「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:2009.4.1~バリ島、ロンボク島( 69 )

2009年 11月 02日
24日間の旅、総まとめ
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

この24日間の旅での「次回への教訓」がいくつか出来たので紹介いたします。

まず、両替・・・
これは南部エリアでやるべし!
そこから離れるとレートが驚くほど悪くなる事が分かりました。
クタ辺りに宿泊予定がなく、例えば一気にングラライからロンボクのギリを目指す場合は
空港で両替しておいた方が絶対にいい!
タバコも両替とほぼ同様。

次は食事・・・
ご当地メニューを頼むと失敗が少ない。
ガイドブックに載ってる様なイタリアンとかの店なら大きな失敗はあまりないだろうが
適当な店でパスタやピザなどを頼むと「あれま?!」と思う事が・・・

ロビナのドルフィンウォッチング・・・
これは私はRp50000でお願いしたが、もしかしたらRp40000くらいで出来る気がする。

持って行って便利だと思った物・・・
●ふりかけ(ちなみにタラコ味)
白飯にかけるとウマい!
●使い捨てスプーンとフォーク
ブンクスした物を食べるのに役に立つ。
私は機内でフォークだけを使ってスプーンはカバンにしまいこむ。
●スウドク
ナンクロ?とも言うか?数字のパズル。暇つぶしにもってこい。100均ダ○ソーで購入
●レジャーシート
ビーチでお金を払ってチェアを借りるなんて勿体無い!

持って行けばよかったーと思った物・・・
●懐中電灯
ギリアイルで夕飯の帰り道、本当に真っ暗で大変だった。
でも、今思えば何で携帯のカメラの照明機能を思いつかなかったんだろ?って。
何秒後かに消えるけど、またボタン押せばいいし。
結構な明るさだよねぇ~あれ。
●トイレットペーパー
ロスメンではトイレットペーパーは自分で購入しなければならなかった。何気に高い。
そんなに何ロールも持って行けないと思うが1ロールくらいは持っていった方が便利。
むしろ行きの荷物なんてカバンがスカスカなんだから入るだけ持って行けばいいかも。
(帰りは無くなってるし)

お次は・・・
うまかった~emoticon-0152-heart.gifベスト5

【第1位emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif
a0121014_20585771.jpg
ダントツのトップ!ロビナのワルン「LINA」のミーゴレンバビ!
味付け最高!豚肉が柔らかくて美味しい!すぐに出る!お値段Rp6000!
ウマイ!早い!安い!の3拍子揃った優れもの!

【第2位emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif
a0121014_20593141.jpg
パダンバイのワルン「SARTIKA」のフーユンハイ!
セロリたっぷりの具にほどよい酸味の餡がベストマッチ!

【第3位emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif
a0121014_210266.jpg
同じくパダンバイのワルン「SARTIKA」のナシチャンプル!
鶏肉が柔らかく、炭火で焼かれた魚がいい香りで美味しい。なんといってもサンバルがウマイ!!

【第4位emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif
a0121014_2103092.jpg
ロンボクのギリアイルの(バタバタ)ワルンのガドガド。
ピーナッツソースが手作り感満載で優しい味。

【第5位emoticon-0171-star.gif
a0121014_2123553.jpg
チャンディダサのワルン集合体エリアで食べたバッソ。
あっさりスープでホッとする味。飲んだ〆に飲みたい一杯。

お次は・・・
なんじゃ!?こりゃ!メニュー
不味かったー!って意味の「なんじゃ!?こりゃ!」でもあり
想像と違ったよ~って意味の「なんじゃ!?こりゃ!」ってのもあるし。

a0121014_2121104.jpg
クタのワルン「RAINBOW」のチーズオムレツ

a0121014_21212456.jpg
ロビナのワルン「BALI9」のマッシュポテト

a0121014_21213849.jpg
アメッドのワルン「BANBOO」のガドガド

a0121014_21215395.jpg
同じくアメッドのワルン「BANBOO」のシーフードピザ

a0121014_2122527.jpg
パダンバイのワルン「SARTIKA」のポテトサラダ

a0121014_21222589.jpg
同じくパダンバイのワルン「SARTIKA」のインドミースープ

a0121014_21223859.jpg
ギリトラワンガンのワルン「GILI DELI」のミックスエキゾチックプレート

a0121014_21225176.jpg
シンガポールのブギスのタイレストラン「Lerk Thai Restaurant」のトムヤムクン
[PR]

by panda_traveler | 2009-11-02 20:53 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(2)
2009年 11月 01日
果たしていくら??24日間の旅(in BALI&LOMBOK)
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

さてさて、この旅は

トータル予算5万ポッキリ!行けるか?バリ島3週間

なるテーマで挑戦した訳ですが、実際にいくら掛かったのでしょう?
実は私も計算してません。
今から計算して発表したいと思います。

【飛行機チケット】
●NRT⇔SIN NWマイルでGET 諸経費¥3820

【国内交通費】
●自宅⇔成田空港 片道¥1400×2=¥2800

【1日目】自宅→NRT→NWでSIN
●出費無し
【2日目】SIN→JHB→DPS(BALI)KUTA
●S$8.80
●RM12.00
●$25
●Rp379500
【3日目】KUTA→LOVINA
●Rp412500
【4日目】LOVINA
●Rp273000
【5日目】LOVINA
●Rp102700
【6日目】LOVINA→AMED
●Rp102500
【7日目】AMED
●Rp116000
【8日目】AMED
●Rp105000
【9日目】AMED
●Rp142000
【10日目】AMED→CANDI DASA
●Rp515500
【11日目】CANDI DASA→PADANG BAI
●Rp202000
【12日目】PADANG BAI
●Rp169000
【13日目】PADANG BAI
●Rp185500
【14日目】PADANG BAI→LOMBOK GILI TRAWANGAN
●Rp697000
【15日目】GILI TRAWANGAN→GILI AIR
●Rp212000
【16日目】GILI AIR
●Rp100000
【17日目】GILI AIR
●Rp147000
【18日目】GILI AIR
●Rp155000
【19日目】GILI AIR
●Rp85000
【20日目】GILI AIR→BALI PADANG BAI
●Rp535000
●$1
【21日目】PADANG BAI
●Rp145000
【22日目】PADANG BAI
●Rp181000
【23日目】PADANG BAI→KUTA→AIRPORT→JHB→SIN
●Rp522500
●RM10.40
●S$78.30

【TOTAL】
●日本円 ¥6620
●米$ $26(約¥2600)
●シンガポール$ S$87.10(約¥6000)
●マレーシアリンギ RM22.40(約¥700)
●インドネシアルピア Rp5484700(約¥52000)

約¥67920

うぬぬ・・・何気に¥18000くらいオーバーしてたか!!残念!
インドネシアでは1日平均¥2400くらい掛かってたか。
しかし、この中にはシンガポールの空港免税店で買ったタバコも含まれてる。

