タグ:バリ:クタ ( 51 ) タグの人気記事

2013年 05月 26日
宿の最大欠点!と有名ナシチャンプルワルン
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2013.1.3

朝目覚めると床が濡れてた。
いや、濡れてるとゆ~生易しいものではない。
水たまりになってる。
ベッドの脇には水のペットボトル。
確か・・・
昨晩、寝る前に冷蔵庫から出してベッド脇に置いた。
その時、水はやや凍ってた。
それが溶けてこんな事に!?

んな訳ないでしょーが!
目覚めたてで一番最初に目に入ったのがペットボトルだから
ついついうっかり一瞬そう思ったが、水の量が半端ない。
外は大雨だ。

・・・そう。
めっちゃ雨漏りしてたのですよ!
部屋の壁には雨がしみている。
臭い上に雨漏りまであるとは!!
何とも残念な宿である。

とりあえずバスタオルで水たまりを拭いた。
バスタオル二枚でも足りない雨漏りだった。

この日は夕方便でクアラルンプールに行く予定だ。
KL一泊は面倒だが翌日だと朝6時発のフライトでしかKLで羽田行きに乗り継げない。
朝6時発ってこたぁ~4時に空港だよな。
年始だから混んでるだろうし。
となると3時半くらいにクタ出発となる。
そう考えると前日の夕方便でKL行った方が楽かな・・・と。

昼前に宿をチェックアウト。
荷物を預かってもらい向かったのは「Warung HANAFI」
ここも地味~に気に入ってるワルン。
でも年始だからか?店は閉まってた。。。

う~~ん・・・どこで昼飯食う??
そこで思い浮かんだのがナシチャン有名ワルンの「NIKMAT」だ。
実はここで食べた事がない。
超~有名だし美味しいって話も聞いた事あるし・・・一度行ってみるか~と。
(ガイドブックとかに出てる日本人御用達店にはあまり行きたくない派なのだが)
NIKMATに着くとそこそこ混んでた。
人気店ってのは間違いないくさい。
色んなおかずがあって楽しそう・・・なのだが、私はあまりテンションが上がらなかった。
私の中ではナシチャン店は2パターンあって、あっさり系と全体的に赤い系。
全体的に赤い系ってのは何かと色が濃い目で赤唐辛子を使ってる料理率が高いって意味だ。
NIKMATは後者だった。赤い系。
私、辛いものは好きだけど何もかも辛い(具材が違うだけで味は同じ感じ)のってどーも好きでない。
あっさり系に別盛りのサンバルを適宜付けて食べるのは全然好きなのだが。
でも、折角来たし食べていきますかね。

ここは日本人が多く来るからだろうけどおかずを取ってくれるイブが少し日本語を話してた。
私がインドネシア語で言ってるのに日本語で返してくるとゆ~
私が奥のミーゴレンを指差して「ミー」って言ったら、その「ミー」の発音?がおかしかったのか?
「ミー ミー」ってわざと変な声を出してモノマネ?しながら
近くに居る同僚イブに言いながらゲラゲラ笑ってた。
わたし・・・結構そ~ゆ~態度にカチン!とくる派だったりする。
バカにしてんの?

a0121014_13104073.jpg
ね、赤い系でしょ。
で、肝心の味は・・・
そんなに騒ぐほどのものでは。。。
断然「Warung Indonesia」の方が美味しいぞ!
お値段Rp14000でございました。

ホテルに戻って荷物を引き取りタクシーを捕まえようとホテルの前に立ってるも
空車がなかなか来ない。
雨だもんな~
そうこうしてると案の定「トランスポートするぞ」と変なオッサンが声を掛けてきた。
空港までRp100000だとさ。
誰が乗るか、ボケ!
とりあえずベモコーナーまで出た方がタクシーは捕まりやすそうだ。
テクテク雨の中を歩く。
しかしなかなか空車がこない。
今までクタのタクシーでは色々とあったのでブルーバード狙いにしてた。
しかしもうそんな事を言ってらんない状況に。
やっと捕まえたタクシーはブルーバードではなかった。
あぁ・・・またひと悶着か?
しかし、この運転手はマレに見るまともなオッサンだった。
ちゃんとメーター使ってくれましたよ。
空港までRp27800でした。
Rp35000払ったのだが
なんやかんやいちゃもんつけて「Rp50000よこせ!」とか言ってくるかと思ったけど
思ったより多めだったのか?めっちゃ笑顔で受け取ってた。

a0121014_13392577.jpg

a0121014_13435761.jpg
すげー雨。クアラルンプールは降ってない事を祈る。
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-26 12:47 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(4)
2013年 05月 24日
クタ、最後の晩餐
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2013.1.2

バリ最後の夜です。
最後の晩餐・・・結構悩みましたが、大好きなフルコースでいく事にしましたよ。

「てぃぷ ちょーでぃ」マッサージの後に向かったのは「KUNTIⅡ」
やっぱりここの寿司は外せない!
ってな訳で寿司セットをブンクスです。
ふっふっふっ・・・
ブンクスってこたぁ~後で食べるんですね~

おみやの寿司を持って向かったのは「Warung Indonesia」ですよ。
やっぱここも外せないのだ!
大人気店だけどテーブルがいっこだけ空いてた。
ラッキー(^O^)

a0121014_12273082.jpg
夜だから?あんまりおかずの種類がなかったのが残念。
でもガドガド、お好み焼き風かき揚げ??、ピリ辛豆腐をGET
これでRp15000
う~~~ん・・・ちょっと高め!?夜だから??
勿論、ナシ無しですよ(^ω^)
これをチビチビつまみながら最後のビンタンビールを。
フッと前を見ると日本人オヤジ4人組が居た。
そうよね・・・
クタだとごくごく普通に日本人に遭遇すんのよね。
しかしオヤジ4人でバリ?
でっかい声で関西弁で喋ってて、やかましかったっすね。
態度も悪かったし食べ方も汚らしかったし。

