カテゴリ:2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ( 179 )

2012年 04月 22日
タイ30日目~帰国
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.29(木)

朝5時半に起きました。
あの仙人着メロの目覚ましで。
次にこの仙人着メロ聞くのはいつでしょうね。

フライトが8時15分なので7時に空港に着けば余裕だったのだが
宿のオネェさんが「国際線だから2時間前じゃないとダメ」と頑固に言い張って。
「もうチェックインしてボーディングパスも持ってるから荷物預けるだけ」って言っても聞く耳持たずで。
渋々6時にピックアップとなりました。
やれやれ。

6時ジャストにトランスポートの車に乗り込み空港に着いて車を降りたのが6時5分。
ジャスト5分の距離です。近い。
道すがら「これなら歩けたな」と。
次回は絶対に歩きます。徒歩だと30分くらいだろ。
ちなみにナイヤーンと空港の間くらいにスーパーマーケット発見!
こんなところにあったのかー

やたら早くに空港に着き、暫く外のベンチに座ってタバコ吸いながらマッタリ。
次々にツーリストが空港にやってくる。
8時台は便が結構あるのかもしれん。
そこにやってきたコリアン軍団。
送迎バンから降りおもむろにその場でスーツケースを開けだした。
10人くらい居たが全員。
そして何をするのかと思ったら着替え!
ええーっ!って感じっすよ。
普通は宿から着てこないか?
トイレに行くでもなく空港の外でですよ。
ほんと、コイツらの感覚は理解できん。
道端で荷物を広げてほんとはた迷惑もはなはだしい。
しかしそんな事は全く気にしないお国柄なんでしょうね。
頼むから「こんな事を平気でやる我々はコリアンです」と言ってもらいたいわ。
白人達に日本人と勘違いされたら困る。
着替える時に荷物をひっかきまわしたもんだから辺りにやつらの荷物が散乱。
それをしゃがみながらグチャグチャっとカバンに詰めてる姿を見て真面目にひきました。

a0121014_13493699.jpg
まずはクアラルンプールへ飛びます。
クラビ→クアラルンプール便をもっと増やしてほしいなぁ。
そしたらわざわざプーケットまで来なくても良かったのに。
でも今回のナイヤーンビーチはなかなかいい所でしたよ。
しかし、やはりどこかですれた感じがあるとゆ~か・・・
クラビにはかなわないですね。

1時間チョイでクアラルンプールはLCCTに到着。
羽田行きの便まで時間があったので、やはりフードコートへ。

a0121014_1412538.jpg
ナシチャンプルと悩んだけどプロウンミーにしました。
しかし!初めて食べた時のあの美味しさは無くなってた・・・
やたら辛いだけの変なヌードルになってた。
作る人によって味にバラつきがあるのが東南アジアのあるある。
残念でした。
悔しいので後にナシチャンプルを食おうと決心してスープは残した。

しかし・・・
2時間くらい経っても一向にお腹に隙間が生まれず。
このままナシチャンプルを食わずに帰るのは絶対に心残りだ!
ギリギリまで待ったが食べれる気がしなかったのでテイクアウェイする事にした。

荷物とナシチャンプルを持ってチェックインカウンターへ。
サクッと荷物を預け(ナシチャンプルは手荷物)イミグレに向かう。
ナシチャンプル、荷物チェックをちゃんとスルーしました。
赤外線映像を見るとくっきりナシチャンプルが映し出されてた(笑)

さて、いつ食う?ナシチャンプル・・・
とりあえず機内では食う事は出来ん。
エアアジアは安い代わりに機内食が有料で持ち込みも禁止。
実際はパンやおにぎりやスナック菓子など簡単なものはお咎めないのが現状。
しかし、パックに入った飯はちょっと大胆すぎる。
ゲートの前でギリギリまで待ちファイナルコール辺りでおもむろにパックを開けて食いだした。

