2013年 05月 05日
ホームグラウンドのパダンバイへ・・・
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.30

ま、私と言えば「パダンバイ」ですね(笑)
Peramaのシャトルに詰め込まれまずはウブドに向かいましたよ。

a0121014_10464543.jpg

a0121014_1173038.jpg
ロビナからウブドの道中の景色。
こういった景色は写真で見るとイマイチな感じになるのが残念・・・
実際は広大な自然が広がってて自然満喫してるんだけど
写真だと小さい枠に納まってしまい広大さが伝わりずらい(´・ω・`)

9時にロビナを出発し12時にウブド着。
ここで3人ばかし客を乗せてパダンバイへ。
13時にパダンバイ着。
定宿「Tirta Yoga Inn」のボスが居ました!(^O^)
ボスが待ち構えてるってこたぁ~空室有って事ですな。
ま、この日は12月30日・・・
パダンバイで年越ししようって人なんてそうそう居ないってもんだ。
ボスにバッグを預けてお気に入りのポリス前ワルンへ。
しかしイブは居なくて女の子2人だけ。
「イブは来る?」って聞いても「来ない」と。
そっか・・・
今ではこの若い子達に店を任せてしまってるのかもな。
ボスの作るナシゴレンが美味しかったのだがこの子達が作っても美味しいのかしら・・・?
と思いつつもナシゴレンをブンクス。
Rp7000也~(やはりローカルワルンはそうそう値上げしない。笑)

宿に行くと私の荷物が私のお気に入りの1号室の前に置かれてた。
端の4号室には他の客が居るみたいだ。
もしかして・・・
去年の2月に出会ったカナダ人女性か?
以前の滞在時に年末年始のこの宿の状況について聞かれ(値段とか)
「特に値上げもしない。今と同じだ」と答えたところ
「そうなのー!タイだとハイシーズンで高いのよねぇ~」みたい事を言ってたし。
しかし残念ながら彼女ではなかった・・・
また会いたかったのになぁ。

いつもの如く勝手知ったるなんたら・・・でキッチンに行き皿とスプーンを持ってきて
部屋の前のテーブルでおみやしたナシゴレンを食べていると
若い男の子がやってきた。
あだ名をつけるなら「小僧」だ。
どうやら新しいスタッフらしい。
ほんと、この宿はスタッフの入れ替わりが激しい。
確か去年の年末年始は細くて可愛い若い女の子だったが
その1ヶ月後に再訪したら既に別の女の子に変わってた。
そして今回はまた別の男の子だ。
名前は「でぴん」だそうだ。

・・・でぴん?

何か変な名前ーー(笑)
ま、この子も次にパダンバイに来る時には居ないんだろうな。
ちなみに隣の「Kember Inn」のスタッフは変わってない。
カデ、グスティ、コマン、アユ・・・
彼らはちゃんと仕事が長続きする貴重な若者だな。
でも3年くらい居たナナは仕事を辞めてた。(それでも3年も続いてたのは凄い!)

a0121014_11281017.jpg
ナシゴレンの写真を忘れてた!(笑)
女の子が作ったやつだけどほぼボスの味を受け継いでる!
やっぱ美味しいわ~

さて、腹ごしらえもすませたしジュクンのビーチで泳ぎますか~
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-05 11:34 | 2012.12.26~バリ島、KL


<< パダンバイ観光大使      さよなら・・・ロビナ >>