そろそろ出ようかな・・・って時に白人の女の子二人組が来て何やら話し掛けてきた。
英語が喋れないのでしょっぱなから聞く気がなくて。
「あ~英語分からん」みたい顔をしてたら別の席に相席した。
もしかして・・・
4~6人掛けのテーブルに一人で居たから「相席いい?」って聞いてきたみたいだ。
これは申し訳ない事をした。
会計に行くがてら彼女達に「わたしゃもう帰るから向こう座って」と下手くそ英語で声を掛けた。
ここで去り際に「エンジョイ ユア ミール!」くらい言えればいいのだがねぇ。

a0121014_12371546.jpg
ホテルに戻って「KUNTIⅡ」でブンクスした寿司をつまみながらアラックを。
アラックは昨晩Segaraで残したやつを持ってきた。
アラックと寿司、合うわ~~
そして、やっぱKUNTIⅡ寿司は(゚д゚)ウマー

しかし、部屋が臭くて残念だった・・・
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-24 08:20 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(8)
2013年 05月 22日
クタで買物とマッサージ
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2013.1.2

ホテルに荷物を置いていそいそと出かけたのは大好きなスーパーNOVA!
・・・の左斜め前にあるお店。
Jl.Raya Kutaを空港方向に向かって歩きホテルラトナを通り過ぎてNasi Pedasも通り過ぎると
右側に雑貨とか服とかビーサンとか売ってる土産物屋がある。
何件かあるのだが一番空港寄りが私のお気に入りの店だ。
ここはクタの中心から外れているからなのか?
あまりツーリストは居ない。
ローカル・・・とゆ~かジャワとかから来たツーリスト御用達の様な店だ。
嬉しい事に全てに値札が付いている。
しかもぼったくり価格ではない。
いつも店先のワゴンに山積みになってるスパンコール付ビーサンはRp10000
普通のビーサンにスパンコールが付いただけだがそれだけでちょっと可愛くなる。
ちなみにプラス花付だとRp12000
花付はあまりオススメしない。
気付くと花が無くなってるのだ。
ちなみに色も豊富で赤、黒、白、茶色、紫などなど。
他にはサロンとかも売ってる。
Rp20000~40000くらい。
リゾート風ワンピはRp40000~50000
Tシャツ、バッグ、小物などなど。
街中の土産物屋で買うよりも絶対に安い!と思う。
ちなみに私はワンピ、ビーサン、ポーチ、バッグ、ウェストがゴムの生成り七分丈パンツなどを購入。
七分丈パンツは旅先でサクッと履くのに便利~と思って買ったのだが
後に行ったタイで履いてみたところ、右と左の幅が違った。
私、片足だけ極端に太ったのかと驚いたわ。
このずさんな作りもインドネシアあるあるだね。
ま、気にせずに履くけど(笑)

次に行ったのは勿論!スーパーNOVA!(笑)
このスーパーの地味具合が自分にはちょうどいいのだ。
一通りの物は揃っているしね。
いつもここでタバコをカートン買いするのだが、タバコが値上げしててガッカリ。
厳密に言うと定価で売られる様になったとゆ~か・・・
今までコンビニとかでは定価(箱の脇のシールに書いてある値段)で売ってはいたが
スーパーなどではそれより安く売っていたのだ。
しかもカートンで買うと更に安かった。
それが今回は普通にひと箱の値段(Rp14800)×10で売られてしまった。
わざわざいつもここまでタバコを買いに来てたのに・・・
しかも、前は1カートンRp110000くらいだったのにーーーー

お土産も買ったし・・・
ホテルに一旦戻ってシャワーを浴びた。
宿には一応シャンプーとボディシャンプーが備え付けられてた。

シャワーを浴びて再びお出掛け。
最終日は何かと忙しい。

向かったのはポピーズⅡからベネサリに抜ける道。
ここは安いマッサージ屋などが多くて気に入ってる。
私の本来のクタの定宿「CEMPAKAⅢ」がある通りね。
ちなみに、この道沿いに夫婦?でやってるアクセサリー屋があり
そこも私のお気に入りだったりする。
ピアスがRp5000~20000くらいで売ってる。
Rp5000でも結構掘り出し物があるのだ。
でもやっぱRp10000くらいのがちょっとデザインとかいい。
ここでピアスをいくつかお買い上げ。
ちなみに、金具が錆びてても会計の時に新しいのに付け替えてくれるので。

その後はマッサージ。
Rp40000くらいで1時間のところを探していたところ
店先で呼び込みしてたイブが「1時間Rp45000だけどRp40000でやるよ~」と言ってる。
おっ!ちょうどいい!
その店でマッサージしてもらう事にした。

マッサージしてくれたのは呼び込みしてたイブ。
結構な美人だった。
そして、めっちゃマッサージがうまかった!
これは当たりだ!!と感激。
Rp5000ディスコンしてたけどチップでRp5000渡してもいいと思ってた矢先・・・
耳元でイブが何か言った。