a0121014_1494736.jpg
モヤシ炒め、ジャガイモ炒め煮、ゆで卵。
何故かゆで卵は殻付のまま半分に切られてた。
それより味!卵がびっくりするほどしょっぱかった。
塩漬け卵??
卵はパスしました。勿体無いけど無理だった。
あとのおかずは文句無く美味しい。
が、如何せん空腹で食ってないのが辛い。
しかも急いで食ってるし。
食べてる途中でどんどん客が機体に向かって歩き出し始めた。
やばい!
途中で食べるのをやめて走った先は免税店。
タバコ!タバコ買わねば!!
慌てていたので適当にメンソールっぽいの掴んで買った。
で、残ったナシチャンプル・・・
そのまま機内持ち込みっす。
あと少しだし、ほとぼりが冷めた頃(?)に機内で食うとしよう。
と思ってたのに上の荷物入れに入れてしまった。
席は3シートの一番窓側。
あぁ・・・どうなる、私のナシチャンプル(の食い残し)

結局、隣の女の子(シンガポーリアン??)は一度も席を立つことなく羽田に着いた。
そう。
ナシチャンプルを上の荷物入れから救出出来なかったのだ。

荷物受け取りのトコで残り食いました。
捨てませんでしたよ。ちゃんと完食しました。
まさか日本でマレーシアのナシチャンプルを食うとはね。
あっぱれ、私(何が?)
近くに居たオバハン「この人どこでこうてきうたの食ってるの?」って目で見てた。

家の最寄り駅には深夜12時半くらいに着きました。
そのままコンビニに行って納豆巻きと出汁巻き卵とたこ焼き買って帰宅。

3日間後には会社復帰です。

おしまい
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-22 10:42 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 21日
タイ29日目~まだまだ終らない夜 in PHUKET
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

21時過ぎに「SAVOEY」を追い出された私。
(問答無用で料理が下げられ会計を持ってきた)
まだまだ宿に戻るには早い。
つか、飲み足りなーーーい!
しかしナイヤーンはパトンの様に遅くまでやってるバーなんぞはない感じの大人しいビーチ。
(そこがいいんだけどね)
道すがら「ここはもう少し遅くまでやってるかな?」ってな店を覗くと
やはり22時には閉めるとの事。
それじゃ~今から飲んでも店も迷惑だろ・・・と思ったのだが
「他にも客がまだ居るからいいよ」との事でヒョイと一件入ってみました。

a0121014_12141353.jpg
基本、シーフードレストランの様だがバーカウンターもある。
つか・・・この店、もしかして最初にメニューチェックした「Phen's Restaurant」かもしれん。

a0121014_1241625.jpg
白ワインをグラスで頼みました。100B
ピーナッツをサービスで出してくれましたよ。

ワイン飲みながら店のオヤジとチョイとお喋りを(言葉も喋れんくせに)
ここには一日しか居ない事を言うと残念がってた。
うん、そうだね。
せめて2~3日は滞在してみても良かったかも。
そういや~オヤジが耳を疑う事を言った。
「お前さん、英語なかなかイケてるぞ」
ん!?
私の英語がイケてる??んなバカな。
「あたしゃ~英語が全然話せんのだよ」と言ったが「いやいや、大丈夫」と。
オヤジ曰く、近年タイリゾートに進出してきてるコリアンどもの方が何言ってるか分からんそうだ。
へぇ~~
コリアンども、結構英語が話せるイメージだったけどな。

途中、店のオヤジが夕飯を食べだした。
見せてもらうと美味しそうなぶっかけ飯。
a0121014_1248313.jpg
写真を撮らせていただきましたー
これがローカルの飯だぞと説明してくれるオヤジ。
いやいや、知っとるわ。
ぶっかけ飯、何度も食べてるし。ウマイし。
ま、一見さんの私はいいもん食ってる金持ちツーリストに見えたのかもしれませんね。
ワインなんぞ飲んでるし。
ここでメコン(タイウィスキー)頼んでたらもっと話が弾んだかもな。

結局ワイン2杯飲んで22時過ぎに店を後にしました。
〆の麺は無しです。

これで本当にこの旅最後の夜は終わり。
明日は早起きして空港に向かいます。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-21 10:07 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 20日
タイ29日目~最後の晩餐「SAVOEY」 in PHUKET
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

雷ゴロゴロきてましたがギリギリで雨が降らない感じで。
何とか雨に降られずにビーチに戻ってくる事が出来ました。
さっきのメニューチェックで「SAVOEY」を候補に挙げてましたが
道すがら更に他の店のメニューもチェック。
しかし、どこも似た様な感じ。
決め手はビールの値段ですな。
やはり一番チャーンが安かった「SAVOEY」に行く事にしました。