【酒】
●BINTANG BEER(LARGE) 49本
●BINTANG BEER(SMALL) 5本
●ARAK ATTACK 2杯
●ARAK SHOT 7杯

いやはや・・・飲んでますねぇ~~~
一日平均ビンタン大瓶2.5本って感じでしょうか。大雑把に計算すると。
大体で計算して、酒に掛かったお金は¥12500くらい。

【タバコ】
●LUCKY STRAYKE17箱

やっぱ旅に出ると本数が増える・・・
大体で計算してタバコに掛かったお金は¥1600くらい。

んっ!?もしかして・・・私が酒飲みでもなくタバコも吸わなきゃ~5万ポッキリだったのでは!?
でも、どっちも絶対に止めません!生きてる限り飲み吸い続けます!
[PR]

by panda_traveler | 2009-11-01 15:02 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 31日
最後まで気を抜くな~(次回への教訓)
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.24(24日目)

ブギスの素晴らしいホテル(ゴマすり~笑)「Golden Landmark Hotel」の
綺麗な(ゴマすり2発目!)フロントのオネェさんの寛大な対応で
無事にブギスからチャンギ空港までのMRTに乗れた~。
そして・・・空港の駅で改札を出て券売機でデポジットS$1を返金・・・
このデポジットのせいで!!!もうこんなS$1要らんわっ!くぅぅぅーーーっ!

フライトは早朝の6時発のNW
3時半くらいにはチェックインカウンターがOPENするだろ。
それまで約4時間。
さて・・・仮眠しますかね。
とりあえず第1ターミナルの到着レベル、出発レベルを一通り歩いてみた。
無い・・・寝れそうなベンチが無い!
チャンギ空港ってのは~トランジットエリアは充実してるのに
パブリックエリアは何とも夜明かしにくい造りである。
寝る場所を探すのにも疲れ「もう、いいや~」って感じで出発レベルに戻る。
適当に空いてる固そうな造りのベンチ(3連くらいの)を見つけ横になる。
痛い・・・椅子と椅子の間に隙間があって、横になるとアチコチの骨が当って痛いの何のって。
しかも明るいし。
それでも横になった方が少しは楽な気がしてサングラスかけて寝てみた。
仰向けだと腰にモロくるので、横向きになってみる。
すると、今度はサングラスが変にずれる。
仰向けになったり横向きになったりで、落ちつかねぇ~~~
それでも少しは軽く寝たかな(半寝みたいな感じ)
気が付いたら3時くらいだったのでNWのカウンターに行ってみた。
もうOPENしてる。
ここはとっととチェックインして中に入ってしまえ~~~!

イミグレもすんなり通過して・・・さて、ゲート近くでまた少し寝ますかね~。
おっと!その前に免税店でタバコ買わなきゃ~。
いくらなのかを計算するのに携帯をカバンから出そうとしたら・・・
無い・・・
携帯が無い!無いーーーーーーっ!!!
何で?何で?どこ???
カバンをガツガツ探す。
無い。
さっきパブリックエリアに居た時はあったよな。
3時に鳴る様に目覚ましセットしたもん。
ってこたぁ~あのベンチ付近?!
でも、もう入国審査を済ませちゃったよ。ど~するよ・・・
とりあえずイミグレに戻る。
審査をしてる職員に話しかけると「あっちいけ~」って。
入国審査の隣に何やらカウンターがあった。
そこに居た職員に
「携帯を向こう(パブリックエリア)に落としたみたいだから探しに行きたい」
・・・って、これって英語でど~言うの??
多少パニくってたのもあってパブリックエリアを指差し
「ムコウ!ムコウ!ハンディーフォーーーン!モシモシ~!ノー!ノー!ナイ!ナイ!」
って。
(こん時のジェスチャーは・・・電話をかける動き→両手をパーにしてバタバタ振る・・・ニワトリ?)
日本人に外人がコレ言ったら何となく通じそうだが(そうか?)
日本人が外人にコレ言って通じるかいな。
全く・・・自分の語学力の無さに本当にガッカリするよ。
後から思ったけど「ハンディフォン」じゃなくて「モバイルフォン」の方が正解?!
あの「Golden Landmark Hotel」に引き続き、またもや泣きそうな面構え。
職員は何となく分かったみたいで、自分の携帯を取り出し「コレの事言ってる?」って感じで見せた。
「そうそう!これこれ!ムコウ!ポロン!ノーマイハ~ンド!」
ようやく携帯電話を向こうで落としたから探しに行きたいと通じたくさい。
持ってる手荷物全てとチケットをここに置いて探しに行けと言われた。

私がさっきまで座ってたベンチ・・・
そこを見ると欧米の若いナイスガイが一人で座って本を読んでた。
その彼を目がけてズンズンと歩み寄る。
ナイスガイ、殺気を感じてフッと顔を上げる。
何人か分からん黒い女がガラガラの空港で自分目がけてズンズン寄って来る事に
軽く恐怖を感じたか?顔がビビってる。
ズンズンズン!
ナイスガイの脇に黒い物発見!
あった~~~~!!!
ぐわっ!と出た私の手にナイスガイは相当驚いてた。
「あった~ソ~リ~」
ナイスガイ・・・命の危機を感じただろう。すまん。私も必死だった。
入国審査脇のカウンターに戻って職員に「あったよ~あった!」とノンキな笑顔で報告。
職員もニッコリ笑って「よかったね」って感じで荷物とチケットを返してくれた。
いやはや、何とも最後の最後に色々あるもんだなぁ。

免税店でタバコを買い、あとはゲートに向かうだけ。
途中のモニターでフライト確認したら・・・

a0121014_23291717.jpg
私の乗るNWの下のフライト案内にご注目。
くしくもバリ行きである。
どんだけ「間違っちゃった~」と言って乗り込みたい気持ちになった事か。
その下の下の香港でもいい。
日本に帰りたくねぇーーーー!
このモニターを見てウルウル。今日は一体何回ウルウルしてんだ?!

a0121014_2332010.jpg
さて、嫌だけど日本に帰りますか。

a0121014_23324936.jpg
NW機内食。朝食だね。ミーゴレン選択。
勿論、美味しくはない。
ミーゴレン・・・ロビナのWARUNG「LINA」のミーゴレンが食べた~い!

この後、成田到着1時間くらい前に軽食としてクロワッサンにレタスと卵が挟まった
サンドイッチっぽいのが出た。味はまぁまぁ。

長い様であっとゆ~間だった24日間の旅、おしまい。
次回は今回の旅での成功と失敗を簡単にまとめたものをUPしたいと思いま~
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-31 23:15 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(10)
2009年 10月 30日
Singaporeの悲劇(其の弐)
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.23(23日目)

ブギス駅近くのタイ料理屋「Lerk Thai Restaurant」に行く前までの所持金・・・S$16くらい。
「Lerk Thai Restaurant」で支払いをして店を出た後の所持金・・・S$1.60
ブギスからチャンギ空港までのMRT料金・・・S$1.60
な~んと!ぴったんこ~~~~

では無いのだ!!!

