タグ:ベトナム:ニャチャン ( 7 ) タグの人気記事

2014年 08月 06日
ニャチャンからシャトルでカムラン空港へ
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.14

ニャチャン最終日である。
4日間なんてあっとゆ~間だ。
しかも初日はディレイなんかもあって一日移動だけだった様なもんだし。
最終日のこの日も昼にはニャチャンとオサラバ・・・
14時40分発のフライトでハノイに飛ぶのだ。
帰りはハノイ乗り継ぎ。
ニャチャン発の便は確か夕方~夜くらいのもあったのだが
折角なので早めにハノイに飛び街まで行ってスーパーで土産買ったり
最後の晩餐をしたかったのだ。

a0121014_14340449.jpg
a0121014_14360945.jpg
a0121014_14380631.jpg
最後のノボテルの朝ごはん。
本当に美味しかったわ~~~
最後まで汁麺には味噌汁コーナーで豆腐とネギをトッピング。
朝ごはんは大きくはメニューが変わらないんだけど密かに麺コーナーでは
麺の種類やスープや具が変わった。
その他のおかずも少しずつ違ってた。
和食は写真に写ってる小さな巻き寿司と味噌汁くらいしかない。
残念な事にあまり美味しくない。
寿司は米が柔らかいくせにミッチリ感があり柔らかいのか硬いのか?って感じ。
わさびは別盛りなのだが粉わさびを水で溶いた物で、水分が足りなくてパサパサ。
味噌汁は出汁などは取っておらず赤だしの様な微妙~な味噌をお湯で溶いただけっぽい。
連れはカレーが気に入って毎日何回もおかわり食ってた。
そういえば・・・
前から連れと朝食を食べてて思ったのだが、こういったバイキングシステムの場合
最初はどんな感じで持ってきますか?
私は一枚目の写真みたい感じ。
食べ終わってから美味しかったものをチョイとリピして最後にデザートとコーヒー。
しかし連れは最初からフルーツやヨーグルトなどのデザートも持ってくる。
最初からフルコースが全て並ぶ感じ。
(毎回「もうデザートも!?」と思う)
で、一通り食べ終わってから美味しかった物のリピをするのだが(これは私と同じ)
再びパンや米系やおかずを一回目と同量くらい食べて
それを食べ終えると次はデザートとコーヒーを持ってくる。
いよいよ大詰めか?と思ったらそのデザートの後に更にカレーとか持ってくる。
そして次にまたおかずとパンとかも持ってくる。
いつ終わるんだか全く読めないのだ。
デザートとコーヒーいったら普通は〆って思うよねぇ~~(^_^;)

これでニャチャンともお別れなのでマッサージにでも行こうと考える。
あまりマッサージ屋は見当たらなかったな。
やっと見つけた店も足マ1時間1500円くらいで「高っ!」って。
だってバリだと1時間500円くらい(今はもう少し高いかも)だったし
タイでも1時間750円くらい。
ベトナムのビールの物価からすると500円が妥当と思ったが
ま、ここはリゾート地だし1000円以内ならいっか~と思ってたのだが。
別にここでやらんでもタイでやればいっか~と諦める。
いや~意外にニャチャンってマッサージ屋少ないね。
その意味ではペナンと似てるな。
ペナンもあんま無いんだよね。
そんでもって思ったより高いし。

マッサージを諦めてホテルに戻って最終荷造り。
12時にチェックアウトしてタクシーに乗って(旧?)ニャチャン空港まで。
20000D(≒100円)でござんした。
そう・・・帰りも(旧?)ニャチャン空港からシャトルでカムラン空港に行くのだ。
タクシーなんて勿体なくて乗ってらんないよ。

チケット売場(って言っても机があって肝心のチケット売りのジィさんは居眠り)でチケット購入。

a0121014_14423458.jpg
これがチケットね。
2014年5月現在は70000D(≒350円)ですよ。
ネットで調べると40000Dとか60000Dって情報がよく出るけどね。
この値上がりの早さはバリの空港タクシーを思い出すなぁ。
バリのングラライ空港にはシャトルなどの公共機関がないのでタクシーの一人勝ち。
そのせいで見る見る値上げしていってる。
私が最後に見たのはクタまでRp70000(≒700円)だったけど今ではいくらなんだろ?
クタって空港から10分とかの距離だよ。高いよね。
暫く行ってないからもしかして今ではシャトルとか乗り入れしてんのかな?

a0121014_14444223.jpg
これ、ちょっと見にくいけど(そもそもマジックが薄い)カムラン発の便に合わせてシャトルが設定されてる。
出発の2時間前にシャトルが出発。
一番右がシャトル出発時間でその左隣がフライト時間ね。
つまり我々は14時40分のフライトなのでここを12時40分に出発。

a0121014_14464913.jpg
シャトルはこんなやつ。
結構綺麗で乗り心地いいっすよ。

a0121014_14484583.jpg
遠くに見えるはカムラン空港。
そう、すんごくのどかなトコにあるんですよ~(笑)
12時40分に出発したシャトルは途中で運ちゃんの個人的な用事を軽く済ませる寄り道アリで
13時30分の50分後に到着しました。
ちなみに、シャトルは我々以外にローカル3人だけ。
やっぱツーリストは帰りはタクるのかな?
ちなみに、運ちゃんの寄り道は東南アジアあるある。
大体「途中の○○までこれ持ってって」とか頼まれてたり個人的な知り合いんトコ寄ったり
チョイとルート外れたり途中で飯やタバコ、水なんかを買うのは普通、普通(笑)

a0121014_14501743.jpg
a0121014_15520071.jpg
空港の周りも空港の中もガラ~ンって感じ。
一応おみやげ屋みたいのもあるよ。
行きはあんなに時間を食ったチェックインだったけどここではスムーズ。
ものの数分で終わり!
時間、思いっきり余ったーーー

a0121014_16002451.jpg
ってな訳で帰りは定刻通り14時40分発のベトナム航空にてハノイに飛びます。

[PR]

by panda_traveler | 2014-08-06 12:12 | 2014.5.11~ニャチャン | Trackback | Comments(6)
2014年 08月 03日
ぼったくり飯屋と軽く残念な海鮮レストラン・・・
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.13

