「ほっ」と。キャンペーン
タグ:バリ:パダンバイ ( 222 ) タグの人気記事

2013年 05月 17日
パダンバイからクタへ・・・
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2013.1.2

パダンバイからクタに移る日です。
金に糸目さえつけなければトランスポートをお願いしてクタを免れる事が出来るのだが
クタにはスーパーも安いマッサージも安くて美味しいワルンもあるので
やっぱ最後は寄っていかねばならんエリアだったりする・・・

a0121014_10183623.jpg
快晴に見えるけどメモには「くもり」と書いてある。

昨晩、Kembarのコマンにクタ行きのシャトルのお願いをした。
10時発で頼んだのだが「もしかして10時発はないかも」と言われてた。
ロビナでもパダンバイ行きのシャトルは(ツーリストが居ないから)無いと言われたり・・・
そしてここパダンバイでも無いとは。
バリはツーリストが減ってきてるのかも。。。
(私の居るエリアの問題!?)

そして朝一、案の定コマンから電話があり「10時発はない」と言われた。
う~~ん、困った。
Peramaで行くかー!?
隣の部屋の白人カップルもクタに行きたい様だ。
うちの宿のスタッフ(「でぴん」とゆ~変な名前の子ね)に10時発を頼んでる。
でぴんは「OK~」なんて軽く受けてる。
え・・・10時発、無いでしょー
でぴんに「あんた安請け合いしたけど10時発ないんじゃないの?確認した?」と言うと
慌てて電話を掛けて確認しだした。
勿論、10時発はないと言われたらしい。
こ~ゆ~いい加減なところもインドネシアあるある。
結局はどこからともなくオバハンが現れ13時発のシャトルのチケットを売ってくれた。
Rp50000なり~

ってな訳でランチはパダンバイで摂る事に。
最後なのでSegara行きました。

Segaraに行くと若い男の子のスタッフだけ。
知らない間に入った新人らしい。
(きっと次回行ったら居なくなってると思うが)
かなり無愛想で苦手なタイプ。(顔はそこそこ綺麗なつくりなのに・・・残念)

a0121014_10333075.jpg
バリでは安く飲めるマンゴージュース。Rp10000

a0121014_10433027.jpg
ベジスープ。
Segaraのベジスープは日によって?作り手によって?味にバラつきがあるのが難・・・
この日は失敗ですた!(>_<)しょっぱい!!
喉がイガイガ・・・っすよ。Rp10000

a0121014_10464135.jpg
ナシゴレン。ビアサ(普通の)で注文。
って、実は今のメニューからこの普通のナシゴレンが消えてる。
鶏かシーフードしかない。
ちなみに、いずれもRp25000(高っ!)
普通だとRp15000なのだが会計したスタッフは新しくて私がこれをRp15000で食べてると知らない。
なんと伝票にRp25000と書きやがった!
「これは違うだろ!」と反撃。
渋々?Rp20000に書き直した。
それでもRp5000違うけどな。
ま、もう、いいや!
ナシゴレンは作り置きをちょっと温め直した感じで美味しくなかった・・・
なんとも残念なパダンバイ最後のランチとなってしまった。

12時過ぎに宿に戻った。
ピックアップ待ちだ。
12時半にピックアップが来て13時発・・・と言われていたが、勿論時間は守られる訳ない。
13時過ぎにピックアップが来た。

ピックアップに来た男が「向こうのシャトルだ」と指したのはSegaraの手前。
私、隣の白人カップルが言われた方に歩く。
すると今度は「向こうだ」と来た方向を指される。
なんやねん!
白人カップルの彼は「コッチだと言われたんだ!」と切れてたが彼らに切れるだけ無駄だぞ。
言われた方向に向かうと「これに乗れ」とバンに乗せられた。
が、一向に動く気配がない。
また白人カップルの彼が切れだした。
何度も言うが、これインドネシアあるあるなんだから切れるだけ無駄だってばー

暫くしてバンは動いたが100mほど進んだAlola前で止まった。
またそこで降りろだの何だのゴチャゴチャ。
そこには数台のバン、何十人ものツーリストが居て
一体どのバンがどこに行くのか誰がどこに行くのか分からん状況。
色んな人に何度も「これはクタ行くの?」と聞かれた。
私も分からん。
いい加減にも程があるぞ。
案の定、白人カップルの彼は切れてた。
「一体なんなんだ!どうなってんだ!」って。
うん。さすがにここは切れてもいいかもな。(でも改善は絶対にされないけど)
彼女の方は空港に行きたいみたいでフライトの時間もあるし泣きそうになってる。
「この人達、みんな違う事を言って何言ってんだか分かんない!」と嘆いてる。
散々45分ほどゴチャゴチャに揉まれ、たらい回しにされた。

そんな訳で13時45分、やっとパダンバイを出発した。
やれやれ・・・
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-17 08:10 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(6)
2013年 05月 15日
寝正月 in PADANBGAI
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2013.1.1

