と声を掛けられたがシカトこいてスタスタ歩き出した。
大体このタグイで話し掛けてくるヤツはウザい。
宿の斡旋とかね。

歩くこと数分、「GRAND TOWER HOTEL」到着。
フロントに行くと4月にフロントに居たオネェさんと同じ人が居た。
私を見て「あなた、前に来たわね。覚えてるわよ」なんて言われてしまった。
覚えて頂けていたのは嬉しいもんだね。
私が前回と同じ部屋番号を言うと笑ってた。
(しかし階を1階間違えて言ってしまったので実際は前回より一層上)

部屋に着き「帰って来たな~」感UP
前回と同じ部屋の作りだと思ってたが微妙ーに違った。
嬉しかったのは部屋の電気が鍵を差したら稼働するタイプじゃなかった事。
なんつーんだろ。
部屋に入ると壁に鍵を差すとこあって、そこに鍵を入れたら電気が点くやつね。
あれって暑い国だと不便に感じる。AC付の部屋に限り・・・だけど。
ACつけっぱで出掛けて(家じゃ絶対出来ない贅沢)涼し~い部屋に戻りたいじゃん。

シャワーを浴びてバスの中から見た光景を確かめに行った。
あの楽しかったナイトマーケット・・・無い。やっぱり無い!跡形も無い!
何で?何で?何でーーー???
しばし考えた。
もしかして・・・あれって夢!?
いやいや、そんな非現実的な事ではなく。
どうやら前回はソンクラーンとゆ~タイの新年に来たってのがポイントだった様だ。
その間だけ開催されてたのではないかと。
つまりイベント的なマーケットって言うのかね。
確かにステージとかあって超お祭り騒ぎしてた感あったもんなー
うーーん、楽しみにしてたのに残念だ。
後は川沿いの食べ物屋台がある事を祈るのみだな。

※後に日本に帰って調べた所、タウンでは別の場所にナイトマーケットがあるらしい。
 あと金~日にもウィークエンドマーケットってのが出るらしい。

クラビの後はプーケットに行くのでバスの予約をしに
以前バンコクまでの長距離バスの手配をした旅行代理店「YES CAN」へ。
元気なオバチャン健在。
私の事を覚えていてくれた・・・が、やっぱり「コリアンだっけ?」と言われた。
日本人だっつーの!そこ、覚えといて!
クラビ発プーケット行きのバスは11時半発との事。
プーケットには3時間後の14時半に着くそうな。
クラビからプーケットのパトンまで350B(≒¥875)

夕方にホテルの前にあるマッサージ屋に行った。
今回の旅は短いのでプチリッチ企画を立ててた。
そん中のひとつ『マッサージを毎日する』
タイマッサージは大体1時間200~250B(≒¥500~625)
ま、高級なスパとかじゃなくてその辺のマッサージ屋でだが。
相変わらず内腿辺りをマッサージされるとくすぐったくてかなわん。

夕飯はホテルの前の道を少し先に行った所にあるこじんまりしたレストラン。
前回に来た時に何気に落ち着くな~と思って気に入ってた店。
a0121014_1785375.jpg
店内はこんな感じ。この手のこじんまりした店が好きだ。
a0121014_17102096.jpg
タイ風シーフードサラダ(右)80B(≒¥200)とイカとカシューナッツの炒め物(左)70B(≒¥175)
本当はイカの炒め物じゃなく海老の炒め物を頼んだのだが海老が無くなったらしく・・・
(サラダに入ってるのがラスト海老だったくさい)
かなり渋々イカに変更した。
いや、イカも柔らかくて美味しいんだけどね。でも、やっぱタイでは海老なのだよ、私は。
これをチビチビつまんでビアシンの大を2本ばかし。
今朝の二日酔いなんて夜には吹っ飛んでいたのだ。

