2014年 07月 29日
屋台飯と激ウマ激安貝レストラン!!
059.gif旅行期間2014.5.11~5.14

●2014.5.12

旅行記には関係ないですが・・・(お得意の脱線ネタからスタート)
皆さんは仕事のお昼休みとかどの様にお過ごしでしょうか?
私は12時のチャイムと共にすぐに昼食を摂り始めます。
そしてネットに繋いで見てるのは大好きなエアアジアのHPとかホテルブッキングサイト。
次はどこに行こうかな~と日々考えておりましてね。
毎日毎日、飽きもせずに旅の事ばっか考えております。
あぁ~今度はどこに行こうかな~とか、ココいつか行ってみたいな~とか。
そしてずっと前から密かに気になってていつかは絶対に行きたい所が・・・
それは「セントマーチン島」
ご存知の方も多いですかね。
私の様に海と飛行機が好きな人間なら憧れる所でしょうね。
いつか行けるかな~~

そんな訳で、ニャチャン旅行記の続き。

オサレな地ビールレストランの後ホテルに戻って水着に着替えてプールへ。

a0121014_22061957.jpg
ノボテル・・・プールはイマイチなんだよねぇ(´・ω・`)
ゆっくりくつろぐ感じでもなくガシガシ泳げる広さでもなく。
向きのせいで午後からは日陰になってイマイチ寒々しい感じだし。
ちなみに、ビーチベッドは4つくらいしかない。少なっ。
でもセミダブルくらいの大きいやつで寝心地はいい!
けど、日陰~だしよーーく上を見てみると高層階に鳩の巣か?
白いフンがアチコチに落ちてたりして(スタッフがこまめに拭き掃除するけど)
プールはあまりオススメいたしませんです。ハイ・・・

15時くらいかな?
やっと朝食が消化されたのか?少しお腹が減ってきまして。
でも時間も時間だし普通に食べると楽しみの夜の宴が台無しになりそうだし。
軽く屋台で何か買ってくるか~とホテルを出てみました。
海を正面に見て左に行き一本目を曲がるとすぐに屋台発見。
バインミーとゆ~フランスパンのサンドイッチ屋台と揚げ餃子?の屋台。
小腹を満たすには丁度いい感じ。
バインミーは20000D(≒100円)で揚げ餃子は1個7000D(≒35円)
後に調べたら結構ボラれてたみたいですわ。
ベトナムもインドネシアと同じで屋台に値段表示が無いのが普通みたいで
ツーリストはローカルの2~3倍の言い値になる様です。
そ~ゆ~のが嫌でインドネシアからも足が遠のいたんだよなー

a0121014_22072399.jpg
フランスパンは軽い感じで軽食にもってこい。
ただ、かじるとボロボロとパンくずがこぼれてプールサイドがパンくずだらけに・・・
これみよがしにスタッフがホウキで掃いてた(笑)
バインミーも揚げ餃子も美味しかったっす。

a0121014_22044880.jpg
すんまそん・・・
ホテルの写真、これしか無いっす・゜・(ノД`)・゜・
初日は遅くに着いて荷物置いてとっとと飲みに出掛けてしまって写真なんて撮る暇もなく。
とりあえず凄く綺麗でしたよ。
バルコニーもスリットの壁があって隣から見えない様にプライバシー保護されてたし。
一つ難点を挙げるなら冷蔵庫かな。
新しくて綺麗な冷蔵庫なんだけど見た目重視?なのか・・・?
透明の扉で中が見える洒落たやつなんだけど全然冷えないの!
製氷コーナーも無いし。
買ったビールを凍る直前まで冷やしてバルコニーで
「前歯痛ってぇー!」って言いながら飲みたかったのに・・・

二日目の夜は事前調査で気になってた貝料理レストランに行く事に・・・
ほんと、貝好きよね~私。
この方のブログを見て行ってきましたよ。
しかしこの方のニャチャン記事の豊富な事。。。
凄く参考になるし記事も丁寧で場所も分かりやすく地図を作っておられます。
記事を参考に自分でプリントアウトしたザックリとしたニャチャン地図に書き込み。
地図に位置を落とすと何とも分かりにくそうな場所。
ちゃんと着くんかいな・・・?

ホテルから出て貝レストランがあるであろう方向に向かって歩き出す。
しかしニャチャンの街はローカルのバイクが凄く多くて信号もないので交差点が渡れない。

a0121014_22170149.jpg
これ、たまたまバイクが居ない時に撮ったやつかな?
こんなにバイクが多いとホント気が滅入るわーと思ってたけど
この日はベトナムの祝日だったのか?究極にバイクが多い日だったみたい。
ホント、こんなトコ来なきゃよかったくらいに思ったくらいひどかった。

野生のカンを働かせて無事にお目当ての貝レストランを発見!
途中で店も無くなって暗くなって大丈夫かいな?と心配したけど無事に着いて良かった!

a0121014_22192682.jpg
店先にはこんな感じでザルに入った貝が並んでますよ。
下段の左は・・・
ウニ!
適当に貝を指差しで注文いたしました。

a0121014_22210410.jpg
ざんっ!とこんな感じです。
上段左はウニなのだが、一番楽しみにしてたのに残念な感じで・・・(´・ω・`)
そもそも生ではダメと言われた(わさびと醤油を持参したのに)
で、中に茶碗蒸しみたいな卵液を入れて網で焼かれて登場。
火加減が強かったのか?底が焦げて抜けてしまっており全体的に焦げの苦いだけの代物に・・・
ウニだけは残念だったかな。
他はどの貝も美味しかったけど特に中段右の巻貝が最高だった!
店の親切なオヤジさんが爪楊枝で「こうやって身を出すんじゃ」と手ほどき。
ビールが進んだのは言うまでもなく。
ちなみに、洒落た言い方をすればオープンテラスな席でした。
テーブルはすこぶる低く、分かりやすく言えばタイの道端ゴザ屋台のテーブルと同じ(分かる?)
テーブルってよりお膳と言った方がいいのか?
そんでもって椅子は風呂椅子!(笑)
大股開きで座って貝をガシガシ食べる感じ。
テーブルの下には殻入れの洗面器が置いてある。
ローカル率100%だったけど後に白人がタクシーで乗り付けて来たな。
知る人ぞ知る名店の様だ。
ビールは昨晩飲んで気に入ったサイゴンの赤ラベル(EXPORT)

※白人用(ロシア人用?)に普通の高さのテーブルと椅子のセットもあったみたいだ。

a0121014_22223971.jpg
これ、お店の外観。
ここは本当にオススメですよ!ボッタくりも無かったと思いますよ。
あれだけの貝やウニ(ウニは一人一個ずつ)食べてビール6本飲んでお会計は・・・

210000D(≒1050円)でござんした。
これ、絶対にボってないでしょ!(笑)
あぁ~この貝レストラン・・・また行きたいわ~~~

[PR]

by panda_traveler | 2014-07-29 07:02 | 2014.5.11~ニャチャン


<< ニャチャンビーチと名物屋台      ノボテルの朝ごはんと地ビールレ... >>