タグ:シンガポール ( 18 ) タグの人気記事

2011年 11月 05日
Malaysia~Thailand・・・2weeksの旅
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

まだまだバリ島滞在5ヶ月間のネタはあるのだが、諸事情で別ネタを・・・

今回の旅行記の冒頭でも言ったと思うが、私は2回目の出国の為のチケットを激安で手に入れた。
DPS⇔SIN片道Rp50000(約¥450)とゆ~破格だ。
今ではAirAisaも有名になってそんなにビックリされないが
私がAirAsiaを利用し始めた頃は誰に言っても驚かれたCP
そして、今回のこのチケットが恐らく後にも先にも一番破格なのではないかと思う。
まさかこの激安チケットが私を新たな楽園に連れて行ってくれるとは・・・

チケットは2011.4・5DPS発の2011.4.19DPS着。
2回目の出国はシンガポールとんぼ返りにしなかった。
チケットを予約したのは半年以上も前だったのだが
自分の中で「この頃にはバリに飽きてる」と思い、チョイと他の国に行ってリフレッシュって意味だった。

漠然とシンガポールから北上してタイ南部辺り?に行って折り返してこよう・・・くらいに思ったのだが
日本を発つ直前、久々にバンコクに行きたくて、、、
いや、厳密に言うとバンコクのとあるレストランに行きたくてBKK→SINのチケットを追加で取った。
つまり、シンガポールから陸路でバンコクまで行くってゆ~のは確定してしまった。

バリに着いてから2回目の出国まで嫌とゆ~ほど暇はあったのだが
どんなルートでバンコクまで行くとか結局は決めれないままバリを出発した。

確か夜8時くらいに大好きなシンガポールのチャンギ空港着。
勿論、トランジットエリアで仮眠。
翌朝9時くらいにシンガポールに入国しMRTでラベンダー駅に向かった。
ラベンダー駅からマレーシアまでの長距離バスが出てるバスターミナルまでの道すがら
麺系ホーカーで朝食を。
a0121014_1531154.jpg
プロウンミー(またかよ)S$3.00(≒¥210)
このプロウンミーも美味しかったなぁ~。
どこのホーカーだっけな??確かリトルインディアとブギスの間くらいにあったホーカーだと。
「Makan di sini」って言った覚えあるぞ。
インドネシア語とマレー語はほぼ同じでシンガポールではマレー語も結構イケる。
麺を食べた後は隣のチキンライス(S$3.00≒¥210)の屋台でブンクス。
昼ごはん用ね。

10時半頃バスターミナルに到着。
マレーシアはジョホールバルのラーキンバスターミナル(長距離バスターミナル)迄のチケット購入。
チケットはS$2.40(≒¥170)
相変わらずシンガポールとマレーシアのイミグレでモタモタに。
出入国審査は簡単でスイスイ行けるのだがバスを見つけるのがムズい。
乗ってきたバスに審査後にまた乗る訳ではないので荷物と一緒に降りるのだが
同じ会社のバスにまた乗り継げる。
それが前回も今回もバスをうまく見つけられず・・・
厳密に言うとバス乗場をうまく見つけられないんだよね。
バス乗場はあるんだけど自分が乗ってきたバス会社のバスがどの乗場に止まるのか分かりにくい。
適当にスタッフに声を掛けてチケットを見せて「どこ?」と聞いてみたが
言われたバス乗場に行くと運転手に「違う」と言われたり。
ま、なんだかんだで乗り継ぎは出来たけどね。

そんな感じで12時頃にジョホールバルのラーキンバスターミナル到着。
シンガポールでブンクスしたチキンライスをベンチに座って食う。
やっぱりチキンライス美味しい。
ラーキンで両替を。
一万円→Rm34になった。Rm1≒¥30

さて・・・ここからどこへ行こう??
ラーキンからは殆どの主要都市行きのバスが出てる。
クアラルンプール、マラッカ、ペナン等々。
当初は「一度はクアラルンプールに立ち寄ってみるか~」と思ったのだが
な~んか気乗りがしなかった。
そこで私はマレー半島の東海岸沿いを北上してタイ入りしようと思い付いた。
近所の古本屋で¥100でGETした歩き方を見てクアンタンとゆ~街に行こうと決めた。
距離的にも夕方くらいに着けるかな~って感じだったし。
ラーキンからクアンタンまでRm33(≒¥990)

12時半頃にバスに乗り込む。
延々と森の中を走る事6時間・・・ようやくクアンタンに到着した。
思った以上に時間が掛かった。
早く寝床を確保せねば。
右も左も分からない、事前調査もしてない街クアンタンに降り立った。
[PR]

by panda_traveler | 2011-11-05 10:33 | 2010.12.8~バリ島他
2011年 10月 26日
観光VISA切れ、シンガポールとんぼ返り・・・続き
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

チャイナタウン駅に着き駅から出た途端、何か思いとは違う・・・
いや、むしろ思いの逆の光景が目に飛び込んできた。

a0121014_1262254.jpg

a0121014_125399.jpg
んっ!人が・・・居ないぞ!

私が訪れたこの時は旧正月だった。
お祝いモード満載でチャイナタウンは賑やかなんじゃないかと思い込んでた。
逆だった・・・
しーーーーーん・・・としてた。
前に来た時、写真の通りは出店が一杯出てて人が溢れてて前に進むのも一苦労したのに
旧正月は殆どの店が閉まってた。
スイスイと前に進めた。
一通り散策?ちゅ~か単純に歩いてお目当てのプロウンミーのホーカーへ。
人気の無いチャイナタウンは見通しも良かった。
遠目から見ても分かる・・・閉まってやがる。
わざわざチャイナタウンくんだりまで来たのに!!!

仕方ないのでチャイナタウンからブギス方向に向かう事にした。
a0121014_1217961.jpg
パッと見の色みは鮮やかなのだが店は軒並み閉まってる。
a0121014_12183615.jpg

a0121014_1219081.jpg
飾りつけ、やっぱ派手だね。
でも桜(だと思う)が咲いてて綺麗だった。
しかし・・・歩けど歩けど軒並み店は閉まってる。
途中で目に飛び込んできたマック・・・シンガポールまで来てマックは絶対ヤだ!
そんなこんなで「あぁ・・・何か食べたい。食べたい。食べたい」と思いながら歩いてた時
フードコートっぽいの発見!
思ってたホーカーとは違う、小奇麗な感じだったが
もうココを逃したら食いっぱぐれてまうかも!?と思い入ってみた。
すぐにミー系の店を発見。
店のオヤジにプロウンミーの写真を指差して「プロウンミー!プロウンミー!」と連呼。
そして出てきたのがコチラ。
a0121014_12262688.jpg
あっさりスープでとても美味しかった。
これだよ、これ!スープヌードルと言ったらこんくらいスープなきゃ!
しっかし・・・ほんとシンガポールって食のレベルが高いなぁ。
適当に入った店でも普通に美味しいんだもんなー。
ちなみに、これはこの日の朝食って扱い。
まだまだ食べるよ!

