2014年 06月 23日
バンコクのランナム通りでチムチュム
059.gif旅行期間:2013.12.27~2014.1.5

●2014.1.3

実はほんのり焦ってたりする・・・
ブログの更新、次の旅までにその前の旅の記事をUPしたいのだが
思いっきりビハインドである。

では、バンコク旅行記の続き。

16時半頃にホアヒンからロットゥーでビクトリーモニュメント到着。
初日に泊まってたホテルに戻る。
フロントでチェックインの手続きをしてると何か封筒を渡された。
???
いいから開けてみて・・・と言われ開封すると出てきたのは定期入れとキーケース。
一応、いずれもヴィトン。
おおっ!どこに??
普段は持ち歩いてるバッグのポッケとか航空券と一緒に袋に入れてるのだが・・・
どうやら地味に持ち歩くのを重いと感じたみたいでセフティボックスに入れてた様だ。
奥の方に入ってて特にバンコクでは必要とする物ではなかったので
気付かずに前回チェックアウトしたらしい。
これが普通にチェックアウトして日本に帰ってたら・・・と考えると怖いね。
定期は無いし鍵が無いから部屋に入れないし。
帰国してから家に着くのは夜中だから大家さんに連絡するのも気が引けるし。
セフティボックスは大体がチョイと低めの所に設置されてるので
しゃがんで奥までちゃんと確認しなきゃね。

バンコクのホテル・・・
前回は2階だったけど今回は3階。
2階でも階段がしんどくて泣きそうだったのに・゜・(ノД`)・゜・

18時半頃にホテルを出て前に行って気に入ったランナム通りのイサーン料理屋へ。
今はバンコクナビでも紹介されてしまってちょっとガッカリ・・・
(自分で見つけたお気に入りの店が大手サイトで紹介されると寂しくない?)
でも結構なローカルっぷりなので初心者は入りづらいかな。
きっとそ~ゆ~人達は数件隣の小奇麗なティダイサーンの方に行くかも。
つか、店の名前は「イサーンロムエン」って言うのね・・・
タイ語だったから読めなかったけど。
相変わらずの繁盛っぷりで満席の様だったのでマッサージでもして時間をずらす事に。

同じランナムの並びにマッサージ屋発見。
「ストレスフリーマッサージ」なるメニューが。
(日本語で「ストレス解消マッサージ」と書かれてる)
ストレス・・・
結構溜まってんのよね~
個人差があるから人より自分の方が・・・とは言いにくいけど
私は結構細かい事を気にするタイプだったりしてストレスが溜まりやすい方だと思う。
あと減らず口な所もあるので言わなくてもいい事を言ってしまって
「あ~なんであんな事言っちゃったかなー」と自己嫌悪に陥りストレスへ。
性格を直そうと思っても「どうせ今更直らん」と開き直り
同じ事の繰り返しでどんどんそれでストレスが溜まるとゆ~負のスパイラル状態。
旅に逃げてリフレッシュするも翌日に会社に行ってすぐ同じ事の繰り返し。
と・・・このままでは愚痴が止まらなくなってしまうーーー(>_<)
そんな感じでそのマッサージ屋でストレスフリーマッサージ1時間200Bをしてもらう事に。
2階に通されベッドにうつぶせで寝かされてマッサージスタート。
って・・・
いきなり痛くて泣きそうに。
マッサージしてるおねぇさんに「ソフトマッサージプリーズ」と言うも全然ダメ。
細身の人だからって力が弱いわけじゃないのよねぇ。
しかも細身の人って手とかも細いから骨と骨の間にグイッと入って実は痛い。
痛みに1時間耐える羽目に・・・
これじゃストレスフリーならぬ益々ストレス溜まるわ!
しかも他のマッサージおばちゃんとワイワイ話しながらやってるし
飴ちゃんを回したりして確実に片手間にマッサージされてた。

ストレスアップマッサージを終え本当のストレス解消になるであろうイサーンレストランへ。
今度は席が空いてそう。
ぐいぐい中に入ってソムタム作ってるオバちゃんビューの席へ。
この店の売りでもあるチムチュムを頼んでみました~250B也

a0121014_16414785.jpg
小ぶりの鍋なので一人鍋にピッタリ!
今までタイスキみたいな一人だとチョット・・・なのしか知らなかったけど
一人で楽しめる鍋もあるのよね~
そして勿論コームーヤーンも注文。
美味しいけどこの店のはちょっと量が少ないのよねぇ~(´・ω・`)
チムチュムは美味しかったけどルンピニ公園の方が50B安いし味も美味しかったかな~
ま、向こうは野外なので雨の日は無理だけど。
ここでまたも私はビールの大瓶を3本ばかし。
店員のおにぃさんに「よく飲むなー」みたい事を言われる。
褒め言葉、ありがとう。

22時頃にホテルに戻って就寝。

[PR]

by panda_traveler | 2014-06-23 07:39 | 2013.12.27~バンコク,ホアヒン


<< やっぱり便利!バンコクのバス      ホアヒンからバンコクのビクトリ... >>