<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 23日
Padangbai「BIASTUGAL BEACH」で初シュノーケリング
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.14

昨晩、怪しい手作りアラックを飲み過ぎたようだ・・・
起きたらチト気持ち悪かった。

朝ご飯はトースト2枚、オムレツ、フルーツ2種(スイカ、パイン)
二日酔いには味噌汁!
お湯をもらって味噌汁を2杯ばかし飲みました。

その後は洗濯&ボンヤリ

昼は昨日の散歩で発見したローカル色の強いワルンに行ってみた。
港のゲート脇のホワイトサンドビーチに向かう道を延々と歩く。
5分くらい歩くと右手にワルンがある。
表にメニュー看板があるので無難にナシゴレンと決めて席に座る。
イブ二人・・・ジィーっと見てる。
見てるだけで何も声を掛けてこない。
ったく・・・
注文しようと声を掛けようとしたら「フィニッシュ!」と一言。
はぁ?!
どーせ嘘だろうな。
外人が面倒くさくて追い払いたくて「フィニッシュ」って言ってきたの丸分かり。
虫をはらうかの様にシッシッって感じで追い払われましたわ。
あたっまにきすぎて「二度と来るか!こんな店!」って日本語で暴言吐いたった!

ってな訳で、この日も昨日と同じワルンへ。

a0121014_1234236.jpg
ど~やら「WARUNG MUSLIM」って店名の様だ。

a0121014_12345788.jpg
これ、店内に貼ってあるメニュー。
まぁ~一通りは網羅してる感じですかね。
「NASI PECEL」ってのはガドガドと白飯のセットでございます。

a0121014_12365875.jpg
本日は「Soto Ayam」にしてみました。
注文したらイブが「スプ!スプ!」って説明してくれましたよ~。
味はどうだったかな~。忘れた!
でもマズくは無かったよ。(マズいと手帳に記録してるので)

【お会計】
●Soto Ayam/Rp8000
●水(大ボトル)/Rp5000
合計 Rp13000

昼飯の後はホワイトサンドビーチへ。
波がかなり落ち着いてた。
この日はシュノーケルマスク持参で参上。
今まで何度もこのビーチに来てるんだけどマスクを持って来た事がない。
シュノーケルにあまり適してないと思ってて。
しかしながら、珊瑚はあまりないけど魚はそこそこ沢山おりました。
ちょっとビビってしまうくらいの大きな魚も居たし。

この日の夜は勿論「SARTIKA」へ。

a0121014_12444778.jpg
ナシチャンプルアヤム。
この店のナシチャンプルは基本的に同じ感じなんだけど
卵が写真みたいに目玉焼き風だったりゆで卵を揚げたやつだったりする。

【お会計】
●Bintang beer(Small)/Rp12000
●Nasi Campur(Ayam)/Rp10000
●ルンピア/Rp8000
●アラック(ストレート)/Rp10000×2=Rp20000
合計 Rp50000
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-23 12:53 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 22日
ようやく気が付きました!
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.13

パダンバイに来て5日目。
この日も朝起きてバルコニーでタバコ吸ってたら「朝ご飯食べる?」と声が掛かりました。
私の日記によると・・・
この日、泊まってる宿「TIRTA YOGA」のスタッフの男の子MADEが
とても可愛い事に気付いた様だ。
恐らく、話掛けてくる時に必ずニッコリ笑って首を傾げる感じがツボに入ったんだと思われる。
声もちょっとハスキーな感じで、やわらかい声なんだよなぁ。
声変わりしたての男の子みたいな声っちゅ~か。

この日の朝ご飯はトースト、オムレツ、フルーツ3種(マンゴー、スイカ、バナナ)、コピ。
ちなみに前日はトースト1枚だったが、この日からは2枚になった。

午前中は日課の洗濯&ボンヤリ(←ボンヤリが日課って・・・)
昼に宿を出て昼飯を食べる店を物色。
最初はPerama近くの行き付けワルン「SARTIKA」の数件隣にあるワルンにトライ。
まぁ~ツーリストには冷たい対応の店で。
入ろうとしたら店の女の子にギロッと睨まれる。
ここでひるんじゃ負けだ!と思いグイッと入る。
その女の子に「メニューある?」と聞いたら無言で睨まれ「No!」と一言。
(しかも座ったままだし)
あたまにきたから店から飛び出してやった。

次はホワイトサンドビーチに行く道すがらにあるローカル色が強いワルンにトライ。
前からチラ見しててナシチャンプルがあるのは分かってた。
店に入る。
イブが出てきた。
「ナシチャンプル」と言うと若干戸惑いの顔を見せたもののOKだった。
飲み物を聞かれてエス・テを注文。
席に座ると壁にメニューがあった。
しかし値段は書いてない。
ま、この雰囲気だし・・・そんなにビックリぼったくりは無いだろ・・・と予測。

a0121014_15252132.jpg
ナシチャンプル!いやはや、とても美味しかったんですよ~これが!
上の方に写ってる茶色っぽいやつ・・・何の肉かは分からなかったんだけど
これがやけにウマかった~。
サンバルも辛めでGOOD!
このワルン、気に入った!

【お会計】
●ナシチャンプル/Rp8000(←多分、ツーリスト価格。ローカルはRp6000の様だ)
●エス・テ/Rp2000
合計 Rp10000

ご飯と飲み物でRp10000は貧乏トラベラーの私にとってありがたい!
パダンバイってワルン自体が少ないし、ツーリスト向けばっかなんだよね。
こ~ゆ~ローカルワルンが少ない。
あっても、さっきみたいにツーリストお断り!みたいな対応されたり。
このワルンはかなり貴重な存在になった。

昼ご飯の後は昨日に引き続き散歩ルート探し。
ワルンを出て道なりに歩く。
途中、ホワイトサンドビーチへ曲がる道を曲がらずに通過。
すると近くに居たローカルオヤジが「ビーチはあっちだよ~」と。
そこから先に行くツーリストってあんまり居ないんだろうな。