どうせならやはりビーチ沿いの表のテーブルへ・・・
砂浜にテーブルと椅子がいくつかあります。
椅子に座ると即座に砂にめり込んだ(-_-)

a0121014_11322956.jpg
こ~んな感じですね。
ビーチ沿いの店はどこも同じ様な造り。
雨が降っても屋根付きの店内もあるのでマイペンライ。

a0121014_11273497.jpg
チャーンビール氷入り。
波の音を聞きながら砂浜で飲むビールは格別。

a0121014_11354142.jpg
ヤムウンセン(春雨サラダ)シーフード
すっごいボリュームでした。
頼んだ時に辛くするかどうか聞かれました。
私は勿論「スパイシー」で注文。
そういえば「辛い」ってタイ語で「ペッ」と教えてもらった事を思い出し「ペッ」と言ったら通じました(笑)
サッパリ美味しい。ソムタムも好きだけどヤムウンセンも好きです。

a0121014_11425227.jpg
Musselです!
無難にオイスターソースで炒めてもらおうと思ったのだがメニューになく。
一応聞いてみたが、やはりオイスター炒めは無い(出来ない)との事。
タイソース炒めっちゅ~ので注文いたしました。
これもまぁ~すごいボリューミーで。
でも、殻が大きいからね。
実際の食べる量としてはそこまでではないかと・・・

つか、店員の若い男が超ー感じ悪かった。
料理を無言でテーブルにボンッと置くとゆ~
クラビではそんなにレストランに行かなかったが(屋台ばっかだったし)
たまに行ってもこんな感じ悪いの居なかったぞ。
ここで「プーケットは人気リゾートだから人もすれちゃってんだわ・・・」と思った単純な私。
でも、そ~ゆ~のあると思うよ。
天狗になってるみたいな。

ま、感じ悪い店員はさておき
頼んだ物をツマミに一人でニヤニヤしながら宴を楽しんでいた訳だが
段々と雷のゴロゴロがすごくなって、遂には雨が降ってきてしまった。
否応無く屋根付の店内に移動。
容赦なく降る雨。
当分やみそうもない。
向かいのテーブルの白人軍団を見るとワインなんぞ飲んでる。
ワインか・・・
私もちょいと飲みますかね。
その前に何時に閉まるかを聞くと30分後くらい(21時15分)には閉めるとの事。
ワイン・・・カラフェで頼もうと思ったけど30分では飲みきれないなぁ。
ワインは諦めた。
そうこうしてるうちにトイレに行きたくなった。
「トイレどこ?」と聞くと表の道路挟んだ向かいの店の奥にあると言う。
傘がないとトイレにも行けない。
傘を貸してとお願いすると店員とセットで貸してくれた。
若い女の子の店員と一緒にトイレに向かった。
英語があまり喋れないのか?「昨日も雨だったの?」って聞いてもなかなか通じず。
やっと通じるとやはり昨晩も雨が降ったとの事。
自分がクラビに暫く居て毎日の様にガイヤーンとソムタムとカオニャオを食べてたってな話をすると
カオニャオを言うところで彼女と「カオニャオ」と言葉がかぶった。
やはりこの三点セットは定番の様ですな。
彼女、私も大好きと言ってました。
トイレ往復のほんの短い時間の会話だったけど好きな物が同じって事で仲良くなれた気がした。

閉店時間になりお会計をして店を後にした。
その頃には雨が少し小降りになってた。
残念ながら、やはり完食は出来ず。
1/3くらいしか食べれなかった。
でも、ヤムウンセンも貝も美味しかった。
店員の女の子も可愛かった。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-20 10:19 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 19日
タイ29日目~メニューチェック&散歩 in PHUKET
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

ビーチで結構泳ぎましたね。
何時間くらいかな?3時間くらい?
最後の海ですもん。心残りがない様に・・・と。

ひとしきり泳いでビーチ沿いのレストランのメニューチェックいたしました。
今夜はこの旅最後の晩餐です。
何を食べようか色々と考えた結果、貝(やっぱり!笑)を食べる事にしました。
私がムール貝みたいやつと言ってる貝は「Mussel」とかって名前でメニューに出てます。

