カテゴリ:2011.12.28~バリ島( 21 )

2012年 06月 13日
帰国します in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.4~5

前回に引き続き、今回も記事とは関係ない話からスタートしますが・・・
前回チョイと触れた自分のブログへの「キーワードランキング」なるものですが
ブログ名に「貧乏」と入っているだけあって「安宿」「LCC」なるキーワードも多いです。

まず「安宿」
今まで色々な安宿に泊まってきましたね~
なんて過去に泊まった安宿達を思い出しました。
虫がウジャウジャ出た宿、臭い宿、独房みたいな宿・・・
中でもやはり「臭い宿」ってのが多い。
部屋自体がカビ臭い、ベッドや布団や枕が汗臭いなど。
寝れればいいやって感覚でも寝る事も出来やしねぇー
しかしいい安宿もあった。
新しいところで言えばタイはクラビの「Won Won Guesthouse」とかね。
もはやGHと言うよりちょっとしたホテル並みだった。
毎日バスタオルを取り替えてくれる事に驚いた。
部屋も簡単に掃除してくれてゴミも回収、トイレットペーパーも補充される。
水も一日一本の補充有だ。
(しかし私は自ら汲みに行ってたので、ある時から補充はなくなった。笑)
パダンバイの定宿「Tirta Yoga inn」も静かに過ごすにはいい宿だ。
ベッドもいいやつ使ってるしちゃんと客が変わるごとにシーツや枕カバーも取り替えてる。
しかし水シャワーなのが難点。
そして値上げ傾向にある。
2009年12月は3週間ばかしの滞在でディスカウントしてもらってRp60000だったが
2年後には長期滞在ディスカウントでRp100000だ。
グレードアップした事といえばWiFiがあるって事くらい。

次に「LCC」
私のブログに頻繁に登場してくるAirAsia
日本就航してから気になってる人が増えたんでしょうね。
しかも東京で言えば羽田発着だし。
私も何度か羽田発着のAirAsiaに乗りましたが、自分の中では想像と違うと思う事があった。
もっと日本人が多いと思ってたんだが意外にも外人が多いイメージだ。
何でだろ?と自分なりに考えてみたのだが、やはりシートが原因!?
シートピッチは超ー狭いしリクライニングもほんのりしか倒れん。
その状態で7時間もの飛行に耐えられないと判断するのではないのかと。
しかも羽田発は深夜便なので機内では「寝る」前提だし。
何度も東南アジアをメインに旅行する人だと我慢出来る範疇なのだと思うが
やはり普通に働いていると年に3回くらい?(年末年始、GW、お盆)しか行けない旅行。
エアもそれなりに考えるのかもしれませんね。

ってな訳で本題へ。

バリ最終日。
クタの「TANJUNG PINANG」で食事の後、私は宿に戻らなかった・・・
ご一緒させていただいた方と話が弾んでしまいまして。
初めて会ったのにあの盛り上がりっぷりは凄い。
店を出てそのままお相手の方のホテルにお邪魔しちゃいました。
(ん?私、相手が女性って言ってましたっけ??)
「TANJUNG PINANG」で〆のナシゴレンをおみやして。
勿論、途中でビールも買っていきました。
色々と話をしたな~
その辺りの事は割愛。(忘れた訳ではないのよー)
だんだんと夜が更けてゆき・・・
気が付くといい加減に宿に戻って荷物をひきとり空港に向かわねばならん時間に。
(そんな時間まで!?)
まだまだ話は尽きない感じだったが仕方がない。
一緒にフロントまで行きタクシーを手配してもらった。
「タクシーは絶対にブルーバードね!」とスタッフに言ってる彼女。
よくバリでは「絶対にブルーバード」と言うが、意外に私は適当に乗っちゃったりする。
故にメーター使わずふっかけられたり、メーター使っても変に遠回りされたり。
(その度にいちいち大暴れしたり車から飛び降りたりで大変)
きっとこれらのタクシーはブルーバードではなかったのだろう。
何で私はこんなに適当に乗ってるのかと言うと、バリのタクシーってほぼブルーの車体なのよ。
ブルーバードのパクリみたいなんばっか。
パッと見だと分からないんですわ。
よくよく見ると行灯の鳥が変に痩せ細ってたりとか、鳥に見せかけた枯れ枝?とか違いはあるんだけどね。

呼んでもらったブルーバードタクシーに乗り込みお別れ。
タクシーの運ちゃんに宿の名前を言うも通じず。
とりあえずスーパーNOVAに行ってくれと。
そこから少し脇道に入ってもらい何とか宿の近くに着く事が出来た。
料金はちゃんとメーター通りだった。

タクシーから降りると雨。
走って宿まで行った。
部屋に行き既にパッキングされてたバッグを持って部屋からそぉ~っと出ると
ぬぅ~っとボスが登場。
ビックリするがな!!
どうやら見送りするのに起きてたらしい。
表までアイアイ傘状態で行く羽目に。(やはり基本近い・・・)
宿の前は車が一台通れるかどうかな感じの細道なのだが
奇跡的に宿を出た途端にタクシーの空車がきた。
ボスがすぐさま止めた。
そこで私は「ブルーバードか?」と車を見た。
どうやら違うっぽい。行灯の鳥がガリガリだ。
しかし雨も降ってるし時間も時間なので見つけたら即乗りが鉄則かな、と。
車に乗り込み「メーター使えよ。空港まで」と言った。
頷く運ちゃん。
しかし、宿の前の細道から大通りに出たところで「空港までRp50000な」と言ってきやがった。
出た!出た、出た!
「止めろ!止めろ!」と後ろから運ちゃんのシートを叩く私。
「トランク開けんか、こらー!」とまたもや大暴れっすよ。
荷物をトランクから取り出し思いっきり叩きつける様に閉めてやった。
ほんと、疲れるわ・・・バリっていちいち。(この手の事で)