「てぃぷ ちょーでぃ」

・・・??
何を言ってるのだ?
「え?」と聞き直すとまた

「てぃぷ ちょーでぃ てぃぷ てぃぷ」

と言う。
やはり何を言ってるのか分からん。
首を傾げると後ろからにゅ~っと手を出して指先をニョロニョロしてる。
この仕草は・・・
「まに~まに~」のやつだ。

つまり、

「チップちょうだい」

と言ってたらしい。
な~んか・・・ガッカリ。
そんな事を言わなくても渡そうと思ってたのに。
つか、チップってせがむものじゃないからね。
って言っても無理か。

ちゃんとチップ含むRp45000払って店を去りましたよ。
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-22 11:40 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(8)
2013年 05月 19日
Hotel「S8」 in KUTA
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2013.1.2

13時45分にパダンバイを出発したシャトルは15時30分にクタ到着。
今回は宿を予約してた。
ベモコーナー近くのホテルだ。
ちょうど近くを通りかかったので運ちゃんに「そこで止めて~」と頼んだら止めてくれた。

予約したホテルは「Hotel S8」とゆ~ところだ。
何て読むのだ?「えす えいと」か?
決め手は立地のみ!(笑)
大好きなスーパーNOVAに近い。
ホテルは通りから細道?とも言えん通路を入った奥にあった。
昨晩クタも雨だったらしく道路から宿までは大洪水状態。
板を渡してるが細いって!
荷物を持ってる私はヨロヨロしながら宿に着いた。
フロントは入口脇の小部屋。
感じのいい女性だ。
男性スタッフも二人ばかし居たがどちらも愛想がいい(珍しい!)
私の部屋はホテル入ってすぐ右だった。

a0121014_1650460.jpg
画像を加工したら思った以上に変になってしまった。
何故かボケボケの画像に・・・
ま、何となく雰囲気は伝わるか、、、な?
この部屋、写真で見ると結構綺麗なのだが、
いや、実際も綺麗なのだが如何せん臭い!!!
排水口の臭いがモロ!
しかもシャワールームは改装で後付けみたいなやつなんで天井が空いてる。
つまりバスルームのドアを閉めてても部屋は臭いのだ。
目に見えないネックポイント。
私、結構鼻が利くのでキツかったわ。
(ちなみに昨日の帰りの電車で隣に居た男がワキガ+口臭ヤロウで倒れそうになった)
そして、このホテルにはもうひとつ大きなネックが・・・
それは後のブログにてUPいたします。
でもスタッフは本当に感じ良かったですよ!
[PR]

by panda_traveler | 2013-05-19 08:30 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(2)
2013年 03月 31日
激痛の豚足・・・
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.27

a0121014_11255512.jpg
ぶひ

いきなり豚足の写真、失礼!
って、これ私の手なのだが、こうやって客観的に見ると豚足ソックリって思いまして・・・
手首から下、足首から下はこじんまりしてると思ってたのだが
それは欲目だったのか?鏡が壊れてんのか?

いや、豚足自慢をしたくて写真をUPした訳ではなく。
写真で分かるかどうか・・・
手の甲が赤く腫れ上がってるのだ。
写真で見ると大した事ないように見えるのだが実際は猛烈に痛かった!(→o←)

これは昨晩の事・・・
「KUNTIⅡ」に向かう為にポピーズⅡからベネサリに抜ける道を歩いてた時の事だ。
時間は20時くらい。
そんなに遅い時間でもない。
雨上がりって事もあって道にはそこそこ人も居た。
前から二人乗りのバイクが来た。
道が狭いにしては私の方に寄ってくる。
危ない!と思ってよけたんだけどね~
後ろに乗ってたヤツが手を伸ばしてきまして。
その手がすれ違いざまにカバンを防衛しようとした私の手に当たった訳ですよ。
結構なスピードでのすれ違いざまなので衝撃は半端なかった。
泣けるほどの痛みが走った。骨が折れたんじゃないかと思った。
ま、カバン狙いの通り魔ですね。
初めて出くわしました。
こういった事も私が切れまくってる原因のひとつ。
ホント、ロクなヤツが居ねぇー

朝起きて部屋の外に出るもスタッフが居ない。
探したら居たので「朝飯くれ」と言うも聞こえないフリしやがる。
じっと部屋の前で待つ。
暫くするとこの宿の奥の方に住んでるっぽい一家の奥さんが目の前通過。
私を見て「客が起きてるよ。朝飯作らんかい」みたいな事を言ってくれたのだが
やはり朝飯を作ろうとしないスタッフ。(昨日寝てたヤツね)
ほんと、フザけた宿だ。
早々に飯食って荷造りしてチェックアウトしたかったので何度が「朝飯」とせかした。
渋々と朝飯を作り始めましたよ。
作った後は「厨房のトコに置いたから勝手に食え」と言いに来た。
大体のロスメンは部屋の前まで持ってきてくれるのだが、それさえ面倒くさくて嫌らしい。
ここまでフザけてると逆に笑える。

a0121014_11512031.jpg
選択の余地なしのバナナパンケーキ。
はちみつドッカリで甘くて死ぬかと思った。(はちみつをナイフでよけても甘すぎた)

さっさとチェックアウトしてPeramaに向かった。
早く着いたので2階でタバコ吸いながらネットを。
さて、クタとオサラバして次なる目的地に行きますよ~
[PR]

by panda_traveler | 2013-03-31 12:02 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(6)
2013年 03月 29日
✿KUNTI Ⅱ✿ in KUTA
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.26

明日のシャトルのチケットも買ったし両替もしたし・・・
宿に戻って翌日からのホテルをネットで探しました。
大奮発して1泊5000円くらいのホテルを予約しましたよ。
今回も短い旅なのでチョイとリッチにホテルなんぞに泊まろうかと思って。
だんだん「貧乏旅行記」じゃなくなってるんじゃね?ってツッコミはご遠慮下され。
ホテルに泊まっても要所要所に貧乏くささは残ってますから!(笑)
そもそも出足が汚いロスメンだしね。

そんな訳で夜になり、マッサージでもしてから再びワルンインドネシアに行こうとしたら
生憎の雨・・・
部屋の前でタバコなんぞ吸いながらボーっとしてると小雨になってきた。
20時頃に宿を出た。

歩いてるとマッサージの呼び込みがうるさい。
適当に安いとこでやるか~って感じで足マッサージRp40000の店に入った。
てっきり1時間だと思ってたのだが(だってRp40000もするし)どう見積もっても30分しかやられず。
45分ですらない。
もっと言うと30分ですらなかった気が・・・
しかも超ー下手くそでスタッフも超ー感じわりぃ。
これでRp40000払うなんてホント損した気分。
これも一種のぼったくりですな。
ちなみに「KELY Q SALON」って店。
絶対に行っちゃダメですよ!