一件目「Phen's Restaurant」
テーブルクロスが紫なのが目印ですかね。
Musselありました。しかし値段が書かれてない(グラムでナンボって感じ)
たまたま寄ってきた店員さんに聞くと500gで150Bとの事。
500gって・・・どんくらいだよ?
何となく多いイメージあったので250gは出来る?と聞くとダメだった。
チャーンビールは100Bでソムタムは70Bだった。

二件目「MARINA」
Musselは120Bでソムタム60B
さっきの店より安い!
けど、チャーンビールが120Bとべらぼうに高い!

三件目「SAVOEY」
Musselは90B
ソムタムはメニューに無し。
しかしヤムウンセン(春雨サラダ)等のメニュー有
チャーンビールは90B

四件目「Batik Seafood」
Musselは100B
ソムタムはメニューに無し。
チャーンビールは100B
ヌードル系は60~80B(〆用にチェック)

五件目は名前不明。
メインから一番離れていて、公園の敷地内?にあるローカル向けの店。
Musselは無し。赤貝みたいな安い貝しかなかった。
ソムタムは50Bでチャーンビールは80B
ちなみにローカル向けの店なので英語もなかなか通じず。
何時に閉まるのか聞くと19時との事。
ちなみに、何時に閉まるかを聞き出すのも一苦労だった。
シャッター閉めるジェスチャー付で聞いたり(ますだおかだの「閉店ガラガラ」イメージ)
「Close」と書いたメモ見せたり「Finish」と言ったり。
とりあえず19時に閉まるとの事で候補から外れた。

今宵は「SAVOEY」が候補に挙がりました。
ま、後から更にチェックしますがね。

ちなみに、これはメニュー見ながらちゃんと持参のメモ帳にメモってます。
同じ物なら少しでも安い店で飲み食いしたいですからね。
最後でも気は抜きません。

宿に戻りシャワーを浴びて少し散歩がてら買物に出掛けました。
ビーチとは反対方向、大通りに向かって歩き出しました。
大通りに出て左折。空港方向に向けて折れました。
やはりビーチから離れるとローカル系の食堂みたいのがポツポツと。
しかしスーパーマーケットの様なものは見当たらず。
結局、コンビニに少し毛が生えた感じの店で土産物を購入。
なんやかんやで辺りはすっかり真っ暗になってしまってた。
19時くらいですかね。
再びビーチ側に向けて歩き出しました。
行きとは違う道です。
空港からナイヤーンに来る時に曲がる道ですね。
途中、犬が何匹か居て怖かった。
インドネシアやタイの犬は夜になると凶暴になるんだよなー。
犬も怖かったけど天気が不安定になってきてゴロゴロと雷が鳴り出した。
何度も言ってるが、今回は傘を持ってない。
足早にビーチに向かう。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-19 10:49 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 18日
タイ29日目~NAIYANG BEACH in PHUKET
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

宿を決めて部屋に入りすぐに荷物をゴソゴソ。
水着装着!
行くでービーチに!!

宿のオネェさんに聞くとビーチに行くには目の前のインディゴパールホテルの脇道から・・・との事。

a0121014_944866.jpg
こ~んな舗装もされてない細道。
写真は道が乾いているけど、実はもう少し先に進むと泥がぬかるんでた。
いつもそうなのではないと思う。
恐らく昨晩か今朝に雨が降ったのではないかと。
ここは近道の様でローカルもバイクでガンガン通る。
そこでもバリとの違いを感じた事がありましたね。
バリではクラクションを無駄に鳴らされ「どけ!どけ!」と言わんばかりの態度で
よけてもお礼なんてされないのが当たり前。
彼らなら水溜りもお構いなしでコッチに泥水かける勢いで走り抜けてく事だろう。
でも、ここでは無駄にクラクションも鳴らされず(私が気付くのを後ろからノロノロ走りで待ってる?)
私が気付いて脇によけると頭を下げてお礼してくれる人が殆ど。
仕舞にはオバサンに「(舗装してあるとこまで)乗せてってあげようか?」なんて言われた。

