2010年 07月 14日
この旅最大の事件簿!鳥肌もの!!
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2010.2.12

朝、起きて部屋の前でタバコを吸ってたらスタッフに「朝ご飯食う?」と話し掛けられた。
宿のオヤジと金額交渉してた時に朝食の話になり「オムレツある?」って聞いたら「ある」って言ってた。
んなもんでオムレツ注文。
なにやら怪訝そうな顔をしながらスタッフは去っていった。
待つ事、数十分。
やたら朝食が出来るまで時間が掛かってる(客は私しか居ないのに)
そして運ばれてきたのがこれ。
a0121014_23485031.jpg
ジャンボオムレツ。つか、オムレツだけ
普通トーストと一緒じゃないの?オムレツだけ??
ちなみにオムレツは塩加減を思いっきり間違えたらしくしょっぱかった。
別の意味でトーストが欲しくなった。

そして、私は異変に気付く。
何やら私の視野にニョキニョキと動いてる物が終始入ってくる。
それは昨日オヤジが棒で取ってた毛虫!
それが大量発生してたのだ。
とにもかくにも気持ち悪い!!
あまりの気持ち悪さに鳥肌がブーンと立った。
この日は天気も悪く海にも入れないから宿でノンビリ過ごそうと思ってたのに・・・
毛虫だらけの状況で何をする気にもなれず・・・

昼はSUDIへ
a0121014_23551076.jpg
豆腐カレー。またもカレー食べたい病発症ですよ。
a0121014_23555183.jpg
卵サラダ。SUDI・・・ゆで卵を失敗したな。
確か以前に来た時もこれ頼んだんだけど、そん時もゆで卵を失敗してた気がする。

SUDIに宿に毛虫が大量発生した話をした。
するとSUDIは思いっきり気持ち悪がってた。
皆なあの毛虫を気持ち悪がってるみたい。
でも宿のオヤジ曰く、殺しちゃダメなんだと。
あれは蝶の幼虫だから・・・って理由だった。

SUDIから宿に戻ると毛虫が更に増えている。
ど~も私の部屋周辺が多い。
もはや敷地の途中から足の踏み場もないくらいに沢山いる。
部屋に辿り着くのも一苦労する事に。
そして、部屋の前は恐ろしい事になってた。
そして、見てはいけない物を見てしまった。
部屋の横・・・外壁。
白いはずの外壁が何百?何千?何万?何億?匹もの毛虫で真っ黒に!
あまりのグロっぷりに鳥肌が立ちまくり。
仕舞にはメマイまで。
もはや動く気力すら奪われてしまった。精神的にマイってしまった。
ホウキで掃っても掃ってもやってくる黒い大群。
宿のオヤジに「何とかならないの?」と交渉。
しかし、何ともならん・・・と。
オヤジ曰く、先日の大雨が原因らしい。
あの雨で毛虫らが活動し始めたらしく、移動の経路に私の部屋がたまたま当ったって事らしい。
「3日後には隣の宿に移動してるよ」って言われたが3日なんて我慢できるか!
この一瞬でも無理なのに!

夜はSUDIへ
すっかり毛虫と格闘して疲れまくってた。
a0121014_065719.jpg
ナシチャンプル。更に盛り付けがグレードアップしてるぞ!(笑)
a0121014_073692.jpg
ガドガド。もはや私の定番。SUDIではポテトフライよりガドガドに軍配が上がった。
ここのガドガド、安いんだよね~。勿論、美味しいし。
ビーチ沿いの店に行ったら2倍は取られるんじゃないかな。

SUDIに毛虫の話をずっとしてた。
毛虫はインドネシア語で「Ulat」って言うそうな。
まさかこんなインドネシア語を覚える事になろうとは・・・
余計な事にSUDIが「寝てたら天井からポトリと落ちてきたりしてー」なんて
冗談にもならん事を言って大笑いしてた。

【お会計】
●Bintang beer(Large)/Rp25000×2(Rp50000)
●Nasi cumpar/Rp10000
●Gado-gado/Rp7500
合計 Rp67500(Rp68000払う)

帰りたくなかったけど渋々あの毛虫だらけの宿に戻った。
夜になっても毛虫の威力は変わらず。むしろパワーアップしてるくらいの勢いだった。
部屋にはさすがに居なかった・・・
と思ってたのだが、やっぱり部屋にも侵入してきた。
一番の被害はバスルーム。
バスルームの壁に開いてる穴から侵入してきてる様だ。
(ボロくて開いてる穴じゃなくて飾りで開いてる穴があるのだ。網張っておけっちゅーの!)
もうダメだ・・・
さすがにギブだった。
パダンバイのMADEにSMSで「明日パダンバイに行く」と言う。
「何で?僕が恋しいの?」ってトンチンカンな返信がきやがった。
ま、この状況を知らないから仕方ないんだけど。
(その返信を可愛いとも思えないくらいに心がすさんでしまってた)
「毛虫がたくさんいて気持ち悪い!」とSMS
「何で毛虫がいるの?」って返信が。コッチが聞きたいわー!
「とにかく明日パダンバイ行くから!」とSMS
「分かった。待ってる。明日二人で飲もうね」と返信が。
うん、うん。二人で飲もうね!それを励みに今夜は頑張るよ!
部屋の中でいつヤツが自分に降りかかってくるか分からない恐怖と戦い続けた。
SUDIが「寝てたら天井から・・・」話がより一層私を眠らせなかった。
鳥肌立てたまま常に周りをキョロキョロ確認・・・
そして夜が更けていった。
[PR]

by panda_traveler | 2010-07-14 22:28 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島


<< サヨウナラ~Gili meno...      mosi mosi・・・ >>