昨日同様・・・朝食を食べ過ぎた我々はお昼もとっくに過ぎた15時頃に小腹をすかせた。
確か近くにぶっかけ飯屋があった気がするな。
おもむろに連れのNと向かう。
ホテルを出て海を正面に見て左に行き一本目で左折。
昨日のバインミー屋台などを通り超えて少し行くとぶっかけ飯屋が2軒ほどある。
両方のおかずを見て美味しそうな方で買おう!と2軒を物色。

ちなみに、ベトナムに限らずタイもマレーもインドネシアもぶっかけ飯屋には
値段表記が無いのが普通。
それでもタイやマレーはほぼぼったくりが無い。
もしローカルと同じ感じで盛ってるのに値段が違う??と思っても
よくよく見ると「同じ感じ」ではないのだ。
ぶっかけ飯屋のおかずは野菜類は安い。
でも肉や海鮮などのおかずはちょっと高いのだ。
チキンカレーを盛った時にチキンをのせてはいないだろうか?
しかし安くあげてるローカルはチキンをよけてスープ(ルー)だけかけてるのだ。
汁だけなら安い。でもひと切れでも肉をのっけた時点でアウト!高くなる。
それを知らないで「ぼったくり!」と騒いでブログUPやクチコミするのは営業妨害である。
ただ、インドネシアのローカルぶっかけ飯屋だけは本当にぼったくりが多い(笑)

で、我々は2軒とも物色した結果、どっちにも魅力的なおかずがあったので
二人居る事だしおのおので買って宿で分けよう!って事になった。
海側から来ると奥の一軒は小イカが美味しそうだった。
一応値段を聞くと小イカは20000D(≒100円)だと言う。
チト高いな・・・と思ったが、ま、いっか~
持ち帰り容器に白飯を詰めてもらいイカをのっけてもらった。
店員のオニィさんがイカを掴んで一匹チョンとのっけた。
え?それだけ??
もう一匹のっけて!と頼んだ。
すると値段は二倍の40000D(≒200円)となった。
嘘だろ・・・
あんな小さいイカがいっこで100円って日本でも無いわ!
後にこのぶっかけ飯屋について調べると貝レストラン情報を得たこの方のブログ
「危険な飯屋」として記事UPされてました。
(34番の「KIM LOAN」って店です)
ここは絶対に行ってはいけないお店です!マジで。

もう一軒は先のぼったくり飯屋より海に向かって少し歩いたトコにある。
同じ並びである。
こっち側では豚バラ肉と煮卵をのっけてもらう。
豚バラ結構切ってのっけてくれましたね。6切れくらい。
煮玉子は2個。
お値段は先の店と同じ40000D(≒200円)だったけどボリューム的に
さきの店ほどぼられた感はなかったかな。
(微妙にぼられてるんだろうけど)

この二軒しかぶっかけ飯屋には行ってないけど、やはりベトナムはインドネシアと似てるかな。
「あんた達お金持ってんだから別にいいじゃん!」考えなのだと思う。
そ~ゆ~考えがツーリストを減らして結果的に潤わないって気付いてほしいもんだ。

買ったぶっかけ飯はホテルのバルコニーで頂くことに。
ビールが入った冷蔵庫もあるしね(^O^)

a0121014_19361368.jpg
一人前200円のぶっかけ飯。
煮玉子と一緒に煮られてたのは多分ジャックフルーツ。
タケノコみたいな感じで美味しいんですよ。
結構高くついたけど美味しかったっす。

遅いランチの後はホテルのプールでひと泳ぎ。
それもこれも夜にビールを美味しく飲むためである。

さて、夜になり・・・
今宵はどこで何を食おうか?
気持ちは昨日の貝レストランでも良かった。私も連れも。
しかし折角なので海老とか食べたいよね~って話になった。
あの貝レストランに海老があれば間違いなく行ったのだが・・・
そんな訳で事前調査で気になってた海鮮レストランに行く事に。
4トラなどには出てないっぽい海鮮レストラン。
ニャチャンの海沿いの道を北上して橋を渡ると海鮮レストラン街になってるそうな。
街中よりリーズナブルに食べれるらしいのでタクシーで行ってみる事に。
タクシーで75000D(≒375円)くらいで着きました。
道路沿いに何軒か並んでいて適当な店の前でタクシーを止めて降りてみた。
どこも似たり寄ったりだろ、と目の前のレストランに入った。

a0121014_19451567.jpg
奥に海鮮が並んでいて自分で選んで調理してもらうシステム。
値段はここで確認すべし。
聞けばちゃんと電卓叩いて教えてくれるっす。
ちなみに、あんまり安いって感じではなかった(笑)
きっと街中の海鮮レストランだともっと高いんだろうな。

a0121014_19473925.jpg
昨日食べて気に入った貝をここでも(笑)
この貝、ほんと美味しいの。
でも、このレストランは確実に焼き過ぎで身が固くなってて残念だった。
写真の量で500g100000D(≒500円)
昨日の店の方が安くて焼き加減バッチリで確実に美味しかったな。

a0121014_19502284.jpg
メインの海老グリルですよ。
500g(7匹)225000D(≒1125円)
こちらもチト焼き過ぎでしたね・・・
しかも、そんなに安くもないし!