そして〆には川沿い屋台に行き・・・(こっちは健在。ホッ)
a0121014_17162476.jpg
やっぱり汁麺を食らう(笑)40B(≒¥100)さっきの海老の品切れの恨みを晴らすべく?プロウン選択。
麺すすってたら私を囲む様にアメリカ人?っぽい女性5人組が座った。
何でまた同じテーブルに座るかね。他にもテーブル空いてるのに。
何となく白人に気後れしつつ麺をすすってると目の前に座った子が私をジッと見てる。
どうやら私がすすってる麺が食べたいみたいだ。
「アナタ食ってんの何?」と聞かれたので「スープヌードル」と親切に答えときました。
(ちゃんと尋ねる前に「Excuse me」と言う言葉が添えられてたので)

しっかし・・・あのナイトマーケットが無くなってたのはショックだったな。
あれはソンクラーンの時だけなのか?
ハイシーズンには毎日開催されているのか?
ガイドブック見ても書いてないので恐らくソンクラーン限定だったのかもしれん。
また4月に来なきゃならんな、おい。

by panda_traveler | 2011-11-29 10:18 | 2011.9.28~クラビ、プーケット
2011年 11月 28日
クアラルンプールLCCTからクラビへ
059.gif旅行期間:2011.9.28~2011.10.2

●2011.9.28(其の壱)

やってもた・・・
旅立ち前の居酒屋での大ジョッキ5杯がマズった。
機内で気持ち悪いの何のって。
機内では陸地?の3倍??とかで酔いが回るとかなんとか言うが
そうだとすれば大ジョッキ15杯飲んだって事になるのか?
つか、現地到着前の大飲みで何度も失敗してるのに学習しない私もどうなんだろう。
ま、「酒飲み」と謳ってるのでいっかー(そっかー?)

予定通り6時半にクアラルンプールはLCCTに到着。
イミグレ通過。
空港の外に出た。
次の乗り継ぎ便まで7時間もあるのでサクッとバスに乗って
チャイナタウン辺りに行こうと企んでいたのだが気持ち悪くてそれどころじゃなくなった。
出鼻を挫かれた。
不吉・・・
この先の不幸を暗示してるかの様じゃないか。

とりあえず一服しようと空港ウロウロ。
何気にLCCTって喫煙所が無いくさい。
結局は市内行きバス乗場辺りで吸う羽目になった。
勿論、灰皿は無い。ポイ捨てだ。私は携帯灰皿を持参してるが。
しかし、気持ち悪くて溜息連発。
温かい麺でもすすれば少しは落ち着くだろ・・・とレストランを物色。
空港ってのはどこも高い。
大体一食当りRm10~15くらい。この時のレートだと¥250~375くらいだね。
仕方ないので千円だけ両替して高い麺を食べる事にした。
ちなみに¥1000はRm40.60となった。Rm1≒¥25だね。

a0121014_10585848.jpg
Penang Curry Mie Soup[Rm12.90≒¥320]
「Penang」って部分にひかれて注文した(ペナンは飯がウマい!)
写真で見ると「少なっ」って感じだが実際は器がデカいので量はそこそこある。
このスープが辛くてウマい!飲み干してしまった。
確かLCCT国内線の到着口近くの店で食べた。
高かったが美味しかったのでヨシとしよう。

麺を食べても乗り継ぎ便の時間まではまだまだある訳で・・・
適当にウロウロしてタバコ吸って、適当に椅子に座って音楽聴いて・・・って感じで過ごした。
そういえば、タバコ吸うのにウロウロしてる時に大きなフードコートを発見した。
空港とは別の建物になっている。
市内に向かうバス乗場を越えて真っ直ぐ行った突き当り。
この時は中まで見なかった。
帰りもLCCTで乗り継ぐのでその時にでも覗いてみようかな~と。