美味しいプロウンミーでお腹も満たされて再びブギス方向に向かって歩き出した。
そうそう。
勿論電車なんて使いませんよ。
チャイナタウンからブギス、更にその先のリトルインディア迄は徒歩で十分回れるし。

ブギスはサラっと素通りしてリトルインディアへ。
実はバリのパダンバイで同じ宿に泊まってたドイツ人のソフィアちゃんと仲良くなり
(と言っても私は英語が出来ないので基本はジェスチャーと頷きと笑ってただけ)
彼女がバリの次にシンガポールに行くってんで宿調査を頼まれてたのだ。
頼まれた・・・とゆ~か自主的に「探してくる」って言ったんだが。
そんな訳で適当に目に付いたGHに飛び込み調査開始。
やっぱシンガポールはGHと言えど高いやねぇ~

そうこうしてるうちに3時くらいになりシンガポール〆の食事しにホーカーへ。
リトルインディアにあるホーカーに行ったのだが、ここも旧正月効果?で9割がた休業。
しかし!以前に立ち寄ったチキンライス屋は奇跡的に営業してた!
油条ってゆ~青菜の炒め物をツマミに奮発してビールを飲もうかな・・・と。
油条を指差して「これ頂戴」と言うも返事は「NO!」
何でや??
どうやら旧正月でメニューはチキンライスのみ・・・との事。
仕方ない。チキンライスつまみにビール飲むとするか。
a0121014_16531375.jpg
やっぱシンガポールに来たらチキンライス食べんとね。
チキンが柔らかくて美味しかった~
帰ろうと思ったがチョイとホーカー内を一回りしてから・・・と思った時に麺屋発見!
a0121014_16554197.jpg
麺も食べたい・・・
店のオヤジに声を掛けると写真の左から3番目のやつしかないとの事。
注文する。
a0121014_16571420.jpg
何か・・・写真と随分と違うなぁ。
味は、まぁ、普通。
スープはいいんだけど麺が平太タイプのゴムみたいやつだったのがイマイチ。

こんな感じで自分なりに弾丸でシンガポールグルメを堪能してバリに戻りました。
[PR]

by panda_traveler | 2011-10-26 17:00 | 2010.12.8~バリ島他
2011年 10月 21日
観光VISA切れ、シンガポールとんぼ返り
059.gif旅行期間:2010.12.8~2011.5.19

2011年2月頭に観光VISAが切れた。
約半年も滞在するのに何でソシアルじゃないの?と言われたりもした。
ソシアルにしなかった理由は面倒くさそうだし高つきそうだったから。
ソシアル取るつもりがなくて記憶曖昧&適当かもしれんが
確かシンガポールのインドネシア大使館に行かなきゃならんとか・・・だった気が。
それなら観光VISAで入国してVISA切れる前にシンガポール行くのでいいじゃん!と思った。
それにずっと同じ場所に居るより2ヶ月に1回くらいは別の国に行くのもいいな~と。
その判断が私の心を大きく揺るがす結果になろうとは・・・
それは2回目の出国の時の事。。。
その当りの話はまたいつか。

1回目の出国はシンガポール単純往復。
バリを夜19時半に発ち、翌日の夕方便でバリに戻るとゆ~とんぼ返りだった。
しかしながら私はこのシンガポール行きをとても楽しみにしてた。
シンガポールって食事が美味しいんだよね~。
ホーカー大好き!色んな屋台があって安くて美味しくて「値段がちゃんと表示されてて」←結構しつこい?!

19時半にバリを離陸してシンガポールはチャンギ空港に到着したのは確か22時くらい。
・・・勿論、ホテルになんて泊まりませんよ!
トランジットエリアで仮眠(つか、マジ寝)です。
チャンギ空港は水、喫煙所、コンビニ、レストエリア(軽く横になれる椅子がある)、マッサージ器などなど
とにかく不自由を感じる事がない素晴らしい空港。
給水器?っていうのか?ペダル踏んだら水がピューって出るやつ、あれが所々にある。
勿論フリー。
喫煙所は無いと困る。勿論24時間OPEN
喫煙所がCLOSEする空港もあった様な・・・ジャカルタのスカルノハッタだっけ?
コンビニは重要!空港内レストランは高いのでここでカップ麺を買って食べてる。
ちゃんとポットがあるし。
マッサージ器だってフリー。
でも・・・本当はトランジット目的以外でトランジットエリアに留まるのはダメらしいんだよねぇ。
私が持ってる出国チケットは翌日でも夕方の便だったからなぁ。
見つかったら「一旦入国して明日の夕方に出直してきやがれ!」とか言われる可能性も。
ま、これまで何度もチャンギ空港のトランジットエリアで寝てきたが
ポリスに声を掛けられたのは1回だけだったからね。
幸いその時は翌朝発のチケットを持ってたかなんかでセーフだった。

この時は大好きな第3ターミナルで横になれそうなソファーを見つけてキープ。
意外に爆睡!

翌朝、7時頃に起床。
起きたら私が寝てたソファはビッシリ埋まってた。
確か隣とは若干のゆとりを持って寝てたはずなのだが。
起きてからトイレで洗顔と歯磨き。
インフォメーションカウンターの飴ちゃんをいくつか掴んでイミグレへ。
(チャンギ空港のインフォメーションカウンターとイミグレにはフリーの飴ちゃん有。さすがシンガポール!)
入国してから2000円ばかし両替。
2000円ってバリでの滞在時には大金なのだがシンガポールは物価が違うからねぇ~
¥2000→S$31(S$1≒¥65)となりました。
それをポケットに突っ込んで電車に乗ってチャイナタウンへ。
狙いは以前に食べたプロウンミー
しかし辿り着いたチャイナタウンは・・・

次回に続く。
[PR]

by panda_traveler | 2011-10-21 10:22 | 2010.12.8~バリ島他
2010年 11月 05日
ANAは素晴らしい航空会社です!!
059.gif旅行期間:2010.4.26~2010.5.14

★2010.4.27(Part.1)