ま、こんな細道を5分も歩くとメインのビーチ沿いの道路に出た。

a0121014_955725.jpg

a0121014_9561466.jpg
ここです、ここ!
私が以前、クラビからプーケット行きのバンに乗ってた時に見たのは。
「ここ・・・パダンバイっぽい。好きな感じかも」と思った、あの時に見た所です。
規模はパダンバイと同じくらいですかね。
ほんと小さいです。
パダンバイと違うのはビーチ沿いに店があるところかな。
海→砂浜→レストラン等の店→道→レストラン等の店・・・こんな感じ。
写真の道路からも入れるしビーチからも入れる造りですね。
パダンバイも私が訪れる前はそんな感じだったらしいけど
今では海沿いにレストラン等はありません。
やっぱ砂浜沿いにあるレストランっちゅ~のは惹かれますねぇ。

このレストランの脇からヒョイとビーチへ。
a0121014_10103281.jpg

a0121014_10162516.jpg
写真だとイマイチ分かりにくいけど、実際は凄~~く綺麗な海でした!

a0121014_1018029.jpg
こんな感じでビーチチェアがズラリ。
これ・・・やっぱ借りるのにお金掛かるよねぇ。
未確認だけど、レストランで食事もしくはドリンクを頼むと無料?なのかもしれんが。
殆どのツーリストがビーチチェアを利用してる。
私は勿論、チェアなんて借りませんよ(笑)
おもむろに砂浜にサロンを敷いてゴロン~

パッと時計を見たら14時でした。
11時にクラビタウンを出発して3時間後にはプーケットのナイヤンビーチに居た訳です。
ミニバス、飛ばしてたもんな~
これ、以前に使ったシャトルバスだと1時間は遅く着いてたと思う。
確か11時クラビタウン出発で16時にプーケットのパトンビーチに着いたはず。
ナイヤーンとパトンは車で40分くらい離れているので15時くらいに着いてたはず。
あのシャトル使わなくて正解でした。

で、ナイヤーンのビーチですが水に入ってビックリ!
水が超ー透明で綺麗!!
プーケットのビーチと言えばパトンとラワイしか知らなかった私。
パトンは全然水が綺麗じゃない。
ラワイは論外。泳ぐビーチじゃないので。
そんな訳でプーケットの海は汚いってイメージ持ってたんだけど覆された。
全くの透明なんですわ。
テンション↑↑ですよ。
思いっきり泳ぎましたよ。
白人の客層もパトンとは違う感じがしましたね。
パトンに居る白人ツーリストは浮かれたのが多い感じだったけど
ここではゆっくりのんびり過ごしてる感じの人が多い感じがした。
ま、パトンみたいにゴーゴーバーとかやかましい感じのものは無いんでね。
たまたま近くに白人の若い男性二人組が居ましたが、ローカルの子供と遊んでて
見ててほほえましい感じでしたよ。

ナイヤーンは空港が近いので頻繁に飛行機が飛び立っていくのが見える。
a0121014_10362593.jpg
写真、小さくてわかりにくいと思うが写ってるのは大好きなAirAsia

飛び立つ飛行機を何便も見ながら自分も翌日にはこの楽園から去るのだという実感がヒシヒシと。
二ヶ月チョイ、あっとゆ~間でした。
以前は半年弱と長い滞在だったし同じ所(パダンバイ)にこもってたってのもあるからか?
早く日本に帰りたい気持ちになったけど
今回は「帰りたくない。もっとタイに居たい」って気持ちばかりで。
恐らくあと2ヶ月延長して居ても同じ気持ちになったんじゃないでしょうかね。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-18 10:42 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 16日
タイ29日目~「PEN SIRI HOUSE」in PHUKET
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

モタサイのオヤジに紹介された今回のお宿紹介。
場所はプーケット空港近くのナイヤーンビーチにあるっす。
「INDIGO PEARL」とかってゆ~クソ高いホテルの目の前です。
宿の名前は「PEN SIRI HOUSE」

a0121014_14382821.jpg
外観こんな感じ。よく見るタイプのGHですな。
ミニマートが併設されてるが、勿論高い。

部屋は一階の101号室(だっけな?)だった。
荷物持って階段登るの嫌だったので一階で良かった。

a0121014_14454961.jpg

a0121014_14464270.jpg
部屋はこんな感じ。写真に写ってないけどドレッサーとクローゼットもあったよ。
確かクローゼットの中にセフティボックスもあった。
窓の外はすぐ道路。
道路って言っても隣の高いホテルの敷地内道路みたい感じなので頻繁に人が行き来する感じではない。
しかし誰かが通ると思いっきり目が合ってしまうくらいの近距離。
でも寝るだけなら十分な宿じゃないっすかね。