そのまま道なりに歩くと右手にローカルワルン発見!
明日はここをトライしてみるとしよう。
そのワルンも超えて暫く歩くとT字路になってた。
イメージ的に左に曲がると海に着きそうだ。
左に曲がってみる。
まぁ~ここからもしんどい坂で・・・
暫く歩くと茂み?に入る道を発見。
ぬぅ~っと入ると牛が何頭か居た。
牛をぬって茂みを歩くと今度は船を作ってる?直してる?人々に遭遇。
「なんじゃ?この外人?」みたいな顔をされたが
こっちが笑って挨拶するとすぐに笑顔で挨拶を返してくれた。
そして、ついに海に着きました!

a0121014_15374589.jpg
ここ。

a0121014_15381569.jpg
ど~やらここはブラックサンドビーチってところの様だ。
泳いでる人なんて全く居ない。
泳ぐのには適してないっぽいビーチの様だった。
しばし休憩がてら岩場に腰掛けてタバコなんぞ吸ってたら
ジュクンに乗ったローカルが思いっきり手を振ってる。
私に振ってる??
周りを見渡しても私以外に人は見当たらなかったので、ど~も私に振ってるみたいだ。
ちゃんと振り返しておきました。

暫くして宿に戻った。
いつも夜はワルンでアラックを飲んでるけど、自分で買えば安いんじゃないかと思った。
アラックを買おうと部屋から出たらMADEに遭遇。
「どこ行くの?」と言われ「酒を買いに行く」って言ったら「向こうにあるよ」と適当に教えられた。
(超ー適当に指差して「むこう」って感じで言われた)
一応、指差してたと思われる方向にあった店に入ってみる。
「Minta Arak!」と言うと最初は聞き返されたが
「Arak、Arak!」と連発して言ったら理解してもらえた様だ。
お店の女の子が奥にあった水ボトル(小さい方)を持って私に差し出した。
・・・いや、水じゃなくて酒が欲しいんだけど。
「No!No!Arak!」って言うもその水ボトルを突き出すだけ。
「No Warter・・・」とボソッと言うと、女の子はおもむろにその水ボトルのキャップを開けて
私の鼻先に突き出してきた。
匂ってみる・・・
アラックだー!!
中身がアラック!?ってこたぁ~手作りアラックか??
確か怪しいアラックを飲んで白人ツーリストが死んだって話があったよなぁ。
ちょっと買うのをためらったが、まぁ~酒飲んで死ねれば本望!と
変に納得?して、その怪しいアラックを買いました。
●アラック/Rp20000
宿に戻ってマジマジとボトルの中身を見るとゴミみたいな浮遊物が入ってっし。
ま、いっか。

夜は「SARTIKA」へ。

a0121014_15504730.jpg
サテアヤム。
これに白飯が付くんだけど、私はポテトフライに変更してもらった。

【お会計】
●Bintang beer(Large)/Rp20000
●サテアヤム/Rp20000
合計 Rp40000

残ったサテアヤムとポテトをブンクスして、その後は部屋の前のバルコニーで
怪しいアラックを飲みながらつまみました。
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-22 15:58 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 22日
パダンバイの散歩ルート探し
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.12

朝起きて、いつもの様にバルコニーでタバコを吸ってた。
いつもならばすぐに「朝ご飯食べる?」と声を掛けられるのだが
この日は私がバルコニーに居るのが分かってると思われるのに声を掛けられない。
まさか・・・
昨日、宿代を値切ったから朝食無しになっちゃった!?
こっちから朝ご飯の声を掛けて
「アナタ、宿代値切ったから朝飯ナシね」って言われたら
どんな顔で反応すればいいんだ??
とか、小さい事で悶々してたら無事に声を掛けてくれました。ホッ。

そして、遂に念願のオムレツを作ってくれました。
昨日も一昨日も「オムレット!」って言ったからね(でも無かったんだけど)
すごくオムレツを食べたがってると分かったらしい。

a0121014_11352657.jpg
トマトオムレツ、トースト、フルーツ3種(スイカ、マンゴー、バナナ)、コピ
オムレツ頼んだらトーストが1枚になってしまうのか・・・

午前中は洗濯したり部屋でマッタリしたり。
昼はブルーラグーンの方に向かって歩き出した。
以前から一度入ってみたいと思ってたワルンに行く為に。

a0121014_1139334.jpg
「WARUNG MANGGA」ってとこ。
道路から急な階段を登った所にあるワルン。

a0121014_11404192.jpg
今日も昼はカレーですよ!フィッシュカレーでございます。
昨日のカレーは髪の毛やら蟻やらが入ってたからね!(量も少なかったし)
別の店でリベンジ!
この店は野菜タップリでスープもタップリでなかなかGOOD!
しかし魚がやや生臭かった・・・残念。

食後にはスイカとジャックフルーツ(かな?)をサービスで出してくれた。

【お会計】
●フィッシュカレー/Rp15000
●水(小ボトル)/Rp3000
合計 Rp18000

食後はブルラグーンホテルの方へ歩いてみた。
いつもビーチまでしか行かないので、その先がどうなってるのか気になってたのだ。
道なりに歩く。
気付いたらブルーラグーンホテルだった。
そう・・・道はホテルで行き止まりだった。
ホテルのスタッフに「この先に道は無いの?」と聞いたら「無い」と・・・
すごすご来た道を戻る。
そしてビーチの辺りまで戻ってきた時に別の脇にそれる道を発見。
次はそっちに行ってみる。
こっちは道が暫くあったけど結局は崖で行き止まり。
散歩とかに適したルートを探しているんだけど。

次は港のゲート前の道をずっと歩いてみた。
暫く歩いたけど何もない。
この通りは車やバイクが多いから何となく散歩に適してはいない。
大通りに出た所で折り返して戻る。

パダンバイでは基本的にビーチに行くつもりだったけど
波が高くて泳げない事も多いので散歩ルートも確保したかった。
とにかく体をなるべく動かさねば!
この日はいいルートが見つけられなかったな。