何やかんやで何とか時間を潰して出国。
a0121014_11203754.jpg
早く私をクラビに連れて行ってくれぃ!
a0121014_11214111.jpg

a0121014_11224233.jpg
a0121014_11232961.jpg
何度見ても興奮する、この赤いボディ。
赤を見て興奮するってこたぁ~前世は牛に違いない。
そして毎回この写真を撮ると職員に注意される。
写真なんか撮ってないでサッサと乗りやがれって事らしい。
(叱られると分かってるが毎回撮る)
ちなみに、この3枚の真ん中の写真の右端に写ってる女。
コイツら若い女二人組+オッサン一人だった。
買われた女達なのか?と思いながら見てた。
機内で女二人と隣になってしまったのだが、すこぶる感じ悪い二人組だった。
人の方を見てコソコソ話をして笑うとゆ~
確実に悪口を言ってたと思われ。
オッサンに買われる人生を送ってるヤツ(あくまで妄想だが)に笑われるのは不快極まりない。
私は自分で稼いで自分で旅してるのだ。ったく!

そんなこんなで約1時間チョイのフライトで無事にクラビ空港に到着いたしました。

by panda_traveler | 2011-11-28 10:10 | 2011.9.28~クラビ、プーケット
2011年 11月 27日
羽田発AirAsia!クラビ行ってきます~
059.gif旅行期間:2011.9.28~2011.10.2

a0121014_235242100.jpg
ぐわっ!日本語じゃー!!と感激いたしました。
今まで何度もエアアジアのこの案内を見てきたが日本語バージョンは初めて。
しっかし・・・羽田深夜発ってのは使えるわ~
でも、まだ週に3便くらいしか飛んでないんだよね~確か。
なので今回も本当は無理して6日間で行きたかったんだけど帰りのフライトが無くて5日間って日程になった。
ま、毎日就航も近い将来でしょう。需要あるだろうし。

この日は勿論お仕事しておりました。
残業続きの毎日だったが、この日に限ってフッと定時で仕事が終わってしまった。
会社から羽田に行くつもりで荷物を会社に持って行ってたのに・・・
家に帰るのも何だかな~と思って考えていたら隣の席の男の子も定時で仕事終えてた。
「今から飲みに行かない?21時くらいまで」と言ったら快諾。
横浜の適当な居酒屋へ。
そこで今からクラビに行けるとゆ~嬉しさがフツフツを湧いてきまして・・・
浮かれて?確かビール大ジョッキ5杯くらい飲んでた。
人と飲みに行くと飲むのと吸う(タバコ)のと喋るので忙しくて殆ど食わない。
空きっ腹に大量のビール摂取。
オマケに楽しくなってしまって21時過ぎの電車に乗るつもりが大幅に遅れてしまった。
22時半くらいに羽田に到着。
ま、羽田の国際線ターミナルは小さいから出発1時間前とかでも余裕で大丈夫だったりする。
しかも日本の出国って早くてスムーズだしね。

酒もたらふく飲んだし・・・間違いなく機内で爆睡出来るな~
(機内で寝る為に飲んだようなもんだし)
千鳥足で機内に乗り込んだのだった。

by panda_traveler | 2011-11-27 10:10 | 2011.9.28~クラビ、プーケット
2011年 11月 26日
クラビ再び!
059.gif旅行期間:2011.9.28~2011.10.2

2011年4月・・・
たまたまフッと立ち寄ったタイのクラビで「ここだ!」と思った私。
とにかく楽しくて楽しくて・・・
簡単に言えばハマってしまった訳ですね。
クラビを去る時に「絶対に近い将来参上したる!」と誓った私。
日本に戻って普通に社会復帰してからも
「あークラビ行きてぇー」と常々思っておりました。
有給もないので早くて2012年入ってからかな~と思ってたのだが・・・

a0121014_23164030.jpg
a0121014_23172491.jpg

こ~んなの目の当たりにしたら「行きたい!行きたい!」熱が一気に浮上!
上の写真は2011年8月某日、由比ガ浜の海の家に行った時のもの。
由比ガ浜では毎年(多分)夏の間、海の家でタイ料理屋台がたくさん出るのだ。
ほんと、タイの海辺のレストランで食事してる気分になれるんだよね~
「やっぱすぐにタイに、クラビに行きたい!」と思ってしまいました。
カレンダーと睨めっこして作戦プランを練った。
有給がないので欠勤は最小限に抑えたい。
そこで月またぎで欠勤1日ポッキリで5連休取れる日程を発見。
それが今回の旅行期間。