宿で翌朝の空港までのトランスポートを頼んだのだが、それは激高の200B
早朝とか関係ないみたいだ。
ちなみに、どこで頼んでも200Bくさい。
結論から言うと、空港まで歩こうと思えば歩けるので(多分30分くらい?)
金のないヤツは歩くのをオススメする。
が、あくまでも早朝か日が暮れてからの場合。
日中は多少キツいのではないかと思われる。
そんな時はモタサイ捕まえて100Bで交渉するのをオススメする。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-16 10:36 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 15日
タイ29日目~KRABI→PHUKET by Mini Bus(Part.2)
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

5分ほど走って「やっぱり」っちゅ~トコに着きました。
a0121014_2343471.jpg
クラビの長距離バスステーションですね。
ここで男前のドライバー・・・
あ、そうそう。
ドライバーさんがなかなかの男前だったんですわ。
スッキリ短髪で白のアイロン効いたシャツなんて着てましてね。
年の頃は・・・30代前半?清潔感溢れる感じでしたよ。
バリではボロボロの穴開きポロシャツのジジィドライバー(パダンバイ限定?)が殆どなんでビックリ。
タイとインドネシア・・・同じ東南アジアですが、私の中では大きな違いをいくつも感じます。
その辺りの話は、この旅最後の総括ブログ(そんなんUPするん?)でお話するとしますか。

話はいつもの如く反れたが、その男前ドライバーさんが長距離バスステーションで
何やらチケット売りのオヤジと話してる。
私の想像だが、ここでバスに乗り遅れた?的な客を捕まえてんじゃないかと・・・
あと、バスより安いので「このバンだったら120Bやで~」って言って客引きしてる?
どうせ行くなら満席にして行きたいんでしょうね。その方が儲かりますから。
なんやかんやでバスステーションに30分くらい居ましたよ。
そして11時半頃にほぼ満席になって出発ですわ。
でも道中にもバス停らしきものがあり・・・
って言っても日本のバス停みたいなんじゃなくて屋根付きの休憩所?みたいなやつで。
そこに誰かが座ってると男前運ちゃんがクラクション鳴らすとゆ~
そんな感じでチョコチョコ道端で客を捕まえては道すがら乗客を降ろす。
クラビからプーケットの道中であれば乗り降り自由(ローカル限定?)のバスの様です。
ま、大人しく真っ直ぐプーケットに向かうとは思いませんでしたけどね。
3時間って言われてたけど何時に着く事やら・・・な~んて思ってたのですが
大型バスと違って結構なスピードで飛ばしておりまして
気付くと「この橋はもしや・・・」のプーケットに渡る橋におりました。