昨日の貝レストランが大当たりだったので少し期待してたのだが
期待を思いっきり裏切られた感満載。
この辺りには何軒も似た様な店があるので中には「当たり!」って店もあるのかもしれんけど(´・ω・`)
何となく二人共テンションが上がらないまま。
半分くらいおみやにして足早に去る事にした。
気持ちは二人共「昨日の貝レストランに・・・」だったが時間的に無理。
昨日行った時の感じだと21時くらいには店じまいっぽい感じだったし。

とりあえず海鮮レストランから出てタクシーでホテル手前のナイトマーケットまで。

a0121014_19514055.jpg
東南アジアのナイトマーケットって楽しいんだよね~(๑≧౪≦)
なんて期待大で行ってみたんですけどねぇ・・・
超ーーーーーーーつまんなかった!(笑)
ほんと、しょぼいとしか言い様がない。
売ってるものなんておもちゃみたいなガラクタもんとかばっか。
目を惹くものが一切無く3分程で散策終了!
(ちなみに規模もそんな大きくない)

まだまだ飲み足りない、食い足りない我々はベトナムと言えば春巻き!って事で
春巻きがありそうなレストラン探しを。
ホテルの裏手の小さいレストランに春巻き発見。
表でメニューを見ると「Spring Roll8」ってメニュー発見。
8・・・?
8本って意味よね~きっと。
チト多いかな?と思ったけどベトナムの春巻きは小さいから8本くらいでも大丈夫か~
あとは〆用のフライドライスをテイクアウトで注文。
ホテルに戻って部屋で二次会なのだ!

a0121014_19535411.jpg
って・・・春巻き8本じゃないよねぇ~どう見ても・・・
数えてみると13本ありました。
ちなみにお値段35000D(≒175円)
フライドライスは55000D(≒275円)
初日のフライドライス同様になんか味が思いと違う。
ピラフみたいな感じ?バターで炒めてまっせ~って感じ。
美味しいんだけど違和感。
春巻きは美味しかった!(食べきれなかったけど)
私、揚げ春巻きはあまり好きじゃないんだけどこれは全然OK
いわゆる一般的に我々が思うあの揚げ春巻きがあまり好きじゃないのだ。
パリパリの皮が口の中に刺さってしまう感じが苦手。
味は好きなんだけどねぇ。
でもベトナムの揚げ春巻きは写真みたいな薄い皮で親指サイズの小さいやつなんで
私みたいな苦手意識の人間でも食べられる。
ニャチャン最後の晩餐はこんな感じとなりました。
ちなみに、写真に写ってる虎マークのビールは激マズだった!(>_<)

[PR]

by panda_traveler | 2014-08-03 11:44 | 2014.5.11~ニャチャン | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 01日
ニャチャンビーチと名物屋台
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.13

7時半に朝食会場へ行きました!
この日も早い(笑)
美味しくて種類豊富な朝食をゆっくりたっぷり楽しみたい気持ちがデカ過ぎる。

a0121014_18081794.jpg
前日がありえないくらい食べ過ぎたのでこの日は控えめに・・・
これで控えめなのよ。
ほんと、チョビっとずつチョビっとずつ盛ったんだけどねぇ。
種類が多いからこんな事になっちまうんだよ・・・

a0121014_18320920.jpg
やっぱり食べるよね~
昨日同様に味噌汁コーナーに行ってネギと豆腐を追加トッピングなのだ。
ほんと美味しいーーーーー!Σ(ノ≧ڡ≦)

a0121014_19125430.jpg
フルーツ、デザートもタップリと!
何げにパッションフルーツの酸味にハマってたりして。
ロンガン(じゃがいもみたいヤツ)があったのもポイント高し!
枝ごと置いてあるから一見「飾り?」と思いがちでスルーしそうになるけど
がめつい私は見逃しはしない。
スイカもパインも甘くて美味しかった。
東南アジアのホテルの朝食には必ずと言っていいほどスイカとパインがあるけど
甘くないのとか平気で出してあるんだよね。
でも流石ノボテル?なのか・・・フルーツは食べごろのものばかりでしたよ。

で、この日も3時間ばかし朝食会場に居た訳で(笑)

たんまり朝食の後は勿論運動せねばならん!
それもこれも夜にビールを美味しく飲むためなのだ。
何につけてもビール基準。

11時頃にホテルの前にあるプライベートビーチに。
ホテルとビーチの間には大きな道路があるがクチコミ通りスタッフが誘導してくれた。
プライベートビーチ・・・って言っても隔離された感じのプライベート感満載なやつじゃなくて
たまたま?ホテルの前のビーチはオラとこのモン!みたい感じになってるだけ。
ビーチベッドはそんなに多くなかったかな~ホテルの規模に対して。

a0121014_19233155.jpg
a0121014_19252356.jpg
a0121014_19271021.jpg
a0121014_19341098.jpg
思った以上に綺麗だったニャチャンの海・・・

ベッドでゴロゴロしたり、暑くなったら海にチャポンと入って泳いでみたり。
何とも幸せな時間でござんした(´∀`)
ベッドでうたた寝していると・・・
何とも香ばしいいい匂いがしてくるではないか。
これはもしかしてニャチャン名物のアレか!?