プンプン面で荷物を持ってタクシーを捜してるとすぐにやってきた。
今度はどうやらブルーバードだ。行灯の鳥が活き活き羽ばたいてる。
「メーター使って。空港まで」
頷く運ちゃん。すぐにメーターのスイッチを入れた。
今度は大丈夫っぽい。
後は変に遠回りされないかだな。
乗り込んでホッと一息。
つか、何かデジャブな感じがする。
ん?
乗り込んだタクシーは先ほど食事を一緒した方のホテルで呼んでもらったタクシーだった。
運ちゃんの方から「さっき乗せたのオイラ」って。
おおおーっ!何か運命感じるわー。
って、時間も時間だったし場所も場所だったからそんなに思いっきり偶然でもないんだけどね。
運ちゃんは遠回りどころか近道を使ってくれたっぽい。
あっとゆ~間に空港に着いた。
ちなみに、タクシー料金はRp20000くらいだったと思う。

チェックインカウンターは空いてた。
私よりも以前にAirAsiaでバリに来た事がある方にメッチャ混んでるから早めに行くべしと言われてたのだが
色々と改善がされたのかしら?
いや、もしかして、その助言があって私は早めに空港に着いたので(4時チョイ前)
もしかして私の後に凄い事になったのかもしれん。

6時・・・
定刻通りに離陸した。
トランジットのKLでは乗り継ぎ時間が6時間ほどある。
しかし入国しちゃいかん!とキツく言われてしまったので外のフードコートに行く事も出来ん。
そう。
寝るしかないのだ。
なんせ私は一睡もしてませんからね。(機内でチョロっと寝たが)
横になれる椅子を見つけてバッグを枕にしサロンをかぶって「オヤスミナサイ」
びっくりするほど爆睡してしまったくさい。
意外に寝心地良かった。
しかし寝心地のよさはシンガポールのチャンギ空港T3にかなわんな。
勿論、トランジットエリアだが。
ちなみに寝心地悪かったのがタイのスワンナプーム。
空調効き過ぎで寒いし椅子が硬い。
風邪ひくわ背中が痛くなるわで。

a0121014_11445252.jpg
ほ~んと羽田発着って便利だわ~
もう成田行くのめんどいわ。

a0121014_11462546.jpg

a0121014_11471142.jpg
私のブログに何度となく登場してるこのタグイの写真。
毎度毎度「撮っちゃダメ」と叱られる。
が、絶対に撮る(笑)
だって、この真っ赤なボディーを見ると興奮するんだもん。
そういや~機内販売のパンフをよく見てるのだが、AirAsiaの模型は欲しいと思った。
今まで他のエアのだと「こんなん買うやつ居るの?」って思ってたけどさ。

これにて年末年始のバリの旅ネタはオシマイ。

最後に・・・
この時の旅でも色んな方にお会いしました。
そして楽しい時を過ごす事が出来ました。
美味しい料理、酒も堪能出来ました。
この場をお借りして皆様にお礼申し上げます。
またいつかどこかで会った時は宜しくお願いいたします。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-13 12:09 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 11日
KUTA「TANJUNG PINANG」 in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.4

全く記事とは関係ない話からスタートしますが・・・
わたくし、たま~に自分のブログの「アクセス記事ランキング」っての見てます。
そんな中で根強い人気記事が「トータル予算5万ポッキリ!行けるか?バリ島3週間」って記事だ。
これは今から約3年前の記事である。
結局はトータルで68000円くらいとなり、予算オーバー18000円で終わりを迎えたのだが
平均で一日ビール大瓶2.5本、タバコ1箱、それに自宅から空港までの交通費も含めてる。
そして最後にシンガの空港の免税店で買ったタバコ代も。
もし私の様な酒飲みでもスモーカーでもなければ5万で何とかなったかもしれんとゆ~結果に。
この記事、たった3年前の記事なんだよね。
でも今これと同じ内容の滞在スタイルやったら2倍くらいになりそうだ。
前回のバリ滞在時にパダンバイでトランスポートしてる人と話をした。
(つか、この人とはいつも喋ってるのだが)
アメッドに行った事ある?ってな事を聞かれ、この5万ポッキリ時に行った事を思い出し「行ったよ」と。
その時に「Amed Cafe」とゆ~宿に泊まったと。
確かディスコンしてもらって1泊Rp85000くらいだった。
それを言うとひどく驚かれた。
今ではRp250000くらいだよ~って。
それは私が泊まったあの水シャワーの部屋ではないとは思う。
もはや、あの水シャワーの部屋はリノベーションとかされて無くなってる可能性大だ。
しかしロスメンではなく「ホテル」だったのでプールもあり~の
ビーチフロントのレストランでの朝食あり~のだった。
それで「Rp85000でこんな幸せがあるとは」と感激してた。
ここで「ロスメンじゃなくてホテルだからプール・・・」と言ってしまったが
今はプールのあるロスメンも増えてきてるんじゃないんでしょーか。
クタの定宿「CEMPAKA3」にプールが出来たのを見てそう思った。

結局、何が言いたかったのかというと
たかが3年前の記事だが全然アテにならんぞ!って事を言いたかったわけで。
勿論、当時は本当にその値段で記事に嘘偽りは一切無い。
しかし、それを参考にされるのは非常ーにマズイぞって思う。
バリに限らず私のブログは滞在時期を逐一記事に入れてるのだが
あくまで私が滞在したその時の金額って事を十分に把握していただきたいな~と。

ちなみに、検索キーワードランキングっちゅ~のもあるのだが
根強い人気キーワードは「ヌーディストビーチ」だ。
これはタイはピピ島のロングビーチですな。
私の様に自力でサバイバルで行くと感激が更に高まるはず。
白人の殆どがトップレスだが、中には生まれたままの姿っちゅ~のも居る。