橋を渡ると早々に「Phuket Airport」なんて書いてある標識が出てまいりました。
私が行こうと思ってるナイヤーンビーチは空港の近く。
まもなく空港に着くかな・・・って思ってたんだけど、ここ右折したら空港って交差点(厳密に言うとT字路)で
曲がる気配がない。
確かチケット売りのオヤジは空港経由タウン行きと言ってたが・・・
信号待ちしてる運ちゃんの肩を叩き後ろから声を掛けた。
「I want go to naiyang beach」
ここで他の乗客が『え?お前、外人なん?!』って感じで一斉に私を見た。
運ちゃん「Naiyang inside」と言って右方向を指差した。
知っとるがな。さっきから空港は右方向って標識出てたもん。
信号が青になり、少し進んだ所で車を止められた。
「こっからモタサイ(バイクタクシー)乗って行け」と言われ荷物を道にポイッとな。
おおおぉーーーいっ!せめて空港で降ろしてくれよーどこやねん、ここ!
大通りにサクッと捨てられた私と荷物。
歩く・・・か?
って言っても空港からナイヤーンまでの道は何となく事前に調べてたけど
空港でもない所で降ろされちまってるもんで果たして歩けるかどうか見当もつかん。
チロッと見るとモタサイオヤジが私を見てる。
ナイヤーンまでナンボ?と聞くと100Bとな。高っけーー
でも空港で降ろされてもタクシーで100Bとか払わさせられるんだろうなと予測はしてた。
ま、いっか。このオヤジに乗せてもらうとしよう。
オヤジが「お前さん宿は決まってるのか?」なんて事を聞いてきた。
いくつかネットで調べてメモは取ってた。
しかしネットに出てるのって高い宿ばっかなんだよね。
プーケットっていう場所が高いってのもあるけど。
そのメモを見せると「どこも2000Bとか高い宿だけどいいのか?」と。
オヤジに1000B以下の安宿を知ってるか尋ねると知ってると言う。
ビーチまで5分くらいの安宿の様だ。
そこに連れて行ってもらう事にした。
おもむろにバイクにまたがる。ヘルメット無し。
10分くらい走って私がメモしてた宿の前を通り「ここがメモってた宿だ。高いぞ」なんてゆ~案内付。
そしてバイクが止まったのはインディゴパールとかってゆ~超ー高いホテルの前。
へ?
しかしホテルの前にいかにもな安宿があった。
宿のオネェさんに一泊ナンボか聞くと800Bと言う。
おっ!予算内!
しかもホットシャワー、AC、テレビ、冷蔵庫付と言う。
クラビで泊まってた宿と同じレベルの設備だ。
部屋を見ると悪くはない。
如何せん一泊だけなのだ。十分、十分。
即決。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-15 13:56 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 12日
タイ29日目~KRABI→PHUKET by Mini Bus(part.1)
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

11時チョイ前にミニバス乗場に到着。
ミニバス乗場と先の飲茶の店は近いのだ。歩いて2分くらい?
その2分の間にも心ひかれる店が目白押しでしたよ。
歩道にゴザが敷いてあって子供用の折りたたみテーブルを出してる店にはウケた!
もはや歩道だろうが何だろうがお構いなしですね~
それがタイの魅力のひとつなんだと思います。
とにかく食に溢れてる。
ほんと、よく思うんですわ・・・「ギャル曽根ちゃんになりたい」と。
懐かしいですね、ギャル曽根ちゃん。元気なんでしょうか?
私、見掛け倒しもはなはだしいと言いますか・・・
見た目だと思いっきり食べそうなのですが実際はそんなに食べれなかったりする。
酒を飲むと更に食う量が減る。
でも今回のタイでは結構見た目に似つかわしい食いっぷりが出来たのではないかと自画自賛。

a0121014_16593727.jpg
クラビタウンからプーケットタウンまで120Bです。
やっすいですね~
ちなみに、私のジーンズが一緒に写っておりますよ。
このデニムのお陰で随分とローカルと思われて、ある意味楽でした。
でも、やっぱ暑いよ、うん。
脱ぐ時に汗でへばりついてて「ふんがっ!」って気合入れて引っ張らんと脱げんよ。

a0121014_22373610.jpg
これはミニバスの中。
テレビなんか完備してましたよ。
でも、タイ人歌手のDVDばっか流してましたけどね。
ちなみに、この手のバンに乗りなれてる私からアドバイスを一丁。
運転手の後ろの席が一番よいですよ!
足元が広いんですわ。
ちょいと靴を脱いで足をのっけれる感じになってますよ。
このポジを獲得出来れば意外に快適なミニバスの旅になりますよ~

ちょうど11時にミニバスは出発しました。
乗客は私と「レゲエ好きだろお前!」とつっこまないといけないか?な見た目のロン毛男の二人。
ま、このまま二人っちゅ~こたぁ~ないわな、恐らく。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-12 23:40 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 04日
タイ29日目~Dim Sum in KRABI
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

9時頃に宿をチェックアウトしました。
宿のオヤジに「どこ行くんだ?」と聞かれ「プーケット」と。
心ん中で「一日だけだけどな」って思いながら。

大通りに出ると数分でソンテウがやってきた。
重たい荷物と一緒に乗り込む。
先に乗ってたローカルの女の子が荷物を積むの手伝ってくれましたよ。
クラビの人は優しい人が多いな~
その印象、すごく強いっす。