そう、MRTの切符のデポジットS$1.00が足りん!ひえーーーっ!!
でもさ、でもさ、MRT料金「だけ」ならS$1.60なのよ。足りるのよ(足りるっちゅ~かピッタリ)
後に返金されるのを分かってるデポジットS$1を乗る前に払わなきゃ乗れん。
何とも悲劇・・・

「Lerk Thai Restaurant」を出てすぐの交差点で呆然としてしまった。
落ち着け!落ち着け!!ここでタバコでも吸いながら空港まで行ける方法を考えようではないか!

まず、私が今、何よりも欲しいのはS$1だ。
今は23時くらいだ。
普通に考えても両替商は閉まってる時間だ。
そもそも、どこかの両替商がやってたとしても私はS$1しか要らない。
つまり日本円で約¥70くらいだ。
コインは両替出来ないから、持ってる米$1札が最も不足分に近い額の紙幣だ。
それっぽっちの両替なんて断られるのが関の山・・・
両替商を探すって考えは速攻却下!
次に思いついたのは「物乞い」
困り顔の外人が「S$1足りないんです・・・恵んで・・・」と言えば誰かくれないだろうか?
しばし人の良さそうな面構えの人を物色する。
・・・いや、私はこれでも日本人のハシクレ。物乞いするのは日本の恥だ!
(ロンボクでタバコもらったくせに)
私のこんな些細な行為が彼らの日本に対するイメージをダウンさせてしまうかも。
(大袈裟な・・・)
じゃ~「私の米$1をアナタの持ってるS$1と交換して~」ってのはどうだろう?
相手にとっても損ではないはずだ。
しかし、自分の国の金ではない小額紙幣を持ってても仕方ないし・・・と思われるか??

困り果てた時に目に飛び込んできたのは!!
初めてシンガポールに来た時に泊まった「Golden Landmark Hotel」だ。
ホテルのフロントは24時間OPENだ。
このくらいのクラスのホテルだとマネーチェンジャーもある。
前に泊まってあげたぞ!このホテルは!!
私は大事な「お客様」ではないか!(何とも凄いこじつけ)
もはや、このホテルで米$1を両替するしかない!
いそいそとホテルに向かいキラキラのエスカレーターに乗って2階のフロントに行った。

フロントに着くとスタッフはチェックインする客の相手で忙しそうだ。
こんなちっぽけな用件で裂くわけにはいかん。
少し離れた所に待機。その隙に財布から米$1札を1枚を出してコッソリ握る。
なかなかチェックインの客足は途絶えない。
MRTの終電時間も迫ってくる。
少しずつ、少しずつフロントの端に歩み寄る。
何となく射程距離内に入った。
何か言いたいけど言えないモジモジ感をかもし出した。
フロントのオネェさんが私に気付いた!
特に私は「ちょっと~!」と呼びつける訳でもなく(用件が用件なだけに大きく出れない)
フロントのオネェさんの視界には入る様にカウンターの隅っこでモジモジしながら待ってた。
そして、ついに!オネェさんが私の方に来たーーーっ!(キターーー)
とりあえず・・・
「sorry・・・」
謝る。
「Money change please・・・very very small money・・・OK?」
オネェさんはニコニコしながら「OK」って。
本当?本当にスモールマネーなのよ・・・(多分、千円札だと思われたくさい感が否めない)
そ~っと、そ~っと米$1をカウンターの下からヌゥ~っと出す。
更に謝る。ほんと、本当にスマン!!
オネェさんは笑いながらも「OK~」って。私が本当に困ってるのが分かったみたいだ。
米$1を受け取りS$1.30をコインでくれた。
ちょり~んってお釣りを渡す感じで私の手のひらに・・・
あまりにも私がすまなさそうにしてるのを見て「No problem~」って笑顔で言ってくれた。
何ていい人なんだ!何ていいスタッフが居るホテルなんだ!!
前に泊まった時にフロントの対応が遅いとか文句言ってゴメン・・・
本当に助かりました。このご恩は一生忘れません。
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-30 22:04 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 29日
Singapore「Lerk Thai Restaurant」の悲劇
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.23(23日目)

シンガポールのクィーンズストリートのバス停に着きました。
21時半・・・
さて、適当に飲みながら何か食べるとしますか~。
おっと!その前に大事な事しなきゃ!!
そう!!行きでチャンギ空港~ブギスまでMRTに乗った時に買ったチケット。
私の事前調べと違って少し運賃が高かった。
カードみたいな切符をそのまま持ってバリに行ってしまったのだが
暇な時にそのカードをジィーッと見てた。
その英文を頑張って解読した結果、ど~やらこのカード(チケット)にはデポジットが含まれてて
MRTを降りて券売機にこのカードを入れたらデポジットを戻すよ~的な事が書かれてた。
そのデポジットがS$1って訳だ。
ど~りで事前に調べた金額よりS$1高いな~と思った訳だ~~~
ど~せまたMRTで空港に向かうんだから後でいいんでない??と思われそうだが
私はとりあえずデポジットを返してもらう為にブギス駅に行った。
いや・・・本当に返ってくるのか試してみたかっただけで。
駅に行き23日間大事に定期入れに入れてたカード(チケット)を券売機に差し込む。
いくつかボタンがあって何となく「デポジット返却」と思われるボタンがあったのでポチっとな。
出てきました!!S$1がチャリ~ンと返ってきました。
「おおぉーっ!」と感激!
そのS$1コインを財布に入れて今宵の飲み屋を探しに出かけました。

前にシンガポールに来た時にGolden Landmark Hotel(以後GLH)に泊まったのだが
ホテルの前にホーカーがあったのを覚えてた。
あのホーカーに行こう!!とGLHに向かって歩き始めた。
そうそう!この辺、この辺!って・・・
・・・なんか、薄暗~~い感じになってんすけど。
殆どが店じまいしてる?!この時、22時くらい。
何となくホーカーって夜中まで賑わってるイメージだったが・・・
もう時間も時間だし12時くらいにはMRTに乗って空港に行かねばならない。
何か、何か適当に食える店(開いてる店)は無いのーーーぉ!!!
このまま先(ラベンダー方向)に行っても何も無い気がしたので
ここで折り返してブギス駅の方に向かって歩き出した。
駅の周辺だったら少し賑わってるはず。
確かに人は多い。ガヤガヤはしてる。
が!お目当てのホーカーっぽいものは見当たらない。
人ごみをウロウロしてるだけで時間は過ぎていく。
もうホーカーは諦めて適当に開いてる店に入った。
それが、ブギス駅近くのタイ料理屋「Lerk Thai Restaurant」ってとこ。
ぱっと見はファストフードっぽい造りの店。
出口に一番近いソファー席に案内され、メニューを見る。

・・・高っ!!!