2013年の幕開けです。

・・・と記事を作ってる今は2013年5月(´Д` )
あっとゆ~間に月日とゆ~のは流れますね。

a0121014_984235.jpg
昨晩のSegara三男とその彼女(ジャワ出身)とサスキア。
つか今回、三男の彼女が居てビックリした。
結婚したのかと思ったけど、まだだって。
今年?来年あたりかな?
バリの若い子達を見ててそれまで思ってたのは「続かない」ってこと。
仕事にしても恋愛にしても。
そ~ゆ~子が多いのは確かだが、彼はもうこの彼女と何年付き合ってんだろ?3年くらい?
身近にはそうではない人も居るのだ。
しかし彼女、そもそもは写真でしか見た事がなかったが実物も可愛い!
そして、やっぱジャワの子だけあってお洒落だよね。
なかなか私の下手くそなインドネシア語が通じなかったが話した感じもとてもいい子。
いや、こうやって一般の人と話してて思うのは
いかに私の周りの人が私のインドネシア語を頑張って理解してくれてたって事。
「そこそこ通じるのね」と調子にのって話してると現実が見える・・・(ーー;)

a0121014_9183172.jpg
元旦の朝の景色。
残念ながら雨でござんした。
ま、思えば雨季だし。

そんな訳で午前中は部屋でのんびり。
昼になってティパットワルンに行った。
案の定、休みだった。
その足でポリス前ワルンに行くも、ここも休み・・・
ってな訳で昨日と同じ港近くのワルンに行った。
しかし、いつもの煮卵、牛筋煮込みは無かった!( ̄◇ ̄;)

a0121014_9251659.jpg
アヤムゴレン、卵焼き、ミーゴレンのナシチャン。
以前からバリでやっておるが、私はミーゴレンと白飯を混ぜ混ぜして食べるのが好きだ。
なんとなくそば飯みたい感じ?!
つか、ミーゴレンって味が濃い事が多いので白飯と混ぜて丁度いい塩梅になるのだ。
なんせ薄味派なもんで。
ちなみに、このワルンの卵焼きも美味しい。
インドネシアあるあるの「焼き」ではなく「揚げ」ではあるが、青菜なども入ってる五目風なのだ。
アヤムゴレンもパッサパサのが多い中、このワルンのは比較的しっとり派。

昼食の後・・・
なんと寝てしまったのだ!
雨が降ってて「暇ーーー」とか思ってたらウトウトって。
パダンバイなんて買物したりマッサージしたり楽しめるとこなんて無いに等しい。
海でマッタリを取り上げられるとやる事がないのだ。

ってな訳でパダンバイ最後の夜。
Segaraに行きました。

a0121014_9363455.jpg
最後の晩餐は勿論、大好物の海老ちゃん♥
バカールしてもらいました。
バリではなかなか大ぶりの海老に出会えないけどSegaraでは割とヒットする。
ちなみに、これでRp55000(私は常連割引?でRp45000だが)
ただ、いつも大きな海老がある訳ではないので事前に確認した方がいい。
ちなみに、イカ焼きもウマいのだがこれも新鮮か確認した方がいい。
古いとアタリメみたいなカチカチが出てきちゃう事も・・・
(前に白人女が「こんなん食えるか!」とブチ切れてた。勿論、金も払わず去った)

パダンバイ最後は海老を食べつつアラックを煽った。
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-15 09:44 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 09日
何度目かのパダンバイでのカウントダウン
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.31

a0121014_1431953.jpg
久しぶりですね・・・このアングルの写真は。
今でも以前の長期滞在時を思い出したりします。
仕事せずに毎日泳いで食べて飲んで・・・の繰り返しの日々。
一見、気楽で楽しそうに思える長期滞在も一般人(以下?!)の私からすると
不安の方が大きいんですよねぇ。

こんな事、いつまで続けるんだろ・・・
日本に戻ったら本当に会社に復帰出来るのだろうか・・・

そんな事ばかり毎日考えてたのを思い出しますよ。

そんな訳で2012年4月から私は「真面目にちゃんと働くぞ!」と誓ったのでした。
その誓いをたてた2012年最後の日です。

a0121014_1412043.jpg
宿の朝食。
しまった!パンにマーガリンを塗られてしまった!
Tirta Yoga Innにはトースターがなくフライパンでマーガリンを塗ったパンを焼くのだが
初めて来た時にそれが嫌で「塗らずに焼いて」とお願いしてた。
それが定番となり「塗らずに焼く」が定着してたはずなのに
ちょっと離れて再訪すると再び塗られてたのだ。
何が嫌かって、ギトギトしてんのが嫌!
私はいつもオムレツとゆ~名の薄焼き卵を半分に切ってパン1枚に半分を挟んで折り曲げて食べるのだ。
白人みたいにナイフとフォークで食べる訳ではないのだ。
手で持って食べるのだ。
なので手もギトギトになる(ーー;)
明日からは「塗らずに焼いて」とちゃんと言わねば・・・

午前中は洗濯したり部屋でYouTube見たりして過ごした。
そうこうしてるうちに昼になった。
今日のランチは・・・
やっぱティパット!?(笑)
でも、残念ながらティパットのワルンは閉まってた。
年末だからかね??
そんな訳で大好きなナシチャンのワルンに・・・
イブに「また長く居るの?」と聞かれたが「3日間だけ」と答えた。
やっぱ短いよね・・・3日間だけなんて。

a0121014_1424946.jpg
いつもの牛筋?煮込と煮卵と野菜のナシチャン。
ブレないウマさ。
ほんと、あの牛筋?の味付けはどうやってんだろ?
とにかく(゚д゚)ウマー
お値段Rp8000だった。
ん?
確か前はRp10000だったはず。
もっと前はRp8000だったが。
いくらで売ってたかすっかり忘れたみたいだ。

a0121014_14275988.jpg
食後はジュクンのビーチへ。

しかし・・・パダンバイに来るとブログネタになる様な事をしないし
ネタになる様な事件もないし・・・
つまんなくて申し訳ない。

夜は「Depot Segara」へ。

a0121014_14332957.jpg
白人夫婦が注文したシーフードてんこもりを盗み撮り(笑)
Segaraと言えばシーフードだもんね。
これだけをジンバラン(だっけ?シーフードの有名なとこ)で頼むとナンボになるんだろ?
きっとSegaraだとこれでRp100000くらいかな?

