2009年 06月 03日
台北駅近くの安宿に泊まる
059.gif旅行期間:2008.12.28~2009.1.4

台北駅(終点)でバスを降りとりあえず「台北ナビ」ってやつでプリントアウトした
駅周辺の地図を持って目についた新光三越の方に向かって歩いた。
ちょこちょこっとホテルらしきものがある。
でも高いんだよねぇ~。
私の予算はNT$500~800
たまたまトランジットで寄った台北で高いホテルに泊まる気は無い。
NT$500~800でも大奮発なのだ。

三越周辺は予算外だったので最初から当たりをつけてた北側に向かう。
何件か安宿を発見したが出来るだけ安い宿・・・って探し歩いて
結局は表に1泊NT$500と書いてあった「獅城大旅館」へ。
多少ガタのきてるエレベーターに乗って3階へ。
空室があるかと尋ねると「ある」と言うのでここに決めた。
部屋を見せてもらってもたかが知れてるし、早く荷物を置いて楽になりたかった。
金は前払い。しかもNT$600だった。
表の看板のNT$500ってのは嘘の様だ。

【ワンポイント講座:英語】
(予約なしで)今晩泊まれますか?
Can I get a room for tonight?
(キャナイ ゲット ア ルーム フォー トゥナイト?)

a0121014_1833727.jpg

こんな鬱蒼とした廊下を歩く。
なんて部屋数が多いんだ。随分と奥まで部屋がある様だ。
フロントから結構歩いたぞ。

a0121014_1863751.jpg

これが今宵の寝床の330号室のドア。

部屋に入ると案内してくれたオバチャンがテレビのリモコンとかの説明してくれた。
あと部屋の入口に段差があるので気を付ける様に・・・と。

a0121014_1874139.jpg

こんな感じの部屋。
思ったよりマトモだった。結構広いし。

a0121014_18145343.jpg

ベッド周辺。一応、セミダブル?
壁がガムテープで補修されてるよ・・・
ここはラブホテルみたいな感じでも使われてるらしいからな~。
以前に激しい(?)カップルが泊まったのだろう。

a0121014_18174424.jpg

かなりボロボロのバスルーム。
歯ブラシとかも一応備え付けてあったけど使う気にならず。
バスタオルは無く何十年も使ってループがヘタってるタオルがあった。

荷物を置いて食事に出かけるとする。
フロントに行き近くに安いレストランが無いかと尋ねる。
フロントのオバチャンは英語が出来ないくさい。
ま、私のカタカナ発音の英語だとそもそも分からんだろうが。
すると日本語が少し喋れるお兄さんが登場。
オバチャンが「コイツが何か言ってるから聞いてやってくれ」的な事を言ってる。

お兄さんはここから10分くらい歩いた所に屋台街があると教えてくれた。
近くのコンビニの前の道をまっすぐ行って3つ目の角を「」に曲がる・・・
と説明してくれたが「」って言ってるのに手は「」に折れるジェスチャー。
ど~も「」と「」を逆に覚えてしまってる様だ。
左右が逆である事を教えといた。一応・・・

【ワンポイント講座:英語】
この近くに安いレストランはありますか?
Is there a cheaper restaurant near here?
(イズ ゼア ア チーパー レストラント ニア ヒア?)
これは結構使える。下線部分を変えるとかなり応用が利く。
洗濯屋→Laundry(ローンドリー)
両替屋→Change money(チェインヂ マニー)
などなど・・・
[PR]

by panda_traveler | 2009-06-03 14:09 | 2008.12.28~バリ島ロンボク島


<< 寧夏路夜市の近くで一人飯      まずは台北にGO! >>