シンガポールって物価が高いと思ってたけど、こんなに高かったっけ?!
入った店は高級店ではなく・・・カジュアルな感じの店!?だぞ!
単品が大体S$8くらい・・・つまり、単純計算で¥560くらい。
これって日本とそんなにかわらんくないか?
初めてシンガポールに来た時、食べ物の物価の安さに感激してた覚えがあったのだが・・・
そんな昔ではない。確か2004年くらい?だから5年くらい前だよ。
私の所持金は・・・S$16くらい。
そこからチャンギ空港までのMRTの分をよけたらS$13.50
何か一品を頼んだら微妙~にビールは飲めない。
ビールもエラく高かったんだって。確かS$7くらい。約¥500だよ。
ま、バリで散々ビール飲んだし・・・ここは我慢すっか・・・と
酒飲みなのに、二日酔いでもないのに酒を飲まない事を決意。

何品も頼めそうになかったし酒を飲まなきゃ~普通に飯でもかまわん!
予算内で頼んだのは・・・

a0121014_23402562.jpg
カニ炒飯。タイ語で言うならカオパットプー。
写真でも伝わると思うけど・・・激マズ!!
量も少ないし、具なんて殆ど入ってない。タイ米を少しのネギで炒めただけって感じ。

飲み物はコーラ。写真なんて撮っちゃ~いない。
マズイ炒飯をもくもくと食べてるとテーブルにある物を発見!
よくレストランとかのテーブルにある三角形のオススメメニューとか書いてあるタグイのやつ。
それを見たらトムヤムクンの写真があってS$1.99と書いてある。
S$1.99・・・って、約¥140だよ。
トムヤムクンがS$1.99!?
はうっ!と思い、その三角をガッシリ持って凝視(多分、傍から見たらチト怖い光景)
よ~く見ると「何か一品頼んだらS$1.99でトムヤムクンを提供しまっせ~」的な事が書いてある。
私はカニ炒飯を頼んだ。1品は頼んでるよな・・・
残金を何度も確認して、ギリギリこのトムヤムクン分が残るっぽい事が発覚。
きっとシンガにも当分来ない(来れない?)だろうし・・・変に小銭を残してもな・・・と思い
店員を呼びつけ、その三角を持って指差しながら「S$1・99?」と尋ねてみた。
すると「うん、うん」って言うので頼んでみた。

a0121014_23522947.jpg
で、出てきたのがこれ。写真じゃ分かりにくいかもしれんが・・・

小さっ!

ちょっと写ってるレンゲで大きさが分かるだろうか?
コーヒーカップくらいの大きさの器に出てきたよー。
ま、そんなに量があっても飲めんけどさ・・・でも、小ぶりな丼くらいに入ってくると思ってた。
さすがS$1.99・・・こりゃ~特別サービスじゃなくても普通にS$1.99だろ。
ま、いいさ、量は。
さてさて、飲んでみますかね~~~

激マズ!!!

おーーーい!シェフ呼んできやがれぇ!!と叫びたくなるような味。
そもそもトムヤムクンでない。
トマトケチャップで味をつけたスープに酢を「手をすべらせたか?」とゆ~くらい入れた味っての?
トムヤムクンを知らない素人が「こんな味」と説明を聞いて
その説明だけで適当に作った感じって言えば分かりやすいだろうか?
とにもかくにもトムヤムクンでは決して無いのだ!!ニアピンでも無い。
しいて挙げれば、ぱっと見は「似てる」だけ。
このコーヒーカップ1杯でも飲めないくらいマズイ!!
目の前のカップルらしきシンガポーリアンも同じ物を頼んでた。
どんな反応するんだろ・・・
彼女が一口飲んで黙って彼氏を見て固まった。
あぁ・・・タイの名誉の為にも「本当のトムヤムクンは違うから!」と訂正してあげたかった。
私はもてあました結果、炒飯についてたマナオ(ライムみたいやつ)を絞ってみた。
少しはサッパリして飲めるのではないかと思って。
マナオ・・・完敗。
頼むから「タイ料理」と謳うのはやめてくれーこの店よ!

最後の最後に激マズ2品を食べて店員を呼び会計を頼む。
会計を待ってる間に変な身震いが・・・
なんか調子にのって注文したけど、ここってシンガポールよねぇ・・・
シンガポールって税金とかあった気が・・・

貰った伝票に書かれてたのは私の計算とは違った額。
そう!やはり税金が加算されてたーーーーー!!!
財布ん中にはギリギリ金があった。
とりあえず食い逃げって事はせずに済んだ。

【お会計】
●カニ炒飯/S$7.90
●コーラ/S$2.50
●トムヤムクン/S$1.99
合計 S$12.39→S$14.60
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-29 21:49 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(10)
2009年 10月 28日
Senai Airport(JHB)→Larkin(JHB)→Queen St.(SIN)
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.23(23日目)

デンパサールを出発して約2時間半後の19時半に
マレーシアはジョホールバルのスナイ空港に無事に到着しました。

a0121014_15561054.jpg
何だか空港の感じも一気にマレーな感じに!?

a0121014_15571415.jpg
こんな写真を撮ってたんだけど・・・はて???
私が乗ってきたAirAsiaとはあからさまに違う感じがするんだけど。
でも、ど~見ても私がこれから降りてきて撮ったって感じの写真だよねぇ・・・
乗る前にングラライで撮ったドンキホーテみたいなのとエラく違う感じするのだが。

入国審査の時に何と!!日本人を見かけてしまった。
同じ飛行機に乗ってたと思われる。
AirAsiaのDPS→JHB便に乗ってる日本人なんて私くらいと思ってたのに・・・
一組は30代くらいの夫婦。
何となくだけど、この夫婦も私と同じ形でバリに行ったと思われる(SIN→陸路でJHB)
こんな手を思いつく人間が他にも居るのは少し察しがつくけど
同じ飛行機に乗ってるとは何とも偶然!!
もう一人は「いかにもパッカー!!」って風貌の20代半ば~30代前半の男性。
いかにもパッカーに仙人っぽい要素も含まれてた。
霧深い山を見るとやたら顎ヒゲが長い仙人が見える気がする・・・の仙人!
貴重品入れは和絣の巾着みたいやつで足元は下駄を履いてた様な・・・
(違うかな?藁で出来た草履だったかな?)
何となくだけど、コイツにバリってちょっと???な気がした。
どっちかと言えばインドネシアではなくインド向け。間違えたのか?