有給も無けりゃ~金もない・・・
そこで遂に日本から大好きなAirAsiaで飛ぶ事にしました。
2~3時間のフライトならあの狭い機内でも耐えれそうだが
日本からクアラルンプールとなると7時間ほどのフライト。
耐えられるのか不安で日本からAirAsia乗るこたぁ~ないな・・・と思っていたのだが。
背に腹は変えられん。

取ったチケットは・・・

●9/27 23:45羽田発→9/28 6:30クアラルンプール着
●9/28 13:25クアラルンプール発→13:40クラビ着
●10/2 08:15プーケット発→10:35クアラルンプール着
●10/2 14:40クアラルンプール発→22:30羽田着

まず行き・・・
クアラルンプールに着いてからクラビ便まで7時間の待ち時間。
キツっ、と思ったが仕方ない。
ちなみに、クアラルンプールからクラビまでの飛行時間が15分?!と思われそうだが
マレーシアとタイには1時間の時差(タイが1時間遅れ)あるので実際は1時間15分のフライト。
そして帰り・・・
何故にプーケット??なのだが、帰国日のクラビ発の便だとクアラルンプールで乗り継げない為。
そうなると前日にクラビを発ってクアラルンプールで1泊する事になる。
だったら長距離バスでプーケットまで行けばもう少しタイに居られる・・・と考えて。
クラビとプーケットは長距離バスで3時間半の距離なのだ。公に言われているのは(←意味深)
クラビ便って確か1日1本しかないんだよね。
でもプーケットは流石!有名リゾートなだけあって数便設定があるのだ。

今回はクラビタウン1泊、アオナン2泊、プーケット1泊でございました。
クラビタウンは前回楽しんだので今度はビーチに泊まってみようかと思ってね。
アオナンと言ってるが実際はノッパラットタラとゆ~ビーチ。
前に日帰りでアオナンに行った時に「こっちのビーチの方が静かでいいな~」と思ってた方。
そして、、、
実は貧乏トラベラーと謳ってる分際で四星★★★★ホテルを予約したのだ!
短い滞在だし、ローシーズンなのでハイシーズンの1/3くらいで泊まれるし。
しかも日本から事前予約すればかなり安く泊まれる。

ま、そんなこんなでクラビに行って来たお話をいたします。

by panda_traveler | 2011-11-26 10:11 | 2011.9.28~クラビ、プーケット
2011年 11月 25日
PADANGBAI「DEPOT SEGARA」~Menu~
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

私がパダンバイ滞在中、毎日欠かさず通ってた「DEPOT SEGARA」
いくつかメニューの紹介を。
基本的に単品以外はライスorポテトフライと野菜炒めorサラダ付
値段は私が滞在中のものなのでご了承下さいませ。
(ちなみに・・・帰国間際にはTAX10%追加、メニューも一部値段UPしてた)

a0121014_17142554.jpg
フィッシュケバブ(フライドポテト、野菜炒め付)Rp35000 ※一押しメニュー049.gif

a0121014_17423796.jpg
ウダン・・・?忘れた!ゴレン(炒め)だったかな??(ポテトフライ、野菜炒め付)Rp45000

a0121014_17114138.jpg
チュミチュミバカール(フライドポテト、野菜炒め付)Rp35000

a0121014_17163929.jpg
ポークステーキ(サラダ、フライドポテト付)Rp30000

a0121014_17181827.jpg
マヒマヒバカール(ポテトフライ、野菜炒め付)Rp45000

More・・・続きはコチラから

by panda_traveler | 2011-11-25 10:04 | 2010.12.8~バリ島他
2011年 11月 24日
My Angel
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