下手くそぼったくりマッサージの後は再び「Warung INDONESIA」へ。
しかし!満席!!( ̄◇ ̄;)
ガビーンですよ!
相席すら出来ないくらい一杯居る。
すげー人気店なんですね~ここは。
あぁ・・・店のオーナーさん(?)に「夜も来ます」と言ったのに・・・
約束を破る様で嫌だったが仕方ない・・・

ってな訳で向かったのは「KUNTI Ⅱ」
ここも私のブログに何度も登場してますね。
お気に入りの和食レストランです。
ぶっちゃけ、下手な日本の寿司屋よりウマいと思う。
寿司以外の和食もインドネシア人が作った何か違うなんちゃって和食じゃなくて
本当に日本のレストランで食べる味付けなのも凄い。
ポテトサラダに至ってはウチのかぁちゃんの味すらする。

a0121014_1718168.jpg
クタの夜に乾杯!
一人だけど奥の座敷席に座りました。
足を伸ばしてのんび~りしたいし。

ちなみに・・・
この写真のビール越しに写ってる二人。
白人男性と(金で買われたであろう)インドネシア人女のカップルなのだが
このインドネシア人女がもんすごいムカついた!
和食の店なので箸がある訳だ。
彼らがお箸の国の人間でないのは分かるがマナー悪いにも程がある!
この女は箸を両手に持って(握って)器をカンカン叩くわけよ。
子供がよくやる様なアレを。
うるせぇしお箸の国の人間からすると非常識だと思うし腹が立ってきてさ。
極めつけが、この座敷に小さいゴキが出たのよ。
それを「キャー」って言いながら箸で掃いたのだよ。
信じられん・・・
箸を何だと思ってやがる!
つか、ゴキなんてお前から見ればペットみたいもんだろ。
何「キャー」とか言ってんだか。
はぁー気分悪かった!
こんなヤツは入店お断りしろ!

気を取り直して・・・

a0121014_17275483.jpg
寿司刺身セット053.gif
米を食べながら飲めないので刺身だけにすればいいのだが
結局〆には米が食いたくなるし・・・
バラバラで注文すると高くつくし・・・
ってな訳で寿司刺身セットなのだ。
ま、日本と違って湿気が多い国なので寿司を食う頃にカピカピになってないからヨシなのだ。
ちなみに店員が「サーモン ナイ」と言ってたのでサーモン無しの残念な寿司だ。
サーモンは白人に人気があって、この店にくる白人の9割以上(ほぼ100%)がサーモンを頼んでる。
私からすると、サーモンも美味しいけど写真の右奥でお花の様に盛り付けられてる白身がオススメ。
鯛?なのかな?平目??
淡白で美味しいんですよ~これ。

a0121014_17354426.jpg
この日、私は一体どんだけのじゃがいもを食ったんだろう・・・
でもこの店のポテサラは美味しいので外せないのだ!
これが普通はインドネシア人が何ちゃってで作るとじゃがいもが熱いうちにマヨで和えてしまい
油が分離したマズいポテサラとなるのだが(サヌールの「KOKOYA」で経験済)
ここの店はちゃんと「冷めてから和えろ」とゆ~レシピがあるとしか思えんちゃんとした物だ。
ほんと、美味しい~

お会計は・・・
●寿司刺身セット Rp90000
●ポテトサラダ Rp20000
●ビンタンビール(大) Rp30000×2本
税、サービス料込みでRp195500

ううう・・・やっぱ高い!(´;ω;`)
けど、そんだけ払う価値はあると思う。
たまの贅沢だもん、いいでしょ。
しかし、ここも地味に値上げしてってるよなぁ。
確か寿司刺身セットも2年くらい前はRp75000だった気が・・・
ビールもRp25000だったはず。
頼むからこれ以上値上げせんでくれー!
[PR]

by panda_traveler | 2013-03-29 09:58 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(6)
2013年 03月 28日
✿Warung INDONESIA✿ in KUTA
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.26

昼飯を食ってない事を思い出した。
いや、昼飯はどーでもいい。
ビールが飲みたい!!