途中の売店で缶ビンタンを1本買って飲んで宿に戻った。
暫く寝てから夜はやはり「SARTIKA」へ。

a0121014_11574293.jpg
ナシチャンプル(イカン)
この日は何となく魚にしてみた。

ビールを飲んだ後にアラックをもらおうと店のイブに声を掛けたら
私が注文する前にニヤッと笑って「アラック?」って。
すっかり「私=アラック」が定着してんな~

【お会計】
●Bintang beer(Small)/Rp12000
●ナシチャンプル(イカン)/Rp15000
●ポテトフライ/Rp8000
●アラック(ストレート)/Rp10000×2=Rp20000
合計 Rp55000
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-22 12:04 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 20日
宿のディスカウント交渉
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.11

朝、やたらやかましくて目が覚めた。
道を挟んで向かいのLosmenが改装工事をしてて
まぁ~朝もはよから、ガガガガーーーッ!と工事の音がうるさい事、うるさい事。
バルコニーに出てタバコ吸ってると、下からMADEが「朝ご飯食べる?」と。
昨日と同様、トーストとフルーツ3種(パイン、スイカ、マンゴー)とコピ。
食べてる所にまたもボスがやってきた。

この宿に2泊して私はこのままずっとここに泊まろうと決めた。
特に不具合は無いし、朝ご飯も特に不満は無いし。
次に移動するのは12月27日の予定にしてた。
ブログを通して知り合った「のうみそ南国days」のまみさんとサヌールで食事の約束をしてたのだ。
まみさんは26日の深夜にサヌール入りし
サヌールで2泊の後はウブドに移動する予定だった。
(が、実際は・・・詳しくは、まみさんのブログでどうぞ)
私は27日にサヌールに行き1泊して、翌日にまみさんにくっついてウブドに行こうと思ってた。
こんな機会でもなければウブドに行く事もないだろうし。

そんな訳で12月27日チェックアウトとなると18泊になる。
2週間以上だ。
何とか宿代のディスカウントが出来るんではないかと・・・
ボスに「2週間以上泊まる。だから宿代をマケてー!」と交渉開始。
口頭だと危ないのでメモ帳に金額を書きながら交渉。
最初から大きく「Rp60000」でいってみた。
しかし「うん」とは言ってもらえず。
ボスは「Rp65000でどうだ?」と言ってきた。
粘りますよ!私も。
ずっと「Rp60000」で押し通した。
段々とボスが折れてきた。
「Rp62500」まできた!あと一押し!
ここで私は切り札ともなる一言を発した。
「2月にまたパダンバイに戻ってくる。その時もここに泊まる」
近々戻ってくるってのが意外に効果的に働いた。
「Rp60000」でOKが出た!
やったー!!
交渉後は握手と、何故か?欧米式のホッペをくっつけあう挨拶?みたいなんをさせられた。
オッサンと頬をくっつけるのに軽くためらいを感じつつ
「安く泊まる為!」と言い聞かせて応じました。ハイ・・・

この日のランチは「PADANGBAI CAFE」ってワルンへ。
何だか無性にカレーが食べたくなってさ。

a0121014_1771313.jpg
ベジタブルカレー。
ちなみに、イブ(だと思われる)の髪の毛2本と蟻が数匹入ってるスペシャルカレーだ。
失敗した・・・
二度とこの店に来ないでおこう・・・と心に誓った。

【お会計】
●ベジタブルカレー/Rp15000
●水(大ボトル)/Rp5000
合計 Rp20000

スペシャルカレーの後は昨日と同じ白砂ビーチへ。

a0121014_1794910.jpg
ガタガタの道を登り切っての一枚。

a0121014_17104082.jpg
この日はやや波が高かった。
しっかし・・・やっぱり人が居ないわ。

夕方に宿に戻りシャワーを浴びて、夜は昨日と同じ「SARTIKA」へ。
なんだか・・・旅が始まって数日で写真を撮る意欲がなくなった。
この調子で3ヶ月間、毎日撮っていったら何枚になるの!?って思うと。
大体、いつも食べる物は同じだし・・・撮らなくてもいいんじゃね!?って気持ちになった。
ブロガー失格か?

【お会計】
●Bintang beer(Large)/Rp20000
●ポテトフライ/Rp8000
●ナシチャンプル(アヤム)/Rp10000
●アラック(ストレート)/Rp10000×2=Rp20000

この日は金曜日。パダンバイが停電の日だった。
PM7:00~PM10:00まで停電だった。
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-20 17:20 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 20日
のんびり滞在スタート!
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.10

朝8時頃に目が覚めた。
タバコを吸うのにバルコニーに出ると下から声が・・・
ん?
見ると若い男の子が朝ご飯を食べるかどうか聞いてきたみたいだった。
どうやらこのLosmenのスタッフらしい。
超ー若い男の子(見た目は17歳くらい)で何故か洒落こいた帽子をかぶってた。
(随分と後にこの男の子がMADEって名前だと聞いた。なので以降はMADEで)
「オムレット」と言うと「無い」と返事が。
ど~やらバナナパンケーキを出したいっぽい。
しかし甘い物が苦手な私・・・
「トースト」と一言。

a0121014_10105736.jpg
トースト2枚とフルーツ3種。フルーツはパイン、マンゴー、スイカ。
マンゴーが出たのが嬉しかった。
ちゃんと一口大に切ってあって食べやすかった。
これにコピかティがつく。

朝食の後、宿のボスに捕まって話し相手をさせられた。
「おはよう」は日本語で何て言うの?とかって内容だったと思うけど(ありがち)
暫く話し相手させられたな~。

午前中は洗濯してボ~っとして午後から通称「White sand beach」の「Biastugal Beach」へ。
パダンバイには3つのビーチがあるのだが、私は大体このビーチに行く。
でも、まぁ~道のりが大変なのだ。
坂道&岩がゴロゴロ。
それでも、その苦労の先には綺麗なビーチがあると思うと何とか頑張れる。

a0121014_1022623.jpg
着いてすぐにビーチ沿いのワルンへ。
エス テ ボトル

a0121014_10251862.jpg
ナシゴレン。
このナシゴレン、私がバリで食べたナシゴレンの中で1、2位を争うくらいのマズさだった。
米がべチャべチャで野菜がマズくて味付けは問題外。
逆に、どうしたらこんなにマズく作れるのか聞きたいくらいだ。