a0121014_19212524.jpg
ざんっ!ビンゴっす!
こちら既に蒸された方ね。

a0121014_19190289.jpg
これは生。
注文を受けてから炭火で焼くみたいっすよ。
オバちゃんがこの大きなロブスター入り鍋と洗面器を持って
更に大きな中華鍋みたいなやつ(簡易バーベキューコンロ?)を持って歩いてんだよ。
凄いパワフルっすよね。

かな~~~り惹かれたけどビールが無いので断念!
だってノボテルの冷蔵庫、全然冷えないんだもん。
製氷室にビール入れて凍らせてビーチに持ってこれれば絶対にロブスター食った!
ビール無しでは食べられない。勿体無いっ!!
ビーチでビール売ってたけど炎天下の中、パラソルの下と言えどすぐにぬるくなりそう。
暑い国では氷入りビールでいつまでも冷たくが鉄則なのだ。

ロブスター焼きの香ばしい匂いはオバちゃんが去った後も浜風にのって私の鼻先をくすぐるのだった。
う~~ん、詩人。

[PR]

by panda_traveler | 2014-08-01 21:56 | 2014.5.11~ニャチャン | Trackback | Comments(6)
2014年 07月 29日
屋台飯と激ウマ激安貝レストラン!!
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.12

旅行記には関係ないですが・・・(お得意の脱線ネタからスタート)
皆さんは仕事のお昼休みとかどの様にお過ごしでしょうか?
私は12時のチャイムと共にすぐに昼食を摂り始めます。
そしてネットに繋いで見てるのは大好きなエアアジアのHPとかホテルブッキングサイト。
次はどこに行こうかな~と日々考えておりましてね。
毎日毎日、飽きもせずに旅の事ばっか考えております。
あぁ~今度はどこに行こうかな~とか、ココいつか行ってみたいな~とか。
そしてずっと前から密かに気になってていつかは絶対に行きたい所が・・・
それは「セントマーチン島」
ご存知の方も多いですかね。
私の様に海と飛行機が好きな人間なら憧れる所でしょうね。
いつか行けるかな~~

そんな訳で、ニャチャン旅行記の続き。

オサレな地ビールレストランの後ホテルに戻って水着に着替えてプールへ。

a0121014_22061957.jpg
ノボテル・・・プールはイマイチなんだよねぇ(´・ω・`)
ゆっくりくつろぐ感じでもなくガシガシ泳げる広さでもなく。
向きのせいで午後からは日陰になってイマイチ寒々しい感じだし。
ちなみに、ビーチベッドは4つくらいしかない。少なっ。
でもセミダブルくらいの大きいやつで寝心地はいい!
けど、日陰~だしよーーく上を見てみると高層階に鳩の巣か?
白いフンがアチコチに落ちてたりして(スタッフがこまめに拭き掃除するけど)
プールはあまりオススメいたしませんです。ハイ・・・

15時くらいかな?
やっと朝食が消化されたのか?少しお腹が減ってきまして。
でも時間も時間だし普通に食べると楽しみの夜の宴が台無しになりそうだし。
軽く屋台で何か買ってくるか~とホテルを出てみました。
海を正面に見て左に行き一本目を曲がるとすぐに屋台発見。
バインミーとゆ~フランスパンのサンドイッチ屋台と揚げ餃子?の屋台。
小腹を満たすには丁度いい感じ。
バインミーは20000D(≒100円)で揚げ餃子は1個7000D(≒35円)
後に調べたら結構ボラれてたみたいですわ。
ベトナムもインドネシアと同じで屋台に値段表示が無いのが普通みたいで
ツーリストはローカルの2~3倍の言い値になる様です。
そ~ゆ~のが嫌でインドネシアからも足が遠のいたんだよなー

a0121014_22072399.jpg
フランスパンは軽い感じで軽食にもってこい。
ただ、かじるとボロボロとパンくずがこぼれてプールサイドがパンくずだらけに・・・
これみよがしにスタッフがホウキで掃いてた(笑)
バインミーも揚げ餃子も美味しかったっす。

a0121014_22044880.jpg
すんまそん・・・
ホテルの写真、これしか無いっす・゜・(ノД`)・゜・
初日は遅くに着いて荷物置いてとっとと飲みに出掛けてしまって写真なんて撮る暇もなく。
とりあえず凄く綺麗でしたよ。
バルコニーもスリットの壁があって隣から見えない様にプライバシー保護されてたし。
一つ難点を挙げるなら冷蔵庫かな。
新しくて綺麗な冷蔵庫なんだけど見た目重視?なのか・・・?
透明の扉で中が見える洒落たやつなんだけど全然冷えないの!
製氷コーナーも無いし。
買ったビールを凍る直前まで冷やしてバルコニーで
「前歯痛ってぇー!」って言いながら飲みたかったのに・・・

二日目の夜は事前調査で気になってた貝料理レストランに行く事に・・・
ほんと、貝好きよね~私。
この方のブログを見て行ってきましたよ。
しかしこの方のニャチャン記事の豊富な事。。。
凄く参考になるし記事も丁寧で場所も分かりやすく地図を作っておられます。
記事を参考に自分でプリントアウトしたザックリとしたニャチャン地図に書き込み。
地図に位置を落とすと何とも分かりにくそうな場所。
ちゃんと着くんかいな・・・?

