2015年 04月 30日
パタヤからバンコクまでのミニバン+バンコクからドンムアンまでの足
059.gif旅行期間2015.2.1~2015.2.4

●2015.2.4(水)

ランチした店からバンコクまでのロットゥーが出てるセントラルフェスティバルまで
ホッシーさん達と酔い覚ましに歩いて行きました。
つか、ホッシーさん達がお供してくれました。(ありがとうございます!)

a0121014_10175555.jpg
これ、パタヤのヒルトンホテルだそう。
な~~~んて素敵な建物なのっ!!( ̄▽ ̄)
さすがヒルトン様・・・
圧巻ですね。

a0121014_10195301.jpg
タイは日本ブームらしい。
けど色々と違和感を感じる。
何故、竹刀?

ロットゥー乗場はセントラルフェスティバル裏手にありました。
バンコクのアヌサワリーまで・・・
んっ!値段を控えてない!!( ̄◇ ̄;)
確か110Bほどだったかと・・・
17時10分に出発いたしましたー
案の定運ちゃんの運転は荒く、そんでもって道路のアップダウンが結構半端ない。
ほろ酔い気分が一気にグロッキー気分に・・・うぷぷ・・・

バンコクはアヌサワリーに着いたのは19時半だった。
さて、ここからチョイと飲んで空港へ・・・と思ってたのだがバンで揺られまくって超ー気持ち悪いっ!(>_<)
とてもじゃないけど飲める気がしなかった。
行きたい店があったのになぁ・・・ぐすん(´;ω;`)
ま、その店は次回に行く事にして、、、
とりあえずアッサリしたものを食ってスッキリしたい。
センチュリーの地下にあるスーパーに行ってサラダバイキングを買う。
きゅうり、てんこ盛りで85Bほど。
水とヨーグルトも買ってバンコクでの贅沢乗物のBTSに乗る。
もはやBTSも高くて乗ってらんないっすよ。
でも最後くらいは奮発して。
ビクトリーモニュメント駅からモーチット駅まで31B・・・(やっぱ高い)
モーチットからはA1バスで空港へ。
A1バスは結構本数がある。
この時も5分も待たないくらでバスが来た。
バスに揺られること20分、バンコクはドンムアン空港着。運賃30B
前までタクシーでアヌサワリーからドンムアンに行ってたけどBTS+バスでも
掛かる時間は同じくらいか少し早いくらいだし
何より安いのでオススメっすよ。
ちなみに、タクシーだと高速代含めて220B~250BでBTS+バスなら61B
A1バスは他の路線バスと違って空港の入口まで行ってくれるんで便利っす。
注意しなければならないのは空港入口バス停手前に「ここが空港?」と思われる所にバスが止まる事。
そこから見える建物にはドンムアンエアポートの文字も見えるので一瞬間違えそうになるのだが
その次が本当のドンムアン空港の降り場だ。
大体間違えて降りそうになる奴が居て「まだだ」と言われてるので分かると思う。
乗ってるローカルも「ここじゃなくて次だよ」って教えてくれたりもする。

ってな訳で、いつもギリに空港に着く私が出発2時間半も前に空港に着いた。
とりあえずサラダを食う。
あぁ~生野菜が美味しい!
バシバシ無心で食う。
水もガブガブ。
これで気持ち悪いのがかなりおさまった。
と、私の隣に変な白人男が座った。
どうやら携帯の充電をしたいみたいで・・・

a0121014_10215021.jpg
こんな事してた。
自分のバッグで携帯を目隠し。
頭隠して尻隠さず・・・と思うのは私だけだろうか?
大事なカバンをこんな大胆放置していいの?
最初は私の隣の少し離れた場所から見張っていたのだが少ししたら席を外した。
全くカバンも携帯も見えないトコに行っちゃったよ。
え?
平和ボケしてると言われてる日本人の私でも驚いたわ!

さて、チェックイン。
並んでる客は殆ど居ない。
いそいそとカウンターに向かうと後ろからガシガシ歩いてくる足音が。
そして凄い勢いで私の後ろについて一言。

「うぜっ!」

・・・ん?
私に向かって言ってるのか?
振り向くとふくれっ面した小太りブスが居た。
しかし目を合わさない。
何がうざいのだろう?
私が自分より前に並んでるから?
もしかしてコイツ、焦ってんの?
ぷっ。
まだ出発1時間半前だけど。素人か?
次のカウンターが空いた事に気付くのに少し遅れただけでそのブスが私の後ろから
パスポートで何度かガンガン突いてきた。
きたねーから触んなよ!
振り向くとやっぱり目を合わさない。
ヘタレのくせにいきがってんじゃねーよ!
ウザいのはお前だから。
何だかヘンテコリンな日本人も居るもんだ。

ってな訳で、最終日はナンダカナーな事が多かったタイ旅もオシマイ!

[PR]

by panda_traveler | 2015-04-30 07:23 | 2015.2.1~バンコク、サメット島


<< またまた成田発タイエアアジアX...      パタヤの激高ジンジャーエールと... >>