ってな前置きはここら辺にして本題。

バリ滞在最終日のディナーはブログを通して知り合った方とだった。
私は何度もブログを通して知り合った方と会って一緒に飲んだりしてる。
バリではウブドが多いですな。
関心するのが、あ~んなに一杯色んな店があるのに本当によくいい店を知ってるって事。
いつも連れていって頂いた店に大満足してる。
色々と旅バナ出来るのも楽しい。
旅先で会ってるだけあって、やはり皆さん旅好きなので。

しかし今回はクタ編。
どこに行こうか色々と悩んだのだが、たまたま会うチョイ前にTVで弾丸トラベラーってのを観てまして。
それがギャル曽根ちゃんと吉川ひなののバリ編だった。
二人が向かったのは「TANJUNG PINANG」
ギャル曽根ちゃんは本領発揮で食いまくってた。
私はガイドブックやテレビで紹介された店は気が進まないタイプなのだが
あの時は「ここは行ってみたいかも」と思った。
そんな訳で相手に言ってみると快諾。

待ち合わせはクタのベモコーナー
この時が初対面の我々。
しかし事前に何度かメールのやりとりをしててお互いがお互いを何となく「こんなん」と想像出来てた。
私の場合はブログを読まれておるので、相手は私をかなり想像しやすかったに違いない。
待ち合わせ場所で相手を見た時にお互いが「想像通り~!」って感じだった。
何度もやりとりしてた事もあって、初対面なのに以前から知り合いだったかのノリでスタート。

お目当ての「TANJUNG PINANG」までは距離があったのでタクって店に向かう事に。
つか・・・
実は私も相手も店の名前を正確に覚えてないとゆ~適当っぷり!(笑)
「タンジュン・・・ナントカって感じだったよね~」とかお互いが「頼むからお前思い出して」な感じで。
「ギャル曽根ちゃんの・・・ね~」ってタクシーの運ちゃんに言っても分からんっちゅーに。
何となく場所は分かってたので「とりあえずあの道行って」って感じで。
その間も「タンジュン・・・タンジュン・・・」って。
店の名前を知ったのは店の前に着いてから。
「あー!ピナン!」ってな。
そんな訳で無事にお目当ての店に着く事が出来ました。

a0121014_23231835.jpg
ちゃんと着いてよかったね!(笑)

a0121014_23223318.jpg
カラマリフライ(だったはず)
これはビールに合いますな。
でも量がチト少ない??

a0121014_2327112.jpg
クイッティアオ。これは激ウマだった!
つか私、バリでクィッティアオが食べれると思ってなかった。
これはタイやマレーシア辺りでしか食べれないもんだと・・・
バリにもあったのですね~

a0121014_2328925.jpg
空芯菜炒め。これも激ウマ!
味付けのベースとなってるソース(サンバル系)がすげーウマかった。
ちょっとクセのある味付けなのだが、それがハマるウマさだった。

a0121014_23291455.jpg
これ、何だ?
鶏のチリソース炒め??とかって感じか?

この店はかなりヒットでしたよ!
頼んだものがほぼ美味しかった。
値段なのだが、実はよ~分からん。
メニュー見たけど、観光客向けみたいメニューで変に高い豪快な感じで。
(メニューが二種類あった?)
でも頼んだのはローカル向け?素朴系?のメニューばかりのはず。
実は・・・
ほぼお相手の方に出して頂いてしまって私はビール分くらいしか払っておらず
正確なトータル金額が分からんのですよ。
「パンダちゃん、食べずに飲んでばっかでしょ。ビール代だけでい~よ」って言われて。
確かに色々と注文したけど私はあまり食べてはいない感もあるが・・・
(いや、でも空芯菜とクイッティアオは結構食った気が)
でも、バリで酒って高くつくでしょ。
だから絶対にガッツリ割り勘でいこうと思ってたのだけど。
(つか、むしろ私の方が多めに出すべきか?!)
でも、相手の方曰く「そんな高くない」だった様な。

この場を借りて再度お礼を。
本当にありがとうございます。
そしてゴチソウサマでした。
きっとまた会えるよね?
その時はカッチリ割り勘でいきましょう!

クタの中心部からチト離れてるので、なかなかサクッと行けない感はあるが
大人数で美味しいもんをガッツリ食べたい時はオススメかも。
中華系なので日本人の口に合う味付けだと思われ。
言語は英語でもOKなのかな??
我々はインドネシア語が出来るのでそれでやりとりしてたけど。
ローカル率高しの店だけど英語でも大丈夫だと思いまふ。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-11 00:04 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 09日
クタでお買物 in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.4

「Bamboo inn」のボスのお喋り(とボディタッチ)から逃れるべく「買物行ってくる」と。
ほぉっておいたら何時まででも喋ってそうやがな。日が暮れてもな。

私はクタに何度か泊まっておるのだがスーパーはNOVAしか行った事がない。
普通はマタハリに行く??
宿からも近そうだったので何となく気乗りしなかったけどマタハリに行ってみる事にした。
何とも綺麗なスーパーっすね。
冷房も効いてるし。
でも変に洒落こいててベーカリーなんてもんまであっちゃったりして。
そんでもってお値段も高めだった気がする。
やっぱ予想通りシックリこなかったわ。行かなきゃよかった。
とか言いながらベーカリーのパンを買ってみた。
ピザパンっぽい惣菜パンだったがマズかった。
バリもタイもそうなのだが、マヨネーズが甘いのはいただけんわ。
買ったピザパンも甘いマヨが前面に出てて買った事をひどく後悔した。
バリってパンが高いんだよね~
しかも最近サークルKのパンも値上げしやがった。
普通の惣菜パンが今じゃRp7000くらいするぞ。

ってな訳で、やっぱNOVAだな・・・と。
NOVAに入ると落ち着くわ~
ACの前で涼みながらサボってる店員とかね。
私も真似するけど。
しかしNOVAに着き買物カゴを持って「さ~て物色するぞ」って時に・・・
またもOPPでございますよ。
うううっ。
カゴを元に戻し近くに居た店員にトイレどこだ?と尋ねると店を出たらあると。
そこに行くと「トイレ1回Rp2000」とな。
有料かよ!どーせくっさくて紙も無くて桶で流すあのトイレだろ。
この後に及んでそんな事を考えここでのトイレを諦める私はどんだけケチなんだ?!