a0121014_12273522.jpg
ワタクシ・・・実はパダンバイに子供がおりまして・・・


ってのは勿論嘘(笑)

a0121014_1239424.jpg
こちらが正真正銘の親子でございます。
お母さん、超美人。

私の子じゃないけど自分の子供の様に可愛く思ってるんですわ。
パダンバイで毎日飲みに行ってた「DEPOT SEGARA」の長男の子供のサスキアちゃん。
この子が超ー人見知りで最初の1ヶ月半くらいは全然話してくれなかった。
それどころか目も合わせてくれないくらい。
私が見るとサッと隠れたりして。
うーーん・・・割と子供、年寄り、動物が寄ってきがちなキャラなのに。
手ごわい・・・私の本性を見抜いて近づかない様にしてるのか?!出来るなオヌシ・・・
長女の娘達は全く人見知りしないのですぐに私になついてきた。
それを見て「そんなに危険人物じゃないのかも」と思ってくれたみたいで。
やっと私になついてくれました。

この子が、まぁ~可愛いの何のって。
私を見ると必ず名前を呼んで走って近寄ってくる。
そして私の隣の椅子を私の方にくっつけて座る。
気付くと私の膝の上にのってる。
このままこの子には純粋なまま育って欲しい。

a0121014_12433943.jpg
これは私のお土産の服を着ての一枚。
前述のクラビのマーケットで買ってきたもの。
「サスキアに似合うかな~」って悩んで悩んで買物したんだよな~

a0121014_125778.jpg
左は「DEPOT SEGARA」の長女の娘のキエラちゃん。
ちなみに二人とも私の膝の上にのっております。
二人でよく私の膝の上を取り合って最終的に二人のせてしまうとゆー
汗だくっす。

a0121014_130080.jpg
これはサスキアの誕生会での一枚。
前日に「明日誕生会やるから来てね」と誘われて行きました。
お友達がたくさん来てて賑やかな誕生会でございました。
ここで私はスッカリ有名人になってた事に気付いた。
子供が私を見て名前を呼ぶ、呼ぶ。
誰だ?この子??って子まで私の名前を呼んでる。
思えば・・・道を歩いてても私の名前を知ってる子がたくさん居たな~
子供はまだまだ純粋で可愛いっす。

パダンバイには約5ヶ月弱滞在してたもんで最後はこの子と離れるのが超ー辛くて。
勿論、他の皆と離れるのも辛かったんだけど。
日本に戻ってすぐに職場復帰したんだが、暫くはサスキアの事ばっか考えてたね。
ほんと、癒しだったんですわ。
一緒にインドネシア語を勉強したりお絵描きしたり。

2011年の年末もパダンバイで過ごす予定。
(思えば3年連続パダンバイで年明け迎えてる)
サスキアへのお土産は甚平!(笑)
子供用甚平ってメッチャ可愛い。思わず即買いしてしまった。
いつか甚平姿の可愛いサスキアの写真をUP出来るかな~

by panda_traveler | 2011-11-24 10:15 | 2010.12.8~バリ島他
2011年 11月 23日
インドネシア観光VISA延長手続き2回目
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

今回バリには計5ヶ月滞在したのでVISAの延長を2回いたしました。
1回目の模様はコチラコチラコチラ

1回目が申請してから受け取りまで5日間とゆ~スピードっぷりだった。
何だかんだモタモタされて10日くらい掛かると言われていたのに。
ここで「心を入れ替えたか?!」と思ったが、勿論んな訳ないのがインドネシアのいい所?!