入国審査を済ませ、あとは行きと同じ経路でシンガポールはチャンギ空港に向かうだけ。
まずはバスに乗ろうとする。
・・・バス停はどこ???
その辺に居た職員らしき男に「I want to go to larkin」と言ってみた。
すると、建物の中にある窓口でエアポートバスのチケットを買えって。
いや・・・エアポートバスではなくローカルバスみたいなやつなんだけど・・・
でも、それしかラーキンに行けるバスは無いって。
私がここに来る時に乗ってきたバスはローカルっぽかったんだけど。
よく分からなかったので渋々エアポートバスのチケットを買う。
何で渋々か?
エアポートバスって少し高いんだよね。
だって来た時はラーキンからスナイ空港までRM3.30だよ。
なのにエアポートバスだとスナイ空港からラーキンまでRM8.00!!
2倍以上も違うじゃん!
ちなみに、このエアポートバスチケットは一律料金でRM8.00
チケットを買った時に貰ったタイムテーブルにはシティラウンジと空港の発着時間が書かれてた。
多分・・・なんだけど
このチケットでラーキンよりももっとシンガ寄りのコタラヤバスターミナルに行ける??
事前に調べたのは行きで使ったルートのみ。
何となくそのエアポートバスの終点で降りても絶対にシンガに行けるのは分かったけど
安全を取って?行きと同じルートでシンガに行く事にした。

バス停にはすでに1台のバスが止まってた。
それに乗り込むと入国審査で見かけた日本人夫婦が乗り込んできて通路を挟んで私の隣に座った。
ここで話し掛けてみようかと思ったが(シンガポールに行かれるんですか?って)やめた。
ま、きっと何とか大丈夫だろ~と思って。
だって行きでも同じルートを使ってんだからさ。

バスが動いて暫くすると見覚えある場所に・・・ラーキンに着きました。
さて、バスを降りるかね~
って・・・降りたのは私だけなんだけどーーーー
降ろされたのはちゃんとしたバスを止めるところじゃなくて(プラットホームって言うのか?)
適当にバスが何台か雑?に止めてあるとこ。
ラーキンのバスターミナル内ではあるんだけど・・・
もしかして・・・私が乗ったバスはスナイからダイレクトでシティラウンジに行くやつ??
なのに私が「ラーキン、ラーキン」って言ってたから途中下車させてくれた?
その辺りは不明なんだけど。
バスの運ちゃんがご丁寧に一緒に降りてきて誰かと何かを話してる。
私の妄想なんだけど・・・

スナイ空港でラーキンからシンガポールのクィーンズストリートに行きたいってゆ~日本人を拾った

本来オイラのバスはラーキンを通らないんだけど、コイツを降ろす為に来た

お前、コイツを何とかクィーンズまで連れてってやってくれ。宜しく!

・・・こんな感じの会話がされてた気がしてならん。
私を任された男性は私をバスに案内する。
誰も乗ってない。
本当にこのバスに乗って大丈夫なのか??
男性(後にこのバスの運転手と分かる)は私に運賃を払えと言ってきた。
ナンボ??
するとRM2.50だと言う。
財布を見たら紙幣でRM3.00、小銭でRM0.40があった。
紙幣でRM3.00を渡すと釣りが無いと言う。
小銭は無いのか?と聞かれたのでRM0.40しか無いと言って見せるとしばし悩み始めた。
暫くして踏ん切りがついたのか?RM2.40でいいよ!って感じになった。
ありがとよ~運ちゃん!
バスは私だけを乗せて動き出し運ちゃんはずっと私に話しかけてきた。
言葉が全く分からん私は愛想笑いするので一杯、一杯。
無事にちゃんと税関ビルのバスターミナルに着きました。
そこでバスを降りて出国審査を受けてまたバスに乗ってすぐにシンガの入国審査を受けて・・・
シンガポールのクィーンズストリートに着いたのは21時半だった。
バリからの飛行機が到着したのは19時半。
それから2時間くらいでシンガポールのクィーンズまで来れたって事だ。
ちなみに、手帳に時間をメモってた。
スナイ空港を19時50分に出発して20時20分にラーキンバスターミナル着。
ラーキンを20時30分に出発して21時30分にクィーンズストリート着。
スムーズだったんだね~時間的には。
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-28 17:25 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 25日
AirAsiaでDPS→JHBへ
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.23(23日目)

最後に気持ちのいい足マッサージ1時間も出来、満足満足の今回の旅。
色々と反省点、失敗もあったけどそれ以上に楽しかった事がてんこ盛り!!
さて・・・「帰りたくな~~~い」と渋ってても仕方ないので空港に向かうとしますか。

マッサージ屋を出たらすぐに一台のタクシーが止まった。
よくバリではブルーバードタクシーに乗るべし!とゆ~のを聞くのだが
私はタクシーにあまりこだわりがない。
ちなみに、こん時に止まったタクシーもブルーバードとやらでは無かった。

空港までは10分くらい・・・タクシー代はRp29000(約¥290)
チップ?そんなん払ってないよ。ここは普通Rp30000渡すとこなんだろうけどさ。
たまたま財布見たらキッチリRp29000あったからね。
ちゃんと正式な金額「だけ」払いましたよ。

AirAsiaのチェックインカウンターに行くと殆ど人が居ない。
ま、もう出発1時間くらい前だもんな。
殆どの人がとっくにチェックイン済ましちゃってるだろ。
カウンターに行ってバウチャーとパスポートを渡しダメモトで「Window seat please」と言ってみた。
AirAsiaは最近まで自由席だったのだが、この時にはその制度が無くなってた。
事前にネット予約時に追加料金を払って座席指定をするシステムだ。
指定しなきゃ~チェックイン時にカウンターで勝手に席を割り当てられる。
なので、座席リクエストは無理(事前指定有料システム導入してるくらいだから)と思ったが
言うだけタダかな~って思って。
すると何も言わずニコニコと手続きをし始めた。
「こいつ、何言ってやがんだか・・・」と呆れてシカトか?!
暫くしてレシートみたいなチケットをもらう時に何か英語で言われた。
多分・・・なのだが(ホント、よくこんなんで一人旅してるよな・・・)
「座席指定は出来ないんだよ~。今度からは気をつけてね~」
みたいな事を言われたくさい。
すごく笑顔で言ってたので、口調的にはこんな感じ。
でも、こん時はちゃんと窓側の席にしてくれたよ。ありがと~AirAsia!!
これからもアナタに乗り続けます!!!

a0121014_22281866.jpg
16時50分DPS発JHB(ジョホールバル)行き
これで、これで本当にお別れなんだね・・・バリ。
今度は一体いつ来れる事やら・・・もう来れないかもな・・・とウルウルしてた。
(本当にこん時はそう思ってたんだってば~~)

a0121014_22303565.jpg
AirAsiaと言えば真っ赤なボディの機体・・・なのだが、ドンキホーテみたいな色のボディーだった。
私は真っ赤なやつが好きなのにぃーー!!
しかもボーディングブリッジ付いてるやんけ。
AirAsiaらしさが全く感じられんな。でも、CAはガッツリとケバかったよ!

a0121014_22332835.jpg
さようなら~バリ。楽しい思い出をたくさんありがとよ~~。

a0121014_2234846.jpg
もうすぐシンガポール上空な感じの一枚。

あ!ちなみに現在AirAsiaはDPS⇔JHBは飛ばしてないらしい(2009.10現在)
DPS⇔SINはあるけどね。

そうそう、話がまた反れるが・・・
私は高所恐怖症である。ちょっとした高さでもクラクラする。
観覧車とか絶対にダメだね。めまい炸裂だよ。
じゃ~飛行機もダメなんでは??と思うだろうが、飛行機は大好き~~~。
特に離陸前の機長のアナウンスが大好きなのだ。
「クッ(無線の音みたいなやつ)ナントカカントカ(英語)・・・Take off!クッ(無線みたいな音)」
このアナウンスの「Take off」って所が異様に好きなのだ。
これが聞きたいが為に飛行機に乗ってる・・・故に旅してると言っても過言ではないかも!
このアナウンスが女のCAだったらガッカリ。そんなん聞きたくない!!
それが日本語だったら更に最悪!!!「離陸します」とか聞きたくな~~~い!!!
あくまでもオッサン声でやや早口の「Take off」じゃないとイカン!
この「Take off」の後にエンジンのゴォォォォ~って張り切る感じも鳥肌もん。
離陸まで頑張って助走してるところなんて興奮度MAX!!!フガフガ言ってる。
よく色んなフェチが居るが私は「Take off」フェチと言うんだろうな。
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-25 22:54 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(12)
2009年 10月 25日
最後は(私にしては)大奮発!!の巻
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.23(23日目)

