2015年 08月 11日
「ホテルエール」の朝食と別府海浜砂場
059.gif旅行期間2015.6.16~2015.6.18

●2015.6.18(木)

7時起床。
うううっ・・・少~~~し二日酔い(--;)
でも、この程度の二日酔いで済んでるのは温泉で散々汗を流したお陰か?
復活のために朝ごはんを食べに行きますか~

a0121014_18143583.jpg
ちょっと異様な光を放ってしまってるのは納豆の蓋のビニールっすね。笑
おかずの種類は結構ありましたよ。白飯を3杯くらい食べちゃったわ。
温泉卵はやっぱ嬉しいね。
二日酔いには大根、大根!
しらすおろしの他に味噌汁にもたんまり入れました。
かぼちゃのポタージュとかもありましたよ。
美味しかった~

チェックアウトの前にもうひとっ風呂。
やっぱり貸切~

10時にチエックアウト。
この日も天気は雨・・・
ガッツリ土砂降りまではいかない感じだけど傘がないとキツい感じでもある。
この日は砂蒸し風呂に入りたかった。
私、砂蒸し風呂に入るのがすんごい昔からの夢だったりする。
あれって鹿児島の指宿にしかないと思ってたんだけど別府にもあるんですよ~
別府で有名なのは竹瓦温泉の砂蒸し風呂。
これは建物の中で蒸されるタイプ。
う~~~ん・・・
自分の中の砂蒸し風呂のイメージは屋外の海の傍で蒸されるタイプ。
屋内ってのはナンダカナー(´Д` )
と、色々と調べてみたら別府にも屋外砂蒸し風呂がある事を発見!
勿論、大好きな海の傍!(*゚▽゚*)
しかし、生憎の雨とゆ~コンデション・・・
屋根はあるみたいだけど、まぁまぁ降ってるし行ったはいいけどやってないとツライ・・・
チェックアウトの際にフロントの女性に「ここまで雨だとやってないですかね?」と聞いてみた。
すると電話して確認をしてくれました。
結果、一応営業してて屋根はあるけど海風で吹き込むので顔に雨が当たる感じになるかも・・・との事。
ま、あんまオススメ出来る感じではないかな、ってなトコだろう。
そんな訳で、屋内タイプの竹瓦温泉をお勧めされた。
でも、私の心は屋外砂蒸し風呂に完全に持ってかれてた。

外に出ると何だか少~~し小降りになった感じがする。
神様の思し召しか?
向かうは「別府海浜砂場
北浜1とゆ~近くのバス停から「50番」バスに乗り込む。
15分ほどで最寄りの「六義園、別府海浜砂場前」バス停に着く。
バスを降りて砂蒸し風呂に向かおうとしてると角刈りの男が一人歩いてた。
コッチをチラチラ見てる。
まさか、この角刈りも!?

a0121014_18571379.jpg
バス停から本当すぐ近くにありました。

a0121014_18585076.jpg
ちゃんと営業中ですね!笑

a0121014_18594511.jpg
脇に回ると絶景だった!!
フェリーが見える港じゃないかーーー!
さんふらわあじゃないのが残念・・・だけど、でも写ってるのはかなり大型フェリー
これは嬉しい誤算。
海が見えるとは思ってたけどフェリーまで見えるとは何とも嬉しい!!(*≧∀≦*)
そんでもって、実は足湯まであった。
今回は生憎の雨で利用はしなかったが晴れた日に足湯に浸かり
フェリーを見ながらビールなんで飲んだら最高に気持ちいいんだろうな~
今度はそれだな!

a0121014_19004875.jpg
砂蒸し風呂はメンテナンス中?だった。

a0121014_19034558.jpg
こんな海のすぐそばにあるんですよ~~
いいね、いいね!

さて、一通り写真も撮ったので受付へ。
入浴料の1030円を払うと「少しお待ち下さいね~」と言われ畳の小上がりへ。
すると・・・
居た!
さっきの角刈りが。笑
10分くらいで「準備が出来ました」と言われ浴衣を渡される。
ここで私はあるお願いをした。
「砂に埋もれてる姿を写真に撮ってください」
私、ほぼほぼ自分を撮る事があまりないのだが砂に埋もれてる自分は絶対に笑えるはず。
すると「大丈夫ですよ~砂かけさんが撮ってくれますからね~」との事。

脱衣室に入ると有料のロッカーがあった。
確か100円だか。
しかし、このロッカーは最後にお金が戻らないタイプ。
「貴重品は必ずロッカーに預けてください」と張り紙してあるが女性客は自分だけ。
ま、大丈夫だろう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥…
湯上り後、「ア~ニョハ~セヨ~」と韓国人カップルがやってきた。
どうやら、餃子やキムチ辺りもよく来るらしい。
他に客が居る時はロッカーに鍵を掛けるのが賢明だと思われる。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

浴衣に着替えて砂場に行くとさっきの角刈りが既に窪みにスタンばってた。
私も砂の窪みに寝かされ「さぁ~掛けますよ~」と、どんどんと砂を掛けられていく。
お・・・思ったより重い。
そして、ガッツリ埋もれたところで

「じゃ~写真を撮りますね~まずはお顔のアップから~」

a0121014_19220430.jpg
ざんっ!笑
ガッツリ顔周りも砂を埋められ、顔と首の間の脂肪が押し上げられてマツコみたいになっとる!

a0121014_19244663.jpg
正面からも撮られました。

a0121014_19494777.jpg
海とセットで一枚。

a0121014_19510043.jpg
角刈りとセットで一枚。

蒸されてる時間は15分ほど。
時間になると砂かけさんに「自分で起き上がってくださ~い」と言われる。
この砂が結構水分を含んでて重いのでなかなか起き上がれない!笑
まずは手から脱出するんだと。
手が出れば上体は何とか起こすことが出来る。

短い時間だったし浜風にあおられた雨が少し顔に当たってたけど気持ち良かった~
長年の夢が叶いました。

砂蒸し風呂の後はシャワーで砂を流して内湯に入って、さっきの畳の小上がりで休憩。
リュックの中の保冷バッグに入ってたビールを飲んだ。
二日酔いなんてすっかり吹き飛んでた。
そして、角刈りは既に居なくなってた。

[PR]

by panda_traveler | 2015-08-11 13:39 | 2015.6.16~博多、別府


<< 別府「竹瓦温泉」に行ってみた      「ホテルエール」豊後膳で楽しい... >>