目の前に見えたのは「Hotel RATNA」だった。
ホテルだったら快くトイレを貸してくれるはず。紙もあるだろうし、無料だろうし。
フロントに行ってトイレ貸してと言うと外にあると言う。
・・・外?
言われた方に行くと宿の駐車場の一角にスタッフ用のトイレがあった。
勿論、ローカルタイプのきったなくて紙が無くて桶で流すやつっすよ。
確かに私はこのホテルの宿泊者じゃないけどさー
いつか泊まるかもしれん客かもしれないんだからさ~
ちゃんとした客用のトイレを貸してくれてもいいやん。
でも、ま、難を逃れただけヨシとしよう。

そしてスーパーに戻って買物再開。
なんやかんやでRp250000くらい買ったかな。
もう明日には帰るし、今度はいつ来れるか(もう来ないかも)分からんし・・・と使いまくった。
が、この数日後に私は予想以上の長いお暇を頂く事になり再びバリに戻ってくるのだった。
それが事前に分かってたら無駄遣いしなかったのになー
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-09 09:24 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 08日
KUTA「Bamboo inn」 in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.4

ランチの後「Bamboo inn」に向かった。
Tちゃんが丁寧に地図を書いて渡してくれたお陰ですぐに見つかった。
確かに大好きなスーパーNOVAに近い。
宿に行きレセプションらしきところで大声を出すとボスが出てきた。
部屋が空いてるか尋ねると一部屋だけ空いてるとの事。
おぉラッキー!
いくらか聞くとRp150000だと。これはTちゃんが言った通り。
そこで私は
「わたしゃ~明日の早朝便で日本に帰る。ここを4時くらいに出るから朝飯いらん。だからまけて!」
と言ったのだが
「朝飯はサービスでつけてるものだから要らんと言われても宿代は変わらん」とな。
結構ボスも強気で絶対にディスコンしない構えだった。
ま、いっか。1泊だけだし。
スーパーNOVAが近いだけでヨシとしましょう。

ちなみに、この宿はWiFi無し、水シャワーのファンの古い宿でそれでRp150000って高い気もする。
しかし値上げ傾向グングンのバリでは既にこれが普通になってきてるのかもな。
もはや1泊Rp50000なんて宿は存在しないのではないかと思う。
思えば、バリってドミみたい宿も無い気が・・・(私が知らないだけ??)
予算重視でアジアを巡ってるパッカーはバリに来る事はなくなっていくだろうと思った。
ちなみに、私は「バックパッカー」では無い。
単なる「長期で低予算でノンビリ過ごしてる旅人」・・・である。

そんな訳で部屋へ。
なんとな~くパダンバイの「Kembar inn」っぽい感じの部屋の作りだ。
ベッドのマットのいかれた感じといい(寝心地わる~いマットね)
荷物を置いて部屋の前に出てタバコを吸ってるとボスがやってきた。
やたら話好きのボスだ。
ちょっと面倒くさい。
そしてバリでよく食らうシモネタ三昧だった。
「彼氏が居るんだろう」ってしつこいっちゅーの!
どーも日本人女性が一人でバリに来ると絶対に男目的だと思われるのがねぇ。
実際にそのタグイが多いんだろうが、だからと言って全ての日本人がそうじゃない!
な~んて彼らに言っても絶対に通じないって事も既に分かってる。
かと言って「ハイハイそうですよ。男漁りに来たんですよ」って言うのも嫌だ。
なもんで、頼むからほおっておいてほしい。

翌朝、早くに宿を出るので朝飯を要らんと言ったからなのか?
「フルーツでも食うか?」とボスが言ってきた。
ま、Rp150000も払ってるし頂きますかね。

a0121014_16163414.jpg
結構な量をふるまってくれた。
マンゴーがめっちゃウマかった!
しかしランチのどんぶりスープで腹が膨れておりマンゴー以外は食べれなかったのが残念。
部屋に冷蔵庫でもありゃ~保存しておけるのだが。
そういえば、バリはまだまだ安宿に冷蔵庫は当たり前ではないですね~
値上げすんのいいけど冷蔵庫とかHシャワーとかグレードも上げるべし!

フルーツ食べてる間もボスは私にへばりついていた。
「明日は何時にここを出るんだ?」と聞かれたので「4時頃」と言うと「分かった」と。
何が「分かった」なのだ??
ちなみに、この時点で私は「にゃむっく!(蚊)」と言われ何度かボディタッチされておる。
何だかちょっとこのボス・・・と思った。
あ~んなに気が合ったTちゃんオススメの宿だったけど
この宿の好き嫌いはハッキリ分かれるな。
私はダメ系ですわ。
シモネタ、ボディタッチ勘弁っす!

a0121014_16233954.jpg

a0121014_1625261.jpg
クタと言ってもスーパーNOVAの近くにあり、しかも少し奥まったところにあるので静か。
ボスの干渉さえなければ静かに過ごせる立地のいい宿だと思うのだが・・・
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-08 10:00 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 07日
KUTA「Warung HANAFI」再び in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.4

今日はパダンバイからクタに移動する日っす。
クタは昔「ぜってぇ泊まるか!」くらいに思ってたのだが
ここ最近では「ま、1~2泊くらいはいいかもな」くらいに思う様になった。
店も多いし安いマッサージ屋もあるしスーパーもあるしさ。
夜中に小腹空いてもコンビニでカップ麺が買えるし(私の場合むしろ買えない方がいい様な)
クタとゆ~街自体もやかましくて苦手だが、そのやかましさを求めてやってくる白人どもの方が苦手かも。
大体において夜中まで大声で騒いでんもんな~
騒ぐのはかまわん。しかし、そ~ゆ~店で騒いでくれ!
宿に夜中に酔っ払って戻ってきて大声で騒ぐのだけは勘弁してほしいずら。