●エス テ ボトル&ナシゴレン/Rp20000

高ーーい!!多分、テがRp5000でナシゴレンがRp15000なんだと思う。
雰囲気料?で高めの設定なんだろうな。
美味しけりゃ~まだ納得できたのに・・・

a0121014_1029547.jpg
このビーチは波が高い事が多いけど、この日はいい感じ。
客は私を含めて3人くらいしか居なかった。
なもんで、ワルンのイブが私に密着24時で「マッサージ?ココナッツ?」攻撃がすごかった。
人が全然居なくて静かで・・・困るー!と私に言われても。
「もうすぐ年末年始だから日本人が沢山来るよ」と言ってみたが
「日本人はクタとかウブドにしか行かないから。ここには来ない」と返された。
うん・・・確かに。
殆どが南部エリア&ウブドに行っちゃうもんな~。
でもさ~観光客に来てもらいたいなら、街も頑張らなきゃイカンよ。
ビーチのゴミを無くすとか、何か努力しなきゃさ。
あと、コンビニ1件は欲しいな。

夕方に宿に戻ってシャワー浴びて、夜はやっぱり「SARTIKA」へ。

a0121014_10441938.jpg
フーユンハイ。ほんとデカイわー。

a0121014_1045378.jpg
ナシチャンプル(アヤム)
もはや私の定番。言わなくても向こうから「ナシチャンプルアヤーム?」と言われるくらい。

【お会計】
●Bintang beer(Small)/Rp12000←記録によると小瓶を飲んでた。何故だ?大瓶が無かった??
●フーユンハイ/Rp10000
●ナシチャンプル(アヤム)/Rp10000
●アラック(ストレート)/Rp10000×2=Rp20000
合計 Rp52000
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-20 10:55 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 19日
運命!?Losmen「TIRTA YOGA」との出会い
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.9

クタから最初の長期滞在先のパダンバイに移動する日。
朝は9時半頃に目覚めた。
朝ご飯は食べず・・・
だってマズいし。
荷物をまとめて11時にホテルをチェックアウト。
宿代はカードで支払おうと思ったのだが3%の手数料がかかると言われ現金で。
●1泊 Rp114000×2(泊)=Rp228000

ホテルの前の道を南下してperemaに向かう。
道中で適当な店でランチしようと思ってた。
ベネサリ通りを横断して更に南下すると右に安いワルン発見。

a0121014_169650.jpg
店の名前は不明・・・写真に写ってる看板が店の名前!?

a0121014_16102113.jpg
昼間っからBintang beer!068.gif

a0121014_16112254.jpg
Gado-gado
一応ツマミのつもり。
味は・・・イマイチ!インゲンや人参が冷凍だった。

a0121014_16122319.jpg
マルゲリータピザ
あれ??昨日の昼もピザ食ってなかったっけ??
って感じだが、いいのだ。

a0121014_16134547.jpg
マンゴースムージー
私がこんなん頼むのって珍しい!?

【お会計】
●Bintang beer(Large)/Rp20000
●ガドガド/Rp10000
●マルゲリータピザ/Rp18000
●マンゴースムージー/Rp12000
合計 Rp60000

腹ごしらえも終えたし、あとはシャトルでパダンバイに向かうだけ。
更に南下して歩いていたら去年の4月に初めてクタで泊まったロスメン「CEMPAKA」発見。
私が「まるで独房・・・」と言ってたあのロスメンですよ。
ここで私は思った。
パダンバイの後は出国の為に空港近く、所謂クタ周辺に泊まる予定だった。
宿は押さえてない。
寝るだけだし・・・と思い「CEMPAKA」に行って予約出来ないか尋ねてみた。
すると約1ヵ月後なのがイカンかったらしく「ダメー」と簡単に断られた。
ちくしょー!ケチ!!
断られた後に近くを少しウロついてたら「CEMPAKA3」なるロスメン発見。
きっと同じボスなんだろうな。
ダメモトで次はここに行って頼んでみた。
すると笑顔でOKだった。
メモ用紙に泊まる日と名前を書いて無事に予約終了。
ありがとう!ニョマンさん!

13時過ぎにperamaオフィスに到着。
のんびりタバコを吸いながら出発まで待つ。

a0121014_16253298.jpg
オウム?が居た。
コイツの直下は危険!ウ○チが落ちてくるからね。

13時半過ぎにシャトルに乗り込む。
乗ったのは私と白人の男性の2名のみ。
こんなに少ないのは初めてかも。
その男性はウブドで降りていき、ウブドからは白人の男性が二人乗り込んできた。
順調にシャトルはパダンバイに向けて走り16時過ぎに到着。
シャトルを降りると宿引きに囲まれた。
そこに見覚えある顔を発見!
4月、7月と泊まった「KEMBAR INN」の無愛想な男の子ではないか!
最初は「Rp70000」と言ったが、すぐに私を思い出したみたいで「Rp60000」って言い直した。
すまん・・・今回はお前んトコに泊まるつもりはないのだよ。
だって7月に来た時にシャワーの水が出なかったじゃん!
結構あれは根に持ってんだよ。
なもんで今回は初めてパダンバイに来た時に部屋を見せてもらって気に入った
「MARCO INN」ってロスメンに泊まろうと思ってた。
(3階の屋上からの眺めが良かったのだ)
「KEMBAR・・・」の男の子を適当にあしらってソソクサとその場から逃げた。
すまん。
でも一応「お前んトコ、前回シャワーの水が出なかったじゃん!」っぽい感じで理由は言ったぞ。