a0121014_14354873.jpg
サスキアを撮ろうとしてる私を写メしようとしてるサスキア。
私がおみやで持ってきた服を着てましたよ。
う~ん、やっぱ可愛い!(*´`)

カウンターでカウントダウンまで飲むぞー!と長男相手に飲んでたら
昨晩会った私のブログを見てパダンバイに来てくれた彼女が(以下、Nさん)Segaraに来た。
確か・・・
今日はNさんがクバヤを作った店の女の子の家に誘われて行ってるはずでは?
でも、その話を昨晩聞いた私はこう思った。
「本当に家に招待するのだろうか」と。
約束をやぶるは結構あるあるだからね。
だからてっきりそうかと思ったんだけど
「待ち合わせ時間まで少しあるんで来ました~」との事。
Nさんもローカルの家に遊びに行けるのを楽しみにしてたので良かった。
少しするとNさんがそろそろ迎えにくる時間なんで・・・とSegaraを後にした。

それから3時間くらいして再びNさんがSegaraに来た。
「どうだった?楽しかった?」と聞くと
「実は迎えに来なかったんです。待ってるうちに眠ってしまって起きたら今でした」と。
・・・やっぱりそうか。
約束を守らないあるあるはやはり健在であった。

そうこうしてるうちに0時も近づき外では花火がガンガン上げられてた。

気付くとSegaraのスタッフの女の子、三男の彼女、Nさん、私の四人で店の前のテーブルに。
「女子会だねー」なんてNさんと話してたのだが
最近ネットのコラムか何かで「20代が思うイタい40代」ってのに
「自分を女子と言う」ってのがあったので「女子会」と言ってはいかんみたいっすね。
婦人会って事で(笑)

0時を過ぎるとものの20分くらいで辺りは静かになった。
余韻なくサッと帰る若者たち。
日本だったら朝まで盛りがるのにね。
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-09 08:52 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(12)
2013年 05月 07日
パダンバイ観光大使
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.30

ジュクンのビーチで「あぁ~やっぱバリはパダンバイよのぉ~」なんて思いながら
まったり過ごしていたら夕方から雨。
とっとと宿に戻りシャワーを。

そういえば・・・宿代っていくらなんだろ?
もはやボスは私に値段すら言わなくなってた。
前回は1ヶ月滞在って事で長期割引みたい感じで1泊Rp100000だった。
その前は4泊とゆ~短い滞在だったのでRp150000だった。
ってこたぁ~今回は短い滞在だからRp150000か!?

つか・・・水シャワー、ファンでRp150000って高いよね。
クタで泊まった宿もRp120000だったし。
どんだけツーリストに厳しくなっていくんだろう・・バリは。
ほんの数年前は同じ宿でRp50000で泊まってたっていうのに。

シャワーを浴びてせっせと土産を整理。
今回も女の子達の為に服を持ってきたのだ。
自前の服だとサイズ的な事もあって(バリの子は細いから。笑)あまり持参出来ないのだが
友達に「捨てる夏服あったら頂戴」と常日頃からお願いしており(スリムな子なので。笑)
今回は会社の同僚女性にも声を掛けておいた。
この同僚ってのがお金持ち!(自分では言わないけど見れば分かる!)
回転寿司に行った事が無いって言ってたもん。
しかも私が愛する松屋(牛丼のね)も行った事が無かったんだもん。
私が無理くり誘って一緒に行ったのだが、今ではすっかり松屋にハマってるのが可愛い(笑)
世の中には安くて美味しいものがあるんだよ~と教祖気分(でも私にとっては松屋もご馳走の部類だが)
そんなお金持ちの彼女、服もコロコロ新しいの着てるし期待できそう!と声を掛けたところ
「えーっ!残念。この前ごっそり捨てちゃったー」と言てったのだが
捨て損ねた?大量の服、バッグ、ミュール、アクセサリーを持ってきてくれてた。
(声を掛けてから私がバリに行くまでコツコツと少しづつ会社に持ってきてくれてたみたい)
ほんと、感謝!感謝!
いい同僚を持ちましたよ!(゚∀゚)
同僚も「捨てようと思ってた物が誰かの役に立つならこっちもありがたい」と。
かくして、私は大量のお土産持参を実現したのだ。

「Kember Inn」に行き「アユ、コマン、ナナ居る?」と聞くとコマンが出てきた。
アユは出かけてるとかでナナはもう仕事を辞めたと(ここで辞めた事を知った)
大量のおみやを見せるとコマンは嬉しそうに全部出して自分に当てたりして見てた。
やっぱり女の子だね~
服とかってホント嬉しいんだね。
「これ、私。こっちはアユ」とか言いながら選別してた。
つか・・・全部じゃないぞー!
しかし8割がた「これ全部いい?」と言われ持ってかれてしまった。
ま、いっかー

