2013年 01月 17日
平たい顔族が台湾に飛ぶ
059.gif旅行期間:2012.11.25~2012.11.28

●2012.11.25

一ヶ月一外国キャンペーン第2弾は台湾でございます~(^O^)
(そんなキャンペーンしとったん?)

今回も前回と同じ羽田⇔松山のCIにて台湾へ飛びました。
この便、超~いいんだよね。
羽田発着ってのは大きな魅力なんだけどフライト時間もなかなかいいのだ。
往便は7:20発、復便は18:15発。
ウチからだと始発に乗れば羽田には6時くらいに着けるから前泊の必要無し。
(前回は間に合わんと思い込んで蒲田の漫喫に泊まったけど)

今回のチケットは結構早い段階でスカイゲート(だっけな?)で買ったんだけど
確かサーチャージ、諸経費込で¥36000程だった。
後に¥30000弱になってたのが悔やまれる。

ってな訳で当日・・・
寝坊が心配されたがちゃんと4時過ぎに起きました。
最寄駅から始発に乗って横浜で京急に乗り換えたのだが
運良く羽田空港行きに乗れたのだ。
大体は京急蒲田で乗り換えがあってめんどいのだが何ともラッキーだった。
お蔭で乗り換え時間ロスも少なく済んで羽田空港国際線ターミナル駅には5:50に着きました。
フライト1時間半前・・・私にしては素晴しいではないか!
(時々自分で自分の過去のブログなんかを読んで、いつも空港にギリに着いてる事に普通に驚く)

チェックインはカウンターに向かう手前にオネェさんが居て何やら機械でサクサクやってくれた。
勝手に割り当てられた席は翼の上の窓側だったんで
後方の進行方向向かって右の窓側に変えてもろた。

イミグレ通過後に免税店でタバコ1カートン購入。
ちなみにKENTブーストってやつ。2300円也。
(参考に・・・ピアニッシモは2800円、マイセンは2500円だぞ)

a0121014_1822312.jpg
朝焼けが何とも眩しいでござる。

a0121014_1842547.jpg
そういえば何度か言っておるが、私は離陸前のアナウンスの「TAKE OFF」が好きなのだが
(あぁ・・・今から浮くんだわ~飛ぶんだわ~ってワクワクする)
実は機内に乗り込む前に流れるアナウンスでも好きなのがあるのだ。
それは「NOW BOARDING」
これは「今から乗り込むのね~こっから脱出出来るのね~」と感極まるので好きなのだ。
もっと言うとその前に言う行き先辺りからウルウルする。
「to Hongkong,Now Boarding」とか
「to Bangkok,Now Boarding」とか
「to Taipei,Now Boarding」とか。
行き先は4文字が実にグッとくる。
「to kualalumpur」とか「to Denpasar」とかは字余り風でイマイチ好きではない。
ちなみに「to Haneda」とか3文字もすかしっぺみたいでイマイチ好きではない。
(何やかんやで一番よく聞いてるけどさ)
これも日本語で「まもなく離陸します」同様に「間もなく機内へとご案内いたします」じゃアカン!
英語の吐き捨てるあの感じの言い方がいいのだ。
ぜ~ったいに私と同じ様に思ってる人が居ると思うんだけどな~

ま、そんな訳でNow Boardingいたしまして、まずやったのが機内映画チェック。
私、昔はすごーく映画が好きでよく観てたのよ。
ヒッチコックのファンなのだ。
その繋がりでグレースケリーやイングリットバーグマン辺りの美人女優さんが出てる映画もよく観てた。
それが、ここ20年くらいの洋画ってムズくてムズくて・・・
まず最初っからよく分からん事が多い。
英語が分からん上に外人って皆な同じ顔に見えるもんだから・・・
そして段々と洋画から遠ざかっていった。
なもんで、今ではもっぱら邦画しか観ない。しかも機内限定。
今回のCIでは「テルマエロマエ」が放映されてた。
おおっ!これは観たかったやつではないかー!
阿部ちゃん出てるのって絶対に面白い(と思ってる)

いや~テルマエロマエはおもろかった!
何となく相手役は上戸彩じゃない方がよかった気もするが(別に嫌いな訳ではない)

時間が少し余ったので次は「悪人」ってのを観始めた。
残念ながら時間切れで途中までしか観れんかったが。
妻夫木くんって格好いいやねぇ~~(*´ω`*)

a0121014_18351581.jpg
機内食はこんな感じでござんした。
朝食メニューですね。
でも酒は絶対に飲むのだー( ̄▽ ̄)
「朝っぱらから酒かいっ!」って感じでCAに「後ほどお持ちします」って言われたけど。

そんなこんなで10時30分、台北は松山空港に到着いたしました。
[PR]

by panda_traveler | 2013-01-17 09:58 | 2012.11.25~台湾


<< 願い事が無い幸せ      神様公開 in KRABI(番外編) >>