ってな訳で向かったのは「Warung INDONESIA」
ここは以前に人に教えてもらってすぐに気に入ったワルンだ。
なんせナシ(ご飯)無しチャンプルが食べれる店なのだ。
しかも、どれも(゚д゚)ウマーときたもんだ。
私の様な酒飲みでツマミはそんなに要らないって人にはとても重宝するワルンなのだ。
普通の店だと一品二品がせいぜいだ。
そして、どれも一人で食べれないボリュームだったりする。
チビチビと色んなものを少しづつ楽しみたいのにな~って思った事があるはず。
そんな時は迷わず「Warung INDONESIA」に行く事をオススメする。
つまみ達はインドネシアの家庭料理の様な物が多いのもオススメポイント。

a0121014_161796.jpg
私はこんな感じでチョイスいたしました。
ラワール、ガドガド、五目オムレツみたいやつ、じゃがいものサンバルケチャップ和え(またそれ!?笑)
自家製サンバルもたんまりとのせてもらいました。
これでRp11000
どれも美味しかったが特にラワール(バナナの葉っぱの器に入ったやつ)が激(゚д゚)ウマー
私、ぶっちゃけバリでは飯に期待してないとゆ~か美味しいと思う事があんまないとゆ~か
食メインで行ってる事はなくて。
マズイ訳ではないけどそそられない物が多いんだよね。
油まみれな物が多いし。
しかし、ここの店は勿論ギトギトに揚げられた鶏肉とかもあるけど
こういったあっさりした物もあってサッパリしててホント美味しい!
あまりの(゚д゚)ウマーに苦手なクタなのにニヤケが止まらず。
幸せ~でございました。
そして、ついついビール大瓶を2本ばかし。

会計は・・・
●ナシ無しチャンプル Rp11000
●ビンタンビール(大) Rp23000×2本
合計 Rp57000

この店は日本人の方がオーナー(?)とかって話を聞いてたのだが
その方に今回お会い出来ました。
新田恵利似の綺麗な方でしたよ。
「本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。また夜来ます」と言って店を去りました。
ちなみに、ローカルのスタッフも感じがよくてホントいい店です。
確か夜11時まで営業してるって言ってました。
パダンバイにはそんなに遅くまでやってる店がないのでビックリしましたよ。
でも、ここはクタだから当たり前なのかな。

その後は両替に行ってPeramaに行って翌日のシャトルチケットを買いました。
明日はクタとオサラバです。
[PR]

by panda_traveler | 2013-03-28 08:12 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(4)
2013年 03月 27日
相変わらずのイミグレと値上げの洗礼
059.gif旅行期間:2012.12.26~2013.1.4

●2012.12.26

a0121014_22172565.jpg
着きましたよ~バリに。
機体の背景が海ってのは絵になりますのぉ~

バリは着いてからが大変。。。
地獄のイミグレだ。
パッと見でそんなに人が居なくても恐ろしく時間が掛かるイミグレ。

足早にVOAカウンターに行きイミグレに並ぼうとしたら二列に分かれておりました。
今までは乱雑だったのだが少し進歩した様だ。
並び始めたのが12時40分。
並んでる人は20組くらいだろうか。
普通に考えると30分で抜けれるかな・・・って感じなのだが。

やはり1時間掛かった・・・(´Д`;)

もはや、わざとでしょ。
早く抜けれるイミグレが存在し「そこに行きたきゃRp100000払え」って商売が成り立ってんだから。
それをまんまと払うヤツが居るからつけあがってしまって。
つか、空港職員が平気でそんな闇商売みたいな事が出来るのもさすがインドネシア。
ちなみに、預け荷物もヤツらは漁りますよ。
私、やられましたから。
でも、金目の物が無かったので何も盗らなかったっぽい。
バリはインドネシア屈指の観光地なのに、こういった部分は全く改めようとしないのがねぇ。

初日のこの日はクタに1泊。
空港のタクシーカウンターで私は目を疑う光景を目にした。

空港→クタがRp70000

マジで!?( ̄◇ ̄;)

それまでのRp55000でも「たっけぇー」と思ってたのにRp70000って・・・
空港タクシーって言っても特別なやつじゃなくて普通のタクシーだよ。
クタって空港から15分くらいの距離だよ。
ちなみに、逆だと流しのタクシーでRp25000くらいですよ。
恐ろしい事になってきてますねぇ・・・バリは。

高いタクシーで定宿の「CEMPAKAⅢ」の前まで行くも満室だった・・・
優しいニョマンさんは不在でレセプションに居た若造のスタッフに「この近くに安宿あるか?」と聞くと
「CEMPAKAⅠ」に行けと言う。
・・・そこは随分と前に泊まった事がある「独房」の様なロスメンではないか。
ま、独房ルーム以外にも少しはマトモな部屋があるだろうし・・・
下手に荷物を持って道のガタガタなクタをウロウロすんのも嫌なんでそこに行く事にした。
スタッフに「Ⅰは1泊ナンボ?」と聞くも「知らん」と一言。
同じ系列(だと思う)のくせに知らんのか。

CEMPAKAⅠに行くとレセプションのベンチでスタッフらしき男が寝てた。
声を掛けても起きない。
体を揺すっても起きない。
何度もデカイ声で叫ぶ。
もはや、シカトこいとるとしか思えん。
あまりの声のデカさに通り沿いの店のスタッフが顔を出した。
「スタッフ居るはずだよ~」と教えてくれた。
知っとる。
目の前で寝てるコイツだろうが。
てめぇ、いいから起きやがれ。
やや強引に体を揺すったらやっと起きやがった。
私を見てクソ面倒くさそうな顔をしやがった。

勿論、部屋は空いてた。
つか、誰も泊まってないんじゃね?って感じだった。
1泊Rp120000
態度同様にふざけた値段だ。
このボロ宿でRp120000も払わねばならない時代だそうだ、今のバリは。
レセプションに置かれてた朝食メニューにジャッフル(ホットサンド)とバナナパンケーキと書かれてた。
それを読み上げると「バナナパンケーキだけだから」と言いやがる。
どこまでもクソみたいな宿だ。

a0121014_22455923.jpg

a0121014_22491771.jpg
中はⅢと似た様なもん。

ちなみに、4年前にこの宿に初めて泊まった時は1泊Rp50000だった。
トイレとシャワーは無しで朝食もコーヒーだけだったが。
空港からのタクシーがRp15000UPで宿がざっくりでRp50000UPとして
着いて早々にRp65000もの値上げをくらった事になる。
ローカルの食べてるナシチャンやナシゴレンがRp5000~Rp7000の場所でのRp65000は大金で
それは勿論、観光客である私にとっても大金なのだ。
払えるだけの金を持ってるから払え・・・とゆ~考えが常識なのは承知だ。
もはや、それはどうにもならん事だろう。
だったらコッチから遠ざかるしかないのだ。
[PR]

by panda_traveler | 2013-03-27 09:15 | 2012.12.26~バリ島、KL | Trackback | Comments(10)
2012年 06月 13日
帰国します in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.4~5