7時頃に起きました。
トイレに行って歯磨きして7時30分頃にイミグレに行き入国。
Airasiaのカウンターに行きチェックイン。
9時頃に再びイミグレに行き出国。
離陸は10時。
そそくさとSmoking Eriaに行きタバコをプカ~~
何気にカバンの中を見たら違和感。
なんか・・・カバンの中身ってこんなんだっけ??
何か足りない。何?何?
そして気付きました・・・
デジカメが無い!
ひぇぇぇぇぇーーーーーっ!!
どこだ?どこに忘れた??
パニくりながら記憶を呼び戻す。
確か・・・機内で写真を撮った後にデジカメを前ポケットに入れたはず。
降りる時にバッグに入れた記憶が無いぞ。
ってこたぁ~機内に忘れた!?
恐らく・・・
私の乗ってきた飛行機はこの日の朝8時過ぎに日本に向かって飛び立った??
救いなのは日系のANAだったって事だ。
とりあえずインフォメーションに行っておねぇさんに
「まい でじかめ ふぉーげっと!ぷれーん!ぷれーん!」と言い泣き真似した。
ANAのバウチャーを見せるとどこかに電話を掛けてくれた。
電話先に出てくれたのは日本語が話せるANAの人だった。
機内にデジカメを忘れた事を言うと、それらしき物を預かってるとの事。
T2のバーガーキングの脇のエレベーターで地下に降りると事務所があるので
そこに来て下さいとの事。
慌ててT2に向かう。
T2で走る、走る。
えっらい遠くにバーガーキング発見!横にエレベーター有!
よっしゃ!と乗り込むも地下に行くボタン無いけど。
とりあえず1階に行くとイミグレ。
イミグレの脇にあったカウンターに行き「ふぇあー じゃぱんえあらいん おふぃす?」と尋ねるも
通じなかったのか?ここには無いのか?
とにかくダメだった。
再び上階に行きインフォメーションのおねぇさんに手を合わせて
「ぷりーず!ぷりーず!じゃぱんえあらいんおふぃす てれぽん!」
とにかくANAに電話してくれー!と頼み込む。
すると、掛けてくれたのだが・・・
多分さっきはシンガのチャンギ空港内のオフィスに繋がってて
今度は日本の?オフィスに繋がった様だ。
(頼んだインフォメーションが違うからね)
この時すでに9時半・・・
もうT1の搭乗口に行かないとマズイ!!
慌てて喋ってる私の話を理解してくれたANAの方。
とりあえずANAのチャンギ空港オフィスってのはイミグレの外にあった。
最初に電話に出てくれたスタッフは私が入国してると思ってたらしい。
とりあえず時間も無いので「帰りに取りに行きます」と告げ
慌ててT1に戻り搭乗口へ。
すると私の携帯が鳴った。
出るとANAのチャンギ空港オフィスの方だった。
「何時のフライトですか?ターミナルとゲートは?届けます!」との事。
しかしオフィスはT2にあり私はT1に居る。
しかも、もう機内に乗り込まねばならない時間だ。
「間に合わなかったらごめんなさい!でも行ってみます!」と。
ゲートの前でもそもそ待ってる私。
「もう機内に・・・」と言われてたが、手を合わせて「そーり!そーり!」と泣き真似するしかなかった。
この時すでに9時45分・・・
もう行け・・・との係員の指示に従いチケットを見せ荷物検査を受けピーッとなるゲートをくぐる。
それでもゲートの脇で待ち続ける私。
叱られて強引に機内に詰め込まれるまで待とう・・・
そして9時50分!ANAの方が私のデジカメを持って現れました。
思いっきり走ってくれたんだろうな。
息が切れてました。
デジカメが戻ってきた嬉しさよりANAの方の対応に目頭が熱くなった。
何やら職員に説明してくれてデジカメのみ検査のベルト通過して
無事に私の手元に戻ってきました。
時間が時間だっただけに「ありがとうございます!」の連発で足早に去ってしまった。
帰国したらちゃんとANAに礼状を出そうと思ってたのに・・・
すっかり忘れてた。
今からでも遅くはないな。

しかし・・・ANAの対応は素晴らしかった。
推測だが、日本のオフィスの人がチャンギのオフィスに電話して私の座席番号を聞きだし
そこから私の電話番号を割り出して連絡してくれたのだろう。
そして走って持ってきてくれたスタッフ。
「帰りに寄るのでもういいです」と言ったにも関わらず・・・
きっと楽しい旅先で写真が撮れないのは可愛そうだと思ってくれたに違いない。

全日空最高!!
[PR]

by panda_traveler | 2010-11-05 22:51 | 2010.4.26~バリ島
2010年 11月 05日
月9デビュー!?大物タレントと共演!?
059.gif旅行期間:2010.4.26~2010.5.14

★2010.4.26

15時40分頃に成田空港T1に到着。
いそいそとANAのチェックインカウンターに向かうと・・・
んっ!?
なんだか凄い人だかりなんだけど。
ANAの隣がCIのチェックインカウンターなので
その人だかりは中国人団体だと勝手に思い込んでしまった。
ANAのカウンターに向かう列に並ぶと一緒に並んでる人達の様子が確実に変。
携帯やらカメラやらを出してやたら興奮してその人だかりを見てる。
そこで「もしや・・・何か撮影してるのか?」と気付いた。
列が進んだのだが私の前に居た女性は「お先にどうぞ」と。
んじゃ~お言葉に甘えて前を失礼・・・と。
つか、一体なんなんだ??
私を前に通した女性が興奮して
「もうシンガポールなんて行ってる場合じゃないよ!」と。
そうこうしてる間に遂にその騒ぎの原因を知る事になる。
私の目の前に現れたのはグラサンかけた男二人。
その距離、一番接近した所で約1.5mくらいか?(目分量)
もしかして・・・キムタク??もう片方は松田翔太??
撮影は一発OKだった様で。
戻ろうとしてるキムタクを撮影しようと周りは携帯出して大騒ぎ。
前に並んでた白人のオッサンなんて「撮影はご遠慮下さい」と言ってる若い女性スタッフに
「アナタハ キムラサンノ ナンデスカ?ソンナ ケンリ アナタニ アルノデスカ?」
と、やたら流暢な日本語ではむかってた。
「とにかく撮影はご遠慮下さい」と言い続ける女性スタッフ。
「アナタハ ポリスカ?」と負けじとはむかう白人のオッサン。
仕舞には「You are police?」と怒鳴り散らしてた。
どんだけキムラサンが好きなんだか・・・
で、肝心の生キムタクですが・・・
特別オーラは感じませんでしたね。
でも、確実に鳥肌は立ってたけど(笑)

後日談になるのだが、このドラマのこのシーンを観ました。
背景はぼかされておりましたが「これって私・・・か?!」みたいのが映ってた・・・気がする。
何気にキムタクと共演、月9デビュー(か?)してしまいました。

a0121014_12285548.jpg
定刻通りNQ901便にてまずはシンガポールに向かいます。

a0121014_12303298.jpg
機内のドリンクサービス。勿論ビール068.gif

a0121014_12393594.jpg
機内食はこんな感じでした。
右端のワインボトルの手前に写ってるのがイカの燻製で
こいつが酒のいいアテになった。
カニご飯の隣に写ってる照り焼きの魚もチビチビつまんでワイン数本飲みました。

そして、案の定ちと(かなり?)酔っ払い状態で23時30分にチャンギ空港T2到着。
さてさて、寝床を探しますかね。
が、レストエリア?寝れそうな長椅子?を発見するも全て肘掛付。
これじゃ~真っ直ぐ伸びて眠れないではないか!
T1にはやや背もたれに勾配のついた仮眠椅子があるの知ってるのでT1に移動。
空いておりました。
バッグからパレオ(とも言えんくらいにボロボロになった敷物)を出し
それを被ってオヤスミナサイ・・・

この時、私は重大なミスを犯してしまってる事にまだ気付いていなかった。
[PR]

by panda_traveler | 2010-11-05 00:54 | 2010.4.26~バリ島
2010年 11月 03日
もはや病気!?再びバリへ・・・
059.gif旅行期間:2010.4.26~2010.5.14

もはや笑うしかないですな・・・
つか、病気か?
買物依存症とかアルコール依存症とかのタグイなのか?