10時にパダンバイを出発したバンは軽快にングラライバイパスを爆走~~
途中、バイクの荷台にニワトリを30羽くらい積んだヤツが居てバンの中で皆なで爆笑!!
30羽って大袈裟な・・・と思われるかもしれないけど、数えてないけどパッと見で絶対そんくらいいた。
勿論、そのまま?立った状態の?ニワトリじゃないよ~。
足を縛られてさかさまになってんの。
それを15羽15羽くらいで分けて荷台に引っ掛けてのせてる(こんな説明で分かるか??)
それだけでも爆笑なのに(積載オーバーっぷりに)近くに行ったらニワトリが生きてたー。
驚きと共に更に皆なで大爆笑!
更に!!そのバイクを抜こうとした時に皆なは見てしまった・・・
前の籠にも15羽くらい入ってやんの!
バンの中は腹をかかえて大笑いする欧米人で盛り上がった。
カメラで撮影してる人も居たよ。
私は逆側の窓側に座ってたから写真を撮るのはムズかった。残念!!
でもきっとバリではごくごく当たり前の光景なんだろうね・・・
(だって家族4人で一台のバイクに乗ってるのが当たり前だし)

そんな面白風景で退屈な思いをする事なく2時間後の12時にクタに到着。
降ろされたのはレギャン通りの爆破テロ慰霊碑の前。
飛行機の出発時間は16時50分。
ってこたぁ~15時くらいに空港に行けばいいって訳だ。
とりあえず・・・時間もランチタイムだったんで腹ごしらえをしに。
レギャン通りには沢山のレストランがあるが、やっぱり高いっ!
特に酒(ビール)が。
やっぱ・・・あの店しかないかな・・・

初日に行ったポピーズⅡにある「RAINBOW」ってワルン。
ここはビンタンのでかいのRp18000だからな。

a0121014_1703672.jpg
Bintang Beer~emoticon-0167-beer.gifとアボカドシュリンプサラダ。
アボカドがちょっと若くて青臭くてイマイチだったわ・・・残念!

a0121014_1721847.jpg
マルゲリータピザ。昨日のピザ食い損ねのリベンジなのだ!!
この店に料理の期待は全く無かったけど、逆にその期待を見事に裏切らない。
ペラッペラの生地が固くてなっててカリッカリ!クラッカーか!?
味はひどくはないけど、決して美味しくはない。
まぁ・・・やんわりした言い方すると「パンチに欠ける」って感じですかね。
昨日のピザはアツアツの一切れは美味しかったなぁ~~~

ここの店員(写真にちょっと写ってる)客をナンパしまくってたよ。
あ!勿論、私は一切話し掛けられなかったけどね。
私以外の欧米の女性は皆な声を掛けられてたんじゃないかな。
一丁前に選り好みか・・・

【お会計】
●Bintang Beer/Rp18000×2(約¥180×2本)
●アボカドシュリンプサラダ/Rp16000(約¥160)
●マリゲリータピザ/Rp25000
合計 Rp77000+Rp8000(10%税)=Rp85000(約¥850)

ワルンを出たのが13時半くらいだったかな。
あと1時間くらいある。
これは計算してた。1時間と言えば・・・そう!マッサージ!!
最後はやっぱ足くらいマッサージしてもらいたいよねぇ~。
レギャン通りを南下しながらマッサージ屋を物色。
・・・何か、高くねぇ!?
サヌールのHARDY'Sの中のABマッサージで足1時間Rp33000なのよ。
ま、ここは都会(?)だからRp50000くらいかな~って思ってたんだけどさ。
Rp75000とかすんのよ。
Rp50000くらいのあっても45分とかだし。
1時間Rp50000じゃなきゃ絶対に嫌だ!!(Rp50000だって大奮発なのよ!)
歩いてるうちにマッサージ屋自体が無くなってしまった。
気付いたらベモコーナーまで来ちゃってたよ。
時計を見たら14時。そろそろマッサージ屋に入らんと!!
ベモコーナーから何となく右(海側)に折れてみた。
しばし歩くとマッサージ屋らしき店を発見!!
値段表を見ると1時間Rp50000~~見つかったよ~やっと。
お店のドアの前にはスタッフ(客は誰も居なかったので)のビーサンが散乱してた。
ここで履物を脱ぐのか・・・?
何となくビーサンを脱いで店に入ってみた。
マッサージの前にトイレ!トイレ!
ビンタン(大)2本も飲むと近くなるよねぇ~。
トイレに行くと・・・履物が無かった。スリッパみたいなものってゆ~の?そのタグイ。
ま、当たり前なんだろうけどさ。でも裸足でトイレの床を歩くのってかなり抵抗あるぞ。
でもマッサージの前には足を拭いてもらえるだろうからつま先立ちで頑張ってみた。
トイレもすませてスッキリ~。
マッサージが始まりました。やってくれたのは優しそうな感じのお兄さん。
しかし風邪をひいてたのか?咳ばっかしてた。
1時間経過・・・
いやぁ~気持ちよかったぜ!お兄さんの咳が無けりゃ~爆睡間違いなし!だったな。
時計を見たら15時半くらい。
おっつ!!もうこんな時間かいな~。
そろそろ空港に行かなきゃな~(出発1時間半前でこの余裕は・・・)
会計を済ませてサービスの水をもらって店を出ようとしたら・・・
んっ!?無い・・・私の大事なビーサンが無くなってるーーーっ!!!
あんな安物を誰が盗むんだ??
辺りを見たら私のビーサンにソックリなビーサンを履いたスタッフの女の子が外でボ~っとしてた。
似てる・・・
店から出れずに困ってたらマッサージしてくれたお兄さんが気付いてくれた。
多分、そのスタッフの女の子に「ここにあったビーサンお前履いてないか?」って言ってくれたっぽい。
女の子は「はうっ!」と間違いに気付いて返してくれた。
良かった・・・裸足で日本帰国になるかと思ったよ。
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-25 17:30 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 25日
バリ最終日!
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.23(23日目)