10時発のシャトルでクタに向かいます。
シャトルのチケットはどこで買っても大体Rp45000なのだが
私はボスにRp5000オマケしてもらいRp40000で購入。
たかがRp5000されどRp5000なのだ。

今回のクタでの宿はTちゃんに教えてもらった「Bamboo inn」
ベモコーナーから近いとの事なのでシャトルのオッサンにそこで降ろしてとお願いした。
ちょうど昼過ぎにクタのベモコーナー到着。
しかしオッサン、ベモコーナーのど真ん中に車を止めやがった。
あのベモコーナーが分かる人だと「えっ?」と思うだろう。
やたらめったら車が行き交ってるあの道のど真ん中(ちょっとロータリー風になってる?)で
車を止めて「ほれ、降りろ」と。
いや、普通は路肩に寄せて止まってくれないか?せめて・・・
それも「バリだから」で片付けれてしまうのだろうか。

言ってみりゃ~スクランブル交差点のど真ん中で荷物と一緒に降ろされた私は
とりあえず歩道に行くのに必死だった。
やっとこさっとこ歩道に行き向かった先は「Warung HANAFI
初日にも来たベモコーナー近くのワルンだ。
ナシゴレンが美味しかったのでね。
私、クタみたいに色々とお店があっても一度入って「ウマい!」と思ったらそこばっか行くんだよね~
この日もナシゴレン注文。
何かスープが飲みたいな・・・とメニューを見るとアスパラガススープ発見!
チト高いが飲みたい。
それを注文するとイブが「無い」と。
そっか・・・じゃ~別のスープにしようかな・・・と思ってたら
「今からチョイとスーパーでアスパラ買って来るから待ってて」と。
あ・・・そこまでしなくても・・・と思ったがイブは飛び出していった。
美人で優しいイブに感激。
ちなみに、後のバリ滞在時にもこのワルンには行ってる。
イブがルビーモレノに似てると言ってたワルンだ。
ちなみにルビーよりももっと美人で可愛い。

a0121014_15543636.jpg
これがアスパラガススープ。Rp17000也~(高いでしょ)
スープ自体はインスタント?なのか無難に美味しかったが肝心のアスパラが筋っぽくて固くて残念だった。
つか、量!
どんぶり並みの入れもんにたっぷりと。
腹がチャプチャプになってしもた。

このワルンで私はナシゴレンアヤム(Rp15000)とスープ(Rp17000)とマンゴージュース(Rp10000)を注文。
会計はRp42000となるはず。
Rp50000札を払うとRp5000しかお釣りをくれんかった。
Rp3000足らん。
会計したのがルビーのイブではなくおばあちゃんだったので間違った可能性大。
いや、やっぱり私が日本人だから「別にええやろ」か?
多分、前者だ(と思いたい)
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-07 10:32 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 06日
パダンバイ最後!in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.3

パダンバイに居るとね~今回の様な短い滞在でも長期滞在の時とほぼ同じ感じなんすわ。
特に目新しいもんもないし洒落こいたカフェとかも無いし
ショッピングを楽しめる様な店もないし、スパとかも無いし。
ま、そんなのが有っても私は行くかどうか・・・だけどな。
つか、そんな街だったらこんなに来ないかー

そんな私は10時頃、いそいそと道端ワルンに行きました。
枝豆購入の為っすね。
早く行かなきゃ売り切れちゃうからね。
以前に子供と枝豆取り合いになった事もあるしな。
「おっ!枝豆!」と思って掴んだところ、おもむろに横から「これ私のだから!」ともぎ取られた。
私の・・・?先に掴んだのは私だからコッチのもんじゃないのか?
そう思ったけどね・・・相手は子供な訳よ。
しかも超ー強気な目で枝豆掴んで睨んじゃってるもんだからね。
ハイハイ・・・どーぞって大人の私は譲ってあげましたよ。

散歩ついでの枝豆購入から宿に戻るとTちゃんが遊びに来た。
一緒に昼を食べようって。
ってな訳でティパットを買いにお出掛け。
するとTちゃん「これだけで足ります?」と。
思えば・・・ティパットって野菜がメインなので何となく食事っちゅ~よりオヤツに近い感じがしないでも。
日本でもたま~に外でランチする時はラーメン半炒飯餃子付とか食べてるもんな。
(ちなみに昨日はうどんとカレーのセット)
しからば!って事で追加でPOP MIEも買いました。

食後は運動、運動っちゅ~事でジュクンのビーチへ。
ビーチから夕方頃にひきあげてTちゃんの宿でお風呂借りました。
泊まってる宿は別々と言えどなんやかんやでTちゃんとよく一緒に居たな~
長い間一緒に居ても苦にならないタイプの子だったんだよね。

そういえば今では一人旅ばっかしてるけど昔は必ず誰かと一緒に旅してたな。
一番最初によく一緒に旅してた子とはロスだのハワイだのサイパンだの
ベタなトコに行ってシェラトンだのハイアットだのクラスのホテルに泊まって
ディナーはステーキにロブスターとか。
免税店が大好きで香水をいくつも買い捲ってたな~あの頃は。
次に一緒に旅してた子は疲れないタイプで今の旅スタイルの先駆け的な事してたな。
ビュッフェでチョイと持ち帰りして、それをツマミに部屋で飲み直ししたり。
宿も「泊まれればいっか~」ってランクを落として少ない予算で楽しむ様になった頃だ。
しかし、そんな友達も結婚をしてしまい・・・
結婚しちゃったら独身の私とは疎遠になっちゃうんだよな~
その次に一緒に旅してた子が居るのだが、その子との旅をキッカケに一人旅に移行した気が。
ま、その話をすると長くなりそうなので割愛。
結局はそれがトラウマとなって人と旅をするのがどこか億劫になってしまった。