前回の渡バリの帰り、シンガポールはチャンギ空港で航空券検索。
王道デンパサール入りは最初から検索外。
お得意の「とりあえずシンガポール行ってAirasiaでデンパサール」しか頭に無かった。
チャンギ空港で既に航空券の目処をつけておいた。

4/23に日本の我が家に戻り速攻でネット接続。
ANAのHPにて4/26発NRT⇔SINのチケット購入。
AirasiaのHPにて4/27発SIN⇔DPSのチケット購入。
帰国は派遣就業3日前の5/14

何ていうのか・・・
ここまでくると恥ずかしさすらあったりする。
あんなに別れを惜しんで?次回は12月なんて言いつつ
1週間もしないうちに登場だもんな~

今回はまさかのGW挟み。
リンクさせていただいてる「のうみそ南国days」のまみさんもGWにバリに行かれるとの事で
「んじゃ~またウブド遊びに行っていいですか~?」
ってな訳で、正月以来再び会う約束を。

もはやリベンジでもなく、単なる依存症の旅が始まりました。
今回の滞在は出発から帰国まで一番色々あった気が・・・
ん?
出発と帰国間際だけ色々あったのかな?
その辺りは日記片手にブログ更新しながら自分でも思い出してみます(笑)
[PR]

by panda_traveler | 2010-11-03 11:12 | 2010.4.26~バリ島
2010年 08月 29日
BALI到着~KUTAに1泊
059.gif旅行期間:2010.3.23~2010.4.22

★2010.3.24

23日に日本を出発して日付変わって24日・・・
成田を出発したUAはシンガポールはチャンギ空港第3ターミナルに到着した。
a0121014_12204148.jpg
a0121014_12205494.jpg
a0121014_1221973.jpg
空港内をフラフラ歩いてた時の数枚。
チャンギ空港といえば人がごった返してるイメージだったのに
こ~んなに人が居ないのって珍しー!と思って。
a0121014_12232955.jpg
これが第3の喫煙所。
半外な感じなのでモワ~っとしたあの東南アジア独特の空気が流れてる。
確かトランジットホテルの前にあったと思う。
a0121014_12252288.jpg
ここで写真を撮ってる人が居たので私も便乗して?撮ってみた。

しかし・・・やはりチャンギ空港ってのは素晴らしい。
世界一過ごしやすい空港って言われるのが分かる。
私がチャンギを好きな理由は・・・

①飲み水がタダ(あちこちに水飲み場がある)
②フットマッサージ器が無料
③喫煙所がある(これ重要!)
④ネットが無料
⑤椅子、ベンチがフカフカしてるのが多い(仮眠にもってこい)

ちなみに、私が一番好きなのは第3ターミナル。
空調が一番適温。
混雑度も低し。
あと、細かい事だがコンビニの位置もgood!
私はよくコンビニでカップ麺を買ってズルズルすすってるのだが(夜食)
第1はコンビニが奥まった所にあり、近くに食べれるスペースが無い。
第3はコンビニの近くにレストランがあり、夜中になると数件が閉まる。
その閉店した店のテーブルと椅子をチョイとお借りして食べる事が出来る。

話は戻って・・・
22日に日本を出発して日付変わって23日深夜にチャンギ空港到着。
第3ターミナルのコンビニ近くのフカフカした椅子で3時半~7時まで仮眠。
7時頃に起きてトイレに行って歯磨き、洗顔。
8時頃にスカイトレインで第1ターミナルへ移動して入国。
Airasiaのカウンターに行きチェックイン。

a0121014_1241527.jpg

a0121014_12412955.jpg
やっぱ格好いい!この赤い機体を見ると興奮する!
ボーディングブリッジあるね。

機内に乗り込むと私の隣とその隣は日本人の女性二人組。
Airasiaで日本人に会うのもあまり無い事だが、隣ってのは凄いよね。
3座席-通路-3座席・・・の機内。
私は窓側のシートだった。
隣の日本人二人組は友達同士で楽しそうに話をしてた。
離陸し水とピーナッツのサービスの時に隣の女性が私の分を取ってくれて渡してくれた。
相手が日本人って分かっていたので「ありがとうございます」と言ったらビックリしてた。
私を日本人だと思ってなかったみたいだ。
言葉が分からんだろ・・・と思いっきり日本語で話しまくってた事がハズかったらしい。
小声で二人で「恥ずかしいー」って言ってた。
すまん・・・日本人って分かりにくくて。

ほぼ定刻通り12時半にバリはングラライ空港到着。
ここからこの旅最大の苦痛の時間が始まる。
イミグレ通過だ。
空港での夜明かしなんて比ではない。
イミグレのノロノロ~が我々をイライラーにさせる。
楽しい旅気分が吹き飛んでしまう瞬間だ。

VISA ON ARRIVALカウンターでUS$25を払い入国審査の列に並ぶ。
ちょうど後ろに並んだのがAirasiaで隣に座ってた日本人女性二人組。
ガイドブック?を見ながら
「ねぇー私たちって5日間の滞在だよねぇ~ここにさー滞在7日間まではUS$10って書いてあるよー」
「マジでー?んじゃ~US$10でいいんじゃない?!」
「そうだよねー何も言われなかったから払っちゃったけどさー」
「戻ろうよ」

別に会話を盗み聞きした訳ではないのだが、すぐ後ろで話してたもんで
おのずと聞こえてきてしまったのだが・・・
ちょうど2010年2月にVISA代が30日間まで一律US$25になったばかり。
その事を知らない様だ。
二人が戻ろうとしたその時
「あ!待って!今は25ドルになりました!」と声を掛けてしまった。
いや・・・かわいそうでしょ。
あの列から一度離れると更に後ろから並びなおしじゃん。
会話を盗み聞きした(実際は「聞こえてしまった」なのだが)と思われるの嫌だったけどさ。

入国審査も済ませ空港を出てタクシーカウンターへ。
すると、その日本人二人組が話し掛けてきた。
「インターコンチに行きたいんですけど空港の外でタクシー捕まえた方がいいですかね?」
・・・インターコンチ?
どこにあるのかよく分からん。
聞くとジンバランだそうで。
どうやら空港のタクシーが交渉制だと思ってたらしい。
エリアによって金額が一律で先払いな事を言い、タクシーカウンターを教えてあげた。

インターコンチか・・・いいホテルなんだろうな。
思えば、私も海外旅行に行き始めた頃はいいホテルに泊まっていた。
ハワイではシェラトン、ヒルトン
グアムではニッコー、ハイアットリージェンシー
ロスではボナベンチャー、ヒルトン、ビルトモア
そこそこいいホテルに泊まらなきゃ嫌だーくらいの勢いがあった。
それが今では・・・
ここまで人の考えっちゅ~のは変わるもんなんだね。

またまた話がそれた・・・

12時半に到着して空港の外に出たのは13時半。
イミグレに殆ど人が並んでないにも関わらず1時間掛かったって訳だ。
エアポートタクシーカウンターでクタまでのチケット購入(Rp50000)
この日は前回の滞在時にお世話になったクタのCEMPAKA3に泊まろうと思ってた。
近くに「スカビーチイン」ってホテルがあって、そこまでお願いしたのだが
やはりタクシーはそこまで行ってくれず・・・
手前で降ろされて歩いてCEMPAKA3へ。
NYOMANGさんが居たー!
「また来たよー!」と言うとニコニコ笑顔で迎えてくれた。
a0121014_1331471.jpg
今回の部屋は2階のKamar8
a0121014_1332142.jpg
部屋はこんな感じ。
特に不都合はなかったけど扇風機の首振りが止まらんかった・・・