前回に引き続き、今回も記事とは関係ない話からスタートしますが・・・
前回チョイと触れた自分のブログへの「キーワードランキング」なるものですが
ブログ名に「貧乏」と入っているだけあって「安宿」「LCC」なるキーワードも多いです。

まず「安宿」
今まで色々な安宿に泊まってきましたね~
なんて過去に泊まった安宿達を思い出しました。
虫がウジャウジャ出た宿、臭い宿、独房みたいな宿・・・
中でもやはり「臭い宿」ってのが多い。
部屋自体がカビ臭い、ベッドや布団や枕が汗臭いなど。
寝れればいいやって感覚でも寝る事も出来やしねぇー
しかしいい安宿もあった。
新しいところで言えばタイはクラビの「Won Won Guesthouse」とかね。
もはやGHと言うよりちょっとしたホテル並みだった。
毎日バスタオルを取り替えてくれる事に驚いた。
部屋も簡単に掃除してくれてゴミも回収、トイレットペーパーも補充される。
水も一日一本の補充有だ。
(しかし私は自ら汲みに行ってたので、ある時から補充はなくなった。笑)
パダンバイの定宿「Tirta Yoga inn」も静かに過ごすにはいい宿だ。
ベッドもいいやつ使ってるしちゃんと客が変わるごとにシーツや枕カバーも取り替えてる。
しかし水シャワーなのが難点。
そして値上げ傾向にある。
2009年12月は3週間ばかしの滞在でディスカウントしてもらってRp60000だったが
2年後には長期滞在ディスカウントでRp100000だ。
グレードアップした事といえばWiFiがあるって事くらい。

次に「LCC」
私のブログに頻繁に登場してくるAirAsia
日本就航してから気になってる人が増えたんでしょうね。
しかも東京で言えば羽田発着だし。
私も何度か羽田発着のAirAsiaに乗りましたが、自分の中では想像と違うと思う事があった。
もっと日本人が多いと思ってたんだが意外にも外人が多いイメージだ。
何でだろ?と自分なりに考えてみたのだが、やはりシートが原因!?
シートピッチは超ー狭いしリクライニングもほんのりしか倒れん。
その状態で7時間もの飛行に耐えられないと判断するのではないのかと。
しかも羽田発は深夜便なので機内では「寝る」前提だし。
何度も東南アジアをメインに旅行する人だと我慢出来る範疇なのだと思うが
やはり普通に働いていると年に3回くらい?(年末年始、GW、お盆)しか行けない旅行。
エアもそれなりに考えるのかもしれませんね。

ってな訳で本題へ。

バリ最終日。
クタの「TANJUNG PINANG」で食事の後、私は宿に戻らなかった・・・
ご一緒させていただいた方と話が弾んでしまいまして。
初めて会ったのにあの盛り上がりっぷりは凄い。
店を出てそのままお相手の方のホテルにお邪魔しちゃいました。
(ん?私、相手が女性って言ってましたっけ??)
「TANJUNG PINANG」で〆のナシゴレンをおみやして。
勿論、途中でビールも買っていきました。
色々と話をしたな~
その辺りの事は割愛。(忘れた訳ではないのよー)
だんだんと夜が更けてゆき・・・
気が付くといい加減に宿に戻って荷物をひきとり空港に向かわねばならん時間に。
(そんな時間まで!?)
まだまだ話は尽きない感じだったが仕方がない。
一緒にフロントまで行きタクシーを手配してもらった。
「タクシーは絶対にブルーバードね!」とスタッフに言ってる彼女。
よくバリでは「絶対にブルーバード」と言うが、意外に私は適当に乗っちゃったりする。
故にメーター使わずふっかけられたり、メーター使っても変に遠回りされたり。
(その度にいちいち大暴れしたり車から飛び降りたりで大変)
きっとこれらのタクシーはブルーバードではなかったのだろう。
何で私はこんなに適当に乗ってるのかと言うと、バリのタクシーってほぼブルーの車体なのよ。
ブルーバードのパクリみたいなんばっか。
パッと見だと分からないんですわ。
よくよく見ると行灯の鳥が変に痩せ細ってたりとか、鳥に見せかけた枯れ枝?とか違いはあるんだけどね。

呼んでもらったブルーバードタクシーに乗り込みお別れ。
タクシーの運ちゃんに宿の名前を言うも通じず。
とりあえずスーパーNOVAに行ってくれと。
そこから少し脇道に入ってもらい何とか宿の近くに着く事が出来た。
料金はちゃんとメーター通りだった。

