2009年 07月 12日
無事にピピ・ドン島に上陸
059.gif旅行期間:2009.1.31~2009.2.10

12時30分頃、お迎えのバンがホテルに来た。
今度こそピピ島に行けそうだ。
バンに乗り込んだら運転手が皆に「Finish!」と。
どうやら私が最後のピックアップ客だった様だ。
バンの中は私以外全て欧米人。
タイ風に言うなら「ファラン」か。

約30分くらいで船乗場に着いた。
着いたが・・・ここからどうすりゃ~いいんだ??
何となく一緒にバンに乗ってた他の人にくっついて行った。
すると船の乗場の手前に案内カウンターの様なものがあった。
そこで皆な何やら紙を出してる。
バウチャーか?
私のバウチャーは朝便の時間が記載されてるものだが大丈夫だろうか?
ま、それしかないので出してみた。
全然OK
胸にシールを貼られ、向かって左の船に乗る様に指示された。
これで何とかピピ島に行けるようだ。
よかった・・・

船は割と混んでる。
キョロキョロ見回したが日本人は私しか乗ってなかったと思う。
約1時間半くらいの船旅。
何気に船酔い体質の私だが揺れは殆どなく全然平気だった。

a0121014_1443768.jpg
船が着くピピ・ドン島のトンサイ湾。

船から降りると桟橋に宿の客引きがわんさか居た。
もちろん私にも群がってくる。
客引きをかわしながら島に上陸。
さて、宿探しをせねば。

簡素な地図を片手に最初に行ったのは船着場からほど近い「phi phi Inn」ってとこ。
ぱっと見で予算オーバーに見えたが一応1泊いくらか尋ねてみた。
すると1500B(約¥4500)!!
私の予算は出しても1000B(約¥3000)だったので(出来れば900B)思いっきりオーバー。
すごすごと立ち去る。

そのまま道なりに歩いて次に行ったのは「The Anda House」ってゆ~GH。
1泊いくらか尋ねると1000B
一応、予算範囲内。
部屋を見せてもらう事にした。
2階の真ん中の部屋。
外に面してる窓は無い(廊下に面してる窓がある)
冷蔵庫、セーフティボックス、Hシャワー、AC付
窓が無い事を除けばまぁまぁいい感じ。
一応、気持ちの中でkeepして別の宿も見てみる事にした。

その次に行ったGHはファンの部屋しか無いと言われたので即効却下。
2008年10月にバリに行った際、宿代をケチってファンの部屋にしたのだが
クソ暑くて寝れたもんじゃなかった。
それに懲りて東南アジアの宿ではAC付じゃないと無理!って思う様になった。
なのでAC付は絶対条件だったのだ。

その後も道なりに歩いて何件かのGHに値段を聞いて回ったが
1000B以下の宿は見つからなかった。
大体1500B前後。
えぇっ!この宿でその値段かよ!!ってのも沢山あった。
ハイシーズンの観光地、1000Bの宿を見つけられただけでも奇跡か!?
先ほどの「The Anda House」に戻った。
1泊1000Bと言われたが、もしかして連泊すると言えば多少はディスカウントしてくれるかしら・・・?
と思い、3泊したら1泊あたりいくらか聞く。
ハイシーズンで強気な宿の答えは勿論「1000B」
3連泊くらいじゃ無理か・・・やっぱりね。
仕方ない。1000B×3泊でお願いする事にした。

a0121014_1555921.jpg
部屋の中。なかなか清潔に保たれてる感がする。

a0121014_1564740.jpg
壁にくっついてる箱はセーフティボックス。
テレビ、冷蔵庫あり。写真には写ってないけどドレッサーもあった。

寝床も無事に見つかって良かった。
しかし・・・思った以上に宿は高かったな。
AC付にこだわらなきゃ600Bくらいの宿もあったんだろうけど。
1000Bって約¥3000だからね。高いって感じたよ。GHなのにさ。
しかも朝食も付いてないし。
[PR]

by panda_traveler | 2009-07-12 15:23 | 2009.1.31~プーケット、ピピ島


<< ピピ島、ウルルン滞在!?      嫌な予感は当たる! >>