部屋の前で一服してるとスタッフが通路掃除にやってきた。
「はろ~」と声を掛けると「おっ!」と驚いてた。
そうだよねぇ~
前に来た時「次回はいつ?」って聞かれて「来年かな」とか言ってて居るんだもん。

ロスメンに荷物を置いて近くのワルンへ。
a0121014_1333625.jpg
久々(って言っても3週間ぶりくらい?!)のBintang beer~068.gif
勿論、氷を入れてもらいましたよ。
a0121014_13344977.jpg
ナシゴレン(ノーマル)
このナシゴレンのクルプック(えびせん)をツマミに飲むのだ。

【お会計】
●Bintang beer(Large)/Rp20000
●Nasi goreng/Rp10000
合計 Rp30000

腹ごしらえをすませて近くのお気に入りマッサージ屋「HANA」に行った。
マッサージの為ではない。
髪のカットとカラーの予約をしに・・・だ。
「ぶっきん!ぶっきん!(髪を指差し)かっと だん からー じゃむ うんぱっ!や~」
なんだ、この変な英語とインドネシア語の混じった言葉は・・・
でも、無事に通じましたよ。
ちなみに「予約、予約!カットとカラーを4時に、ね!」と言ってるつもり。

この後はクタのPeramaに行き翌日のパダンバイまでのシャトルチケット購入。
Perama officeの斜め前の両替商で¥60000両替。
レートは100.25でRp6001500になった。
両替の後は携帯電話探し。
スーパーNovaで買おうと思ってたが道すがらの携帯売ってる店もチェック。
事前に日本でNokiaの携帯の値段を調べていた。
日本で売ってる値段をひとつの目安にしようと思って。
道すがらの携帯屋は結構高くてやめた。
そのままNovaに行き色んな携帯を見せてもらった。
私の予算はRp1000000くらい。
ちょうどRp990000のやつがあったので、それを購入。
プルサも100分購入(Rp97000)
私が中途半端にインドネシア語を話すので店員の女の子は
携帯の説明を全てインドネシア語で言ってきた。
ま・・・英語で説明されるより分かりやすかったかもしれん。

携帯を買ったあとはそのままスーパーでお買物。
ビーサン、シャンプー、トイレットペーパー等々。
あと、このブログで知り合ったかまどうまさんオススメのgoodのクリームバスも購入。
髪も染める事だし・・・傷みは相当なものになるだろうと思って。

買物を済ませて足早にロスメンに戻り荷物を置いてHANAへ。
マッサージしてる白人の女の子三人組が居て
それが終わってから私をやってくれるらしい。
カラーチャートを渡されて色決め。
今の毛先の色(ほぼ金髪)に合わせようと、かなり明るめの色をチョイス。
が、その色は無い・・・と言われてしまった。
なので、ある色の中の一番明るい色にした。
カットは全体的に5㎝くらい切ってもらっただけ。
仕上がりはそこそこ満足。カットも問題なし。
お値段は表のメニュー表とはちょいと違った。ロング割増料金??
Rp140000でございました。
カットがRp25000なので、カラーがRp115000?
表のメニューにはカラーはRp75000となってるのだが・・・
Rp40000の差はデカイな。

その後は某掲示板で知り合った方と飲みに行きました。
「ANEKA」ってゆ~和食もあるワルンへ。
その方オススメのメニューがこれ!
a0121014_14232399.jpg
カンクン(空芯菜)炒め。
これをツマミにビールを数本グビグビ~

その時、近くのテーブルに見た事ある顔の日本人男性が・・・
「この顔どっかで・・・」と暫く考えてたが思い出しました!
バリ島移住生活ブログ」の方でした。
この方のブログをチョコチョコ覗き見してたのだ。
プロフ写真がのってるので顔を覚えてたらしい。
「ブログやっておられますよね」と話し掛けてしまいました。
いや、この方のブログはほんとよく見てて勝手にお世話になってたので。

21時くらいに宿に戻るとNYOMANGさんが話し掛けてきた。
「足、大丈夫?」って。
そっかー。確か前に来た時に足の関節が外れて?痛い痛いって言ってたな。
それ覚えててくれたんだ。
すっかり大丈夫(だと思うが時折、階段を登る時に変な音を発する)

さて、明日はパダンバイだー!
[PR]

by panda_traveler | 2010-08-29 14:38 | 2010.3.23~バリ島
2010年 08月 23日
やはり機内で飲み過ぎ~
059.gif旅行期間:2010.3.23~2010.4.22

★2010.3.23

▼往路
----------------------------------------------------
2010/03/23 UA875
NRT 新東京国際空港(成田) [ 東京(東京都) / 日本国 ] 17:50発
SIN チャンギ国際空港 [ シンガポール / シンガポール共和国 ] 00:20着 (2010/03/24)

---------------------------------------------------
▼復路
----------------------------------------------------
2010/04/23 UA804
SIN チャンギ国際空港 [ シンガポール / シンガポール共和国 ] 07:10発
NRT 新東京国際空港(成田) [ 東京(東京都) / 日本国 ] 15:05着

今回手に入れたのはこのチケット。

13時半頃に自宅出発。
16時頃に成田空港到着。
チェックインを済ませゲートへ。
a0121014_13174767.jpg

a0121014_13182775.jpg

a0121014_131918.jpg

17時に搭乗。
そして18時過ぎに離陸いたしました。

私の座席は一番後ろの2席並びの窓側。
隣はややかっぷくのいい白人男性。
ど~も彼は座席が狭いのが嫌だったらしく、辺りをキョロキョロしては
2席フルで空いてる席に移動したり。
しかし、後からその席の人が来ると私の隣に舞い戻ったり。
その度に私を見て何かしら言うので(多分「空いてなかったよ~」とか)
二人で爆笑しまくってた。
意外にもこの時はほぼ満席。
(なんとなくこの時間帯のNRT→SIN便は空いてるイメージだった)
座席チェンジを諦めた彼はCAに何かを尋ねてた。
多分、ゆったり座れる席はないの?みたいな事だと思う。
追加料金(US$40くらい?)払えば少しゆとりのある座席に
チェンジ可能って言われてた。
その金額にしばし悩む彼・・・
その時、我々の前に座ってた白人男性も同じ事をCAに尋ねた。
我々の前の座席にはその白人男性しか座ってなかった。
2席フルで使えるのに狭いと思ったらしく・・・
すると、その前に座ってた男性は追加料金を払う!と言って席を立ってしまった。
チャーンス!とばかりに私の隣の男性はその席に移った。
よく分からんが「Good!」と言って親指を立てておいた。
これで私も2席使ってゆっくりする事が出来た。

a0121014_13195698.jpg
離陸後のドリンクサービス。
UAはアルコール有料かも・・・と思って事前にチェック。
すると、やはり有料!
しかし!
よ~くよ~く読むとアジア線は無料と。
やったね!
アメリカ系の航空会社らしくスナックはプレッツェル。

a0121014_1322792.jpg
機内食はある意味期待を裏切らない感じで・・・
やっぱりショボめ。
でも、チキンはなかなか美味しかったぞ。
機内食サービスの時のドリンク注文で「ビールと白ワインちょうだい」と言ったのだが
「One only」と言われてしまった。
さっきビール飲んだし、んじゃ~白ワインだけ。