ホテルから出て貝レストランがあるであろう方向に向かって歩き出す。
しかしニャチャンの街はローカルのバイクが凄く多くて信号もないので交差点が渡れない。

a0121014_22170149.jpg
これ、たまたまバイクが居ない時に撮ったやつかな?
こんなにバイクが多いとホント気が滅入るわーと思ってたけど
この日はベトナムの祝日だったのか?究極にバイクが多い日だったみたい。
ホント、こんなトコ来なきゃよかったくらいに思ったくらいひどかった。

野生のカンを働かせて無事にお目当ての貝レストランを発見!
途中で店も無くなって暗くなって大丈夫かいな?と心配したけど無事に着いて良かった!

a0121014_22192682.jpg
店先にはこんな感じでザルに入った貝が並んでますよ。
下段の左は・・・
ウニ!
適当に貝を指差しで注文いたしました。

a0121014_22210410.jpg
ざんっ!とこんな感じです。
上段左はウニなのだが、一番楽しみにしてたのに残念な感じで・・・(´・ω・`)
そもそも生ではダメと言われた(わさびと醤油を持参したのに)
で、中に茶碗蒸しみたいな卵液を入れて網で焼かれて登場。
火加減が強かったのか?底が焦げて抜けてしまっており全体的に焦げの苦いだけの代物に・・・
ウニだけは残念だったかな。
他はどの貝も美味しかったけど特に中段右の巻貝が最高だった!
店の親切なオヤジさんが爪楊枝で「こうやって身を出すんじゃ」と手ほどき。
ビールが進んだのは言うまでもなく。
ちなみに、洒落た言い方をすればオープンテラスな席でした。
テーブルはすこぶる低く、分かりやすく言えばタイの道端ゴザ屋台のテーブルと同じ(分かる?)
テーブルってよりお膳と言った方がいいのか?
そんでもって椅子は風呂椅子!(笑)
大股開きで座って貝をガシガシ食べる感じ。
テーブルの下には殻入れの洗面器が置いてある。
ローカル率100%だったけど後に白人がタクシーで乗り付けて来たな。
知る人ぞ知る名店の様だ。
ビールは昨晩飲んで気に入ったサイゴンの赤ラベル(EXPORT)

※白人用(ロシア人用?)に普通の高さのテーブルと椅子のセットもあったみたいだ。

a0121014_22223971.jpg
これ、お店の外観。
ここは本当にオススメですよ!ボッタくりも無かったと思いますよ。
あれだけの貝やウニ(ウニは一人一個ずつ)食べてビール6本飲んでお会計は・・・

210000D(≒1050円)でござんした。
これ、絶対にボってないでしょ!(笑)
あぁ~この貝レストラン・・・また行きたいわ~~~

[PR]

by panda_traveler | 2014-07-29 07:02 | 2014.5.11~ニャチャン | Trackback | Comments(18)
2014年 07月 28日
ノボテルの朝ごはんと地ビールレストラン
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.12

a0121014_21332090.jpg
な~んとも快晴!の二日目の朝。
つか・・・初日は移動だけで終わっちゃった様なもんなので二日目だけど初日な気分。
最近は深夜に羽田を飛んで初日の昼までには目的地に着いてる事が殆ど。
なので今回の4日間とゆ~期間でニャチャンは正直キツかったのかな~と少し反省。

今回予約した部屋のカテがスタンダードだかスーペリアだかの一番ランクが低いカテ。
昨晩のチェックインの際に少し(と言っても私にとっては高額に感じたが)手出しすれば
海の見えるイッコ上のランクの部屋に換えてあげるよ~的な事を言われた。
私が予約した部屋からは海は見えないよ・・・とか言われて。
結局は勿論そんなお誘いは断ったのだが写真にある様に十分に海見えるし!
我々の部屋は海に対して正面を向いてないだけで側面だけど隣に何も無いから
全然問題なく海が見える。
つか・・・その高い部屋?海を正面に見える部屋?だと東向きだからすげー暑いと思われ。

その昔、全く朝起きれなかった連れのNもすっかり今ではちゃんと起きる様に。
つか、私より早く起きる事もあったりして。
無駄に待たされる事なくお楽しみの朝食に向かう事に・・・
ノボテルの朝ごはんはクチコミ評価高し!で期待満々(^O^)

a0121014_21351303.jpg
結構人が居たので一部しか写真を撮る事が出来なかった・・・
ハム、チーズの豊富な事。レバーペーストなんかもあったりして。
あぁ~こりゃツマミだよ。ビール置いといてくれいっ!
私はあまり食べないけどパンの種類も多し!
パン派のNは喜んで色んな種類を食べまくってた。
私はとゆ~と・・・

a0121014_21574163.jpg
分かってる、分かってる・・・
絶対に食べ過ぎだって(ーー;)
いや~だって・・・ほんと色んな種類あるんだもん!
フォー(厳密に言うとフォーじゃないのかな?所謂「汁麺」)も頼むと作ってくれる。
フォーのトッピングは野菜くらいしかないんだけど味噌汁コーナーに行ってネギと豆腐を追加トッピング!
そう、味噌汁と巻き寿司程度の和食がありました。
めっちゃ食べて満腹、満腹。
あぁ~朝食ビュッフェの豊富な宿は罪作りよのぉ~
これで前回のランカウイと同じ値段だなんて・・・(←しつこい!笑)

a0121014_21515722.jpg
こちら朝食レストランにあったコーヒー豆の袋。
このコーヒー・・・美味しかった!
お土産に買って帰りたかったけど見つける事が出来ず。
次回(あるのか?)の為の覚書みたいな感じで写真をUP

7時半頃に朝食レストランに行って朝食を終えたのが10時半くらい(笑)
ゆっくりたっぷり堪能いたしました。

朝食の後はサクっと近所散策を兼ねてニャチャンセンターなるショッピングセンターへ。

a0121014_21592643.jpg
道すがらの景色&建物・・・
ベトナムの国旗がナンダカナーな雰囲気。
海には似合わないな。

ショッピングセンターに着いて部屋で飲む用のビールを何本か購入。
そういや~スーパーマーケットに入る前に手荷物を預けさせられた。
財布と貴重品だけ持ってあとは全部預けろって。
盗難が多いんでしょうね。
それだけ治安にも問題があるのかもね・・・