タクシーから降りると雨。
走って宿まで行った。
部屋に行き既にパッキングされてたバッグを持って部屋からそぉ~っと出ると
ぬぅ~っとボスが登場。
ビックリするがな!!
どうやら見送りするのに起きてたらしい。
表までアイアイ傘状態で行く羽目に。(やはり基本近い・・・)
宿の前は車が一台通れるかどうかな感じの細道なのだが
奇跡的に宿を出た途端にタクシーの空車がきた。
ボスがすぐさま止めた。
そこで私は「ブルーバードか?」と車を見た。
どうやら違うっぽい。行灯の鳥がガリガリだ。
しかし雨も降ってるし時間も時間なので見つけたら即乗りが鉄則かな、と。
車に乗り込み「メーター使えよ。空港まで」と言った。
頷く運ちゃん。
しかし、宿の前の細道から大通りに出たところで「空港までRp50000な」と言ってきやがった。
出た!出た、出た!
「止めろ!止めろ!」と後ろから運ちゃんのシートを叩く私。
「トランク開けんか、こらー!」とまたもや大暴れっすよ。
荷物をトランクから取り出し思いっきり叩きつける様に閉めてやった。
ほんと、疲れるわ・・・バリっていちいち。(この手の事で)

プンプン面で荷物を持ってタクシーを捜してるとすぐにやってきた。
今度はどうやらブルーバードだ。行灯の鳥が活き活き羽ばたいてる。
「メーター使って。空港まで」
頷く運ちゃん。すぐにメーターのスイッチを入れた。
今度は大丈夫っぽい。
後は変に遠回りされないかだな。
乗り込んでホッと一息。
つか、何かデジャブな感じがする。
ん?
乗り込んだタクシーは先ほど食事を一緒した方のホテルで呼んでもらったタクシーだった。
運ちゃんの方から「さっき乗せたのオイラ」って。
おおおーっ!何か運命感じるわー。
って、時間も時間だったし場所も場所だったからそんなに思いっきり偶然でもないんだけどね。
運ちゃんは遠回りどころか近道を使ってくれたっぽい。
あっとゆ~間に空港に着いた。
ちなみに、タクシー料金はRp20000くらいだったと思う。

チェックインカウンターは空いてた。
私よりも以前にAirAsiaでバリに来た事がある方にメッチャ混んでるから早めに行くべしと言われてたのだが
色々と改善がされたのかしら?
いや、もしかして、その助言があって私は早めに空港に着いたので(4時チョイ前)
もしかして私の後に凄い事になったのかもしれん。

6時・・・
定刻通りに離陸した。
トランジットのKLでは乗り継ぎ時間が6時間ほどある。
しかし入国しちゃいかん!とキツく言われてしまったので外のフードコートに行く事も出来ん。
そう。
寝るしかないのだ。
なんせ私は一睡もしてませんからね。(機内でチョロっと寝たが)
横になれる椅子を見つけてバッグを枕にしサロンをかぶって「オヤスミナサイ」
びっくりするほど爆睡してしまったくさい。
意外に寝心地良かった。
しかし寝心地のよさはシンガポールのチャンギ空港T3にかなわんな。
勿論、トランジットエリアだが。
ちなみに寝心地悪かったのがタイのスワンナプーム。
空調効き過ぎで寒いし椅子が硬い。
風邪ひくわ背中が痛くなるわで。

a0121014_11445252.jpg
ほ~んと羽田発着って便利だわ~
もう成田行くのめんどいわ。

a0121014_11462546.jpg

a0121014_11471142.jpg
私のブログに何度となく登場してるこのタグイの写真。
毎度毎度「撮っちゃダメ」と叱られる。
が、絶対に撮る(笑)
だって、この真っ赤なボディーを見ると興奮するんだもん。
そういや~機内販売のパンフをよく見てるのだが、AirAsiaの模型は欲しいと思った。
今まで他のエアのだと「こんなん買うやつ居るの?」って思ってたけどさ。

これにて年末年始のバリの旅ネタはオシマイ。

最後に・・・
この時の旅でも色んな方にお会いしました。
そして楽しい時を過ごす事が出来ました。
美味しい料理、酒も堪能出来ました。
この場をお借りして皆様にお礼申し上げます。
またいつかどこかで会った時は宜しくお願いいたします。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-13 12:09 | 2011.12.28~バリ島 | Trackback | Comments(26)
2012年 06月 11日
KUTA「TANJUNG PINANG」 in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.4

全く記事とは関係ない話からスタートしますが・・・
わたくし、たま~に自分のブログの「アクセス記事ランキング」っての見てます。
そんな中で根強い人気記事が「トータル予算5万ポッキリ!行けるか?バリ島3週間」って記事だ。
これは今から約3年前の記事である。
結局はトータルで68000円くらいとなり、予算オーバー18000円で終わりを迎えたのだが
平均で一日ビール大瓶2.5本、タバコ1箱、それに自宅から空港までの交通費も含めてる。
そして最後にシンガの空港の免税店で買ったタバコ代も。
もし私の様な酒飲みでもスモーカーでもなければ5万で何とかなったかもしれんとゆ~結果に。
この記事、たった3年前の記事なんだよね。
でも今これと同じ内容の滞在スタイルやったら2倍くらいになりそうだ。
前回のバリ滞在時にパダンバイでトランスポートしてる人と話をした。
(つか、この人とはいつも喋ってるのだが)
アメッドに行った事ある?ってな事を聞かれ、この5万ポッキリ時に行った事を思い出し「行ったよ」と。
その時に「Amed Cafe」とゆ~宿に泊まったと。
確かディスコンしてもらって1泊Rp85000くらいだった。
それを言うとひどく驚かれた。
今ではRp250000くらいだよ~って。
それは私が泊まったあの水シャワーの部屋ではないとは思う。
もはや、あの水シャワーの部屋はリノベーションとかされて無くなってる可能性大だ。
しかしロスメンではなく「ホテル」だったのでプールもあり~の
ビーチフロントのレストランでの朝食あり~のだった。
それで「Rp85000でこんな幸せがあるとは」と感激してた。
ここで「ロスメンじゃなくてホテルだからプール・・・」と言ってしまったが
今はプールのあるロスメンも増えてきてるんじゃないんでしょーか。
クタの定宿「CEMPAKA3」にプールが出来たのを見てそう思った。