暫くするとCA(ちなみにこん時のUAのCAは殆ど男性だった)が
私の所にやって来て「Beer」と言ってビールをくれようと。
しかし白ワインで機内食をチビチビつまんでてビールが飲める気がしなくなってた。
なので「White wine」と言うと「心変わり・・・(実際は英語)」と言われてしまった(笑)
ついでにプレッツェルも追加でちょ~だい!とお願い。
a0121014_13284824.jpg
こんな賑やかになってしまいましたー
結局、機内で缶ビール1本とワインを4本飲みました。
完璧に飲み過ぎですな。
いやいや・・・
UAのCAっちゅ~のがやたらフレンドリーで。
私のワインが無くなるごとに現れて「飲む~?」と聞いてくるもんだから。
基本、酒飲みとして酒の誘いは断らない私(誘い・・・か?)
がっつりシンガポールまで飲みちぎってしまいました。

ほぼ定刻の0時半頃にシンガポールはチャンギ空港に到着。
まずは一服。
すっかりチャンギの喫煙所を把握してしまってる私。
チャンギの喫煙所って見つけるのムズいんだよね。特に第1は。
しかしながらスムーズに喫煙所へ。
東南アジア独特のモワ~っとした空気の中で一服。
その後、コンビニでカップ麺購入。
ズルズルとすすった。
〆のラーメンですな。
2時頃にレストエリアに行き就寝。
翌日は10時のフライトでデンパサール(バリ)へ。。。
[PR]

by panda_traveler | 2010-08-23 23:43 | 2010.3.23~バリ島
2010年 07月 08日
SINGAPORE WALKING→BALI BALIK
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2010.2.5

8時頃に目が覚める。
とりあえずシャワー室へ。
ちゃんとHシャワーだったよ!(笑)
ボディシャンプーは壁に備え付けられてた。
シャワー室に入って「やっぱり!」と思った。
ポンプタイプの大きなシャンプーとかが沢山置いてあった。
やはり部屋の彼女たちはここに住み着いてる子達だったって訳だ。

9時頃GHをチェックアウト。
a0121014_1538588.jpg
これがGHの入口。

とりあえず朝ご飯を食べるのにGHから出て左に向かって歩き出した。
SOUTH BRIDGE ROADに出た左角にホーカーズ発見!
そこでマレーシアで言うとこの経済飯、インドネシアで言うとこのナシチャンプル的な・・・
a0121014_15411666.jpg
このホーカーで食べる事に。
a0121014_15415662.jpg
こんな感じでおかずが並んでる。
見て指差しで頼めるから言葉が話せなくてもOK~
a0121014_15431539.jpg
豚バラの角煮みたいなやつ。
実は私は甘い物も苦手だが、脂っこい物も苦手。
なので、こんなタグイを食べる事は殆どないのだが
この写真を見ても分かる通り、なんだかすご~く美味しそうだったんだよねー。
ってな訳で・・・
a0121014_15445962.jpg
こんな感じでチョイスいたしましたー。
分かりにくいと思うけど、豚バラ角煮と野菜カレーみたいなのと目玉焼き。
これでS$3.50(約¥250)でした。
味は、まぁまぁ。

この日は20:30のフライトでバリに戻る予定だった。
た~っぷり時間がある。
でも、ちゃんと計画は練ってた。
せっかく来たんだもん。色々と行かなきゃね。

a0121014_1556316.jpg
SOUTH BRIDGE ROAD

朝ご飯の後はマックスウェルのホーカーズに行ってみた。
ここは大きなホーカーズでガイドブックにも必ず出てる有名なとこ。
この日の昼はここで食べようと思ってた。
なもんで、どんなもんだろ?とチェックしに行ってみた。

a0121014_15581726.jpg
Budda Tooth Relic Temple And Museum
マックスウェルのホーカーズの道を挟んで向かい。

マックスウェルの後はBOAT QUAYに向かって歩いた。
ここは夜に来るのがベストなとこなんだろうけど、川沿いなので散歩がてら昼に。
a0121014_1623329.jpg
a0121014_1624897.jpg
a0121014_163186.jpg
a0121014_1631421.jpg
a0121014_1632659.jpg
a0121014_1634171.jpg
やっぱシンガポールは近代的な街だなー。
大都会だよ。
BOAT QUAYのお店の殆どは閉まってた。
いや、もしかして12時くらいにはOPENするのかも。
私が行ったのは11時頃だったからね。

川沿いのベンチでボートなど眺めながらしばし休憩。
すっかりビーサンを投げ出して裸足になってくつろいでた。
そうそう、ビーサン。
私はバリからやってきたもんだからビーサンで来ちゃったけど
シンガポールでビーサンは少しハズかった。
暑いけどビーチリゾートじゃないからね~シンガポールは。
女の子達もお洒落な子が多いし。

次に向かったのは勿論!マーライオンパーク!
シンガポールに来てマーちゃんを見ずには去れないでしょーが。
ガッカリポイントなんてこたぁ~ないぞ!
私は初めてマーちゃんを見た時、あまりの勢いのいい水の吐きっぷりにテンション↑↑だったぞ。
a0121014_16141034.jpg
この日も思いっきり水を吐いておりましたー。
そして、後ろに居るコイツ・・・
a0121014_1615575.jpg
ミニマーちゃん。チョロチョロと水を垂れ流しておりました。
聞いた話だと、このミニが昔は本家のマーライオンだったとか。
あまりの小ささにガッカリされ、世界3大ガッカリポイントになったとかなんとか。

a0121014_16171227.jpg
Esplanade 通称ドリアン
なんだか雲行きが怪しくなってきたぞ。

この辺りで昼になったので、昼食を食べにマックスウェルのホーカーズに向かう。
狙いは「天天海南鶏飯」のチキンライス!
有名ホーカーだね。
実は以前にシンガポールに来た時にトライしようとしたのだが店が閉まってた。
なのでリベンジなのだー!
この日は開店してた。
が!
激混みーーーーー!!!
あまりの人の多さにひいてしまい、諦めてしまった。
ま、またチャンスはあるだろ。

そんな訳で昼は前夜に行ったGH近くのホーカーズへ。
あのプロウンミーがまた食べたくなった。それくらい美味しかったのだ。
前日は海老が2匹だったが、この日は海老が3匹。やったね!