また話がそれたね。

ま、そんな経緯があったがTちゃんとは楽しく長時間過ごせたって事を言いたかった訳で。
そういえば1年ほど前にパダンバイに来たYちゃんって子もいい子だったな。
この子はもっと若くて22歳の大学生の女の子だった。
3ヶ月くらい掛けてアジア中心に旅してて最後にフッとパダンバイに来た子だった。
「パダンバイ、ほ~んといいトコですね~」って言ってたな。
出会ってから毎日Segaraで飲んでたな。
きっとこの子も私と似た価値観の持ち主だったんだろうな。

a0121014_1357213.jpg
パダンバイ最後のディナーはチュミチュミバカール。
TちゃんもSegaraに来てくれました。
私は明日パダンバイを去ってしまい暫くは来れない(とこの頃は思ってた)けど
Tちゃんはあと半月くらい滞在が残ってる。
あぁ、私も仕事さえなきゃパダンバイに残りたーい!
いや、季節労働者の道を捨てて真面目に働くと決めたのは自分なのだ。
ちゃんと帰国して会社に行きますよ・・・
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-06 10:00 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 05日
結局パダンバイ(笑) in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.2

この日は超ー快晴でした。

実は私・・・この日にパダンバイからサヌールに行こうと思ってました。
恐らくバリに来るのも最後・・・とまでは言わないけど、当分は来れないなと思ってて
それならバリにこんなに来るキッカケとなったサヌールに行きたいと思った訳で。
そして年末にウブドで会った「のうみそ南国days」のまみさんがこの日にサヌールに行くと聞いてた気が・・・
しからば私もサヌールに行ってあわよくば一緒にMassimoさんなんかに行けたらいいな~と。
そこでまみさんに連絡を取ったところ、、、
私は思いっきり勘違いしておりました。
まみさんはこの日のフライトで帰国するとのこと。
私がサヌールに行くのと入れ違いになっちゃうんですわ。
あれまー
そして偶然出会ったTちゃん。
彼女とは初めて会った時から昔からの友達みたい感じで話が盛り上がって
お話してるのが本当に楽しかったのですよ。
Tちゃんは帰国する1月中旬までパダンバイにこもるとのこと。
私もこのままパダンバイに居ようかな~と。

しかしTちゃんには前日「明日サヌールに行くかも」と言ってしまってた。
すると朝イチで私の宿にお別れの挨拶に来てくれたのだ。
「結局サヌール行くのやめちゃった」と言うと「ホントですかー?」と喜んでくれた。

そんな訳で10時頃に一緒にホワイトサンドビーチに行きました。
ビーチに行く道すがら、私は道端ワルンで大好物を発見。
それは・・・枝豆!
ご存知の方も多いかと思うが、バリには枝豆があるのですよ。
(ちなみに、日本の様にビールのツマミではなくおやつ感覚で食べられてる)
枝豆はローカルにも人気ですぐになくなっちゃうので見つけたら即買いは鉄則。
今日のツマミは枝豆で決まりですな。
バリの枝豆は枝についたままの状態でグルグル巻きにされて紐で縛られて茹でられてる。
塩茹でではなく茹でた後に塩を振りかけてある。
枝豆に限った事ではないと思うが・・・恐らく洗って茹でてはないと思う。
熱湯消毒?するからいっか~って感覚なのか?
そんな訳で下手すりゃ~青虫的なヤツも一緒に茹でられてることもあったりする。
日本では絶叫もん鳥肌もんだが「ここバリだし」と思えばさほど?気にならない・・・と思う。
ちなみに、私は一回だけくらった事がある。
フッと吹いて青虫を吹き飛ばしそのまま枝豆を食べ続けた。

午後になりポリス前のワルンに行ってナシゴレンをブンクス。
やはりここのワルンのナシゴレンはウマい!
Tちゃんはこのワルンのはす向かい、ポリス横のワルンでよくブンクスしてると言ってたな。
私も何度かそっちに行った事があるけど、超ーぼったくるし
(どー見てもRp3000程度のバクソをRp7000で売られた事もある)
ナシゴレンの味が定まってないとゆ~か日によって味にムラがあって好きじゃない。
そして目玉焼きもついてたりついてなかったりするし。(それでも同じぼったくり価格)
ま、ここに限らずバリのローカルワルンはよそ者にはムズいっすよ。

昼食の後、今度はTちゃんと私御用達のジュクンのビーチへ。
「ここで泳げるんですか?危なくないですか?」とTちゃん。
このビーチはコツを掴めば大丈夫!
遠くにボートもしくはジュクンが見えた時に「あいつはここに止めるな」ってのがその内に分かってくる。
大体ボート、ジュクンの止め場所は決まってる。
それさえ覚えてしまえば快適?な遊泳が楽しめるのさ。

夜はSegaraへ。
ビールを飲んでるとTちゃんが遊びに来た。
「豆腐とテンペが食べたいから屋台で買って来たい」と。
実はSegaraにもそのメニューはあるのだが、勿論レストランなのでチト高い。
カウンターだし皆なでつまむって事で大丈夫かな?とSegara長男に聞くとOKだった。
一応、持込は確認しなきゃね。
と言いつつ・・・私はよく枝豆や茹で落花生やスナック菓子を持ち込んでるが(笑)
言い訳がましいが、これは「皆なで」食べる様に持ってきてるのですよ!
そしてちゃんとメニューからも別途に注文もしてますよ。