結局、何が言いたかったのかというと
たかが3年前の記事だが全然アテにならんぞ!って事を言いたかったわけで。
勿論、当時は本当にその値段で記事に嘘偽りは一切無い。
しかし、それを参考にされるのは非常ーにマズイぞって思う。
バリに限らず私のブログは滞在時期を逐一記事に入れてるのだが
あくまで私が滞在したその時の金額って事を十分に把握していただきたいな~と。

ちなみに、検索キーワードランキングっちゅ~のもあるのだが
根強い人気キーワードは「ヌーディストビーチ」だ。
これはタイはピピ島のロングビーチですな。
私の様に自力でサバイバルで行くと感激が更に高まるはず。
白人の殆どがトップレスだが、中には生まれたままの姿っちゅ~のも居る。

ってな前置きはここら辺にして本題。

バリ滞在最終日のディナーはブログを通して知り合った方とだった。
私は何度もブログを通して知り合った方と会って一緒に飲んだりしてる。
バリではウブドが多いですな。
関心するのが、あ~んなに一杯色んな店があるのに本当によくいい店を知ってるって事。
いつも連れていって頂いた店に大満足してる。
色々と旅バナ出来るのも楽しい。
旅先で会ってるだけあって、やはり皆さん旅好きなので。

しかし今回はクタ編。
どこに行こうか色々と悩んだのだが、たまたま会うチョイ前にTVで弾丸トラベラーってのを観てまして。
それがギャル曽根ちゃんと吉川ひなののバリ編だった。
二人が向かったのは「TANJUNG PINANG」
ギャル曽根ちゃんは本領発揮で食いまくってた。
私はガイドブックやテレビで紹介された店は気が進まないタイプなのだが
あの時は「ここは行ってみたいかも」と思った。
そんな訳で相手に言ってみると快諾。

待ち合わせはクタのベモコーナー
この時が初対面の我々。
しかし事前に何度かメールのやりとりをしててお互いがお互いを何となく「こんなん」と想像出来てた。
私の場合はブログを読まれておるので、相手は私をかなり想像しやすかったに違いない。
待ち合わせ場所で相手を見た時にお互いが「想像通り~!」って感じだった。
何度もやりとりしてた事もあって、初対面なのに以前から知り合いだったかのノリでスタート。

お目当ての「TANJUNG PINANG」までは距離があったのでタクって店に向かう事に。
つか・・・
実は私も相手も店の名前を正確に覚えてないとゆ~適当っぷり!(笑)
「タンジュン・・・ナントカって感じだったよね~」とかお互いが「頼むからお前思い出して」な感じで。
「ギャル曽根ちゃんの・・・ね~」ってタクシーの運ちゃんに言っても分からんっちゅーに。
何となく場所は分かってたので「とりあえずあの道行って」って感じで。
その間も「タンジュン・・・タンジュン・・・」って。
店の名前を知ったのは店の前に着いてから。
「あー!ピナン!」ってな。
そんな訳で無事にお目当ての店に着く事が出来ました。

a0121014_23231835.jpg
ちゃんと着いてよかったね!(笑)

a0121014_23223318.jpg
カラマリフライ(だったはず)
これはビールに合いますな。
でも量がチト少ない??

a0121014_2327112.jpg
クイッティアオ。これは激ウマだった!
つか私、バリでクィッティアオが食べれると思ってなかった。
これはタイやマレーシア辺りでしか食べれないもんだと・・・
バリにもあったのですね~

a0121014_2328925.jpg
空芯菜炒め。これも激ウマ!
味付けのベースとなってるソース(サンバル系)がすげーウマかった。
ちょっとクセのある味付けなのだが、それがハマるウマさだった。

a0121014_23291455.jpg
これ、何だ?
鶏のチリソース炒め??とかって感じか?

この店はかなりヒットでしたよ!
頼んだものがほぼ美味しかった。
値段なのだが、実はよ~分からん。
メニュー見たけど、観光客向けみたいメニューで変に高い豪快な感じで。
(メニューが二種類あった?)
でも頼んだのはローカル向け?素朴系?のメニューばかりのはず。
実は・・・
ほぼお相手の方に出して頂いてしまって私はビール分くらいしか払っておらず
正確なトータル金額が分からんのですよ。
「パンダちゃん、食べずに飲んでばっかでしょ。ビール代だけでい~よ」って言われて。
確かに色々と注文したけど私はあまり食べてはいない感もあるが・・・
(いや、でも空芯菜とクイッティアオは結構食った気が)
でも、バリで酒って高くつくでしょ。
だから絶対にガッツリ割り勘でいこうと思ってたのだけど。
(つか、むしろ私の方が多めに出すべきか?!)
でも、相手の方曰く「そんな高くない」だった様な。

この場を借りて再度お礼を。
本当にありがとうございます。
そしてゴチソウサマでした。
きっとまた会えるよね?
その時はカッチリ割り勘でいきましょう!

クタの中心部からチト離れてるので、なかなかサクッと行けない感はあるが
大人数で美味しいもんをガッツリ食べたい時はオススメかも。
中華系なので日本人の口に合う味付けだと思われ。
言語は英語でもOKなのかな??
我々はインドネシア語が出来るのでそれでやりとりしてたけど。
ローカル率高しの店だけど英語でも大丈夫だと思いまふ。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-11 00:04 | 2011.12.28~バリ島 | Trackback | Comments(26)