昼食後はBUGISに向かって歩き出した。
MRTに乗って行く様な距離なのかもしれないけど
地図を見たら歩いていけそうな感じだったし。
時間もタップリあるし、夕食の為にお腹を空かせなきゃいけないし・・・
ここは歩きで。

a0121014_1443562.jpg
Church of St.Joseph

ブギスビレッジ裏辺りに着いた時に遂に雨が・・・
雨宿りするも雨足は強まるばかり。
リトルインディアのムスタファセンターをひやかして
1ヶ月前に行ったホーカーズに行きたかったのに・・・
暫く雨がやむかと待ってみたが、ど~もやみそうにない。
この時、時間は17時くらい。
20時半のフライトでバリに戻るので18時過ぎくらいには空港に向かわねば。
なので、ムスタファとあのホーカーは諦めて近くのホーカーズを探す事に。
チョロっと見回したらホーカーズを発見。
そこに行く事にした。
一通りホーカーを覗いて結局は「白飯+おかず3品」のホーカーへ。
a0121014_14485952.jpg
こんな感じで盛ってもらいました。
おかずを3品選んでるんだけど、こ~みたら同じ感じのばっかチョイスしてるね(笑)
これでS$2.00(約¥140)
これはツマミ用なので白飯は結局は食べなかった。
そして・・・
a0121014_14502485.jpg
タイガービール068.gif
氷は言わなくても勝手に入れてくれた。
ちなみにビールはS$5.20(約¥370)
やっぱ高いやねぇ・・・
でも、暑い所で飲むビールはうまし!うまし!
そして〆は
a0121014_14543437.jpg
ワンタン麺(スープ)S$2.50(約¥175)
味は・・・う~~~ん、期待してただけに少しガッカリだった。
あのチャイナタウンのプロウンミーが美味しかっただけに、これはイマイチに感じた。

18時過ぎ、MRTでブギスから空港へ。
20時半ほぼ定刻通りにAirasiaは離陸しデンパサールに向かって飛んだ。

機内は3シート-通路-3シート
私は一番窓側のシートだった。
私の隣はシンガポーリアンの女の子らしき女性と白人女性。
私の前にはマレーシア人と思われるオヤジが座ってた。
このオヤジがもーウザイやつで。
一家?で乗り込んでたのだが、何がどうしてそうなったのか?
家族なのに離れ離れで座ってた。
そう・・・このオヤジの奥さん?と子供?が私の後ろに。
なもんで、オヤジが何かにつけて後ろを振り返ってるわけ。
あのピッチの狭いAirasiaの機内でさ。
常に私の目の前にはオヤジの面が。
そして私を挟んで話し始めるわ、何かの受け渡しをするわで。
当然、子供も子供でやかましい。後ろから私のシートをガンガン叩きやがって。
絶対に注意しないもんね~この人達は。子は宝とかって意識が強くって。
そして、驚いたのがお弁当持参で乗り込んでた事!
分かりやすく言えば、花見とかに行く時に持っていくお重箱みたいな豪快なやつ。
包みを開けだし私ごしに弁当の受け渡しをしだして大騒ぎ。
こいつら・・・
Airasiaって何で安いか分かってる?
コストを下げる為の中のひとつに機内食は有料ってのがある。
だからと言って、持ち込みは不可。
規則は守ろうぜ。
あまりの傍若無人ぶりにオヤジが後ろを向く度にまばたきもせずに思いっきり睨みちぎってやった。
顔と顔の距離、約30cm。
オヤジも「何だコイツ・・・」みたいな顔で見てる。
絶対に負けなかった。向こうが目をそらすまで睨み続けた。
どうして睨まれてるのか、きっとあいつらは一生理解できないんだろうな。
私がこいつらにブチ切れたのは次の瞬間。
後ろに座ってた子供が手掴みで油っこい物を食べて、そのギトギトした手で
私のシートの頭の部分をむんずっ!と掴んだ時だった。汚いだろーが!
たまたま一番通路側の白人女性がトイレに行ってたらしく
隣のシンガポーリアンの女の子さえまたげば、あの不快なシートから脱出できる。
慌ててバッグを持って隣の子をまたいだ時!
足から「グキッ!!」と変な音が・・・
どうやら左足の関節が外れたらしい。
しかし、突発的に自力でグイッとはめ戻した。

一番後ろの座席が空いてるのが見えたので、そこへ・・・
座ろうと思ったら3シートをフルに使ってくつろいでる白人女性が。
「私のシート、すごくうるさいの。ここに座らせて」とお願いして何とか座れたけど。
そこに座ってたらトイレの前でストレッチしてたオーストラリア人男性が話し掛けてきた。
「あなたの席、うるさいの分かったよ。ひどいね~あれは」
こんな感じの事を言われた。
どこから見ても目立ってたって事だな。
あの苦しみを分かってくれてた人が居ただけで少し救われた気持ちになったよ。
しかし、関節が外れた足が痛い・・・歩けないかもしれん。

飛行機は23時15分頃にバリのングラライ空港に到着。
勿論!あのマレー一家は通路を塞いで迷惑をかけてましたよ。
最後の最後まで、ある意味期待を裏切らない迷惑っぷりに拍手!

空港から出てタクシーカウンターへ。
前回はクタのポピーズⅡまでRp50000だったけど、この日はRp55000
同じところに行くのにRp50000だったりRp55000だったり・・・

タクシーで予約してるクタのロスメン「CEMPAKA3」へ。
タクシー降りる時に運ちゃんがチップ請求。
はぁ???
エアポートタクシーで初めてチップをせがまれたよ。
そもそも高い金を払ってタクシーチケット買ってるので、勿論チップなんかやらなかった。
荷物も無いしさ。逆にチップ要求された意味が分からん。

CEMPAKA3に着いたのが24時チョイ前。
NYOMANGさんがちゃ~んとレセプションに居てくれました。
預けた荷物を受け取り、チップとしてRp10000渡す。
NYOMANGさん「チップは要らないよー」と言ったけど、荷物を一晩預かってもらった上に
ロスメンなのに夜中にチェックインしてんだもん。
受け取ってもらわなきゃ気がおさまらん。
これからもお世話になるかもしれないロスメンだしね。

部屋に案内してもらい少しお話を・・・
機内で足を捻って関節が外れた話、そして痛くて歩くのが困難だって話などなど。
明日にはパダンバイに行くつもりだったけどPeramaまで行けるかどうか・・・
NYOMANGさんが「今度はいつ来るの?」って聞いてきた。
今度・・・
次にクタに来るのは日本に帰る日だ。
しかも、最終日はレギャンのホテルを日本から押さえていってた。
「ごめん。分からない」と答えた。
この3ヶ月の旅が終われば、きっと、おそらく暫くはバリに来れないだろうと思ってた(のだが)

この日はコンビニでバリハイビールを買って部屋の前で飲んで寝ました。
翌日、ちゃんと足の痛みがひいてるか心配しながら・・・
[PR]

by panda_traveler | 2010-07-08 21:42 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島
2010年 07月 07日
2回目の出国、SINGAPOREへ
059.gif旅行期間:2009.12.7~2010.3.6

★2010.2.4

この日は朝のシャトルでロビナに別れを告げクタへ。
夕方にはクタから空港へ行きAirasiaでシンガポールへ。

7時くらいに起きた。
昨日アラックを飲み過ぎたー。軽く二日酔いだった。

ApelさんとRAYでの最後の朝食をとりにレストランへ。
フルーツサラダ、オレンジジュース、味噌汁
シャトルが来るまでレストランでチーコ(RAYの飼い犬)と戯れたりして遊んでた。

9時20分頃にシャトルがきた。
いよいよロビナともお別れ・・・
何やかんやで嫌な事もあったけど、勿論嫌な事だけではなかったロビナ。
LINAの激ウマ飯(途中の値上げは悲しかったが)
いつも美味しい料理を出してくれた近所のワルン
日本語がうまくて心強い存在だったRAYのボスKOMANGさん
私を見かける度に声を掛けてくれた近所の土産物屋のAYUMIさん
話し相手をしてくれたRAY&SUMAのスタッフ達
ロビナに再び訪れる事があるかどうか・・・でも、また会える日までサヨウナラ~Selamat tinggal!