スーパーでは色々とお土産になりそうな物を買いたかったのだが
最終日にその時間を取ってたので、この日は目星を付ける程度で・・・
それが後に大きな後悔となるのだが・゜・(ノД`)・゜・

ニャチャンセンターから出て次に向かったのは「ルイジアナブリューハウス
これはニャチャンについて調べると必ず出てくるレストラン。
所謂「地ビールレストラン」です。
酒好きの私が行かない訳がないわな。
チョイとお洒落な感じのお店ですよー(私のブログでは貴重な高級店!笑)
ちなみにタクシー利用いたしました。25500D(≒130円)

a0121014_22010355.jpg
レストランにはプールが併設されてて白人で埋め尽くされてた。
ニャチャンはロシアからの直行便がある様でツーリストの殆どがロシア人だそうな。
そんな訳で、このプールもほぼ100%ロシア人だったんでしょうね。
スタッフの態度は今一歩だけど(東南アジアあるある)店の雰囲気は最高!
事前にHPからメニューをプリントアウトして勉強しておいたので注文は早かった(笑)
海外で英語羅列のメニュー渡されると悩む、悩む。
その時間が勿体無いもんね。
事前予習はしとくべし!
ってな訳で、利きビールセットと前菜4種盛みたいのを注文。

a0121014_22023170.jpg
うふっ(*´ω`*)
な~んだかオシャレ、オサレーーーー!
地ビール4種(確か200mlずつ)セット110000D(≒550円)
前菜4種盛(生春巻き、揚げ春巻き、エビフライ、海老串焼き)185000D(≒925円)
ビールもツマミも美味しかったですよ~
でもビールが少しぬるめだったのが残念(´・ω・`)
よくビール本来の味を楽しむには常温だのとか?言うけど
私はやっぱキンキンに冷えたビールがイイ!
せっかくの地ビールだったんで氷を入れるのだけは避けたけどね。

a0121014_22034729.jpg
こちらはレストラン近くのビーチ。
ニャチャンのビーチ・・・想像以上に綺麗でしたよ!
タバコ売りのオバはんが多かったっすね。
他の方の旅行記にはロブスターを焼いてくれる移動シーフード屋台オバはんが居るとかって話だったけど
この時は見かけませんでした。

ルイジアナからホテルへの帰りもタクシーで。
こんなにタクるつもりはなかったんだけどニャチャンって微妙~~なのよ。
歩くにはチト遠いし暑いし、かと言ってタクる距離でもないし・・・みたいな感じ。
結局は歩くのしんどいから超短距離でタクる事になってしまう。
こん時もものの1分程度タクシー乗ってホテル到着。20000D(≒100円)

[PR]

by panda_traveler | 2014-07-28 07:13 | 2014.5.11~ニャチャン | Trackback | Comments(6)
2014年 07月 27日
やっとニャチャン到着!!ビールで祝杯じゃーーー
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.11

当初のフライトだと18時にホーチミンを出発し1時間後の19時に
ニャチャンの最寄り空港のカムランに到着予定だった。
なんやかんやで19時半にカムラン空港を出発して1時間後の20時半にホテル着。
21時には何とかニャチャンで祝杯があげれるかな?って感じだったのに・・・

ディレイして19時20分にホーチミンを飛びカムラン空港には20時半着。
ちなみに、ニャチャンの最寄り空港は隣町のカムランにある。
ニャチャンの街中にも以前は空港があったらしいが現在では旅客機が発着してないらしい。
カムランからニャチャンまでは約1時間弱。
もう時間も時間だしカムラン空港からタクシーで行こうか・・・とも思ったが
逆に言えば「もうこんな時間だしチョイと早めにホテルに着いた所で・・・」と思い直す。
ちなみに、カムラン空港からニャチャンの街中まではタクシーで280000Dだの380000Dだの。
事前の下調べでは現在はいくらなのか不明だった。
安いほうが古い情報だろうから380000Dの可能性大だが、この上昇率も短い間だったと思われるので
現在では450000Dとか500000Dとかなのかもしれん。
タクシー料金は乗ってないので不明。
ケチな私は空港からシャトルに乗ってニャチャンに向かう事にする。
シャトルのチケットはすぐに分かる所で売ってた。
事前下調べでは40000Dだったが後に60000Dとの新しい情報を発見。
しかし我々が行ったこの時は70000Dだった。
この値上げの半端ないスピードと言ったら・・・
どんどん観光化してって物価をグングン上げてる最中なのでしょうね。
何だかバリを思い出しましたよ。
滞在中にドンドン値上げされていき少し目を離すと?(3ヶ月後とか)更に物価が上がってたり。
もう1年半も行ってないので今では一体ビールとかいくらになってんだか・・・

(※ベトナム通貨を日本の物価にする場合は「0」を2個消して÷2して下さいね)

21時にシャトルにてニャチャンに向けて出発。
ちなみにニャチャンでの降車場はニャチャン空港である。
終点でもある。
この空港は旧空港と呼ばれてるらしい。
45分くらいでニャチャン空港に着き目の前にスタンバってたタクシーで今宵の宿へ。
タクシー乗って3分くらいでホテル到着。22時チョイ前。
タクシーの値段失念。しかし16000D(≒80円)くらいだった気が・・・
今回のホテルは私のブログ史上最高のホテルじゃないっすかね。
「ノボテル」ですよ!!(´∀`)
なんでまたこんな高いホテルを・・・?なのだが、ニャチャンのノボテルは立地の割に安い!と思ったから。
1泊朝食ビュッフェ付で1部屋7800円くらいでしたかね。
えぇ・・・前回のマレーシアのランカウイで泊まったホテルと同じくらいですよ。
ちなみに、ランカウイの時はハイシーズンだったけどニャチャンもハイシーズンですよ。
あと今回は連れが居るので1泊半額負担だしね。
ホテルの紹介はおいおい・・・
とりあえず祝杯をあげに行きますよ!!