道をヨチヨチ歩き「確かMARCOはこの辺りだったはず・・・」と立ち止まった所で
どこかの客引きに声を掛けられる。
いくらって言ってたかなぁ?Rp100000とかって言ってたかな?
全くの予算オーバーだったので断ってる所に一連のやりとりを見てたと思われるオッサン登場。
「オイラに着いて来い!」って感じで問答無用でオッサンに着いて行く事に。
辿り着いたのは綺麗なロスメン。
メゾネット形式なのも気に入った!
聞くと3ヶ月前に出来たばっかだと。ど~りで綺麗なはずだわ。
1泊いくらか聞いたらRp70000
「KEMBAR・・・」がRp60000って言ってたからRp10000プラスでこの綺麗なロスメンに泊まれるわけだ。
即答だった。
「ここに泊まる!」
長く居る予定だったが、とりあえず3泊するって言った。
(泊まってみてから不具合に気付くかもしれんし)

a0121014_16442184.jpg
外観。メゾネット形式の部屋は4室。
右にチョロっと写ってる平屋も客室だった。ここはHシャワーの部屋らしい。
よく見ると泊まろうと思ってた「MARCO INN」の屋上が写ってた!

a0121014_16453869.jpg
部屋の入口。朝食は写ってるテーブルで食べる。

a0121014_16463112.jpg
トイレとシャワー。
何で横並び??って感じだった。配管の関係?!

a0121014_1647312.jpg
階段を上ったら寝室。
たまたまツインの部屋に当ってしまった。
ま、使ってない方のベッドは荷物置き場として大活躍してたので、結果オーライ。

a0121014_16492442.jpg
うまく写真を撮れなかったのだが、天井が高い。
これも気に入ったポイントのひとつだった。

a0121014_16501475.jpg
ベッド側からバルコニー側を見た感じ。
ファンはリモコンがあって便利だった。

a0121014_16511699.jpg
バルコニー。
隣との仕切りが全く無い。
これ、気になる人は気になるかもね。

a0121014_16521796.jpg
バルコニーに出たら子猫の鳴き声が・・・

このロスメンは「TIRTA YOGA」って名前。
場所は「KEMBAR INN」の真裏になる。
「OZONE」ってやかましいレストランの脇を入ってすぐ。
私が「TIRTA・・・」に泊まる事にしたのは全くの偶然だった。
たまたまボスが私を見かけて、私が宿を気に入って・・・って流れだったのだが。
それが後に「偶然じゃなくてわざとじゃないの!?」と突っ込まれてしまいそうな事実が発覚。
その話はいづれ・・・

一息ついたところで夕飯を食べに「SARTIKA」へ。Peramaの左ナナメ前くらいのワルン。
パダンバイに来たら殆どこのワルンに居る。

a0121014_16555844.jpg
Bintang beer!068.gif

a0121014_16563790.jpg
ルンピア。デカいなぁ~。
一人だからイッコでいいのに・・・といつも思う。

a0121014_16575834.jpg
ナシチャンプル(アヤム)
殆どこれしか頼まないってゆ~一品。
酒を飲むとあまり食べないからねぇ・・・私は。
手前に写ってるナス炒めがピリ辛で美味しかったー。

【お会計】
●Bintang beer(Large)/Rp20000
●ルンピア/Rp8000
●ナシチャンプル(アヤム)/Rp10000
●アラック(ストレート)/Rp10000×2
合計 Rp58000
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-19 17:13 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 15日
バタバタ大忙しの一日
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.8

まぁ~きったないホテルだったけど熟睡できたわ。
目覚め快調!
さて、朝ご飯を食べにレストランに行きますか~

a0121014_1664325.jpg
料金に含まれてる朝食。
トースト、コーヒー(もしくは紅茶)、フルーツ。卵料理は無し。
案の定、パンはカチカチで固い。殆ど食べず・・・
フルーツにいたっては、いつ切って盛り付けた!?と問いただしたかった。
表面が乾いて変色してた。
全く手を付けず・・・
結果、コーヒーだけの朝食になってしまった。
ま、別に朝飯に期待はこれっぽっちもしてなかったが。

コーヒーだけの朝食の後、フロントに行ってAir asiaのオフィスがどこにあるか聞いた。
夜中にMADEからメールがきて、レギャン通りにあるとゆ~情報が。
(一応調べてくれたらしい)
するとフロントのスタッフは「知らない」と・・・
うーーーー
とりあえずレギャン通りに向かって歩いてみた。
レギャン通りに出るちょっと手前に日本語で「案内所」って文字を発見!
そこに入って「Air asiaのオフィスはどこ?」と聞いてみた。
するとレギャン通りを北上して500mくらい行った左手にあるとの事。
おっ!近い!
って・・・実際は1kmくらいあった気がする。
無事にAir asiaオフィスに到着。
オネェさんに問題の出発時間が変更になった便のバウチャーを見せる。
そんでもって、その前に乗る2便のバウチャーを見せ
同日に乗り継ぎする予定だったのに時間変更されて困ってる~って事をジェスチャーで伝える。
確か・・・英語で言ったのは「あいむ いん とらぶるぅ~」(困ってます)だけだったと思う。
オネェさん、3枚のバウチャーを見てすぐに事を察してくれた。
SIN 20:30→DPS 23:00 の便に変更してくれた。
勿論タダ。
いや~これで問題解決。スッキリ~~~
しかし・・・この時間だとシンガポールで少し時間があるな。
せっかくだし・・・街に出てホーカーでも行くべか~
ちょっと楽しみが増えた。

Air asiaからの帰り道、両替商を発見。
あの土産物屋と一緒になってる誤魔化し系じゃなくてマトモな両替商。
ここで1ヶ月分の滞在費の¥50000(¥10000札×5枚)を両替する。
Rp105.80×5=Rp5290000
1ヶ月¥60000と考えてたのだが最初は切り詰めていく為にも¥50000
これで1ヶ月乗り切ってみようと思った。

ホテルまでの帰り道、simカードを購入。
Rp100000分のプルサが付いてRp170000だった。
なので、単純にsimカードの値段はRp70000!?安いのか高いのか分からん。
友達から借りたNokia携帯を渡してセッティングしてもらう。
これで現地で携帯が使える様になった~。
ま、暇つぶしに日本に居る友達にSMS送る程度だから、そんなに使わんだろ~
と、この時は暢気に思ってた。
友達は「現地で携帯を持つと便利だけど面倒な事も多いよ~」と言ってたが。
(後にその言葉通りになった)