ここで私は帰国のフライトが早朝6時発で前日はクタに泊まるって話をしてた。
クタではいつもCEMPAKA3に泊まるのだがスーパーNOVAの近くに安宿がないかな~って言ってたところ
「私の泊まってた宿がNOVAに近くて1泊Rp150000ですよ」と教えてくれた。
それが既に何度かブログでも言ってる「Bamboo inn」って宿なのだが・・・
朝食が豪華で凄い!と聞いてたが早朝便なので朝食は要らん。
しかし立地は相当いい感じだ。
1泊だけだし、そこに泊まる事にしようと。
朝飯要らんと言えば少しディスコンしてくれるかもしれんし。
Tちゃんは「すごく居心地いい宿だった」とか「ボスが親切だった」と言ってたが・・・
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-05 09:52 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 04日
アラック+○○ in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2012.1.1

新しい年の幕開けですよ~!
って、今ってもう半年弱過ぎちゃってる??
月日が流れるのは早いもんで・・・
それが加齢と共にこんなに加速するもんだとはあの頃(バブルの頃?)の私には知りえなかった。

新年、私は9時に起床。
メモによると「だるい。話し過ぎた?」と書かれておる。
どーやら前日、Tちゃんと相当喋ってたみたいだ。

この日もTちゃんの宿に行くね~と約束をしてた。
11時半頃に行きました。
この日、私はどーしても初めてパダンバイに来てから気に入ってるナシチャンが食べたかった。
Tちゃんにそのワルンの事を話すも「前を通って知ってるけど入った事がない」とのこと。
やはりローカル臭プンプンのワルンっちゅ~のは何かと勇気が必要だもんな。
メニューあるけど値段書いてないし。
こんな時は先輩に任せなさい!
一緒にワルンへ行きますた。

a0121014_23343276.jpg
これよ、これこれ!
このナシチャンプルがほ~んと大好き!
ちなみにサンバルもウマしっすよ。
Tちゃんにもこのナシチャンプルをオススメしたのだが「私ベジタリアンなんです」と言われた。
ちょっとビックリ!
ベジタリアンって日本にも居るのね・・・
何かアメリカ人のイメージ(つか、マイケルなイメージ)だった。
ってな訳でTちゃんはミークア注文しておりました。
そっか・・・ここのワルンの牛肉の煮込みがメッチャ美味しいのにな~。。。残念。

昼食を食べつつ「海でも行く?」とか言ってたんだけど雨が降ってきやがった。
なもんで、そのまま宿に戻った。

夜は勿論Segaraな訳だが、店に行く前に寄り道。
実は年末に会った「santai de bali」のApelさんに「アラックのリンゴジュース割がウマイ」と聞き
それを飲んでみたくてリンゴジュースを買いに行ったのだ。

a0121014_23412029.jpg
本日のツマミはフィッシュケバブっす。
何度も言ってるけど半分以上は人に食べてもらっております。
美味しいんだけど酒を飲むと量が食べれないのだよ。
(でも飲み終わった後に猛烈に食いたくなる。それがデブの原因なの丸分かり)
そしてApelさんオススメのアラック+リンゴジュースのチャンプル飲みました。
こりゃ~口当たりがいいわ!グビグビいくね。
ちなみに、後に他のフレーバーでも試したがどれもそこそこイケる。
でもリンゴが一番アッサリしてていいかな。
マンゴーはそこそこウマいけどあま~いカクテル飲んでるみたいになってしまう。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-04 10:26 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 03日
PADANGBAIでカウントダウン in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2011.12.31

はい、きっちり二日酔い!
・・・とメモに書かれておりました(笑)
しかし朝食は食った。
本当にひどい二日酔いん時は朝飯が食べれないもんな~
ってこたぁ~ボチボチの二日酔いだったんでしょう。

昨晩会ったTちゃんの宿がバスタブ有(勿論、お湯が出る)との事でお風呂を借りに行きました。
体内の酒はあっつ~い風呂に入りゃ~どーにかなる!はず。
Tちゃんの宿は「Bagus inn」で奥さんが日本人とかって事で日本人にはチト知れてる宿らしい。
つか、私パダンバイで見かけたこと一度もないけど。(離婚したのか?日本に住んでるのか?)
確か長期滞在割引で1泊Rp80000くらいにしてもらってるって言ってたっけな。
Tちゃんの部屋に行きドアをノックするとTちゃん風呂上りでした。
「今すぐお湯溜めますね~」と。
しかし・・・お湯が所謂「ハビス(売り切れ)」っちゅ~やつですた。
Tちゃんが入った分で無くなったくさい。
「申し訳ない」と謝るTちゃん。
いや、かまわんよ。
ぬるい湯船に浸からせてもらいました。

そのままTちゃんの部屋の前で話は盛り上がった。
歳は随分と離れてるけど好きなもの?感覚?が似てるのか?
かなり話は弾んだ。
時間も昼になり「んじゃ~ティパットでも買いに行く?」ってな感じでお出掛け。
Tちゃんが奮発して買ったビールも2本ばかし頂き話はつきる事なく。

夕方くらいに宿に戻りそそくさとSegaraに行く準備を。
そうですよ!今日は今年最後の日ですよ!
ウブドで買った花火を打ち上げる日だす。

18時半頃Segaraへ。
Tちゃんにも「良かったら来たら?」と言ってたのだが遊びに来てくれました。
「いっつもワルンの安飯ばっかりで・・・レストラン高いですね~」と。
それでもアボカドサラダとビールを注文しとりました。
アボカドサラダを食べて「うまっ!」と感激してた。
アボ好きってのも共通してんな~(笑)

なんやかんやで(すんません。記憶があまり無く・・・)夜がふけていき・・・
KembarのKADEKなんかもSegaraにやって来て、さて花火だぞ~

何本も買った大型花火はあっとゆ~間に終った。
日本で見る様なあ~んな大きな花火じゃないけど
一斉にパダンバイのそこらじゅうで打ち上げられる花火。
そしてカウントダウンと共に鳴り響くフェリーの警笛。
私はこの年越しがやっぱり好きだ。

そんな余韻に浸ってるのは私くらいなんだよね。
12時過ぎて10分もすりゃ~蜘蛛の子を散らした様にあんなに居た人が消えていった。
ヤツらに年越しの余韻っちゅ~もんはないのか?