そして次はいつもの「Depot Segara」へ。
お店の女の子に残った服とアクセサリーをプレゼント。
ミュールだけは死守して?彼女にあげた。
奥で服を見ながら皆ではしゃいでる声が聞こえてきた。
ほんと、友達&同僚・・・ありがとう。

さて、問題はサスキアだ。
去年の年末はスッカリ私の事を忘れて?冷たくされたが後の1ヶ月滞在で再びなついてくれた。
しかし最後の日には店の出口を両手で塞いで挙句に走ってお母さんのもとに行ってしまった。
また私の事が嫌いになってしまってるのではないかと不安だった。
毎日遊んでくれたのに急に居なくなっちゃうんだもんね。
そりゃ~子供にしては辛いと思う。
でも私も辛いんだよね・・・勿論。

しかし今回はすぐに私の名前を呼んで隣に座ってきた!
嬉しーーーーーー!(((o(*゚▽゚*)o)))
あぁ、よかった!嫌いになって無かった~私のこと。
彼女も少し大人になったのかな。

a0121014_1225119.jpg
ロビナのワルンリナで頼んでハマったウダンゴレントゥップン(Deep Shrimp Fry)をSegaraでも。
う~~ん・・・軍配はリナにあがるかな。
Segaraのはチトしょっぱかった。
お値段常連価格でRp45000(通常はRp55000)でございました。

カウンターでSegara長男と話してると「友達が来てるよ」と。
友達・・・?
つか、バリでは(パダンバイ限定?)同じ日本人なだけで「友達」と言うので
あぁ~日本人か~と思って振り向いて見てみた。
そこには若い女の子が一人で食事をしてた。
日本人・・・よね?
へぇ~日本人の女の子一人でパダンバイとは珍しい・・・と思ってたのだが
ここで私は思い出した。
実は今回の滞在前に私のブログにコメントをくれた方が居たのだ。
何でも私のブログを見てパダンバイに行く事にしました・・・とゆ~嬉しい内容。
私も自称パダンバイ観光大使として頑張ってるではないかー!と思いつつ
コメントに返事をしたのだが、如何せん仕事が忙しい時期で返事が遅れてしまったのだ。
もしかして・・・そのコメントくれた方??
でも、あれから結構経ってるから違うかもな~と思いつつ声を掛けてみた。
「あのぉ~私、ブログやってんですけどぉ・・・」と言うと
「もしかしてパンダさん?」って。
おおっ!ビンゴーーーー!(゚∀゚)
コメントくれた彼女でした。

ってな訳で彼女とカウンターで一緒に飲んでパダンバイ初日の夜はふけてゆくのだった。
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-07 09:54 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 05日
ホームグラウンドのパダンバイへ・・・
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.30

ま、私と言えば「パダンバイ」ですね(笑)
Peramaのシャトルに詰め込まれまずはウブドに向かいましたよ。

a0121014_10464543.jpg

a0121014_1173038.jpg
ロビナからウブドの道中の景色。
こういった景色は写真で見るとイマイチな感じになるのが残念・・・
実際は広大な自然が広がってて自然満喫してるんだけど
写真だと小さい枠に納まってしまい広大さが伝わりずらい(´・ω・`)

9時にロビナを出発し12時にウブド着。
ここで3人ばかし客を乗せてパダンバイへ。
13時にパダンバイ着。
定宿「Tirta Yoga Inn」のボスが居ました!(^O^)
ボスが待ち構えてるってこたぁ~空室有って事ですな。
ま、この日は12月30日・・・
パダンバイで年越ししようって人なんてそうそう居ないってもんだ。
ボスにバッグを預けてお気に入りのポリス前ワルンへ。
しかしイブは居なくて女の子2人だけ。
「イブは来る?」って聞いても「来ない」と。
そっか・・・
今ではこの若い子達に店を任せてしまってるのかもな。
ボスの作るナシゴレンが美味しかったのだがこの子達が作っても美味しいのかしら・・・?
と思いつつもナシゴレンをブンクス。
Rp7000也~(やはりローカルワルンはそうそう値上げしない。笑)

宿に行くと私の荷物が私のお気に入りの1号室の前に置かれてた。
端の4号室には他の客が居るみたいだ。
もしかして・・・
去年の2月に出会ったカナダ人女性か?
以前の滞在時に年末年始のこの宿の状況について聞かれ(値段とか)
「特に値上げもしない。今と同じだ」と答えたところ
「そうなのー!タイだとハイシーズンで高いのよねぇ~」みたい事を言ってたし。
しかし残念ながら彼女ではなかった・・・
また会いたかったのになぁ。

いつもの如く勝手知ったるなんたら・・・でキッチンに行き皿とスプーンを持ってきて
部屋の前のテーブルでおみやしたナシゴレンを食べていると
若い男の子がやってきた。
あだ名をつけるなら「小僧」だ。
どうやら新しいスタッフらしい。
ほんと、この宿はスタッフの入れ替わりが激しい。
確か去年の年末年始は細くて可愛い若い女の子だったが
その1ヶ月後に再訪したら既に別の女の子に変わってた。
そして今回はまた別の男の子だ。
名前は「でぴん」だそうだ。

・・・でぴん?