と、この辺りで昼になった。
朝はコーヒーしか飲んでないのでメチャクチャ腹が減った。
食べる物は決まってた。
ピザ!
これから田舎に行くので、都会っぽい=ピザ・・・とゆ~田舎っぺな考え。
(実際はパダンバイにもピザを出す店は何件かあるんだけどね)

ホテルの前の道を南下しながら歩いて左手にピザを出す店を発見。
a0121014_16405738.jpg
「SI DOI」とかって店。
表のメニューを見たらそんなに高く無さそうだったので入ってみた。

a0121014_16421378.jpg
店内。客は私一人だけだった。
厨房を覗くとピザ釜みたいのがあった。
おっ!期待膨らむなぁ~。

a0121014_16451631.jpg
この旅初のBintang beer!068.gif
いや~やっぱ暑いトコで飲むビールはうまし、うまし!

a0121014_16464496.jpg
確か・・・スペシャルピザとかってやつ。
見て分かると思うけど・・・完全に焼きすぎ。
生地がカチカチに固くてイマイチ。
上の具はそこそこ美味しかったんだけどなぁ~。
私は生地がモッチリしてるのが好きなんだよね~。

a0121014_1649389.jpg
レストランの奥にプールがあった。
どうやらこの店は宿もあるみたいだ。
プール見てたら店員に「うちに泊まらない?」と言われた。
1泊いくらか聞いたら、覚えてないけど到底私には泊まれない金額だったと思う。
う~~ん・・・確かRp300000くらいって言ってたかなぁ??
その1/6を目標にしてんのに。

【お会計】
●Bintang beer(Large)/Rp20000
●Pizza/Rp31500
合計 Rp51500+Rp5150(10%)=Rp56700

Rp60000を払ったら当たり前の様に釣りをくれなかった。
10%取ってるのに釣りまで取っていくとは・・・ったく!

食後はPeramaオフィス行って明日のパダンバイ行きのシャトルの予約。
13:30発を予約。
●Kuta→Padangbai /Rp60000

次は美容院。
日本に居る時からずっと「バリに着いたら速攻で美容院に行ったる!」と豪語してた。
とにもかくにもボサボサだった。伸びほーだい。
日本の美容院って高いんだもん・・・
レイヤー入ってる髪形だから、まぁ~適当に軽く切ってもらえればどこで切っても問題無し。
ポピーズⅡからベネサリに抜ける道の途中で安い美容院発見!

a0121014_1725685.jpg
「HANA」って店。ヘアーカットRp25000!安い~~
他のメニューも安いと思う・・・この店。

a0121014_1743534.jpg
店ん中に貼ってあったメニュー。

あまりの安さにヘアーカットだけのつもりがトリートメントもお願いする事に。
両方合わせてもRp54000だから¥500くらい。

最初はトリートメント。
確か3種類くらいの匂いがあって選ばさせられた・・・と思う(すまん、記憶曖昧)
水でシャンプーされトリートメントをベトベト塗られ放置プレイ。
暫くして流して最後に肩をマッサージ。
う~ん、気持ちいいなぁ~。
日本では絶対にマッサージに行かない私(だって高いんだもん)

さて、次はカット・・・ってところで
「すまん!髪を切れるスタッフの手が30分経たないと空かないからどっかで時間潰してきて」
と言われてしまった。
べちょべちょに濡れたままの頭で店を出て近くをフラフラ。

適当に近くのワルンで・・・
a0121014_1721328.jpg
やっぱり飲む。でも小さいやつね。

30分後、また「HANA」に戻って髪をカットしてもらった。
まぁ~適当に10㎝くらい切ってもらった。
軽くなったわ~

帰り道にコンビニに寄ってシャンプーやらタバコやらを買う。
さて、ホテルに戻って少し休みますかね。
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-15 17:36 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 14日
長い旅のスタート!
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2009.12.7

私が取ったチケットはチャイナエアライン(CI)
16:30成田発→19:30台北着
20:20台北発→01:40デンパサール着
台北での乗り継ぎ時間が1時間も無いのだが全然大丈夫!
ターミナルも違うけど余裕で乗り継ぎ出来る。
(7月に行った時も同じフライトだった)

家を出て電車に乗り、日暮里で京成線に乗り換え。
日暮里駅が改装されてて軽く慌てた。
いつも乗る車両が決まってるのだが、改装されたせいでその車両がどこに止まるか分からず。
いつも乗る車両はほぼ確実に座れるんだよなぁ~。
私の中での穴場車両なのだが。
でも今回は適当な車両に乗ったけど無事に座れた。

成田のCIカウンターでチェックイン。
窓側の席をリクエストするも、成田→台北線の窓側は全部埋まってるとの事で
3-4-3の座席の真ん中の4列の通路側から2番目。
つまり、ど真ん中の座席に・・・ガックリ。
台北→デンパサール線は前方の窓側の席が取れたけど。

a0121014_16482036.jpg

a0121014_16484356.jpg


さてさて、乗り込みますよ。
暫くサヨウナラ~日本!

a0121014_1649531.jpg
成田→台北線の機内食。
シーフードポークライスとビーフパスタの選択肢があり、シーフードをチョイス。
飲み物はビールと白ワイン。
シーフードあんかけをツマミにビールを飲んで、サーモンをツマミにワイン飲んで。
まぁ~いつもの如く、チビチビつまんでは飲んで・・・って感じでやってた。
このサラダのサーモン、美味しかったなぁ~。

私の左隣は台湾人のオッサンで右隣は日本人の若い女の子の二人組み。
台湾人のオッサン、食後におもむろに持参したビニール袋をゴソゴソ。
ついでに?私もその袋の中身を覗き込む。
出てきたのはサラミ!細いスティック状になってるやつ。
それをムシャムシャと食べ始めた。
あぁ・・・私にも1本くれぃ。そしたらそれツマミにビール2本は飲める。
とか思いながらあからさまにジィーーッと見てたが、おすそ分けは無く・・・
サラミが貰えなかったので私は大人しく自分の機内食をチビチビつまんで飲んでた。
すると今度は爽やかな?匂いが。
オッサンを見たらリンゴを丸かじりしてたー。
どんだけ食うんだよ!