遂にこの日を迎えてしまいました・・・バリとオサラバする日です。

ここで私の渡バリ遍歴を簡単にお話します。
「えだまめ」の頃からブログをずっと読んで下さってる方はご存知かもしれませんが
(ん?!そんなイチイチ人の事なんて覚えてられっか!ってか)
初めてバリに訪れたのは2008年4月。
この頃、私は「深夜特急」に憧れた旅をしてた。
深夜特急ではバリは出てこない。
なので私も最初はバリに行く気なんて更々なかった。
正直、バリに全く興味がなかったと言ってもいいくらいだ。
しかし、たまたま取ったチケットがキャセイの「東南アジアパス」ってやつで・・・
これが殆ど香港を経由するんだけど選択肢が多い。
そこにデンパサール(バリ)を発見したのだ。
東南アジア好きとして一度は行ってみるか~嫌だったら二度と行かなきゃいいじゃん!と思い
初のバリ行きとなった訳です。ハイ。
初バリで11日間滞在。
あまりの居心地のよさと物価の安さに「来て良かった~」と心底思った。
しかし、この時の私は無職で
「次はいつ来れるんだろ・・・。数年先?もう来れないかも・・・」
と思ってた。
しかしながら、この旅から戻って無事に(変な)会社に勤めて同年10月に2回目の渡バリ決行!
休日出勤を積み重ね振休をためて休日とくっつけて5日間とゆ~短い日程を押さえた。
この時!!会社の上司からイチャモンをつけられた。
私の旅の邪魔をするやつは絶対に許さん!!この時にこの会社を辞める決意をした。
このご時世だろうが私が歳くってようが構わん!自由を奪うヤツは排除じゃ!!
3回目はベタに同年年末年始。
一般の会社員ってのはこんな時くらいしかお咎めない長期(って言っても1週間くらい)休暇は無いしね。
会社を辞めたのが1月末。
それで、この旅行記の4回目決行となったのだ。
思えば・・・1年で4回も行ってるんだなぁ。
回数は少ない(そんな事はないか・・・)にしても日数的にはかなり多い。
50日間くらい・・・か?
いつも「次は無いな」と思いつつ、意外に次がすぐだったりして(笑)
この旅の時も「さすがに次はもう当分先だろ・・・」と思ってたけど、意外に3ヶ月くらい先だったし。

ってな訳で、パダンバイのロスメン「KEMBAR INN」での最後の朝食!

a0121014_14205875.jpg
この日のフルーツはパパイヤ、スイカ、バナナ、みかん。
おっつ!この写真も心霊写真になってんじゃん!しかも両足が写ってる・・・怖っ!

a0121014_14242234.jpg
最後の朝食はちょっと変えてみました。オムレツと紅茶。
・・・やっぱスクランブルエッグにしときゃ~よかった。
あ!マズイんじゃないんだよ。スクランブルエッグがやたらとウマイだけ。

朝食を食べ終わり、トランスポートのピックアップの10時まではマッタリ宿で過ごしてた。
すると!!!
また「オハヨウ!」と声が。
出たーーーーっ!!キノコ男!!!
最終日までご丁寧に宿にやってきやがった。
最後だから来てやったくさい事を言ってたな。来なくていいし!!
こん時も10分くらい勝手に喋って帰っていった。
ほんと、ウザ~~~

10時チョイ前にレセプションに行って宿代とトランスポートの支払いをした。

●Rp50000(約¥500)×3泊=Rp150000(約¥1500)
●トランスポート(パダンバイ→クタ)Rp40000・・・くらい??失念!すまん!!
トランスポートはPeramaのシャトル(Rp60000)より安かった記憶はあり。
なので、確かRp40000だったと思うんだが・・・もしかしてRp50000かも。

1階のベンチに座ってお迎えが来るのを待つ。
その待ってる間、宿の主人みたいな強面のオッサンが何か話し掛けてきた。
何だ?何だ?(初めて見るし・・・このオッサン)
つ~か、顔が怖いっ!!
何か分からんけど叱られてる??何で?何で???
あの無愛想な宿の男の子が通訳をしてる。
って、オッサンも英語で男の子も英語だから厳密に言うと通訳ではないんだけど。
(聞き取りやすい英語に言い直してるとゆ~べきか。東北弁に字幕が出てる感じ?!)
どうやら叱られてるわけではないようだが、さっき来た男(キノコ)は誰か?と聞いてるらしい。
キノコ男を「Your Friend」とか言うもんだから分からんかったよ。
だって友達じゃないもん!
とりあえず、「No!Friend」と連呼してみた。
まずは「友達」ってのを否定せねば!
オッサンの顔の怖さに、その後はずっと日本語で
「友達じゃない!たまたまビーチであった変な男」って無関係を主張。
キノコの名前は何だ?と聞いてきた。
確か名前は・・・手帳に無理矢理書かれたな・・・
「○○!」とキノコの名前を言うとオッサンはその名前をブツブツつぶやきながら奥へ・・・
何だ?あのキノコ、何かやらかした?
も~やめてくれよーーーっ!この宿にはまた来たいと思ってんだからさ。ったく・・・

そんなこんなでピックアップはちょうど10時くらいにやってきた。
白い7人くらい乗れるバンだ。
慌しく車に乗り込みお世話になったロスメンの人には手を振るのが精一杯。
せっかく前日に「Selamat tinggal(スラマッ ティンガル)」ってゆ~言葉を覚えたのに・・・
『Selamat tinggal→さようなら(旅立つ人が見送る人に言う)』
バンは途中で何人かを拾ってぎゅうぎゅう詰めになった。
あまりのぎゅうぎゅうっぷりに皆なで大爆笑!
ロンボク行きのフェリーの港の駐車場を抜けてクタを目指す。
お世話になったワルン「SARTIKA」の前を通りかかった時に手を振ってる人が・・・
あ!!ワルンでいつも注文とりにきてくれてたおねぇさんだーーー!
バンから箱乗り寸前(言い過ぎか・・・)まで身を乗り出しておねぇさんに手を振る。
きっとまた戻って来るからねぇ~~~。

ちなみに・・・「おねぇさん」ってイネ語で何て言うんでしょ??
「イブ」って「夫人」のイメージなのでオバチャンにしか使ってなかったんだが・・・
若い女の子も30歳代くらいの女性も「イブ」なのかしら??
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-25 14:59 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 25日
Bali最後の晩餐での事件簿
emoticon-0158-time.gif旅行期間:2009.4.1~2009.4.24

★2009.4.22(22日目)

ランチの後は白砂ビーチ「Biastugal Beach」へ・・・
もはや、Blue Lagoon→Padangbai Cafe→Biastugal Beach→SARTIKAってコースは
私のパダンバイの定番コースですな。
ま、小さな港町なんでそんなに選択肢も無いのが現状なんだけど。

「Biastugal Beach」と言えば昨日キノコ男に会ったビーチだ。
しかも、今日の朝っぱらからロスメンに登場しやがったし。
居たら嫌だなぁ・・・と思い、コッソリコッソリ様子をうかがいつつビーチに行った。
とりあえずヤツは居ない様だ。
万が一キノコ男が来て見つかったら嫌なので
死角になる様な場所を見つけてレジャーシート敷いて寝転がってた。
もしキノコ男が現れてもすぐに助け?を求めれる様に
一人でマッタリくつろいでる欧米人のジィサンのすぐ側に居た。
(このジィサン、ちょっと寝てるスキに居なくなっちゃったんだけど)