30分後にタウン到着。
まずはミニバス乗場へ。
「何時に出発する?」と尋ねると「10時」との事。
時計を見ると9時45分・・・あと15分後か。
しかし私はタウンでどうしても飲茶に行きたかった。
「10時の次は?」と聞くと「11時」との事。
どうやら一時間おきに出てるみたいっすね。
「んじゃ~11時発のに乗る。飯行って来る」ってな事を告げ
荷物を指差し「OK?」と聞くと(荷物ここ置いといてよい?の意)「うん、うん」と。
荷物を預かってもらい・・・って言ってもチケット売場前に置いただけだが
いそいそと朝市が開催されてるマーケットの方へ。
どうやら朝市の向かいに飲茶の店があるとの事で、事前にも自分で籠の存在を確認済。

朝市の方に行くとありました、ありました!飲茶の店です。
一目瞭然だが一応「Dim Sum?」と確認。
店の名前は「Siw Mhai Yhok Restaurant」っちゅ~らしいっす。
なんか・・・まんまだね(笑)

a0121014_12522980.jpg
店にはこんな感じでセイロに入った点心が並んでます。
現物を見ながらチョイスして店員さんに渡すと蒸してくれるっす。

a0121014_16254133.jpg
テーブルには写真付メニューも有。
セイロん中見てもどれがどれだか分からない時や表に出てない物はこのメニュー持って指差しで注文可。
ただ、字がちぃせぇーので店のオヤジが文字を読み取るのに時間が少し掛かるかも。

a0121014_1632677.jpg
こんな感じでチョイスしてみました。
海老蒸し餃子はなかなかウマし(やはり海老はウマい)
ポークシュウマイはやや甘めの味(さすがタイ)
クラブミートシュウマイはニンニクがキツめ
ほぼ20B均一と思っていただけてよいです。20Bと言えば日本円で約54円っすね。
あんまんとか肉まんとかは一個で10Bとからしい。
あとはお粥もあった。確か50Bくらいだったね。
さっきのメニューの裏にお粥メニュー出てた。
お茶は勝手に運ばれてきた。ジャスミン茶みたいやつだったね。それは無料だった。
クラビタウンにはタコラとかっちゅ~有名な飲茶レストランがあるらしいが
チョイと離れてるのと、多分チョイとお高めなので
気軽にサクッとつまむにはここで十分だと思われ。

a0121014_16395723.jpg
表のテーブル席からの景観。
ほんと、モーニングマーケットのまん前。分かりやすいですよ。
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-04 16:40 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ
2012年 04月 02日
タイ29日目~さようなら in KRABI
059.gif旅行期間:2012.1.23~2012.3.29

●2012.3.28(水)

a0121014_1220365.jpg
恒例の朝の一枚です。
晴れてますね。

久しぶりに携帯の仙人着メロのアラームで起きました。
目覚ましを掛けずに過ごしてた日々が懐かしいっすね。
これから又、目覚ましを掛ける日が戻ってくるんですねぇ。

今日、クラビからプーケットに移動です。
プーケット、な~んか気乗りしないんすけどね。
結局、タウンではなく空港近くのナイヤーンビーチに行く事に決めました。
以前、あの一瞬見た時に感じた「ここ!」って直感を信じまして。
ビーチなのでどうせなら泳ぎたい!って事で、そこそこの時間に着く様に。

9時頃に宿をチェックアウト。
お世話になったね、メガネオヤジ。
とても居心地のいい宿でしたよ、マジで。
GHなのに毎日バスタオルを替えてくれたし(しかもタオルはフカフカだったし)
水は飲み放題だったし(クラビで一本も水買ってないっす)
ベッドも大きくてどう寝てもはみ出すことはなく。
冷蔵庫は大きな仕事をしてくれた。
多分もう今回みたいに長期で来れる事はないと思うけど
もし何らかの事情で(!?)長期で来る事があれば、またこの宿に泊まるな。

ビバ☆Won Won Guesthouse
[PR]

by panda_traveler | 2012-04-02 12:18 | 2012.1.23~ペナン,バリ,クラビ