何か変な名前ーー(笑)
ま、この子も次にパダンバイに来る時には居ないんだろうな。
ちなみに隣の「Kember Inn」のスタッフは変わってない。
カデ、グスティ、コマン、アユ・・・
彼らはちゃんと仕事が長続きする貴重な若者だな。
でも3年くらい居たナナは仕事を辞めてた。(それでも3年も続いてたのは凄い!)

a0121014_11281017.jpg
ナシゴレンの写真を忘れてた!(笑)
女の子が作ったやつだけどほぼボスの味を受け継いでる!
やっぱ美味しいわ~

さて、腹ごしらえもすませたしジュクンのビーチで泳ぎますか~
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-05 11:34 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(6)
2012年 06月 06日
パダンバイ最後!in BALI
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.3

パダンバイに居るとね~今回の様な短い滞在でも長期滞在の時とほぼ同じ感じなんすわ。
特に目新しいもんもないし洒落こいたカフェとかも無いし
ショッピングを楽しめる様な店もないし、スパとかも無いし。
ま、そんなのが有っても私は行くかどうか・・・だけどな。
つか、そんな街だったらこんなに来ないかー

そんな私は10時頃、いそいそと道端ワルンに行きました。
枝豆購入の為っすね。
早く行かなきゃ売り切れちゃうからね。
以前に子供と枝豆取り合いになった事もあるしな。
「おっ!枝豆!」と思って掴んだところ、おもむろに横から「これ私のだから!」ともぎ取られた。
私の・・・?先に掴んだのは私だからコッチのもんじゃないのか?
そう思ったけどね・・・相手は子供な訳よ。
しかも超ー強気な目で枝豆掴んで睨んじゃってるもんだからね。
ハイハイ・・・どーぞって大人の私は譲ってあげましたよ。

散歩ついでの枝豆購入から宿に戻るとTちゃんが遊びに来た。
一緒に昼を食べようって。
ってな訳でティパットを買いにお出掛け。
するとTちゃん「これだけで足ります?」と。
思えば・・・ティパットって野菜がメインなので何となく食事っちゅ~よりオヤツに近い感じがしないでも。
日本でもたま~に外でランチする時はラーメン半炒飯餃子付とか食べてるもんな。
(ちなみに昨日はうどんとカレーのセット)
しからば!って事で追加でPOP MIEも買いました。

食後は運動、運動っちゅ~事でジュクンのビーチへ。
ビーチから夕方頃にひきあげてTちゃんの宿でお風呂借りました。
泊まってる宿は別々と言えどなんやかんやでTちゃんとよく一緒に居たな~
長い間一緒に居ても苦にならないタイプの子だったんだよね。

そういえば今では一人旅ばっかしてるけど昔は必ず誰かと一緒に旅してたな。
一番最初によく一緒に旅してた子とはロスだのハワイだのサイパンだの
ベタなトコに行ってシェラトンだのハイアットだのクラスのホテルに泊まって
ディナーはステーキにロブスターとか。
免税店が大好きで香水をいくつも買い捲ってたな~あの頃は。
次に一緒に旅してた子は疲れないタイプで今の旅スタイルの先駆け的な事してたな。
ビュッフェでチョイと持ち帰りして、それをツマミに部屋で飲み直ししたり。
宿も「泊まれればいっか~」ってランクを落として少ない予算で楽しむ様になった頃だ。
しかし、そんな友達も結婚をしてしまい・・・
結婚しちゃったら独身の私とは疎遠になっちゃうんだよな~
その次に一緒に旅してた子が居るのだが、その子との旅をキッカケに一人旅に移行した気が。
ま、その話をすると長くなりそうなので割愛。
結局はそれがトラウマとなって人と旅をするのがどこか億劫になってしまった。

また話がそれたね。

ま、そんな経緯があったがTちゃんとは楽しく長時間過ごせたって事を言いたかった訳で。
そういえば1年ほど前にパダンバイに来たYちゃんって子もいい子だったな。
この子はもっと若くて22歳の大学生の女の子だった。
3ヶ月くらい掛けてアジア中心に旅してて最後にフッとパダンバイに来た子だった。
「パダンバイ、ほ~んといいトコですね~」って言ってたな。
出会ってから毎日Segaraで飲んでたな。
きっとこの子も私と似た価値観の持ち主だったんだろうな。

a0121014_1357213.jpg
パダンバイ最後のディナーはチュミチュミバカール。
TちゃんもSegaraに来てくれました。
私は明日パダンバイを去ってしまい暫くは来れない(とこの頃は思ってた)けど
Tちゃんはあと半月くらい滞在が残ってる。
あぁ、私も仕事さえなきゃパダンバイに残りたーい!
いや、季節労働者の道を捨てて真面目に働くと決めたのは自分なのだ。
ちゃんと帰国して会社に行きますよ・・・
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-06 10:00 | 2011.12.28~バリ島 | Trackback | Comments(7)
2012年 06月 05日
結局パダンバイ(笑) in BALI
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.2