シャトルはウブドを経由してサヌールへ。
サヌールのバイパス沿いでApelさんが降車。
そしてシャトルはクタに向かう。
クタでシャトルを降ろされたのはテロ慰安碑の前。
ここから歩いて、すっかり私のクタの定宿になった「CEMPAKA3」へ。
NYOMANGさんが居ましたー。
この日はシンガポールに1泊でCEMBAKA3に泊まるのは翌日。
荷物だけ預けに行った。
そして翌日に来るけど遅い時間になると告げておいた。
ホテルじゃないからね~。一応言っておかなきゃ。

荷物を預けてロスメン近くのワルンへ。
ガドガドとマルゲリータピザをツマミにビールをグビッ。
その後は近くのマッサージ屋「HANA」へ。
このマッサージ屋は何気にお気に入り。
いつも足マッサージなのだが、この日はフルボディマッサージをお願いした。
が、いつも足マッサージしてるから勘違いされたか?
足マッサージされてしまった。
最初は「足からか~」と思ってたのだが、なかなか足以外にいかない。
気付いた時には既に遅し・・・だったので、ま、いっか~って。
●足マッサージ(45分)/Rp25000

マッサージの後はPeramaに向かって歩き出した。
この3ヶ月の旅の最後の1ヶ月はロンボクのギリメノで過ごす事にしてた。
交通手段は勿論、パダンバイからのスローフェリー
なので、まずはパダンバイに行くのにPeramaでチケットを。
●2月6日PM1:30クタ発パダンバイ行きのチケット/Rp60000
ここからタクシーに乗って空港へ。
●KUTA(Perama前)~AIR PORTのタクシー/Rp23000+Rp3000(Pチケット代・・・らしい)

a0121014_14125788.jpg
a0121014_14131123.jpg
大好きなAirasiaでシンガポールへ。
定刻通り17:30に離陸。定刻通り20:00シンガポール着。

今回はシンガポールで1泊。
初のドミ体験なのだー。
予約したGH「Backpackers’ Inn Chinatown」へMRTで向かう。
最寄り駅はChinatown
適当な出口から出たら、まぁ~賑やかなトコに出ちまった。
地図で見たらPAGODA Stってとこだったっぽい。
縁日の様な賑わってる所で、とにかく人が多いの何のって。
ん~~~もしかして旧正月ちょい前だったから?
それともここは毎日こんな感じで賑わってるのかしら??
予約したGHがあるのは1本隣の通りのMOSQUE St
何とかここから抜け出して宿に行かなきゃ!
頑張って人をかきわけてGHに着いたのが22時チョイ前。
MOSQUE Stは隣のPAGODA Stとは全く違って暗くて静か~な通りだった。
1本反れただけでこんだけ違うのって凄い。。。

GHの看板を見つけたが入口は暗証番号式のドアだった。
あぁ・・・このパターンか。香港でもこのパターンだったな。
御用の方はこのボタンを・・・風なボタンがあったので押してみる。
音沙汰無し。
何度も押す。
すると、かっぷくのいいオッサンが隣のカラオケバーから出てきた。
このオッサンがオーナー???
「あいむ ぶっきん ふろぉ~む じゃぱん!」と言ってみた。
しかしオッサンは「そんなん知らん」風な態度。
おいおい!
予約の際のメールをプリントアウトしてたので、それを見せた。
すると、何となく「んじゃ~」って感じになって鉄格子風ドアを開けてくれた。
ドアの向こうは狭い階段になっていてGHは3階の様だ。
つまり、オッサンが出てきたカラオケバーの上がGHって事だ。
まずは入口のドアの暗証番号を教えてもらって開け方講座。
ちょっとやってみ!と言われ自分でやってみる。開いた。ここはクリア。
そして中に入りトイレとシャワーの場所説明。
いよいよ部屋へ。
ドミ初体験。どんな部屋なんだろ??ワクワク、ドキドキ。
部屋はメッチャ狭かった。
何帖くらいだろ?8帖か10帖?
そこにパイプ式の2段ベッドが4台。
真ん中には鍵付きロッカー。
既に長居してるであろう人が多いのか?私のベッド以外はブランケットで目隠ししてある。
そこに女の子登場。この部屋に泊まってるらしい。
「ハロ~」と声を掛けたが怪訝そうな顔でチラッをこっちを見ただけ。
一通り説明を受けてオッサンに1晩の宿代S$20(約¥1400)を渡す。
オッサンはいそいそとカラオケバーに戻っていった。

とりあえず、お腹も空いたのでGHを出て近所にご飯を食べに行く事にした。
GHを出てMOSQUE StからNEW BRIDGE ROADに向かって歩いてみた。
ちょうどNEW BRIDGE ROADに出た左角に小さいホーカー発見!
今宵の飯はここで食べる事にした。
シンガポールと言えばプロウンミー!大好き~~~
麺ホーカーがあったので、そこで注文。
麺の種類が選べて、私は平太のきし麺みたいなのをチョイス。
a0121014_14461876.jpg
じゃーん!プロウンミー!
このプロウンミーが激ウマだった!
特にスープが美味しかった。あっさり味で。
●プロウンミー(スープ)/S$3.00(約¥210)

小腹が満たされたのでチャイナタウンを少し散策してみた。
さっき歩いたPADODA Stへ。
ここは土産物屋台がひしめきあってる通りだった。
次は隣のTEMPLE Stへ。
ここはゼリーなどのお菓子や椎茸などの乾物屋台がひしめきあってる通り。
次に更に隣のSMITH Stへ。
ここは飲食屋台がひしめきあってる通り。
チョロっと値段を見たけど少しお高めだった。
しかし、ここで激安チキンライスのレストラン発見!
・・・はうっ!!!
何故かチキンライスの値段をメモし忘れてるーーーーー!!!
う~~~ん・・・確かS$1.50とかだった様な。安い!と思ったからそんなもんかと・・・
で、その激安チキンライスがこれ。
a0121014_1455312.jpg
ちょっと寂しい感じ。安いから仕方ないかー。
んで、肝心の味は・・・
残念な感じだった。ダシがきいてない感じ?コクが無い感じっちゅ~か。
スープは論外。白湯みたいな感じで味が激薄だった。
ま、安かったからね。こんなもんでしょ。
a0121014_15344862.jpg
a0121014_1535266.jpg


23時頃にGHに戻った。
部屋に入ると他の客も何人か居る様だった。
自分のベッドに横になりぼんやりしてると話し声が聞こえてきた。
何となくこの部屋の客層が分かってきた。
私の中ではGHのドミってのはパッカー達の集まりみたいなイメージだった。
いや、多分それは間違ってはないと思う。
でも、ここのGHはそれとは違うGHの様だ。
分かりやすく言えば、ネットカフェ。
このGHを寝泊りの場として利用して夜遊び(夜の仕事?)してる子達の巣窟の様だ。
何とも居心地の悪い・・・
私以外は恐らく皆なそうなので、仲良くやってきた女子寮に異人が紛れ込んだ感じになってた。
一晩だけでよかった~。こんなとこに何泊も出来んよ。

そんな訳で何となく居心地は悪かったが、久々のエアコン完備の部屋で
気付いたら思いっきり爆睡してしまってた。
[PR]

by panda_traveler | 2010-07-07 01:20 | 2009.12.7~バリ島、ロンボク島