申請してから受け取りまで3回イミグレに行かねばならない事は分かった。
1回目は5日で受け取りが出来たが念の為10日みた方がいいのも分かってた。
そこで私は再びアクセスのよいサヌールに10日ばかし宿泊予定にしてた。
しかしパダンバイからサヌールに行き又パダンバイに戻るのが面倒になった。
荷物とかイチイチまとめなきゃならんし。
そこで考えた。
パダンバイで泊まってた宿は1泊Rp70000でサヌールの宿は1泊Rp100000だ。
差額1泊当りRp30000。10泊だとRp300000になる。
それ足すサヌールからイミグレまでのタクシー代が掛かる。
これは単純にRp100000くらいと予想した。(3回全部合わせて)
それにパダンバイからサヌールまでの往復のシャトル代がRp120000。
これらを合計するとRp520000になる。
パダンバイからサヌールまでのトランスポートはRp250000だ。
勿論、片道である。
しかしボスに頼んだらどうだろう。
サヌールもイミグレも距離的に同じとすると片道Rp250000だが
どうせボスはパダンバイに戻ってこなければならん。
空で帰るのも人を乗せて帰るのも同じだろ・・・と思い、往復Rp250000でいけると考えた。
これが3回でRp750000になる。
3回なのでディスカウント交渉してRp500000にならないだろうか。
そしたらサヌールに泊まって申請に行くのとトントンになる。
そこでボスに交渉してみた。
私はRp500000で押し通した。
ボスはかなり折れてRp600000と言ってきた。
うーーーーやっぱRp500000は厳しいのか。
諦めかけた時にイブがボスに「もう少し安くしたら」と声を掛けてくれた(ナイス!イブ!)
そこでお互い同じくRp50000ずつ折れてRp550000で交渉成立。
しかもちゃっかり「イミグレの帰りにはサヌールのHardy's寄ってね。3回とも」と条件を追加した。
ってな訳でパダンバイから延長申請に行く事になった。

ドライバーはボスの息子のヨガだった。
このヨガってのがなかなかの男前なのだ。
しかも少し日本語が話せる。
2月9日(水)に1回目。
申請用紙に書き込み提出すると次回は17日に来いと言われた。
いきなり8日後だし(笑)さすがだね。

17日、イブがデンパサールの実家に用があるとの事で同乗した。
1回目に受け取った引き換え用紙?みたいのを渡すと「座って待っとけ」と。
待つ事40分。時間は12時だ。
一向に名前が呼ばれる気配がない。
他に申請してる人もあまり居ないくらい空いてた。
ったく・・・忘れてやがるな。
窓口に行き「いつまで待たせるの?もう40分待ったけど」と文句つけてやった。
すると「キャッシャーで金払って来い。でもキャッシャーは昼だから閉まったので1時に再び来い」と。
何ぃーーーーっ!更に1時間待たねばならんのか!
ったく、コイツらののんびり具合もいい加減にしてもらいたいもんだ。
タバコ吸いながら待ち1時にキャッシャーに行って金を払った。
次回は翌日18日のPM2時に来いと。

翌18日、2時イミグレ到着。
すぐにパスポートが戻ってきた。
裏でコピー取って提出してオシマイ。
やっぱり2回目と3回目って1回に出来ると思う。

そういえば・・・
2回目の帰り道、サヌールのバイパス交差点で信号待ちしてた時のこと。
野犬が片足をヒョコヒョコして歩いてた。
バイパスは車通りも多いし、こいつらノンビリしてるくせに運転はスピード狂で荒い。
恐らく車に轢かれたんだろう。
その野犬がヒョコヒョコと車がブンブン走ってるバイパスに向かっていった。
あぁ・・・危ない、危ない。
案の定、犬は車に轢かれてしまった。
思いっきりその瞬間を見てしまった。ギャー!!と悲鳴あげてもた。
もはやあの世行きだな・・・と思ったが犬は生きていた。
今度は両足をひきずりながら道を渡り切った。
すごい生命力。
しかしバリの野犬はなんとかならんもんだろうか。
って、何かで読んだが我々が野犬と思ってる犬は実は殆どが飼い犬らしい。
飼い犬なら飼い主が居るはずだ。
飼い主よ、もっとペットを大切にしよーよ。
そして無駄に吠えたり追いかけてこない様に躾してくれ。

by panda_traveler | 2011-11-23 10:02 | 2010.12.8~バリ島他
2011年 11月 22日
KUTAのインチキ両替所
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