この日は超ー快晴でした。

実は私・・・この日にパダンバイからサヌールに行こうと思ってました。
恐らくバリに来るのも最後・・・とまでは言わないけど、当分は来れないなと思ってて
それならバリにこんなに来るキッカケとなったサヌールに行きたいと思った訳で。
そして年末にウブドで会った「のうみそ南国days」のまみさんがこの日にサヌールに行くと聞いてた気が・・・
しからば私もサヌールに行ってあわよくば一緒にMassimoさんなんかに行けたらいいな~と。
そこでまみさんに連絡を取ったところ、、、
私は思いっきり勘違いしておりました。
まみさんはこの日のフライトで帰国するとのこと。
私がサヌールに行くのと入れ違いになっちゃうんですわ。
あれまー
そして偶然出会ったTちゃん。
彼女とは初めて会った時から昔からの友達みたい感じで話が盛り上がって
お話してるのが本当に楽しかったのですよ。
Tちゃんは帰国する1月中旬までパダンバイにこもるとのこと。
私もこのままパダンバイに居ようかな~と。

しかしTちゃんには前日「明日サヌールに行くかも」と言ってしまってた。
すると朝イチで私の宿にお別れの挨拶に来てくれたのだ。
「結局サヌール行くのやめちゃった」と言うと「ホントですかー?」と喜んでくれた。

そんな訳で10時頃に一緒にホワイトサンドビーチに行きました。
ビーチに行く道すがら、私は道端ワルンで大好物を発見。
それは・・・枝豆!
ご存知の方も多いかと思うが、バリには枝豆があるのですよ。
(ちなみに、日本の様にビールのツマミではなくおやつ感覚で食べられてる)
枝豆はローカルにも人気ですぐになくなっちゃうので見つけたら即買いは鉄則。
今日のツマミは枝豆で決まりですな。
バリの枝豆は枝についたままの状態でグルグル巻きにされて紐で縛られて茹でられてる。
塩茹でではなく茹でた後に塩を振りかけてある。
枝豆に限った事ではないと思うが・・・恐らく洗って茹でてはないと思う。
熱湯消毒?するからいっか~って感覚なのか?
そんな訳で下手すりゃ~青虫的なヤツも一緒に茹でられてることもあったりする。
日本では絶叫もん鳥肌もんだが「ここバリだし」と思えばさほど?気にならない・・・と思う。
ちなみに、私は一回だけくらった事がある。
フッと吹いて青虫を吹き飛ばしそのまま枝豆を食べ続けた。

午後になりポリス前のワルンに行ってナシゴレンをブンクス。
やはりここのワルンのナシゴレンはウマい!
Tちゃんはこのワルンのはす向かい、ポリス横のワルンでよくブンクスしてると言ってたな。
私も何度かそっちに行った事があるけど、超ーぼったくるし
(どー見てもRp3000程度のバクソをRp7000で売られた事もある)
ナシゴレンの味が定まってないとゆ~か日によって味にムラがあって好きじゃない。
そして目玉焼きもついてたりついてなかったりするし。(それでも同じぼったくり価格)
ま、ここに限らずバリのローカルワルンはよそ者にはムズいっすよ。

昼食の後、今度はTちゃんと私御用達のジュクンのビーチへ。
「ここで泳げるんですか?危なくないですか?」とTちゃん。
このビーチはコツを掴めば大丈夫!
遠くにボートもしくはジュクンが見えた時に「あいつはここに止めるな」ってのがその内に分かってくる。
大体ボート、ジュクンの止め場所は決まってる。
それさえ覚えてしまえば快適?な遊泳が楽しめるのさ。

夜はSegaraへ。
ビールを飲んでるとTちゃんが遊びに来た。
「豆腐とテンペが食べたいから屋台で買って来たい」と。
実はSegaraにもそのメニューはあるのだが、勿論レストランなのでチト高い。
カウンターだし皆なでつまむって事で大丈夫かな?とSegara長男に聞くとOKだった。
一応、持込は確認しなきゃね。
と言いつつ・・・私はよく枝豆や茹で落花生やスナック菓子を持ち込んでるが(笑)
言い訳がましいが、これは「皆なで」食べる様に持ってきてるのですよ!
そしてちゃんとメニューからも別途に注文もしてますよ。

ここで私は帰国のフライトが早朝6時発で前日はクタに泊まるって話をしてた。
クタではいつもCEMPAKA3に泊まるのだがスーパーNOVAの近くに安宿がないかな~って言ってたところ
「私の泊まってた宿がNOVAに近くて1泊Rp150000ですよ」と教えてくれた。
それが既に何度かブログでも言ってる「Bamboo inn」って宿なのだが・・・
朝食が豪華で凄い!と聞いてたが早朝便なので朝食は要らん。
しかし立地は相当いい感じだ。
1泊だけだし、そこに泊まる事にしようと。
朝飯要らんと言えば少しディスコンしてくれるかもしれんし。
Tちゃんは「すごく居心地いい宿だった」とか「ボスが親切だった」と言ってたが・・・
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-05 09:52 | 2011.12.28~バリ島 | Trackback | Comments(4)
2012年 06月 04日
アラック+○○ in BALI
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.1

新しい年の幕開けですよ~!
って、今ってもう半年弱過ぎちゃってる??
月日が流れるのは早いもんで・・・
それが加齢と共にこんなに加速するもんだとはあの頃(バブルの頃?)の私には知りえなかった。