なんせ初めての地、初めての国なので勝手がよく分からず。
適当にホテルの1本裏通りに行ってみた。
表に軽く生簀のあるシーフードレストラン発見。
値段も手頃そうだし何時に閉まるのか聞くと「気にしなくていいよ!」との事だったので決めた。

a0121014_19422323.jpg
やっと辿り着いたニャチャンにて祝杯のサイゴンビールを!グリーンラベル10000D(≒50円)
ビールの小瓶が1本50円なんて幸せすぎる!!
ここ、リゾート地だよ。
写真を撮る前に思わずついグイッ!と飲んでしまったので少し中身が減ってる。

a0121014_19442160.jpg
出た!(笑)
私が東南アジアで食う野菜でカイランと並んで定番となったオクラ!
(ちなみに家でもオクラは常備してる)
何ともシンプルなお姿で・・・両端を切り落としただけで登場(笑)
残念ながら筋が結構あってイマイチだった・・・
35000D(≒175円)

a0121014_19461706.jpg
表の生簀にてチョイスした貝料理。
あさりみたい感じですかね。
調理法はお任せだったか?レモングラス入のスープで登場。
あさりだけにアッサリしたお味のスープでございました。美味しかったっす。
70000D(≒350円)

a0121014_19564689.jpg
メニューに「キャベツ炒め」なるネーミングで出ておりましたが実際は小松菜?の様な葉物の炒め。
ニンニクと塩コショウでサッと炒めたのは間違いなく美味しい。
35000D(≒175円)

a0121014_20041216.jpg
サイゴンビールの赤ラベル。120000D(≒60円)
緑がLAGARでこの赤がEXPORT
私もNも赤の方が好みでした。
タイのチャーンもEXPORTが美味しいんだよねぇ。

a0121014_19590582.jpg
フライドライスを頼んでみました。
が、何だか不思議なお味で・・・
炒飯と言うよりバターライスって感じでした。
う~~~ん・・・これはチョットなーーー
台湾や東南アジアで炒飯系にハズレはなかなかないのだが・・・
インドネシアのナシゴレンはチト独特なので別として、大体この手は中華系の味付が殆ど。
初めてバター系(洋食系?ピラフ系?)に当たりました。
50000D(≒250円)

ビールは一人3本(サイゴン緑×1、赤×2)飲んでお会計は258000D(≒1290円)でした。
食事はそんなに安くなかったけどビールは安かったっすね。
ま、屋台じゃなくてレストランだったしね。

とりあえず何とか当日中にニャチャンにて祝杯をあげる事が出来ました~

[PR]

by panda_traveler | 2014-07-27 13:46 | 2014.5.11~ニャチャン | Trackback | Comments(4)
2014年 07月 23日
ニャチャンは遠いよ・・・
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.11

初ベトナムっす!
いやぁ~自分がベトナムに行く日が来るとはね・・・
自分の中ではインドとベトナムは行く事がないだろうな~と思ってたもんで。
じゃ~何でベトナムに??なのだが、キッカケは「ニャチャン」とゆ~地名。
ん~~何か可愛い響きだぞ(*´ω`*)
「トラベルコちゃん」とゆ~サイトを見てて
行き先の括りの「ビーチリゾート」に出てた「ニャチャン」とゆ~地名。
「こんな可愛い地名のビーチリゾートがあるのね~」から始まった。
最初はそれがベトナムとは知らず。
チョイと調べてベトナムと判明。
ベトナムか・・・とテンションが下がったが調べていくうちに
「まだまだ開発中のリゾートでのどかさが残る」だの「行くなら今!これから高騰する」だの。
ふぅぅぅ~~~ん・・・まだまだ荒らされてないリゾートか~程度に思ってたのだが
決め手は「ビールが安い!」だった!(笑)
ニャチャンが安いってゆ~よりベトナム自体がビールが安い。
実は前回のランカウイで「そんなにビール安くなかったなぁ~」感が残った。
その思いの丈をぶつけに行こうじゃないか!ベトナムに!!

今回は久々の成田発着・・・
あぁ~成田・・・遠いわ、ホント(´Д` )
朝9時半発のフライトだったので8時頃に行けばいっか~と思ってたのだが
なるべく乗り換えをしないで行きたい!との思いから
7時半くらいに成田空港に着く電車に乗る羽目に。
連れ(これまでも散々登場の「N」です。笑)は8時くらいに着くとの事。
ま、1時間半前だから全然OKだわな。