マレーシア、タイ2週間の旅から戻りクタに一泊した。
翌日、パダンバイのシャトルが出発するまで時間があったので両替に行った。
泊まってた宿がある「CEMPAKA3」の道沿いにある両替所だ。
土産物屋と一緒になってる明らかにイカサマするタイプの両替所ではなく
航空チケットの手配を一緒にやってるっぽい両替所だ。
表のレートもあの怪しいレートではない。
(「○○.99」と謳ってる両替所は怪しい)
正規に近いレートだ。
なので騙す系だとは思わなかった。

中に入ると女の子が一人居た。
椅子に座ると「あなた日本人?」と話し掛けてきた。
私が両替したこの日は4月中旬。
3月に日本で津波の震災があって間もない頃だった。
「今回の震災で日本は大変だったわね。アナタの家族や友達は大丈夫?」と話し掛けてきた。
これがこの女の手口なんだろうね。
確か1万円がRp1240000になるはずだったが渡されたのはRp1024000だった。
私も話に夢中になっており、しかも日本を心配してくれる彼女を疑いもしなかった。
更にぼらないマレーシア、タイを満喫してきたばかりで注意力が低下してたってのもある。
店を出る時には笑顔で「日本が幸せになります様に」なんて事まで言って手を合わせて見送ってくれた。

騙された事に気付かずに近くのマッサージ屋に入った。
ボディマッサージ1時間を頼んでパンツ一丁になってベッドに転がった。
10分くらいマッサージされた頃に騙された事に気付いた。
そのままマッサージを中断して戻りたい気持ちで一杯だったが我慢。
マッサージが終るとその両替所にすっ飛んで戻った。
中に入るとあの女の子が「ゲッ」って顔で私を見て仏頂面になった。
「あなたの渡した金が間違ってる」といいRp24000を出して「Rp240000よこせ」と詰め寄った。
最初はムッとした面でとぼけてたが私がデカい声で金をバタバタさせ更に詰め寄ると観念した。
さっきまでの仏頂面から一転、困り顔して「ごめんなさい。勘違いしてたわ」と。
わざとじゃなく勘違いしただけ・・・を連呼してた。
嘘つけ!わざとだろ。
人の国の不幸につけこみ心配するフリして騙す。
一番タチの悪いパターンだ。
もはや、ここでは騙される方が悪いとゆ~方式は覆る事がないな、と思った。
バリに愛想が尽きた瞬間だったかもしれん。
マレーシアやタイで楽しかった分、余計に嫌気が差した。
残念である。
勿論バリでは楽しかった事もあったしいい人との出会いもあった。
それが得体の知れない人を騙して喜ぶ若い女との出会いで一瞬で吹き飛ばされた。

ま、この感情はパダンバイに戻ると少しおさまったんだけどね。

両替で騙されたのは2回目。
1回目は泣き寝入りした。確か初バリの時だった。サヌールの土産物屋だったな。
ベタに全てRp50000札で出して端数の分をお釣りでよこせってパターンだった。
ホテルで悔し涙を流した事を思い出す。
そして今回。
もはや前回のパターンは有名になっており別パターンが生まれた様だ。
今度はどんな騙しテクニックが生まれるのだろう。

by panda_traveler | 2011-11-22 10:09 | 2010.12.8~バリ島他
2011年 11月 21日
BANGKOK→SINGAPORE→DENPASAR
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