新年、私は9時に起床。
メモによると「だるい。話し過ぎた?」と書かれておる。
どーやら前日、Tちゃんと相当喋ってたみたいだ。

この日もTちゃんの宿に行くね~と約束をしてた。
11時半頃に行きました。
この日、私はどーしても初めてパダンバイに来てから気に入ってるナシチャンが食べたかった。
Tちゃんにそのワルンの事を話すも「前を通って知ってるけど入った事がない」とのこと。
やはりローカル臭プンプンのワルンっちゅ~のは何かと勇気が必要だもんな。
メニューあるけど値段書いてないし。
こんな時は先輩に任せなさい!
一緒にワルンへ行きますた。

a0121014_23343276.jpg
これよ、これこれ!
このナシチャンプルがほ~んと大好き!
ちなみにサンバルもウマしっすよ。
Tちゃんにもこのナシチャンプルをオススメしたのだが「私ベジタリアンなんです」と言われた。
ちょっとビックリ!
ベジタリアンって日本にも居るのね・・・
何かアメリカ人のイメージ(つか、マイケルなイメージ)だった。
ってな訳でTちゃんはミークア注文しておりました。
そっか・・・ここのワルンの牛肉の煮込みがメッチャ美味しいのにな~。。。残念。

昼食を食べつつ「海でも行く?」とか言ってたんだけど雨が降ってきやがった。
なもんで、そのまま宿に戻った。

夜は勿論Segaraな訳だが、店に行く前に寄り道。
実は年末に会った「santai de bali」のApelさんに「アラックのリンゴジュース割がウマイ」と聞き
それを飲んでみたくてリンゴジュースを買いに行ったのだ。

a0121014_23412029.jpg
本日のツマミはフィッシュケバブっす。
何度も言ってるけど半分以上は人に食べてもらっております。
美味しいんだけど酒を飲むと量が食べれないのだよ。
(でも飲み終わった後に猛烈に食いたくなる。それがデブの原因なの丸分かり)
そしてApelさんオススメのアラック+リンゴジュースのチャンプル飲みました。
こりゃ~口当たりがいいわ!グビグビいくね。
ちなみに、後に他のフレーバーでも試したがどれもそこそこイケる。
でもリンゴが一番アッサリしてていいかな。
マンゴーはそこそこウマいけどあま~いカクテル飲んでるみたいになってしまう。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-04 10:26 | 2011.12.28~バリ島 | Trackback | Comments(18)
2012年 06月 03日
PADANGBAIでカウントダウン in BALI
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2011.12.31

はい、きっちり二日酔い!
・・・とメモに書かれておりました(笑)
しかし朝食は食った。
本当にひどい二日酔いん時は朝飯が食べれないもんな~
ってこたぁ~ボチボチの二日酔いだったんでしょう。

昨晩会ったTちゃんの宿がバスタブ有(勿論、お湯が出る)との事でお風呂を借りに行きました。
体内の酒はあっつ~い風呂に入りゃ~どーにかなる!はず。
Tちゃんの宿は「Bagus inn」で奥さんが日本人とかって事で日本人にはチト知れてる宿らしい。
つか、私パダンバイで見かけたこと一度もないけど。(離婚したのか?日本に住んでるのか?)
確か長期滞在割引で1泊Rp80000くらいにしてもらってるって言ってたっけな。
Tちゃんの部屋に行きドアをノックするとTちゃん風呂上りでした。
「今すぐお湯溜めますね~」と。
しかし・・・お湯が所謂「ハビス(売り切れ)」っちゅ~やつですた。
Tちゃんが入った分で無くなったくさい。
「申し訳ない」と謝るTちゃん。
いや、かまわんよ。
ぬるい湯船に浸からせてもらいました。

そのままTちゃんの部屋の前で話は盛り上がった。
歳は随分と離れてるけど好きなもの?感覚?が似てるのか?
かなり話は弾んだ。
時間も昼になり「んじゃ~ティパットでも買いに行く?」ってな感じでお出掛け。
Tちゃんが奮発して買ったビールも2本ばかし頂き話はつきる事なく。

夕方くらいに宿に戻りそそくさとSegaraに行く準備を。
そうですよ!今日は今年最後の日ですよ!
ウブドで買った花火を打ち上げる日だす。

18時半頃Segaraへ。
Tちゃんにも「良かったら来たら?」と言ってたのだが遊びに来てくれました。
「いっつもワルンの安飯ばっかりで・・・レストラン高いですね~」と。
それでもアボカドサラダとビールを注文しとりました。
アボカドサラダを食べて「うまっ!」と感激してた。
アボ好きってのも共通してんな~(笑)

なんやかんやで(すんません。記憶があまり無く・・・)夜がふけていき・・・
KembarのKADEKなんかもSegaraにやって来て、さて花火だぞ~

何本も買った大型花火はあっとゆ~間に終った。
日本で見る様なあ~んな大きな花火じゃないけど
一斉にパダンバイのそこらじゅうで打ち上げられる花火。
そしてカウントダウンと共に鳴り響くフェリーの警笛。
私はこの年越しがやっぱり好きだ。

そんな余韻に浸ってるのは私くらいなんだよね。
12時過ぎて10分もすりゃ~蜘蛛の子を散らした様にあんなに居た人が消えていった。
ヤツらに年越しの余韻っちゅ~もんはないのか?