そうこうしてるうちに19時チョイ過ぎに台北に到着。
いそいそと次のターミナルへ移動。

a0121014_171783.jpg

a0121014_1714159.jpg

a0121014_1721120.jpg


定刻通りに台北→デンパサール便が出発。

a0121014_1725939.jpg
TPE→DPS便の機内食。
チキンパスタとシーフードライスの選択肢があってチキン選択。
アジア系のエアのチキンはハズレが少ないと思い込んでるので。
ま、さっきシーフードだったってのもあるけど。
ま~またこれをチビチビつまみながらビールと白ワインを飲みちぎってた。
ちなみに、シートは3-3
私の隣には30代後半~40代らしき夫婦が座ってた。
空席が結構あったのにこの夫婦は移動せず・・・珍しいなぁ。
移動してくれれば3列使って寝ながらバリに向かえたのに・・・残念!

ってな訳で定刻通りの01:40に無事にングラライ空港に到着。
ほぼ一番乗りくらいの勢いでイミグレ通過。
少しルピアを持ってたので空港での両替は無し。

この日、空港には迎えが来てるはずだった。
そう・・・ロンボクで会ったロスメンスタッフのMADEさんが来てるはずだった。
出発前に何度かSMSのやりとりをさせられ
「バリに行って空港に迎えに行くー!」と言ってきかなかったのだ。
私は何度も断ったのだが。
「そんな時間に女性一人は危ない」とかヌカしやがって。
私からすりゃ~お前の迎えの方が危険を感じるっちゅーに!
しかしMADEの姿はなく。
一応SMSしたら「明日だと思ってた。ごめん。」と返信が。
ついでに?ばあさんが病気だとか余計な情報まで。
何はともあれ、やつが迎えに来てなかった事にホッとした。
しかし、この時間はタクシーカウンターが閉まってた。
白タクに乗るしかない。
クタまでRp100000だと。高っ!ディスカウント交渉するも鼻で笑われあっけなく決裂。
仕方なくRp100000払う事にした。ったく・・・

初日の宿は日本から予約していった。
クタのポピーズⅡからベネサリに抜ける道の途中にある「Sayang Maha Mertha Hotel」ってトコ。
1泊US$12くらい。
この界隈で日本から予約出来るホテルで、私が探した中では一番安いホテル。
ここに2泊の予約を入れてた。
本当は1泊にしてすぐにパダンバイに行きたかったのだが
パダンバイっちゅ~街はスーパーとかコンビニとかが無いんだよね。
なもんで、色々と事前買い込みしたかった。
あとAir asisのオフィスに行ってフライト変更のお願いもしなきゃならなかったし。
そんな訳で2泊。

ホテルに無事着いて案内された部屋は、まぁ~狭くて汚い部屋だった。
ショックのあまりか?写真を全く撮ってない。
ま、寝るだけだからいいんだけどさ・・・

さて、明日はperama行ってチケット買って、美容院行って髪を切って、
Air asiaオフィスに行ってチケット変更して、そんでもって買物もしなきゃ。忙しや~~~
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-14 17:37 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 13日
出発前のおはなし(事前準備編)
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

今回3ヶ月とゆ~期間は全て観光VISAで乗り切る予定だった。
なので30日ごとに出国しなければならない。
(今は出国しなくても30日延長出来るんだよねぇ。もっと早くやってくれりゃー・・・)
出国2回。

1回目の出国は2010.1.6
Air asiaにて事前に格安チケットを予約。

●06:00 DPS→09:05 KUL
●12:45 KUL→13:35 SIN
●16:45 SIN→19:15 DPS ※

↑ま、こんな感じで同日に再入国できる様にチケットを押さえた。
何で素直にシンガポールとの単純往復にしなかったか?といいますと・・・
こっちの方が安かったからでございます。はい。
ちと面倒な感じだけど、貧乏トラベラーなもんで・・・
多少の手間が掛かっても安い手段を選んでしまう。

しかし!出発1週間くらい前だったか?問題勃発!
私は暫く不在って事もあってプロバイダーを12月から2月一杯まで休止手続きをしてた。
なので、携帯でメールチェックとかをしてたのだが・・・
そんな12月のある日、Air asiaから1通のメールが。
携帯で見ようにも添付ファイルが開けない。
何だか・・・嫌~~~な予感。
知人に頼んでそのメールを転送して添付ファイルが何だったかを確認した。
すると、それはバウチャーだった。
そう・・・上の時刻表の「※」が付いてるフライトのバウチャーだった。
時刻表が変更になって、私の取ったこのフライトのSIN発時間がAM10:00になったとの事。

・・・乗れねぇじゃん!

だってシンガポールに13:35に着くのに10:00なんて絶対に乗れないでしょーが。
おいおい・・・ど~するよ・・・
もはや出発間際で何をするにも・・・って感じで。
Air asiaに電話すりゃ~よかったのかもしれないけど、英語が全く喋れないんだよー私は。
しかも国際電話なんて高くつきそうだし。
もう、とりあえずバリ行っちゃおうかと。
きっとクタ辺りにAir asiaのオフィスがあるんではないかと。
クタに無くても空港には絶対にあるだろうし。
直接オフィスに行って「こんなん勝手に変えられても困るー!何とかしてくれぃ!」と言おうかと。
ま、何とかなるだろ・・・うん・・・
と自分に言い聞かせて、何となくモヤモヤしたまま出発する事になった。

2回目の出国は2010.2.4
Air asiaにて事前に格安チケットを押さえた。

●17:25 DPS→20:00 SIN
●20:30 SIN→23:00 DPS (翌日2010.2.5)