もはやビーチでは泳ぐ気はなく・・・
だって、波が高いし。
あのドーンと体当たりしてくる波にはむかうのって思った以上に体力を使う。

このビーチからはロンボク行きのフェリーが行き交うのが見える。
しばし見てるとロンボクからやってきたフェリーが停泊した。
ロンボク行きのフェリーの出航待ちだ。
私も数日前はこんな感じで海の上で待たされたな・・・

a0121014_11111314.jpg
左がロンボクに向かうフェリー、右がロンボクからきたフェリー。
a0121014_111219.jpg

a0121014_11125023.jpg

a0121014_11131861.jpg
こ~んな感じですれ違う。この光景を見てるのがなんとなく好きだったりする。

ビーチでゴロゴロしてると一人のローカル男性が話しかけてきた。
って、こいつ・・・ロンボクのギリに行く前にこのビーチで見かけた通称「ブラジリアン」じゃん!
(詳しくはコチラの記事で)
近くで見るとますますブラジリアンっぽい(本当は「ブランカ」)
コイツも私にキノコを売ろうとしてるのか??
「マッシュルーム?」と聞くと「No!No!」って。
逆に「お前、キノコ欲しいのか?」と聞かれ、激しく「No!No!」と否定。
昨日このビーチでキノコを売りつけられそうになった・・・と
カタコトの英語とジェスチャーで何とか言ってみた。
するとブラジリアンは「買ったの?」って。
買う訳ないじゃん!とんでもないっ!!
ブラジリアンは「キノコなんて絶対駄目だよー」みたいな事を言ってた。
こいつ・・・マトモな人間だな。
ちょっといいヤツだと勝手に判断して(キノコを悪い物だと言っただけで)しばし話してた。
仕事はトランスポートしてるらしい(きっとトランスポートの営業で話し掛けてきた)
歳は34歳だった。意外にくってんだな・・・
私の年齢を言うと(ちなみに40歳)ずっこけてた。
日本人ってのはホント若く見えるらしいね。
私は英語もイネ語も話せないので会話はスムーズに進まなかったが
ブラジリアンは特に飽きる事もなく、マッタリと私の近くに座ってた。
そうこうしてるうちに夕方になったので、ブラジリアンにサイナラを言ってビーチを去った。

ロスメンに戻って翌日のトランスポートをお願いした。
サヌール、ウブド、クタなどの定番エリアは決まった時間出発で安い。
空港までだといつでも出発(要するにチャーター)になり高い。
値段失念で申し訳ないのだが、多分、クタまではRp60000くらいで
空港までだと倍以上違った気がする・・・
それならクタまで行って、そこからタクシー乗った方が安い。
翌朝10時発クタ行きのトランスポートをお願いした。

部屋に戻ってシャワーを浴びて夜の定番ワルン「SARTIKA」へ。

a0121014_11364462.jpg
Bintang Beer~~emoticon-0167-beer.gif
このワルンで飲むのも今日が最後か・・・くすん。

a0121014_1139887.jpg
昨日、あまりのウマさに感激しまくったフーユンハイをこの日も食べる~~。
やっぱ、うまし!うまし!!

【お会計】
●Bintang Beer/Rp20000×2(約¥200×2本)
●フーユンハイ/Rp10000(約¥100)
合計 Rp30000(約¥300)

あれれ???どうしたの~?これだけ??
って、思ったであろう。
ふっふっふっ(怪しい笑み)
この日はバリ最後の晩餐だぞ。2件ハシゴじゃーーーっ!!

ってな訳で2件目に行ったのがパダンバイ初日の夜に行った「KERTI」
ここはいかにもツーリスト向けであまり好きではないのだが
2階ってのが何だかいい感じなんだよねぇ~。
いかにもツーリスト向けなのでガムランなんぞもかかってたりして・・・
所謂「バリ!」って気分が味わえると言えば味わえる??
(私はバタバタのワルンの方が好みだけど)
それにピザが食べたかった。
パスタのある店は結構あるけどピザのある店ってのは少ない。
(ピザ釜が必要だから?アメッドではフライパンで作ってたけどね。笑)

a0121014_11463527.jpg
勿論Bintang Beer!emoticon-0167-beer.gif
この日5本目でっせ~。しかも全部「Large」だし!負けるもんか!!(何と戦ってる??)

a0121014_11481391.jpg
店内はこんな感じ。人が少ないが、行ったのが20時過ぎだったからね。
しかし・・・この20時過ぎに行ったのが後に大失敗と思う事になるのだ・・・

a0121014_11493931.jpg
しばし待って登場~。ペスカトーレピザ!
見た目はなかなか本格的で美味しそう~~~

さ~て、食べますか~。って、熱い!熱い!焼きたては熱いに決まっとるが・・・
ようやく一切れ食べた時に気付いた・・・
客が私一人だ。
すると無駄に人数が居る店員があからさまにテーブルクロスとかを外して店じまいアピール。
バサバサと他のテーブルに掛かってたクロスをはらったり・・・
すげーーヤな感じなんすけど。
働いてない(片付けしてない)店員は何人か固まってコッチを見てる。
きっと・・・
「遅い時間にやってきやがって、時間の掛かるピザなんて注文しやがって、のんびり食いやがって」
とか思ってるに違いない。
思えば、ガムランのバックミュージックも流れてないじゃないか!!
しかも、水が垂れてるオブジェみたいのがあるんだけど、水も止めちゃってるし。
確実にとっとと帰れムード満載!!
店に入る前に店先に居た女性に「まだ大丈夫?」ってちゃんと確認したのに・・・
30分くらいでこんな目に遭う事になろうとは。
分かりましたよ・・・帰ればいいんでしょ!ったく!!二度と来るか!こんな店!!!
ちょっと欧米人で盛り上がって人気があるからって調子にのってんじゃないよ!
睨んでる店員を睨み返しで呼びつけて「ブンクス、ボンニャ!」と一言。
サッと皿を取って奥に行った。
確実に不機嫌丸出し顔で会計と包んでもらってるピザを待ってた。
すると、ちょっとエラい感じのオッサンが登場。
帰るって言ってやったのに、まだ文句あんのか?!
すると「他に客が居なくても気にしなくていいんだよ」っぽい事を言われた。
いや・・・普通こんな扱い受けたら気にするだろ。
私にそれ言う前に店員に言え!

【お会計】
●Bintang Beer/Rp20000(約¥200)
●ペスカトーレピザ/Rp40000(約¥400)
合計 Rp60000+Rp6000(10%税)=Rp66000(約¥660)

バリ最後の晩餐なのに、こんな嫌な思いをする事になろうとは・・・
今までのいい気分がこんなチッポケな事で全て台無しになった気分。
ピザはロスメンに戻って2切れくらい食べて捨てた。
冷めたピザを食べたかった訳じゃないもん。

★22日目に使った額 Rp181000
[PR]

by panda_traveler | 2009-10-25 12:16 | 2009.4.1~バリ島、ロンボク島 | Trackback | Comments(0)