なんやかんやで飲みに徹してた私は食いっぱぐれてた。
パダンバイには24時間開いてるコンビニなんて無い。
しかし港のワルンは24時間営業だ。(フェリーは24時間運航なのでね)
腹へった~!港のワルンでナシチャンでもブンクスするべ!とKADEKに言ったところ
「港のワルンは今日やってない」と・・・
うそーーーーっ!食いっぱぐれ大決定!?
そう思えば思うほど腹ってへるもんなんだよねぇ。
「お腹空いた!お腹空いたー!」と年甲斐もなく暴れるわたし。
KADEKに「お前んとこで売ってるインスタントのミーゴレン作れ」と命令。
ちゃんと作ってくれました。
二人で分け分けして食べたミーゴレン(麺茹で過ぎでダルダルだったけど)美味しかったっす。
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-03 10:06 | 2011.12.28~バリ島
2012年 06月 02日
わたしゃ~PADANGBAIの観光大使?? in BALI
059.gif旅行期間:2011.12.28~2012.1.5

●2011.12.30

12月30日の記事は前記事で終わり・・・ではなかったのです。
実はこの日、ビックリする事がありました。

久しぶりにホームグラウンドのパダンバイに戻ってきた私は勿論、思いっきりアラックを飲んだ訳だ。
よっぱっすよ、よっぱ。
何時くらいだろ?22時半?23時??
とりあえずSegaraも閉めるとの事で(つか、既に店は閉まってて居残りしてた気もするが)
店を後にし宿に向かった。

すると「大丈夫ですか?!」と誰かに後ろから掴まれた。
・・・日本語??
パッと見ると日本人の女の子だった。
え?日本人?マジでかーーーーー!
「あれま、日本人!よっしゃ、飲みに行くど!」と拉致した・・・らしい。
この時間にパダンバイで飲める店と言ったら・・・
パダンバイ有名日本人Aさんに教えてもらった通称「パパの店」しかない。
そこにやや強引に?拉致した?
(すまん。記憶が・・・でも嫌がる小娘を無理くり「ええやないか~」でもなかったはず)

パパの店で豪快にビンタン大瓶を2本空け「かんぱ~い」とな。
何を話したのか実はあまり(つか、ほぼ)覚えとらん。
でも、ど~せ私の事だから
「いやはや~パダンバイに何で?いいとこだよ~」的な事を連呼してたんではなかろうかと。

そして私は酔っ払いにありがち?な身の上話をし出した・・・んだと思う。
いや、そんな大袈裟な「生まれたときゃ~貧乏でのぉ~」みたいなんじゃなくて
パダンバイに来た経緯?居ついてる経緯?とかだったと思う。
するとその彼女(以後「Tちゃん」)が「もしかして・・・酒飲みパンダさんですか?」と言ってきた。
ええっ!?何で知っとるん!!見た目か?見た目か??
「いや・・・話を聞いてて。前に半年くらいパダンバイに居たってのを聞いて・・・」とTちゃん。

そうです。Tちゃんは私のブログを見てパダンバイに来てくれてたのです。
しかも初バリ、初一人旅で。
私・・・やっとパダンバイ日本人誘致に成功したのですよ。
かなり私のブログを読み込んでくれたらしく、「あ、それ知ってます」って事がチョクチョク。
嬉しかったのはね、Tちゃんが私の記事を見て「ここだ!」と思ってパダンバイに来てくれて
そしてパダンバイとゆ~街を「来てよかった!」と本当に好きになってくれた事。
初バリ、初一人旅で約3ヶ月もパダンバイに居たんだよ。
そして両親に「私はこの人(私の事)のブログを見てここに行く事にした」と私のブログを教えたそうな。
あぁ・・・親世代は私の下品な言い回し多数のブログを何と思ったことだろうか・・・
いや、待てよ。
Tちゃんは確か25歳くらいだったはず。
ってこたぁ~Tちゃんの親は私とそう変わらん歳かもな。
いや、でも、歳が近いからってこのブログが受け入れられるとは限らんわな。
南無南無・・・
ウケたのが、Tちゃんが出発前に事前下調べしてたメモ書き入りのガイドブックを見たとき。
私のブログで紹介した店とか宿とか超~メモってあった!(笑)
私も色んな人のブログ記事を参考にメモるもんな~
まさか自分がメモられるとは・・・
嬉しいやら恥ずかしいやら。
こんな文句タラタラ、自己中ブログでも誰かのお役に立ってるのだ・・・と実感した瞬間だったね。
そして・・・
パダンバイに来てくれて本当に嬉しかった。
彼女が本当にパダンバイが好きってのが伝わってきたもんな~

人の好みはそれぞれで、そして価値観もそれぞれで。
それでも何か自分に似てる・・・って感じる人って居るんだよね。
パダンバイは私が思うにバリに来たい人の殆どが「つまんね」と思う街な気がする。
「何もないトコがいい~」といいつつ本当に何もないと「何もなくて不便。つまんね」とか言う人の方が多い気がする。
綺麗な海があるだけで十分じゃね?
ってのは所詮は奇麗事なんだよね、きっと。
それでもハマる人は絶対にハマる街だと思うんだよね。
きっと世の中には私みたいな感性?感覚の持ち主もまだ居ると思う。(思いたい?)
オサレなブティックもエステもコンビニもイタリアンも和食も雑貨屋もないけど
そんなのイラね、まったりしてぇ~って人は是非ともパダンバイへ!
[PR]

by panda_traveler | 2012-06-02 22:52 | 2011.12.28~バリ島