2回目の出国はシンガポールで1泊になってしまった。
そもそもの3ヶ月チケットの押さえ方を失敗したらしい。
本当は1回目の出国同様に同日再入国にしたかったのだが
計算が合わなくなってしまった。
何とも詰めが甘いとゆ~か・・・
なので、帳尻合わせでシンガポールで1泊する事に。
シンガポールは宿が高いから泊まるのは避けたかったのだが・・・
でも、シンガポールは食べ物が美味しいから楽しみにしてた。
大好きな屋台の集合体、ホーカーもあるし。

ここで私は人生初のドミに泊まる事を決意したのだ。
何度かブログでも言ってるかも・・・だが、私は貧乏トラベラーのくせにドミは未経験。
何故なら、私はイビキが猛烈にやかましいのだ。
自分は寝てるからいいけど(でも、たまに自分のイビキで目が覚める)
他人に迷惑をかけるのが心苦しくて。
私のイビキで同室の人が全員夜中に目を覚まして
私を囲んで「うるせぇなーコイツ」とか言われたら、どーしよー・・・と考えると
どうしてもドミに泊まる気になれないのだ。
しかし、シンガポールのホテルは安くても¥5000くらいは絶対する。
物価の違いがあるから比較するのは変かもしれないけど
バリでは¥1000以下で「個室」に泊まれる訳だ。
その5倍も払う???
答え→「払わない。払いたくない」
ってな訳でドミ決定。女性専用ドミで1泊S$20(約¥1400)のGHを日本から予約した。

そして最終日・・・
2010.3.6発のフライトなのだがフライト時間は2:35
つまり前日の2010・3・5の夜中に空港に行かなければならない。
なんで実質の最終日は3.5になる。
最後くらいはチトいいホテルに泊まろうと思った。
恐らく、それまではRp50000~80000の安ロスメン(水シャワー、ファン)ばかりだろうから。
たまたまAgodaってサイトにポイントが貯まっててUS$25引きでホテルが予約できた。
期限があって、確か12月一杯までに予約しなきゃこの割引は無効になるって感じだったはず。
使わなきゃ~勿体ないでしょ、こりゃ。
ってな訳で2010.3.4に1泊でレギャンの「Balisani Padma Hotel」ってのを予約した。
Agodaのサイトで1泊US$30だった。
US$25は割引されるので手出しはUS$5ポッキリ。つまり¥500くらい。
ロスメン価格でプール付のホテルに泊まれるのだ。
しかも朝食はビュッフェだし(最終日なので朝に1日分の飯を食らおうとゆ~セコい考え)
最後くらいは温かいシャワー浴びて~の、プールで優雅に泳ぎ~の・・・
きっと、これで「あぁ・・・3ヶ月、楽しかったわ~」と思えるに違いない・・・
と、出発前は思ってた。
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-13 18:43 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 03月 12日
バリ島、ロンボク島3ヶ月の旅・・・
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

まず、この旅のキッカケ。

3ヶ月とゆ~長い期間、バリに行こうと思ったのは偶然というか・・・
そもそもは1ヶ月くらい行こうかな~って気持ちだった。
でも以前に1ヶ月弱くらい行って「何か短けぇな」と思った記憶が。
じゃ~今度は2ヶ月くらい行ってみるか!って思った。
そこで航空券を探したら2ヶ月・・・所謂60日有効チケットってのが無かったんですわ。
1ヶ月の次に長いチケットは3ヶ月だった。
2ヶ月間行くとしたら3ヶ月のチケットを買うって事だ。
う~~~~ん・・・
なんか・・・勿体無い!?
セコい性格なもんで、目一杯使わなきゃ元が取れないと考えてしまって。
じゃ~3ヶ月、行っちゃう!?
ってな感じで3ヶ月の旅を決めてしまったのだ。

その3ヶ月の旅の資金は直前に短期派遣で3ヶ月間働いて貯めた。
旅費は勿論のこと、不在時の住んでるマンションの家賃や光熱費も必要になってくる。
不在なのに1ヶ月、約10万くらい必要な訳だ。
それが3ヶ月・・・となると30万円とゆ~大金になる。
プラス航空券代と滞在費。
航空券は確か7万円くらい。
滞在費は単純計算で1日¥2000×90日=18万円として
合わせて25万円。
30万+25万=55万円
これを地味~に貯めたのだよ。
働く前に失業給付を貰っていたから、それもあまり使わないようにして少しよけてはいた。
ギリギリだったね・・・
帰国したら一文無し覚悟の旅だった。

3ヶ月間、どこをどう行こうかは漠然としか考えてなかった。
バリはロビナ、アメッド、パダンバイ、サヌール、レンボンガン島・・・
ロンボクはギリメノ、ギリアイル、気が向けばマタラム??
こんな感じだった。
でも限られた予算なので色々動くと移動費もかかるし宿の長期滞在ディスカウントもしにくくなる。
そこで、エリアは1ヶ月ごと滞在の3つに絞る事にした。

最初の1ヶ月→パダンバイ
次の1ヶ月→ロビナ
最後の1ヶ月→ギリメノ(飽きたら半分はギリアイル)

途中、このブログで知り合った方々と会う約束もあったので
中抜け?みたいのも計画にはあったけど、ベースはこれでいこうかと。
実際どうなったかは、おいおいブログでお話していきたいと思います。

今回は滞在が長い事もあり、現地で使える携帯電話を友人に借りた。
SMSってあまりやった事がない私・・・
そこでシミュレーションしてみたくなった。
出発1週間くらい前、誰か現地の人間にSMSを送ってみようと思ったのだ。
そこで思い出したのが、8月にギリメノに行った時に泊まったロスメンのスタッフ。
帰り間際に電話番号のメモをくれたはず。
捨てちゃったかな~?と思って探したら、あった!
日本の自分の携帯からSMSを送ってみた。
そしたら返信がきた。
おっ!成功!
ちゃんとSMS送れるか試したかっただけだったのだが・・・
「いつ来るの?ロンボク来るの?ロンボクで一緒に飲もう!」
とか、面倒くさい内容の返信がきた。
その後の話は追々・・・
[PR]

by panda_traveler | 2010-03-12 15:09 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島