と、思ってたんですけどねぇ~~~
ベトナム航空のチェックインの手際の悪さ?段取りの悪さ?ノロノロさ?のせいで
そんなに人が並んでないのに1時間近くも掛かったのだ。
もう搭乗時刻を過ぎてんじゃん!
しかも時間が掛かったせいで窓側が満席になって真ん中のシートしか空いてなくて最悪ーーー
で、職員に「あの入口から行ってください。急いで!」って特別に並ばずに荷物検査が出来るトコ通らされた。
ベトナム航空、事前の調べではチェックインが遅いだのディレイ多発だの評判最悪。
早速それをくらった感じだった。
デブ二人でせっせと小走りでゲートに向かう。

a0121014_20190718.jpg
何とか間に合いましたよ。
ファイナルコールにね。
まずはホーチミンへ向かいます。

a0121014_20362732.jpg
機内食のメニュー
こ~ゆ~のは結構しっかりしてるのね。

a0121014_20383703.jpg
私は和食をチョイス。
デザートの最中・・・こ~ゆ~のは要らん!(>_<)
お味はなかなか美味しかったっすよ。

a0121014_20404156.jpg
こちらNチョイスの洋食。
チョコケーキが甘そう・・・

a0121014_18402609.jpg
13時45分、ホーチミン空港到着。
ニャチャンへの乗継便は18時発なので3時間くらいあるので空港目の前のショッピングモールへ。

a0121014_19111792.jpg
目の前にあるんだけど、どうやって行けばいいんだか??な感じ。
駐車場を横切れないので右か左回りで行かねばならんのだが・・・どっち??
左回りの方が近そうだったが人があまり居なかったので右回りで行く事に。
途中で駐車場を横切って、もう目の前・・・ってトコで大通りに苦戦。
バイクが多くて横切ることがなかなか出来ない!
しかも二人共コロコロのバッグ持ってるし。
すでに汗だくなデブ二匹。
何とかたどり着き事前情報にあった「荷物預かり」を探す。
適当にその辺に居た店員に聞くも「そんなもん無い」と吐き捨てられた。
しゃーないので荷物を持ったままフードコートへ。
ま、チョイと飯食べて飲むだけだから荷物あってもいっか。
ちなみに5階にフードコートがありました。
色々物色したけど点心のお店が二人共気になった。
店員にビールがあるか聞くと「向こうのスーパーで買ってこい」との事。
持ち込んでここで飲んでいいか聞くとOKだった。

a0121014_19140227.jpg
ってな訳でツマミ一発目はバーベキューポーク!40000D(≒200円)
ここ数年ハマってる豚肉ですよ。
あ!ちなみにベトナムの値段ですがインドネシア並に「0」が多い。
日本円の大体の金額を知るには「0」を2コ取って÷2です。
値札の「0」を2コ指で隠して割れば分かりやすいっすね。
でも、お金を払う前に40000Dを200円くらいか~と考えてるので
頭に「2」の数字が残ってて40000D払わなきゃならんのに20000Dか?と思ったり。
何だかやりにくいベトナム通貨。
ちなみに、スーパーで買ってきたビールは「333(バーバーバー)」で350(330?)ml缶で11000D(≒55円)

a0121014_19160989.jpg
私の好物のハーガウこと海老餃子(右)とシュウマイ。ともに42000D(≒210円)
フードコートなんで冷凍を蒸してるだけだと思うけど結構美味しかったっすよ。

a0121014_19183325.jpg
お店をこちらにチェンジ。
〆はやっぱりアレ!でしょ~

a0121014_19202538.jpg
ベトナムと言えばフォーだよねぇ~(^O^)55000D(≒225円)
スープがアッサリで美味しかったっすよ。
しかし空港近くのモール内のフードコートだからか?
何となく思ったほど安くはなかったな~感が。
美味しかったけどね。

成田発の便がチェックインに時間が掛かったので早めに切り上げて空港に戻りました。
国内線だから40分前とかでもいいんだろうけど1時間10分前の16時50分に並んだ。
つか・・・カウンターの分かりにくい事、分かりにくい事。
そんでもって並んだはいいが全く進まない。
心臓バクバクで「乗れないんじゃね?」感漂う・・・
誰かのブログでやはりチェックインに時間が掛かって乗れなかったってのもあったし。
勿論、列が進まなくて焦っているのは我々だけではない。
他に並んでるローカル達もだ。
そのうちローカルの誰かが「間に合わん!先やってくれ!」と割り込みを。
すると「じゃ~わしらも!」って感じで割り込みまくりの嵐。
後ろに並んでた若い女の子達なんて私達をカートで何度もひきまくって
カートごと割り込みしようとしやがって。
行かせるもんか!と体張って阻止したけど。
ってバトルしまくりで45分経過・・・
もう17時35分すよ。
こりゃ~国内線といえどもう間に合わんでしょ。
やっと自分達の番だ~と気が抜けた所で後ろのカート娘どもにひき逃げされ割り込まれた。
何て国なんだ・・・
何となくこんな感じなんだろうな、と思ってベトナムを避けてた感もある。
やっぱりそうか、だったね。
で、心臓バクバクで間に合うんかいな状態でチェックインするも・・・

a0121014_19242216.jpg
チケットの裏にこんなん書いて渡してきた。
一番上が最初に書かれたものだが何て書いてあんのか読めん。
書き直してもらったのが下。
どうやら「サービスドリンク」と書かれてるみたいだ。

a0121014_19224881.jpg
そう、、、ディレイですよ。
遅れてスマン、ジュースごちするから許せ!ってやつっすね。
あんなに戦った45分間は何だったのだ?
おっさんどもと競り合った肘、娘たちにカートでひかれたカカトが痛い。
18時発が19時20分になりましたわ。

a0121014_19265321.jpg
何か面白いポスターだね~
と、鑑賞する時間もタップリあった。

a0121014_19400580.jpg
あぁ~ニャチャンは遠いよ・・・

[PR]

by panda_traveler | 2014-07-23 15:39 | 2014.5.11~ニャチャン | Trackback | Comments(2)