なんやかんやで飲みに徹してた私は食いっぱぐれてた。
パダンバイには24時間開いてるコンビニなんて無い。
しかし港のワルンは24時間営業だ。(フェリーは24時間運航なのでね)
腹へった~!港のワルンでナシチャンでもブンクスするべ!とKADEKに言ったところ
「港のワルンは今日やってない」と・・・
うそーーーーっ!食いっぱぐれ大決定!?
そう思えば思うほど腹ってへるもんなんだよねぇ。
「お腹空いた!お腹空いたー!」と年甲斐もなく暴れるわたし。
KADEKに「お前んとこで売ってるインスタントのミーゴレン作れ」と命令。
ちゃんと作ってくれました。
二人で分け分けして食べたミーゴレン(麺茹で過ぎでダルダルだったけど)美味しかったっす。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-03 10:06 | 2011.12.28~バリ島 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 02日
わたしゃ~PADANGBAIの観光大使?? in BALI
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2011.12.30

12月30日の記事は前記事で終わり・・・ではなかったのです。
実はこの日、ビックリする事がありました。

久しぶりにホームグラウンドのパダンバイに戻ってきた私は勿論、思いっきりアラックを飲んだ訳だ。
よっぱっすよ、よっぱ。
何時くらいだろ?22時半?23時??
とりあえずSegaraも閉めるとの事で(つか、既に店は閉まってて居残りしてた気もするが)
店を後にし宿に向かった。

すると「大丈夫ですか?!」と誰かに後ろから掴まれた。
・・・日本語??
パッと見ると日本人の女の子だった。
え?日本人?マジでかーーーーー!
「あれま、日本人!よっしゃ、飲みに行くど!」と拉致した・・・らしい。
この時間にパダンバイで飲める店と言ったら・・・
パダンバイ有名日本人Aさんに教えてもらった通称「パパの店」しかない。
そこにやや強引に?拉致した?
(すまん。記憶が・・・でも嫌がる小娘を無理くり「ええやないか~」でもなかったはず)

パパの店で豪快にビンタン大瓶を2本空け「かんぱ~い」とな。
何を話したのか実はあまり(つか、ほぼ)覚えとらん。
でも、ど~せ私の事だから
「いやはや~パダンバイに何で?いいとこだよ~」的な事を連呼してたんではなかろうかと。

そして私は酔っ払いにありがち?な身の上話をし出した・・・んだと思う。
いや、そんな大袈裟な「生まれたときゃ~貧乏でのぉ~」みたいなんじゃなくて
パダンバイに来た経緯?居ついてる経緯?とかだったと思う。
するとその彼女(以後「Tちゃん」)が「もしかして・・・酒飲みパンダさんですか?」と言ってきた。
ええっ!?何で知っとるん!!見た目か?見た目か??
「いや・・・話を聞いてて。前に半年くらいパダンバイに居たってのを聞いて・・・」とTちゃん。

そうです。Tちゃんは私のブログを見てパダンバイに来てくれてたのです。
しかも初バリ、初一人旅で。
私・・・やっとパダンバイ日本人誘致に成功したのですよ。
かなり私のブログを読み込んでくれたらしく、「あ、それ知ってます」って事がチョクチョク。
嬉しかったのはね、Tちゃんが私の記事を見て「ここだ!」と思ってパダンバイに来てくれて
そしてパダンバイとゆ~街を「来てよかった!」と本当に好きになってくれた事。
初バリ、初一人旅で約3ヶ月もパダンバイに居たんだよ。
そして両親に「私はこの人(私の事)のブログを見てここに行く事にした」と私のブログを教えたそうな。
あぁ・・・親世代は私の下品な言い回し多数のブログを何と思ったことだろうか・・・
いや、待てよ。
Tちゃんは確か25歳くらいだったはず。
ってこたぁ~Tちゃんの親は私とそう変わらん歳かもな。
いや、でも、歳が近いからってこのブログが受け入れられるとは限らんわな。
南無南無・・・
ウケたのが、Tちゃんが出発前に事前下調べしてたメモ書き入りのガイドブックを見たとき。
私のブログで紹介した店とか宿とか超~メモってあった!(笑)
私も色んな人のブログ記事を参考にメモるもんな~
まさか自分がメモられるとは・・・
嬉しいやら恥ずかしいやら。
こんな文句タラタラ、自己中ブログでも誰かのお役に立ってるのだ・・・と実感した瞬間だったね。
そして・・・
パダンバイに来てくれて本当に嬉しかった。
彼女が本当にパダンバイが好きってのが伝わってきたもんな~

人の好みはそれぞれで、そして価値観もそれぞれで。
それでも何か自分に似てる・・・って感じる人って居るんだよね。
パダンバイは私が思うにバリに来たい人の殆どが「つまんね」と思う街な気がする。
「何もないトコがいい~」といいつつ本当に何もないと「何もなくて不便。つまんね」とか言う人の方が多い気がする。
綺麗な海があるだけで十分じゃね?
ってのは所詮は奇麗事なんだよね、きっと。
それでもハマる人は絶対にハマる街だと思うんだよね。
きっと世の中には私みたいな感性?感覚の持ち主もまだ居ると思う。(思いたい?)
オサレなブティックもエステもコンビニもイタリアンも和食も雑貨屋もないけど
そんなのイラね、まったりしてぇ~って人は是非ともパダンバイへ!
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-02 22:52 | 2011.12.28~バリ島 | Trackback | Comments(29)