●2011.4.19

非常に残念だ!残念過ぎた!!
楽しみにしてた朝食が大胆にショボくなっているではないか!!
エッグスタンドは辛うじてあった。
が、オムレツ美味しくなくなってた。
サラダが全く無くなってた。
麺、当然無い。
おかず、種類少ない。
このホテルに泊まった理由は朝食が目当てだったのに。

12時間もバスに乗ってバンコクまで来たのに
目的のオースワンの店は閉まってるわ、ホテルの朝食はショボくなってるわで・・・
目的が全く果たせないバンコクだった。
初めてバンコクに来た時から感じてた・・・相性が悪い!?
ま、タイ好きだけどバンコクはそんな好きじゃないからいっか。

以前だったら市内から空港まではタクシーで行ってた。
しかし今は鉄道が繋がってるとの事でBTSとシティラインで空港に向かった。
BTS「Nana」駅からシティライン乗り換え駅「Phaya Thai」まで25B
「Phaya Thai」から空港まで45B
計70B(≒¥190)で市内から空港に行ける様になった。
しかし「Phaya Thai」駅の券売機は分かりにくかった。
タイ語のみの券売機だった気が・・・
もしくは空港駅の名前が空港と分からない様な駅名だったか。
たまたま空港に向かうであろう白人カップルも居たのだが彼らも券売機の前で固まってた。
たまたま居た掃除のオバチャンに声を掛けて「エアポート、エアポート」と言って教えてもらったが。

まずはバンコクからシンガポールへ。
機内から自分がバスで移動したであろうマレー半島の東海岸が見えた。
バスでは何時間も掛かったが飛行機では一瞬だ。

シンガポールに着き免税店でジャックダニエルを2本買った。
確か免税範囲は1Lのはずなのだが、ま、何とかなるかと思って。
2本別々に袋に入れてもらった。
ここで私は余計な事をしてしまった。
カバンに入れようとして袋を少し開けてしまったのだ。
袋には空気が結構入っててパンパンになってたので空気を抜いて体積を減らそうとした訳だ。
そして2本ともカバンに入れたが荷物チェックで引っ掛かり
更に袋を開けた形跡が見つかり叱られた。
買った店に戻って再度袋に入れ直してもらえ!と言われた。
買った店に行って袋を出すと思いっきり女性店員に舌打ちされた。
そして思いっきり文句を言い出した。
「ったく、このクソ日本人のヤロー。袋開けてんじゃねーよ」
恐らくこんな事を言ってたと思われ。
ずっと文句言われながらあらためて袋に入れ直してもらい
「絶対に開けるなや、ボケ!」って感じで言われた。
私が去るまでコイツはずっと文句言ってた。
チャンギ空港の印象が悪くなった瞬間。
しかし、袋を開けた私が悪いのは事実だ。

再び荷物検査へ。
「現地に着くまで絶対に開けちゃダメだからな!」とここでもしつこく言われた。
しかし、この袋を開けたって行為が逆に怪しい行為と取られた様だ。
そもそも免税範囲を超えてる。
コイツ、オーバー分のTAX払わずに持ち込もうとしてんじゃねぇか?と思われたらしい。
多分、シンガの空港からデンパサールの空港に連絡が入ったのだろう。
怪しい日本人が免税範囲を超えた酒を持ってる・・・と。
デンパサールに着いて荷物検査に向かう私を
「来た来た」ってニヤけ面で空港職員が待ち構えていた。
すぐに「お前免税範囲超えた酒持ってるだろ」と言いやがったからね。
払いましたよ。Rp200000。
しかし私が払ったRp200000は恐らくTAXとして納められずコイツらで山分けしたんだろうな。

なんだかバンコクからバリに戻るまではグダグダになってしまったが
この2週間の旅はすごく楽しかった。
特に、全く未チェックのクラビがこんなに自分にハマる所だったとは驚き!
バリに戻ってきたがすぐにクラビに戻りたい気持ちで一杯になった。

by panda_traveler | 2011-11-21 10:02 | 2010.12.8~バリ島他